• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cocoichiのブログ一覧

2016年03月26日 イイね!

ちょっと四万温泉に入りに行って来た

関越道を駒寄PAで降り、県道15号の緩やかな上りを周囲の景色を楽しみつつ車をドライブする。




坂を登りきると景観が開け、目を向けたその先には赤城山の全容を見ることができて、好きなポイントの一つである。

あぁ、先月はあの麓を走り回っていたのかと思いつつ、わずかひと月ばかり前の情景を思い浮かべ、懐かしむ。




その後は吾妻線伝いに走り、中之条駅周辺を散策してみる。

こうやって見ると、なかなかシャープな面立ちの駅舎だ。




吾妻線に別れを告げた後は、R353を北上していく。

生憎と天気は薄曇りであったが、それでも四万湖は美しい色合いを見せてくれた。




四万川沿いにしばらく走り、四万温泉に到着。




今回、ぜひ見てみたかったのがココ!

千と千尋の湯屋のモデルになったと言われるこの場所である。




創業300年余りになる日本最古の湯宿建築とのことで、見るからに歴史が深く刻み込まれた建物である。




「この橋の上から願い事をすると・・・、」

って、そんな言い伝えは全くない。




ひとしきり見た後は温泉街をちょっと徘徊してみた。




表通りもいいけど、




裏手回りも徘徊には欠かせない!




体もすっかりと冷え込んできたし、ちょうどいい頃合い。

ここいらで温泉に入ることにしよう。




露天風呂に浸かると体は芯から温められ、一方で首から上は周囲の冷気がひしひしと感じられて、そのコントラストがとても気持ち良く、ずっとこのままでいたい・・・。




彼(彼女?)の気持ちがとても良く分かる!




中之条ダムも見たかった場所の一つで、規模はさほど大きくはないものの美しく、そしてメカニカルなアーチ式ダムである。

今年は少ないであろう雪解け水を放っていた。





そこから県道55号を西に向けて進むと、遠くに雪を頂いた白根山(と思う)が見えて来た。

クネクネ具合も良く、なかなか快適なロードである。




R292に入ると、んっ!、これは?

有形文化財として登録されている町田家住宅という旧家の建物で、幕末から明治初期にかけて役所兼住宅として使われていたとのこと。

今は資料館になっているようだ。




ストレスフリーのロードを気持ち良く駆け抜け、帰路に着いた。




群馬、奥が深い!
Posted at 2016/03/26 14:07:57 | コメント(8) | トラックバック(0) | ドライブ日記 | 日記
2016年03月19日 イイね!

友を訪ねて浜松へのドライブ

年賀状のやり取りだけで、かれこれ30年以上会ってない学生時代の友人に会いに、浜松に行ってみることにした。

友人とは夕方に会うことにしたが、ちょっと早めに出発して、途中いろいろと寄り道して道中を楽しみながら行くことに。

まずは東名を清水ICで降りて、清水港へと向かった。

海を真近に見るのも久しぶり・・・。

これでスカッと晴れていれば旅のプロローグとしては最高だろうだけど、まぁ仕方ない。




三保の松原にも寄ってみた。




で、この辺りで一番行きたかったというか、走ってみたかった場所がここ日本平!

ずいぶん前にバイクで一度走ったきりであったが、当時はなかなか走り甲斐のあるコースという印象だった。

今回行ってみると、下から見ている分には大して標高もなさそうだし、あれ、こんなもんだったかな?と思いつつ登り始めると、やはりとても楽しいコースだった(^O^)/




その後は焼津に向かい、さかなセンターに立ち寄り。

以前に行ったことのある下関の唐戸市場と良く似た雰囲気で、食い意地が張っているためこんな場所をうろつくのがすごく楽しい。




周回しているうちによだれが止まらなくって来たので、ちょっと早めだけどここで昼ごはんに!

お勧めの握り寿司(1600円)を食べたが、金目鯛がプリプリとして旨味もあり、とても美味しい!

そして中トロは口の中でとろけ、もう幸せって感じ!

いつまでも口の中から消えないで欲しいと願った。




握り寿司の余韻に浸りつつ、第2東名に乗って向かった先は、




天竜浜名線の天竜二俣駅。

ここは駅舎にラーメン屋さんが入っていて、ちょいと中を覗くと満席状態で結構旨そうな気が・・・。

食べたばかりじゃなかったら、きっと入っていた。




この駅は転車台がある駅として有名なようで、それを見たくて来たが、内部を見学できる時間帯が決まっているとのこと。

それまでにはちょっと時間があったので、今回は外から見るだけにした。

レトロ感いっぱいの建物が往時の様子を偲ばせる。




そしてこちらが転車台。




裏手の方に回ってみると、乗務員宿舎のような建物もあった。




近くを流れる天竜川に架かる天竜浜名線の鉄橋。




その後は浜松市街へと進み、向かった先はスズキの歴史館。

奥に見えるのが本社でその右手が目的の建物。

こちらは見学にあたって事前の予約が必要である。




受付を済ませ2階に上がると、車の開発から生産までの流れが説明されているフロアになっていた。

以前にどなたかのブログで、スプラッシュが開発ストーリーのモデルになっている写真を見たことがあったが、それは今でも変わっていない様子。

写真のようなMT車が日本でも販売されていたとすれば、走りの良さが売りの車だけに、もう少し販売台数が伸びたのかも知れない。




生産ラインのモデルはスイフトで、ここではエンジン組み付けの様子が再現されていた。




そして3階に上ると、




そこはスズキ・ヒストリーのフロアになっていた。

トヨタの原点が豊田自動織機なのは有名であるが、スズキも同様に織機が起源であったことを初めて知った 。

写真はその初代の織機(だったかな?)。




歴代のバイクや車が展示されていて、写真は私と同じ年に生まれたColledaというバイク(知らんかった)。




元バイク乗りとしてはどうしてもバイクに目がいってしまう。

カウリングやアルミ角フレーム&スイングアーム等が奢られた、見た目、まんまレーサーのRG250Γがデビューした時はかなり衝撃的で、その記事が載ったRIDERS CLUBを何度も読み返したものである。




浜名バイパスより浜名湖を臨む。




ホテルにチェックインした後に友人に再会し、歓楽街へと繰り出した。

すぐに当時の二人に戻り、30余年の空白があったとは思えない程に話は弾み、せっかく頼んだ鰻の白焼きの味もあまり覚えてない(^_^ゞ

餃子が浜松の名物というのは、今回行くときに初めて知った。




その後は友人の馴染みの店へと場所を変え、尽きぬ話に杯はいくらでも進む。

そのうちカウンターもお客が埋まり始め、両隣は元2輪メーカ勤めていた方(さすが浜松)と歯科医の方で、話も盛り上がり、一期一会の出逢いの時を楽しく過ごすことができた。




車で来ていることなどこれっぽっちも頭になく、さらにもう一軒はしごした後に友人とは再開を約束して別れ、ホテルに戻った。




翌日、あぁ、頭痛が・・・。

前日までは浜松から北上して諏訪湖を経由して帰ろうかとも考えていたが、その日の天気は下り坂で午後には雨の予報ということもあって、モチベーションは全く上がらず、仕方なく東名で戻ることにした。




しばらく走っているうちに頭痛も何とか回復し、このまま真っ直ぐ帰るのも悔しいので、昔、さんざんバイクで走り回った道志を通って帰ることにした。

東名を御殿場ICで降り、山中湖に向かった。

日曜とは言え、3月初旬のこの時期のしかもこんな天気の日に、山中湖畔に佇んで写真まで撮ろうなんてヤツは自分だけだった・・・。





そこから懐かしの道志へと抜けて行く。

その昔、バイク(SRX400)で道志を走っていて写真にあるような感じの左コーナーに入ろうとした時に、センターラインを大きく割ってきた対向車に気付いてフルブレーキしたものの、フロントタイヤがすくわれて横滑りしながら新車のプレリュードの横っ腹に突っ込んだことがあった。

革ツナギを着ていたおかげもあってか、幸い体の方は打撲・擦り傷程度ですんだが、バイクの方はフロントフォークが無残にも曲がってしまった。

その後は修理して乗ったが、バイクには(プレリュードにも)申し訳ないことをした。




そんな苦い思い出のある道志を無事にクリアして、家路についた。
Posted at 2016/03/19 15:29:39 | コメント(6) | トラックバック(0) | ドライブ日記 | 日記
2016年03月12日 イイね!

雨の谷中銀座を歩いてみた

就職で上京したての頃に山手線で読み方が分からなかった駅名が2つあり、そのうちの一つは御徒町(おかちまち)で、その当時は「みとまち?」などと思っていた。

そしてもう一つが日暮里(にっぽり)である。

まぁ、御徒町の方は仕方ないにしても、日暮里という地名はそれまでにも何度か耳にしたことがあり、漢字からしてもにっぽりと想像するのが普通かと思うが、これ「ひぼり」だっけ?と言って周囲の失笑を買ったことがあった。

それはともかく、その日暮里駅の近くに谷中銀座という商店街があり、最近、いろんなメディアで見かけることが多いので、定期的に開催している学生時代の友人達との飲み会の機会にちょっと回ってみることにした。

当日、天気は生憎と雨・・・。

日暮里駅から見える風景もモノトーン調であり、どこかしら寂しげな感じもした。




そこから谷中銀座に向かって歩くと、すぐに見えて来たのがこの本行寺。

調べてみると月見寺とも呼ばれるそうで、小林一茶もここを訪れてを句を詠んでいたとのこと。




そのまま通り沿いに歩いて行くと、程なく谷中銀座への入り口が見えて来た。




こんな天気にもかかわらず観光客と思しき人もそれなりに多く、欧米人の姿もチラホラ見かけた。

上野から近いこともあって、行きやすい観光スポットの一つになっているのだろう。




何を買わずとも店内を冷かして回るのも良し、




暖簾や看板を見て回るだけでもそれなりに楽しい。





実家のある福岡に比べると東京はホントに蕎麦屋が多く、うどん屋の看板を目にすることは少ないと感じる。

うどん好きの私にとっては寂しいところではあるが、最初にちょいと飲んで蕎麦で締めるってぇのが江戸時代からの蕎麦の楽しみ方の一つのようなので、そう考えるとそれも悪くない!

この後の飲み会の場所も蕎麦屋なんだけど (^◇^)




天気が良ければ裏通りをもっと徘徊したいところであるが、足元もずいぶん水を吸い上げて来たので、この辺で切り上げて飲み会場所の大塚へと向かった。

待ち合わせ時間にはちょっと間があったので、駅ビルより都電荒川線をしばらく眺めてた。




で、向かった蕎麦屋では全国日本酒巡りをした後に、もり蕎麦をズッ、ズッ、ズッ~とすする!

で、店を変えてグッ、グッ、グッ~とあおる!




その後は人間ドライブレコーダの記録によれば、23時頃に新宿を経由して無事に帰宅したようである。

Posted at 2016/03/12 13:39:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | ウロウロ日記 | 日記

プロフィール

「フォークリフトの資格を取ってみた http://cvw.jp/b/2133117/40004329/
何シテル?   06/27 22:57
cocoichiです。よろしくお願いします。 ちなみに、ココイチにはまだ行ったことがありません。 20代はバイクで駆け回ってましたが、スプラッシュで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

博多うどん「イチカバチカ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/05 07:59:05
ブログの横幅拡大と縮小画像からクリックで拡大表示の方法(忘備録)と愚痴wと抱負 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/09 06:33:47

お友達

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
初めて乗った車は、学生時代に友人から安く買ったポンコツ・チェリーで、排気量は1200cc ...
その他 カメラ その他 カメラ
これまで単なる記録でしかなかった写真が、その瞬間、一枚の絵に変わった。 画質は非常にク ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
軽自動車を何台か乗り比べた中で、走った感じはまずまず。 癒し系の外観に加え、内装が明る ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる