車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月04日 イイね!
さて着いたぞ。

こうやって近くで見ると結構高いなぁ。

33階建ての高さ153mのこのビルは、前橋にある群馬県庁。

目指すは32階にある展望台で、イニDの舞台にもなった場所である。

ちなみに、昨年8月に行った高崎市役所は21建ての高さ102mで、それぞれ群馬で1,2位の高さだそうだが、上下関係はキッチリしているんだね。

では早速昇ってみよう。




展望台に到着すると眼下に待ち構えていたのはこの景色!

蛇行して流れる利根川とその先の水平線上に連なる山々の風景に、ただ見とれてしまうばかり。

関越道を下り方面に走りこの付近に差しかかると、道は徐々に登り勾配となり、左右に榛名山と赤城山の姿を眺めながらのドライビングは何とも言えない高揚感に包まれるので、すごく好きな区間であるが、その景色をこうやってずっと眺めていられるこの展望台は絶好のビュースポットだ。

この時期の澄んだ青空とともに、見ているだけで気持ちイイ。




山の名前もなかなか覚えられないので、案内板を撮っておこう。




案内板と同じように撮ってみた。

榛名山は見るからに走りたくなる!

前橋ドームの向こうに見えるのが小野子山と子持山か。

赤城山の緩やかな左斜面に見える冠雪した山が武尊山かな。




ひとしきり眺め終わった後は、県道15号を通り伊香保へと向かった。

いつものポイントから赤城山と共に!




そして伊香保に到着し、探索開始!




伊香保は何度も通過しているが、こうやって回るのは約2年ぶりくらいかな。




適度な賑わいがあって、こういう場所はやはり好きだなぁ。

何する訳でもなく、ただ歩いているだけで楽しい。




隙間からのこういった眺めを見つけるのも楽しみの一つ。

隙間が好きなのかと今さら気づいた。




石段を登った先に伊香保神社があるのを初めて知り、




さらにその先もちょっと探索。




戻る途中で裏から覗き見し、




目の前に広がった景色に歩みを止める。




いつもならここから榛名山へと向かうところだが、夏タイヤのままなのでそうもいかず、温泉へと(湯船は借り物写真)。

あぁ~、冷えた体が弛緩していく感じが堪らない!




帰路の途中で思わず車を停めて、




ほのかに薄紅色に染まる赤城山を眺め、感慨に耽る。




思い切り走り回れるようになる春も待ち遠しいが、どこまでも澄み渡った冷たい空気のこの時期もまたイイ。
Posted at 2017/02/04 12:49:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ日記 | 日記
2017年01月22日 イイね!
今日は風もなく暖かでとても穏やか。

布団から抜け出たのも遅ければ、その後の行動もタラタラとして、気がつけばもういい時間。

こんな日は何するでもなし、部屋の中でゆったりとまどろんでるのもいいかも。




そう考えているヤツは一人じゃなかった(^O^)/




陽の当たり加減もちょうどよさそうなので、花でも撮ってみようか!

撮り慣れてないだけになんか難しい・・・。

どこをどう撮っていいのやら。




じゃ、テーブルフォトでも!

普段使ってるパッとしないヤツじゃなく、写り映えしそうなカップを取り出してと・・・。

う~ん、なんかこれもイメージと違うなぁ・・・。

普段はお手軽スナップばかりで、じっくりと被写体と向き合っていろんな角度から撮るなんてしてないから、いざ撮ろうとしてもなかなかうまく撮れない。

そんな練習もしないとな。




いつもは呼んでも来ないくせに、「散歩行く?」、「ドライブ行く?」とか言うとサッと駆けつけて来る。

なんちゅうハッキリしたヤツだと思う。

でも、何より散歩が好きで、誰かが出かけそうな気配を察すると自分も行けるものだと勘違いして、ソワソワする様がカワイイ。

外から帰ると玄関で出迎えてくれるの、こいつだけだもんな。

じゃ、行きますか!




カメラが嫌いで、なかなか目線をくれない。

顔をそむけることも多くて、何度か呼んでようやくこの程度。

難しいモデルさんだこと。




子供達はみんなそれぞれ出かけたので、たまにはとカミさんとランチに行った。

野菜中心のヘルシーメニューだけど、食べ過ぎてアンヘルシー!




こんな一日もイイな。

でも、そろそろクネクネ道が恋しくなってきた。
Posted at 2017/01/22 17:47:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2017年01月15日 イイね!
高崎郊外にある「群馬の森」は美術館や博物館などを擁する公園で、入り口付近は明るく開放的な景観で、近代的な建築物が並んでいる。




公園の敷地はかなり広く、そこから奥に向かって行くとその名の通り周囲は森に囲まれており、陽が傾いてきたこともあって薄暗い感じになってきた。




しばらく歩くと、柵の向こう側に目指している建造物らしきものが見えてきた!

この一帯はかつて陸軍の火薬製造所があったところで、公園の周辺にはまだその跡が残っていることをネットで知り、今回の探索となったが、どうやらこれはその施設の一つのようだ。

正式名称を「東京砲兵工廠岩鼻火薬製造所」と言うそうで、明治15年から昭和20年までの間、軍用・産業用火薬やダイナマイトなどがここで製造されていた。

中を覗いてみたいが残念ながら私有地のようで、柵の外からしか見ることができない。




この場所には他には建造物もないようなので、先に進む。

入り口付近と違って散策する人の姿も少なくなり、ひっそりとしている。

上空からのカラスの鳴き声と共に不気味感が醸し出され、探索にはおあつらえ向きな雰囲気になってきた。




別の場所ではやはり柵があり、立ち入り禁止の立て札が掲げられているものの、先程よりは真近に施設を見ることができた。




柵の間から手を延ばして撮影。




おそらくこの中で火薬類が製造されていたのだろう。

厚いコンクリートの壁と鉄の扉が、危険な作業であったことを物語っている。




そこから少し先に進むと、




同じような造りの施設が姿を現した。

幾度も爆発事故が発生しており、施設の周りにある土塁は爆発の際の周囲への被害を抑えるためのものだったらしい。




事故の痕跡はどこかしこに刻まれているのだろうか。




無言のまま何かを訴えてくる。




おや、あれは?

土管で作ったトンネルのようだが・・・。

後で調べたところ、爆発事故があった際の避難場所だったとの情報もあった。




市民の憩いの場所である長閑な公園。

しかし、その片隅には公開されるでもなく、さりとて撤去される訳でもなく、ひっそりと息を潜め、ただひたすらに朽ち果てるのを待つだけの哀しき遺構の姿があった。
Posted at 2017/01/15 14:13:37 | コメント(9) | トラックバック(0) | 鉱山 遺構 廃墟 | 日記
2017年01月08日 イイね!
以前は泊まりで行っていたカミさんの実家も、両親が高齢になったということもあって、最近は列車で日帰りで行くことの方が多くなってきた。




新宿で一旦降りて、




カミさんが「こないだもらったここのお菓子が美味しかったのよ」と言う店に行き、お目当ての品をお年賀にする。




実家に着くと義姉夫婦も合流して初春の宴というか、いつものように単なる飲み会が始まった (^◇^) 

ここ数年は会うたびに両親もかなり歳を取り、衰えたなぁと感じる。

近い将来の自分の姿だ。

いつまでこうやってみんなで会うことができるんだろう・・・。

やれる時にやれる事をやっておかないとなぁ・・・。

と思い、ひたすらカロリー摂取に励むのだった(違うじゃろ!)



さてとそろそろ帰りますか。




ウィンドウショッピングをしたいと言うので、また新宿で降りた。




正月も2日ともなると結構な賑わいだ。




家族の行方を見失わないようにしつつ、自分の趣味に走る。




そして明けて翌日は秩父神社への初詣!

そうそう、秩父祭がユネスコ文化遺産に登録されたんだったな。




初めてまじまじと見た左甚五郎の手による「子宝・子育ての虎」。




そこから西部秩父駅へと向かう商店街の途中で、来るたびに撮っている気がする建築物をこの日もパチリと。

パリー食堂はいつか入ってみたいが、まだ勇気がない。




残念ながら西部秩父の仲見世通りは改修工事中だったので踵を返し、市役所の横を通り、もと来た方へと戻って行く。




いつもながらにお正月は毎年同じことを繰り返しているが、こうやって大きく変わることなく新しい年を迎えられたことに感謝しないとなぁ。

はてさて、今年はどんな年になりますか(^O^)/
Posted at 2017/01/08 13:10:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | ウロウロ日記 | 日記
2016年12月31日 イイね!
感動のラストで幕を閉じた森恵ライブの翌日は、レンタカーで呉を経由して海沿いに走り、以前から行ってみたかった尾道へと向かうことにしたが、その前にやはり外せない場所がこちら。

「この世界の片隅に」
を観た後に、原作者であるこうの史代の他の作品を読んでみたくなり、「夕凪の街 桜の国」を購入したが、終戦後も原爆の後遺症に怯え、苦しみながら亡くなった方が大勢いらっしゃったことを改めて教えられた。

昨年に再訪した丸木美術館や、今年行った長崎に続いて原爆のゆかりの地への訪問となったが、いつもながら人間の愚かさと、その一瞬でこれまで紡いできた人生を終わりにしなければならなかった方の恐怖と無念さを思うにつけ、いたたまれない気持ちになる。

映画や本の影響が多分にあったのだと思うが、慰霊碑の前では感極まり、あふれ出るものをこらえることができなかった。

こんなことは初めてだった。





次に向かった呉では、「この世界の片隅に」で幾度となく出てきた山の斜面から望む港の景色を見たくて来てみたものの、家が結構建ち並んでいて見通しがきく場所がなかなか見つからなかった。

さらに上に登ろうとすると、一見さんにとってはかなり難易度の高い道になってきたことや、時間も限られていることもあったので、あきらめて尾道に向かうことにした。




今回の相棒はデミオ。

前から乗ってみたかったのと、広島に来たらやはりマツダでしょうということでこの車を選んだが、CVTとは違った6ATのもつダイレクト感と、92PSとは思えないパワフルな走りを楽しむことができた。




そしてようやく念願の地、尾道に到着 (^◇^)

映画やTVドラマのロケ地としても良く知られており、ちょっと前だと桐谷美玲の「好きな人がいること」にも出てきた。




時間も14時を過ぎてかなりお腹も空いてきたので、早速、尾道ラーメンへと向かった。

ネットに載っているような店はどこもかなりの行列で、胃袋的にも並んでいる余裕は全くなかったので、空いてる店に駆け込んだ。

焼肉店(牛ちゃん)だけど、まぁイイだろう。

期待せずに食べ始めたが、これ、かなり旨いよ(^O^)/

最初、ツユはもう少しコクがあった方がいいかなとも思ったが、背脂が結構入っているので、このくらいのあっさり加減でちょうどいいように思えてきた。

麺は博多ラーメンと同様の細麺で、小麦粉の味もしっかりと感じられ、美味しい!




思った以上の味に満足しつつ、さてと街巡りへと参ろう。

千光寺を目指して坂道を登り始めると、オシャレな店がチラホラと目につく。




坂の上に向かうこのような階段がいくつもあるようで、




それと垂直に交わる道が家屋の間を縫っている。

そう、この感じがたまらなく好き!




そしてようやく千光寺へと辿り着いた!




長崎もそうだけど、港の周辺や傾斜地に建ち並ぶビルや家屋の風景が見ていて飽きない。

ずっと眺めていたくなるそんな風景だ。




そこから下って行くと、所々に猫の姿が見られた。

尾道は猫の多い街としても知られているが、なぜ犬ではなく猫なのかが、ここに来てみて何となく分かったような気がした。

この辺りは細く狭い坂道ばかりで、犬を毎日散歩させるにはチト辛い。

特に高齢者にとっては。

でも猫だと放し飼いでほっといて構わないし、車も来ないので危険も少ない。

だから猫を飼っている家が多いのではないかと思ったが、違うじゃろか?



う~ん、この感じもなかなかいいぞ!

きっとロケでも使われているだろうな。




そしてお待たせのアーケード通りは、




期待を裏切りません(^O^)/




林芙美子像。

銅像を見ると何故かこのアングルで撮りたくなるぞ。




あぁ、港町ねって感じ!

時間があれば渡ってみたいところだが。




そして暮れゆく景色は旅情満点!

また来てみたい街、別れが名残惜しい。





そして、翌日は帰りの新幹線まで時間が少しあったので、市内電車に乗って、




広島城へ向かった。

でも、時間もあまりなかったので天守閣には届かず 、この周辺の散策にとどまったとさ。




今回は2泊3日の旅行であったが、他にも海沿いで行ってみたい場所も見つかり、欲を言えばもう1,2泊はしてみたかった。

でも、また行きたいって思える位がちょうどいいのだろうと思い、広島の地を後にした。




いつもありがとうございます。

新年がみなさんにとって良い年でありますように。

来年もよろしくお願いします。
Posted at 2016/12/31 20:13:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記 | 日記
プロフィール
「前橋から見下ろす風景、そして伊香保へと。 http://cvw.jp/b/2133117/39267391/
何シテル?   02/04 12:49
cocoichiです。よろしくお願いします。 ちなみに、ココイチにはまだ行ったことがありません。 20代はバイクで駆け回ってましたが、スプラッシュで...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
S・A・G・A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/09 23:52:40
博多うどん「イチカバチカ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/05 07:59:05
ブログの横幅拡大と縮小画像からクリックで拡大表示の方法(忘備録)と愚痴wと抱負 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/09 06:33:47
ファン
73 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
初めて乗った車は、学生時代に友人から安く買ったポンコツ・チェリーで、排気量は1200cc ...
その他 カメラ その他 カメラ
これまで単なる記録でしかなかった写真が、その瞬間、一枚の絵に変わった。 画質は非常にク ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
軽自動車を何台か乗り比べた中で、走った感じはまずまず。 癒し系の外観に加え、内装が明る ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.