• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月10日

行き当りばったりでツーリングルート開拓

岐阜に住んでいた頃、北に行けばクネクネ道があったし、そこそこの観光地もありました。

なので、フラッとバイクに跨って走り出せば、それなり良いツーリングになってました。

しかし、今は兵庫県在住。

新たにツーリング&ドライブルートを開拓しないといけません!!

そこで、目的地なども決めず、バイクに跨ってフラッと北に走ってみました。



フラッと走り出して1時間ちょっと経った頃でしょうか。

道路の案内表示に “生野銀山” の標識が。

最後に行ったのは小学校中学年頃…

懐かしくなって、生野銀山に行ってみることにします♪


生野銀山に到着。

見学料900円(高い…)払って中に入っていきます。


坑道の入り口からは、冷たい風が吹いてきて、暑い夏の日には気持ちイイ♡


この見学用の坑内ですが、全長1000 mと意外に長いです。

案内表示の順路に従って、歩いていきます。


先ほど、坑道の入り口では冷たい風が吹いてくると書きましたが、坑内の気温は14 ℃とかなり低く、暑い中バイクで走って来た体にはホント気持ちよかったです (*´∇`*)



坑内は展示スペースを除いてこんな感じ。

北龺月魚羊の木亥実験が話題になっていますが、あの坑内もこんな感じなのでしょうか |ω・`)



観光用の坑道ですが、所々、鉱脈に沿って掘削された跡がのこっています。

そして、ちょっと広がった所では、酒の熟成所が。


1年通じて気温がほとんど変わらないので、最適な保管庫ですね。

そして、これ以外にも、、、



マネキンの展示物や採掘で使っていた機材の展示がありました。


25年以上ぶりに生野銀山に来ましたが、展示物とかに全くの変わりもなく、ほんと懐かしくなりました (´・ω・`)


坑道を出てお土産販売所にもフラッと入ってみる。


こちらも昔と変わらず、30 kgの銀塊と鉱石が触れます。

銀塊を両手で掴んで持ち上げようとしたのですが、持ち上がらない…。

やっぱり盗難防止用にしっかり固定してるんでしょうね (^д^;)


そして、お土産売り場の片隅に。。。


生野銀山にアイドルが誕生してましたw

その名も “よさぶろう” w

アイドルなら継ぎ接ぎの着物じゃなく、もっと派手な服を着せてやってくれ (ノ_-;)

マネキンがあり余ってるんですかね (;^_^A


一通り見て回ったので、次の場所へ。

の前に。。。


人も少なかったので、入り口の所でZの写真を撮ってやろうと乗って行くと、係のおっちゃんが写真を撮ってくれました ∩(^∇^)∩

俺、だいぶ太ったな…。

ダイエットしないと orz



生野銀山に来てふと思ったのが、

そういえば、生野って和田山のすぐ近くやん!!

和田山といえば!?

そう!!

天空の城 竹田城跡です!!

ってことで、google mapに竹田城と入力してナビをセット。

そして着いたところは…

(写真撮り忘れたのでストリートビューの画像)

ここどこやねん!?

なんでか分からないのですが、こんな何も無い所に案内されました。

近所の人から不審者のように見られているので、急いでUターンして退散 (;´д`ノ)ノ


帰宅して知ったのですが、500 mほどズレてました…。

これってもしかして太陽フレアの影響じゃ無いですよね!?

また気が向いた時にリベンジしたいと思います。。。



時間を見ると、もう昼飯時。

ってことで、飯が食える所を探します。

これといって良さそうな店も見当たらなかったので、20年以上前に行ったことがある、道の駅 村岡ファームガーデンへ。


ここ、但馬牛のセットが名物なんです。

但馬牛と神戸牛の牛は同じで肉質等級だけが違うだけ。

久しぶりの但馬牛ということもあって、昼飯の期待も高まります♪


昔は3000円で但馬牛ステーキが食えたのですが、今は肉の量が少なそうなサイコロステーキセットでも4800円 Σ(Д゜;)

150gのステーキセットだと、8500円から (´Д`|||)

いやいや、、、ナイナイ。。。

リーズナブルな但馬牛ハンバーグセットと但馬牛重ねカツ定食で迷った末、なんとなく但馬牛重ねカツ定食にしました。

サクサク衣にもも肉とバラ肉を重ねてカツにしたカツです。

これが、、、うまし???

あれ? 味おちた?

ここに来たのは20年以上前。

自分の好みの味か舌か、、、それか店の味が変わっちゃったんでしょうね。



食後に次はどこ行くか調べていると、近くに棚田百選に選ばれた西ヶ岡の棚田(和佐父の棚田?)があるとのこと。

こりゃぁ、行くしか無いでしょう!


近くまで行ったのですが(画像はストリートビュー)、、、この先の細い道を行き、突き当りのヘアピンカーブを曲がると、急な上り坂 Σ'ε°*

それを登ると細い道のヘアピンカーブ。

しかも、さらに勾配がきつくなってる… (((´Д`))))

こんな急勾配で転倒したら、起せるかどうかも不安なため、またまたUターン…。


あとでわかったのですが、その先はヘアピンカーブは無く、あと30 mほど登ってたら棚田に到着できたみたい Σ(Д゜;)

惜しいことをしました。。。

家に帰って調べて見ると、 “いかなる人も踏み迷う” 棚田への道らしいです…。



棚田を断念して帰路につきます。

同じ道を帰るのも面白く無いので、氷ノ山を回って帰ることにしました。


地図だと道があって走れそうなので突撃!

落石や砂溜まり、山肌から水が滲み出て川になってたり、道に苔が生えた酷道482をビビりながら進んでいきます。

途中、鳥取への通行不可や通行止めの表示があるものの、車が通った形跡があったので進んでいたのですが、あるところまで進むと…


車が通った形跡はあるものの、さらに落ち葉や石、砂の堆積物が増えてきました。

もうやばい雰囲気しかないので、本日三度目のUターン。。。


またまた帰って来て調べて見ると、崩落したような跡が (´Д`;)

道はあるように見えますが、舗装も無くなっているよなので、引き返して正解だったのかもしれません。


もう、今日はまったくついてない…。

素直に来た道を帰ることにします。




同じ道を引き返してると、すごい睡魔におそわれたので、道の駅 ようか但馬蔵で休憩。


そして、ご当地ソフトの山椒チョコソフトをいただきます。

このソフト、普通のバニラのソフトにチョコフレークを砕いたものと山椒パウダーを直前に混合してソフトクリームにしたものです。

バニラソフトの味にチョコフレークのサクサク食感、後味にほのかな山椒の香りが口に広がって美味し!

でも、これを毎回食うかと聞かれたら、何度も食わんな (o´∀`;o)a

最近、こういった観光客向けのメニューって、ネタ要素が強すぎるものが多くなってきているような…。

不味いわけではないですが、何回来ても食べたくなるようなメニューを開発してもらいたいですね。



道の駅を出て近所のスタンドで給油し、播但連絡道路でサッと帰って来ました。



ツーリングやドライブで行き当りばったりも良いですが、ある程度は調べて行かないとダメだと感じた1日でした (o´∀`;o)a
ブログ一覧 | ツーリング | 日記
Posted at 2017/09/11 13:58:45

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

蕎麦食べにいったま
たま@あざらしさん

ウラミの滝
hiro**さん

恐竜と銀と宇宙
ヒッポーさん

神戸は何しとるんや( ゚д゚)
waiqueureさん

昼メシ
☆フロッガー@SSC1さん

道の駅 村岡ファームガーデン
tanatosuSBさん

この記事へのコメント

2017/09/11 20:09:46
思い出を辿るツーリング?

それにしても、道の駅で牛をたらふく食べるには懐を暖かくしていかないといけない様ですね。高級店の値段では?
(;^ω^)

蒜山とかバイク多いイメージがありますが、遠いですか?距離感がイマイチわからなくて…
コメントへの返答
2017/09/11 22:20:04
とりあえず帰りにサクッと帰れる方面に走りに出たら、小中学校時代のポイントを巡るツーリングになってしまいました。
その時から変わった所と変わらない所があって、それを知れただけでも思い出を巡ってしまってても良かったです (´Д`A;)

この地方で牛肉料理を食おうとすると、観光客価格ってのもあって、かなり高いですね…。
昔はもっとリーズナブルだったんですが (ノ_-;)
やっぱり但馬牛は神戸牛の廉価版といえど、神戸牛価格がベースなのかもしれません。
予約が必要なのですが、今度、ここより手頃に但馬牛のが楽しめる所に行ってみようかと思います (^д^;)

蒜山は今住んでいる所からだと、かわこさんの名古屋から志賀高原までいくような距離になります。
蒜山も良い所なのですが、やっぱり遠いですね (´-ω-`)
2017/09/11 23:10:19
新たに開拓ってのも楽しそう!
突っ込んだり迷ったりも^^
ちょいプラできる所とかお気に入りルートが見つかるとイイですね♪
コメントへの返答
2017/09/12 06:38:01
六甲山にはチョイプラできるルートがあるのですが、1日フルに走れるルートも欲しい!!

と、いうことで、引き返す目安の時間だけ決めてぷらっとその方面へ。
ある程度進んだら、道の駅とかで現地の観光地図見ると、知らない観光地がわんさか!
たまにはこういう開拓ツーリングも良いですね (*´∇`*)
今回は完全にノープランで走り出したので迷走とUターンを繰り返しましたが、そこを走っている間はドキドキ。
このドキドキこそが開拓の楽しみだと思います♪
当りの新規開拓地はなかったですが、今回走ってみて途中から東に逸れると良さそうな道がありそうな感じがする(直感w)所があったので、次はそっちを走ってみようと思います o(*^0^*)ノ
2017/09/11 23:55:39
もう随分こういうツーリングしてないなぁ…
ノープランなぶらり旅もたまにはイイですよね^^
こういうのの積み重ねが、その人の「引き出し」になっていくんだと思います(*^^)v
コメントへの返答
2017/09/12 06:58:54
どうしても自宅がスタート地点になってしまうので、何年も走ってると開拓というよりも熟成のツーリングになってしまいますよね (^^;)
それを打開するには方面だけ決めてノープランで突っ走る!
行き止まりや難所があって引き返したりもしますが、良さそうな道を見つけたり名所を見つけた時の感動はイイですね (*´∇`*)
まだ1日フルに走れるツーリングルートはまだないので、快走〜クネクネ、たまには酷道といったルートを新たに作って行こうと思います (*・∀-)b
2017/09/12 07:47:38
  キヨフミクエストⅡ
〜勇者アキの伝説の銀山〜

アキは道を引き返した。

アキは道を引き返した。

銀塊を手にいれようとしたが、重かった。



お疲れ様です!
ロープレも何年かぶりに旧作をやると新たな発見があったりしますよね!
 
徐々に冒険の範囲を広げる楽しみがありますね(^^)
コメントへの返答
2017/09/12 08:57:22
銀塊ですが、30kgだと両手で掴めば持ち上がると思ったのに上がらなかったです (´へ `;)
その塊も昔はもっと大きかったように思ったのですが、体が大きくなったのか、昔よりも小さく感じました。
やっぱり年月が経つと感覚や視点も違ってきてて、新しい発見につながってるのかもしれませんね (*・∀-)b

今回、兵庫県内で南北に通る道の1本を北上していたのですが、この道から横に逸れたらクネクネもありそうな予感がするので、徐々に広げながらバリエーションを増やしていこうと思います(´∀`*)o
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「「党首討論より通常7時間の予算委の方がいい」と指摘。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000047-jij-pol

予算の議論の場は予算の事を話すべきでしょ!
こんな奴らのために税金を払うのが馬鹿らしい。。。」
何シテル?   11/25 21:52
はじめまして。Akiです。 元はHuangren(フアンレン)だったのですが、愛車Zの完全復活を機にAkiに改名しました (*・∀・)b Huangre...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

冗談にきまってますやん 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/26 21:35:42
FATBOY (?) New motorcycle after modification fender / block masonry For Kawasaki Z1000/Z1000SX 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/05 19:55:46

お友達

はじめまして。Akiです。

よろしくお願いします!!!
44 人のお友達がいます
シ ン ヤシ ン ヤ * サチママサチママ *
ono.pono.p T/HT/H
Bennie2019Bennie2019 たかおみ(旧ケンドル)たかおみ(旧ケンドル)

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ Z1000 Z (カワサキ Z1000)
高校時代にXANTHUSに憧れて中免とったけど、その後すぐに廃盤。大学院時代の時に、XA ...
トヨタ C-HRハイブリッド クロ (トヨタ C-HRハイブリッド)
訳あってSAIからC-HRに乗り換え。 トヨタが次世代世界戦略クロスオーバーSUVとして ...
その他 日本人 生身の体 (その他 日本人)
ランニング&ウォーキング時専用のハイドラキャラ。 つまり、生身の人間です。 歳とともに ...
トヨタ SAI トヨタ SAI
ラクティス→SAI→SAIで乗り継いできました。 新型SAIは前モデルと比べて格段に乗り ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる