車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
【私見】「クルマ雑誌は、死なない。」に対して。この記事は、クルマ雑誌は死なない??について書いています。

自分がクルマ雑誌に何を求めるか。

難しいね、鹿さん(笑)

私がクルマ雑誌に求めるのは「変わらない」ことでしょうか。

運転席に座って、正面にステアリングとメーターがあって、シフトレバーがあってペダル3本(2本でもいいけどさ)生えてる、その感じ。
運転席に座って、モニターがあって、変なスイッチばかりにはならないで欲しい。

情報の新しさとか多さとか、webに勝たなくていいです。
雑誌を読んだ人がクルマに興味を持って、例えばディーラーに試乗に行ったりしてくれたら、十分価値のあるものと思ってます。

私個人の話をすれば、web媒体はほぼ毎日と言うほど利用するけど、あんまり同じ記事を繰り返して見ない。
雑誌は・・・繰り返して見る。自分でお金払って買ったから(笑)
いやでも、web媒体でお金払ってもたぶん見ないです。
“あれってどんなのだっけ?”とか戻りたいときに紙媒体は早いし、整備したい箇所を繰り返して復習して本番・・・とか、載ったときは記念にもなるし。

そんなもん今どきスマホやタブレットで十分じゃん・・・それは違うかな、と思います。

自分の子供がスマホやタブレットの画面をずっと見てると嫌だけど、紙面見てるなら未だ許せるでしょ?
便利なことは認めるけど、webで調べると何でもあるって錯覚するような状態は脱却してほしいかな。
クルマって乗ってナンボだし。

余談ですが、昨今のトレンドでクルマのメーターパネルがモニターになっている車種を見かけますが、私は断固反対派です。
必要箇所以外も妙に明るく、とても不自然です。照度調整してもまぶしい。そんなクルマで遠出したいと思わないし、運転支援機能がそれを補っているのだとしたら馬鹿げた話です(単なる運転“老化”支援機能)。

モニターを見ない時間を1秒でも多くする。現代に必要な機能だと思うのですが、いかがでしょうか。

閑話休題。

久しぶりに購入した雑誌がCG誌なのは、地味イタの幹部車両・アルナと空冷パンダが掲載されていたからですが、創刊号の復刻版が付属していたことが大きかったですね。

このように、今と昔を同時に楽しめるのは、雑誌の魅力としてあると思いますがどうでしょう。
Posted at 2017/03/20 19:23:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | Daily | クルマ
2017年03月13日 イイね!
92nd TSM。昨日は2017年最初のTSM でした。

天気にも恵まれ、日中はとても暖かな一日でした。

いつものように会場近くのコンビニで朝食休憩を終え、出発しようとしていると、ちょうど教祖様のリトモが通りすぎます。

後ろに続いて会場を目指しました。

パークウェイに入ると、峠小僧と化した147とすれ違います。
走るのが楽しくて仕方がないご様子で、タイヤを5か月ほどで使い切られたそうです。

ぜひ、空気圧と走り方による無限ループにハマっていただきたいと思います。


さて、久しぶりに教団メンバーの大半が集まったこともあり、屋外セミナーも開講されました。
今回は、

「プレミアムコンパクトとは何か?」

について討議がなされました。
昨今、プレミアムコンパクトを標榜する車種が散見され、教団として再定義しておこうとのことです。

一例を挙げると、

・リトモに代表されるリーフスプリングによる合理的なサスペンション設計

(※地味イタでリーフスプリングはリトモだけです。粗末な造りです)

・万一の際に乗員保護をも考えた機能美あふれるインテリア



(※今時、乗員保護など当たり前です)

いかがでしょう。
プレミアムの定義は、ここに新たな基準を打ち立てました。
(※あまり真剣に捉えないでください)

+++++++++++++++++++++++++++++++

一方で教祖様からこんな御言葉も。

「最近のクルマを知らなさ過ぎて、そろそろヤバイと思っている」
「雑誌に記載された車名を見ても、どんな大きさのクルマか分からない」

ということで、駐車場に停まっているクルマを見て回ることに。

教祖様:「これは分かる、イヴォークや!」

私:「レンジローバー・スポーツです」

教祖様:「これはボルボS60や!」

私:「いえ、V70です」

教祖様:「あれはアウディA4や!」

私:「A6アバントです」

教祖様、似たようなクルマばかりで申し訳ありませんでした。

+++++++++++++++++++++++++++++++

さて。TSMのあとはTZM。
峠小僧に感化され、私も久しぶりにドライブを楽しむことに。



Unoは今年で28年目、16万キロを目前に控えており様々な性能低下は避けられません。電子デバイスの類いは何もありませんし、運転が楽しいからと言って調子に乗ると裏切られることも多々あります。したがって、速さではなくクルマに負担を掛けないような走りを意識してみました。(とはいえ、水温計と油温計はにらめっこ)

途中でエア圧も計測しましたが、前後でほとんど差異無く上がっており、個人的に目標は達成できたかな、と。

そんなこんなで盛りだくさんの2017年シーズンの幕開けとなりました。

Posted at 2017/03/13 23:03:22 | コメント(4) | トラックバック(0) | FIAT UNO TURBO i.e. | クルマ
2017年03月11日 イイね!
ザ・地味イタなミニカー(その2)。この記事は、ウーノ パラダイスについて書いています。

その1はコチラ

ずっとeBayで気にしていたミニカーが値下がりしたー!入札じゃー!
・・・当然のごとく?誰とも競ることなく購入。

フィアット・プレミオ。
(トヨタではない)

なんと華の無いクルマだろうか。
このクルマ、正確に言えば“イタリア”ではなく“ブラジル”である。

ブラジル・ウーノの3ボックス2ドアクーペ(ややこしいな)。

ブラジル・ウーノの特徴であるボンネットがフェンダーまで回り込んだ形状(141系パンダと似たような造形)


絵に描いたような形のクルマ、とでも言うべきか。

いちおうUnoと比べてみた。





そして更に。
予約しておいた積車がやってきた。
積車といえば・・・イタ車だろう、ということで載せてみた。





うーむ、どうしてこうも同じような色のイタ車ばかり集めてしまうのだろう。

やはり私が今乗っているUnoで唯一気に入らない点が赤いボディカラーであるのは、つまりそういうことである。

深く考えても仕方ない。かつての愛車、145すら無塗装樹脂バンパーにしてしまったのだ。

そんな私がどんな人物なのか知りたい方は、明日のTSMの会場にて(爆)

※追加※
テカりすぎのホイールが気に入らなかったので、墨入れしてみた。



2017年01月29日 イイね!
第1回・地味イタ教団@愛知セミナー。今日は地味イタ教団のセミナーが開催されました。
(←単なる集まり)

最近、ガソリンを消費することに使命を感じていらっしゃるこの方のお膝元まで出張してきました。

まだ日が昇り切らないうちから集まる残念な人々。






先週の冷え込みもあり、うっすら雪が残っている場所もありましたが、快適なドライブが楽しめました。

途中でトイレ休憩に立ち寄ったPAにて。
大量のロータスたちを従えた地味イタの姿がご覧いただけることでしょう。ありがたや。(←ただ単に遭遇しただけ。・・・見方を変えれば追われているようにも見える(爆))。



その後は一路、トヨタ博物館へ。



展示車両を見ながら、主に「ホイール交換はどうやってするのか?」「ラジエターから冷却水が漏れている跡を見ると、親近感が湧く」「このクルマは○○で最速だった」という討議がなされました。

そんな中、こんなものを発見。



時代は板バネにカラーリングを施すことが流行りのようです。
教祖様、ぜひリトモの足回りに上品な紫色(注:教団公式カラー)でカラーリングをお願いします。ビルシュタインの黄色より、確実に格上です。(←ばか)

展示車両をひととおり見終わった後、昼食会場へ移動するか・・・と思いながら歩き出すと、博物館のスタッフの方から「よろしければ3Fのライブラリーもお立ち寄りください」との案内が。まぁ行ってみるか、と軽いノリで行ってみたらさぁ大変。

本を取り出す度に静かな空間に響く、教団メンバーから発せられる奇声にも似た悲鳴の数々。数多くの地味イタを取り扱った書物をはじめ、そりゃもう自動車に関することなら一通りの書物は見ることができます。無論、古いのから最新の雑誌もすべて・・・。読みだすと止まらない・・・このままでは閉館時間までずっと居ることになってしまうので、我々は勇気ある撤退をしました。

しかも、こちらは無料ゾーンとのことで、入館料は不要です。近所にあったら確実に廃人になります。

強烈に後ろ髪をひかれつつ、昼食会場&スイーツ会場へ。
相変わらずジョセフの食欲のすごさに脱帽しつつ、「リスクヘッジにレガータを買うべきか」などなど、各車の近況報告を踏まえた討議がなされました。

話題は尽きませんが、雨が降り出す前に解散。
大きな渋滞も無く、夕方5時前には神戸まで帰ってきました。

皆さま、また宜しくお願いします。






Posted at 2017/01/29 19:03:08 | コメント(5) | トラックバック(1) | FIAT UNO TURBO i.e. | クルマ
2017年01月21日 イイね!
①あいうえお表を見て。
私:(娘の名前を呼んで)〇〇ちゃんはどれが好きなの?
娘:これ。
私:(絶句・・・)え、これが好きなの?
娘:うん。
私:・・・本当にこれが好きなの?
娘:うん。
私:・・・いや、もう一回聞くけどこれでいいの?
娘:うん。

どうせ放っておいてもこの家に産まれて来ちゃったから、適度にクルマは好きになるかなー、とか思ったからあえて教えたりはしてなかった。

だから余計に驚いた。

これを指差したから。




















地味イタの幹部車両、ルノー9である。
(もはや“イタ”でないことは気にするなw)

一体、どこが好きなのか全く理解できない。
もう少し大きくなったら聞いてみよう。


②フィアット・レガータの件
昨年末くらいから、別のSNSで話題になっている個体がある。その後、どうなったのだろう。誰かが継いでくれればこの上なく嬉しい。こんな地味なセダン、もう出ない。

※来週日曜、天気が良くてクルマが元気なら中京方面に居るかもー。トヨタ博物館にでも行こうかな。


Posted at 2017/01/21 11:44:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | Daily | クルマ
プロフィール
「このショボいリレーが7000円(;゚Д゚)海外から買おう・・・。」
何シテル?   03/27 22:43
ただMT車に乗りたいのだよ。。。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
国土交通省 自動車の不具合・リコール情報 
カテゴリ:クルマ関連
2012/04/16 23:01:20
 
Euro NCAP For safer cars crash test safety rating 
カテゴリ:クルマ関連
2011/07/18 20:04:29
 
クルマを諦めきれない・・・blog 
カテゴリ:クルマ関連
2009/07/07 14:09:12
 
お友達
クルマ趣味が偏っていますので、お気をつけください。
104 人のお友達がいます
ムルティプラの狼ムルティプラの狼 * RUN丸RUN丸 *
みのしーみのしー * SAIT@-manSAIT@-man
mimusanmimusan Shぃの・CarShぃの・Car
ファン
40 人のファンがいます
愛車一覧
フィアット ウーノ フィアット ウーノ
現役の戦闘機。 1989年式、SPORTS-PACK仕様。 http://minkar ...
ルノー カングー be-bop (ルノー カングー)
popじゃないよ、bopだよ。 3ドア、MTで検索して出てきたちょっとおしゃれな商用車。
アルファロメオ 145 アルファロメオ 145
泥沼1号機。過去の栄光。
BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
ありがとう。新車から10万キロ以上居たのは君が最初だったよ。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.