• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cocoichiのブログ一覧

2016年02月28日 イイね!

富岡製糸場

下仁田を出て富岡製糸場に着いた頃には、もう16時近くになっていた。

製糸場の見学時間は17時までとなっており、あと1時間位しかないが、この時間だと人も少なく見て回るにはちょうど良さそうなので、入ってみることにした。

こちらは入り口にある検査人館と呼ばれる建物で、守衛所兼事務所といったところか。

中に入ってみたいが立ち入り禁止なので、入り口からちょっと様子伺い。




そこを過ぎるとすぐ目の前には、東置繭所と呼ばれる繭の貯蔵倉庫がある。

明治5年とのプレートが埋め込まれているが、パンフには明治5年から昭和62年までの115年間に渡り、操業し続けたとある。




当初は工女募集の通達を出してもなかなか人が集まらなかったそうであるが、理由は技術指導に来ていたフランス人の飲むワインを血と思い込み、ここに入ると生き血を採られるとのデマが流れたためとのこと。

そのため、深谷市出身の初代製糸場長の尾高惇忠は、自分の娘を工女第一号としてここに入れ、範を示したということである。

ちなみに、尾高惇忠は製糸場の設立に関わった渋沢栄一の従弟にあたり、以下の写真は前に撮影したものであるが深谷にある尾高惇忠の生家である。




東置繭所の1階には資料がいろいろ展示されていたが、あまり時間がないこともあったのでサクッと見て回る程度にして(^_^ゞ、2階に行ってみた。

建物の長さは104mもあるので内部は壮観で、繭を乾燥させるために窓がたくさん設けられている。





時を重ねた建物が見る者を過去へといざなう。




西置繭所は残念ながら保存修理中で、見学用施設から補修中の外壁や屋根の一部しか見ることができなかった。




施設の階上からは、黄昏行く場内の様子を見渡すことができた(遠い目)。




こちらは社宅とあったが、幹部のそれだろうか。




そして、繭から生糸を取り出す作業を行う操糸所。




社会科の教科書にこんな写真が載っていたかも知れない。

子供の頃にミシンで遊んでいた私にとっては、とても惹かれる設備である。

一般的に製糸場というと、あゝ野麦峠に描かれているような長時間で過酷な労働がイメージされるが、ここ富岡はどうだったのだろうか?

ちょっと調べたところ、元々、富岡製糸場は官営として発足して採算が度外視されていたことや、廃藩置県で地位を失った旧士族の娘達などを始めとして、身分に関係なく多くの娘達が全国から集まってきたこともあって、当初は8時間労働の週休1日だったそうだ。

しかし、明治26年に民間に払い下げられて以降は次第に労働条件が悪化し、12時間前後の労働で休みも月に2回と普通の民間製糸場と同じようになり、過酷な労働は大正5年の工場法施行まで続いたようだ。




診療所に通じる所(だったと思う)が、昔の小学校の校舎を思わせるような造りになっていて、懐かしさを感じさせる




場内の一番奥に位置するのが工女達の寄宿舎であり、すぐ近くには鏑川が流れている。

ここから見える夕陽を、彼女たちは当時はどんな想いで見ていたのだろう。


Posted at 2016/02/28 11:14:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | museum | 日記
2016年02月20日 イイね!

郷愁の街 下仁田を訪ねて

みんカラでブログをupするようになってからもうじき2年になり、その間、100本余りのブログを書いてきた。

その大半がドライブや徘徊ネタであるが、これまでどこをどの程度回って来たのかを改めて確認してみようと思い、ブログに載せた写真を撮った場所を県別にカウントしてみた。

上位は以下の通りで、トップはもちろん地元埼玉。

 埼玉 群馬 東京 長野 福岡 栃木 山梨
  34   17  13    8   7   6    5

そして2位は群馬で、隣県で近いということもあるが、神流、妙義、碓氷、榛名、赤城などのように走って楽しいエリアがたくさん詰まっていることに加えて、上野村や南牧村のような奥深い山村に魅惑の建物が多く見られることも大きな理由になっている。

今回は、そんな魅力あふれる群馬の中の下仁田を回ってみることにした。

下仁田は上信線の終点にもなっているが、終着駅がある街というのもどこかしら惹かれる部分がある。

近くに車を停め、早速、駅に向かうと、思い描いていたよりは小さくこじんまりとした駅舎だったが、それでも枯れて廃れた景観が群馬の外れ辺りまで来た感を演出してくれていて、イイ感じ。




普段、見飽きている高崎線とは違ったカラーでレトロな造りの車両を見ると、ちょっとホッとする。




駅の近くにあるこのレンガ造りの建物は、かつては何かの倉庫として使われていたものだろうか。




さて、街中を歩いてみよう。

路地の入口にあるこの建物は、地元名産のこんにゃく料理をメインとした割烹旅館である。




そこから路地を進んで行く。




名前からすると、ここがメインの路地のようだ。




もう長い間使われてないように見えるビリヤード台が、もの悲しさを感じさせる




昔はこんな感じのタバコ屋兼雑貨屋がどこの街角でも見られたものだが、今やほとんどコンビニに置き換わろうとしている。




路地を抜けて大通りを少し歩くと、とてもオシャレな造りの倉庫が見えて来た。




言うことなし!の景観。




鏑川に架かる橋の所には青岩公園があり、長瀞を思わせるような石畳がある。




すぐ近くにあるこの建物が気になり、以前にもブログにも載せたが、倉庫として使われているみたい。




どうしてもこういうものに目が行ってしまうのは、病気だから仕方ない・・・。




こんにゃく屋さんの石造りの看板が素敵過ぎる!




さてと、15:20か・・・。

せっかくだから富岡製糸場も見て行きたいが、間に合うかな?

つづく。

Posted at 2016/02/20 13:45:03 | コメント(7) | トラックバック(0) | ドライブ日記 | 日記
2016年02月11日 イイね!

赤城おろしに吹かれながら

中学生の時に同じ班の子が「私、遊ぶっていう漢字が書けないんだよ」って言うのを聞いて、小学生じゃあるまいしさほど難しくもない字が何で書けないの?って、ちょっと小バカにして尋ねたところ、「方」の字が真ん中にくるのか右端にくるのかが、書こうとすると分からなくなるとのことだった。

そんなことはないだろうと思い書いてみると、「方」の位置なんて迷うこともなくスラスラと普通に書けるし、何故これが覚えられないのか不思議に思った。

もちろんその後も普通に書けていたが、ある時にこの字を書こうとした時に先の話を思い出してしまい、あぁ、あんな子がいたなぁと思い、いざ書こうとすると・・・。

あれ、「方」ってどっち側に書くんだったっけ・・・?

真ん中に入れて書いてみる。

うん、こっちだよな!

でも、ちょっと右側に入れて書いてみよう。

アレ、こっちも何だか正解のようにも思えて来たぞ・・・。

それ以来、一度別の紙に試し書きをしてからでないと自信を持って書けなくなってしまったが、あの時小バカにしたバチが当たったのだろうか。

という本編とは何の関係もない前置きはさておき、今回はうっすらと雪の積もった赤城山の周辺を、R353沿いにドライブしてみた。

この辺りまで来ると気温は一気に2℃位まで下がる。

毎年この時期になると赤城おろしと呼ばれる強い北風が吹き荒れ、この時も軽くハンドルを取られることがあった。

ちょっと外に出てみると寒さが身に染みて、そう長くは出ていられそうにない。




しばらく走っていると赤城神社の案内板が目に入ったので、寄ってみることにした。

周囲を高くそびえ立つ杉の木に囲まれ、荘厳な雰囲気を醸し出している。





何かしらパワースポットのような感じがするが、wikiによるとここは赤城山の山頂にある赤城神社と共に、全国で約300社あると言われている赤城神社の本宮と推測されている内の一つだそうだ。

そう言えば、東京は神楽坂にある神社も赤城神社であった。




きらびやかさは無いが、とても風格のある社殿だ。




赤城山の南側斜面を周回しているので雪は路肩に残っている程度であり、行き交う車も少ないこともあって、概ね快適に走ることができた。

それでも日陰になると一部に雪が残っている所もあるので、慎重にクルマを走らせていく。




R17を挟んだ反対側の方向には榛名山系を臨むことができ、なかなか良い眺めである。

埼玉では見ることのできない、広がりのある雄大な景色だ。




高原を貫く道路を走っていると、八ヶ岳山麓に似ているようにも感じた。




時間も14時を回り、そろそろおなかも空いてきた。

群馬に来ると何故かモツ煮を食べたくなるが、どこぞに良い店はないかと思い走っていたところ、おぉ、ちょうどおあつらえ向きの店があったよ (^◇^)

モツの内側の脂がトロ~リととても柔らかく煮込まれていて、ニンニクと生姜がちょっと効いた味がとても美味しい!

お土産に持ち帰った牛スジ煮も美味であった。




そこからR17に向かって下って行く。




渋川で利根川に架かる橋が目に留まったので、ちょっと車を降りてみた。

写真左側に小さく写っているのがその橋で、大正橋と言うらしいが、それよりも右側の上越線鉄橋の方が気に入った。

上り線がトラス橋で下り線がガーター橋と、それぞれ違う構造の橋になっているところが面白い。





こんな素敵な風景に出逢うこともあるから、見知らぬ場所へのドライブは止められない!
Posted at 2016/02/11 13:16:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドライブ日記 | 日記
2016年02月06日 イイね!

よきすがたなあ よもくぼ

何がトリガになっているのか分からないけど、ときたまこのセリフを思い出すことがある。



よきすがたなあ

よもくぼ!

れそいかとんほ?

よもくぼ!



昔の漫才の一シーンのセリフで、漫才師は誰だったかというと・・・、

思い出した!

そうそう、青空球児・好児!

セリフをさかさまに言うシーンがあって、上記のセリフがそれである。

ひょっとして動画にあるかも?

と思って、ググってみると・・・、

おぅ、あったよ!

しかし、youtubeの情報量ってどんだけ凄いの (@_@)

で、早速見てみると2:40以降がそのシーンで、何とまあ懐かしいこのセリフ。




これ、去年の番組だけど、青空球児・好児ってまだ現役でやってたんだ。

芸歴50年で今や最古参の漫才コンビだそうだが、多くはいつの間にか消えたりコンビを解消したりしている中にあって、未だに続いているのは驚き!

ところで、新しいことはなかなか覚えられないのに、こんな古いことは何で忘れることなくいつまでも覚えてるんだろう?

一体、記憶の仕組みってどうなってるのかと思ってちょっと調べてみたところ、記憶には大きく分けて以下の2つがあるようだ。



◆手続き的記憶
自転車に乗ることや車の運転などいわゆる体で覚えている記憶で、大脳基底核と小脳に蓄積され、いつまでも消えることがない。


◆陳述的記憶
イメージや言語として想起することができて、その内容を陳述できる記憶。

この記憶には短期記憶と長期記憶があって、短期記憶は海馬に保管されるが一時的なものであり、長期記憶は大脳皮質に蓄積されて長い間消えることがない。

日常的な出来事や勉強などで得られた情報は海馬で一旦整理された上で、印象的なものや必要なものは大脳皮質へと渡され、長期記憶となる。

認知症になると海馬がダメージを受けて正常に働かなくなり、新しいことを覚えられなくなる。



なるほど、そうすると歳を取って物覚えが悪くなるのは、海馬の働きが悪くなるということか。

じゃ、海馬を活性化させる方法となるといろんな脳トレがあるようだが・・・、

ナニナニ、脳に新しい刺激を与えることも大切で、知らない所に旅行に行くのもイイって書いてあるよ!

スプラッシュ、出動(^O^)/
Posted at 2016/02/06 12:15:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「フォークリフトの資格を取ってみた http://cvw.jp/b/2133117/40004329/
何シテル?   06/27 22:57
cocoichiです。よろしくお願いします。 ちなみに、ココイチにはまだ行ったことがありません。 20代はバイクで駆け回ってましたが、スプラッシュで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

リンク・クリップ

博多うどん「イチカバチカ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/05 07:59:05
ブログの横幅拡大と縮小画像からクリックで拡大表示の方法(忘備録)と愚痴wと抱負 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/09 06:33:47

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
初めて乗った車は、学生時代に友人から安く買ったポンコツ・チェリーで、排気量は1200cc ...
その他 カメラ その他 カメラ
これまで単なる記録でしかなかった写真が、その瞬間、一枚の絵に変わった。 画質は非常にク ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
軽自動車を何台か乗り比べた中で、走った感じはまずまず。 癒し系の外観に加え、内装が明る ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる