車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月02日 イイね!
4月2日、JAF九州ダートトライアル選手権第3戦にオフィシャルで参加しました。
今回も計時の手伝いとしてスタート、ゴールの光電管に繋ぐケーブルの配線作業をしましたが、まだ出走まで時間があったので早朝に激しく降り続いた雨で路面の状態が気になったのと走行に支障となるものが落ちていないか確認の為にコースを歩行してみました。

やはり所々泥濘が酷く、高低差のある所では歩行も困難な程です。
第1ヒートは足を取られながらの走行だったと思います。
主催側からしたら予期せぬ雨は少なからず残念でした。
ドライ路面を想定して考え、走って欲しかったコース設定に思えたからです。

しかし、コースの水捌けの良さを選手は見逃さず、第2ヒートではそれを見越して上手くラインに乗せて10秒以上のタイムアップをする選手が続出し、中には20秒程タイムアップする選手も数名いて、僅かな間での路面コンディションの変化には驚きました。
途中、車両トラブルや転倒もありましたが幸い怪我人は出ず、皆様のお陰で無事大会を終了する事が出来ました。
ありがとうございました。


Posted at 2017/04/05 21:52:45 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月20日 イイね!
3月19日、HSR九州で開催のJr第1戦に参加して参りました。

天候は晴れ。
フルパイロンコース。
タイヤは去年愛知県遠征で使用した235幅のR1Rを使いましたが、路面との相性が良く、中間地点の直線で1回3速、ゴール付近の⑳⑬パイロンでサイドを引いた以外は2速ホールドで走る事が出来ました。
特に、⑥⑦パイロンでサイドを使わずに2速でクリア出来たのはR1Rと故障中のセンターデフの恩恵が大きかったと思います。
DCCDがフリーから動かないのが今回は吉と出て非常に回頭性良く走る事が出来ました。
全体的にスムーズに走り切ったとは思いましたがタイムを他者と比較して見ると車が速くなっている気がして、しかもクラス2位で表彰まで受けて非常に嬉しかったです。
今大会を見る限り、センターデフはこのままでも良い様な気がしますが、故障が進展するとサイドの切れに影響するので近々見直しを行いたいと思います。


Posted at 2017/03/20 20:25:44 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年02月26日 イイね!
今年始めからパワーFCでセッティングを行ってきましたが、実は去年は別のチューニングECUを使っていました。
ライトチューンまでカバーするECUですが、高回転まで極めてスムーズに回り、耐久性も問題無い素晴らしいECUです。
しかし、GC8はジムカーナでは同クラスの他車に比べるとトルクが薄い為、セッティングの幅が広いパワーFCの可能性を確かめてみたくなり、手始めに現状のE/Gでセッティングを行ってきました。
手探り状態で煮詰めてきたので良否の判断をタイムアタックで検証しようと思い、場所はクヌギスピードウェイで行いました。


去年末のクヌギランナーでチューンECU使用で出したタイムが35.077だったので、同等のタイムが出れば良いと思っていましたが、今回最高タイムで34.680を出す事が出来ました。
計測器が違うので多少の誤差は当然ありますが、体感的にも今までアクセルオフで曲がっていた場所でブレーキングが必要になったりと、速さを感じる場面もありました。
時々ノッキングが基準値以上になり焦る場面もあったので神経は少なからず使いますが。
一先ず今年はJr戦を1戦目から頑張る事が出来そうです。



Posted at 2017/02/27 22:18:42 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月12日 イイね!
前回までノッキングを最小限に抑えるセッティングはある程度完了していたので今回は全領域で点火時期を進めてみました。
低中回転領域は問題無かったのですが、高回転域のもたつきは改善されず、ノッキングも上昇したのでその領域のみ少しずつ遅らせたのですが、あまり遅らせ過ぎるとトルクの減少にもなるので最ももたつきの少ないと思われる数値で区切りをつけ、今度は空燃比を疑ってみました。
もたつき(明らかに加速が鈍る現象)の原因は燃調の狂いもあるのではとも思っていたので事前に高回転域が極端に濃い、薄いの空燃比マップを作成して試走してみると、濃い方は安心ですがもたつきが増え、薄い方はもたつきが減少傾向でしたが改善はされず、しかし薄くすればするほどデータではスピードレンジが秒単位で速くなりましたが、危険で現実的ではないので却下しました。
マップを少しずつ変更して何度もトライ&エラーを行っていると、もたつきのなくなるポイントを発見しました。ほとんど体感レベルでの調整となりましたが、トップエンド付近の高回転域は非常にシビアでマップの数値1つ違うだけで狂いが生じる感じがしました。
一通り出来上がった現車セッティングデータはトップエンド付近が心配な位薄めになった為、念のために連続負荷走行時に危険レベルのノッキングが現れないか本日確認をしてみました。
ノッキングは辛うじて基準値内でしたが、今まで詰めてきた期待のフィーリング面で、またしてももたつきが、しかも、いつもではなく時々発生するという厄介な現象が現れました。
高回転時の伸びもいまいちな気が・・・
次回は一先ず現状のデータでタイムアタックをして去年のクヌギのタイムと比較してみたいと思います。


Posted at 2017/02/19 18:57:37 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月27日 イイね!
前回空燃比を少し変更しましたが、依然ノッキングが高い領域があるので試しに点火時期を全領域で少し進めてみました。
進めた方が軽快感が向上するので可能であれば進めたいのですが、全領域で進めて問題がないか試走してみました。

すると、加速時の高回転領域でノッキングが急に増加するのでその領域の点火時期を変更、試走と繰り返し、かなり遅らせたデータで落ち着きました。
点火時期と合わせて空燃比の方も変更しました。
基本であれば、E/Gを壊さない為には濃くするのがセオリーだと思います。高回転領域だと過熱を抑える為には尚更です。
しかし、試走してみると薄くした方がフィーリングが良くなる傾向にあるので、高回転領域を重点にかなり薄めに変更しました。
薄くし過ぎるとE/Gが過熱してダメージを与えてしまうので危険なのですが、データを元に大丈夫と思われる範囲に抑えました。

以上のセッティングを終えて今日走らせてみましたが、意外と回転がモッサリしている様に感じました。
ノッキングを最小限に抑えるセッティングが仇となっている気がします。
多少ノッキングを出しても点火時期を進めるべきか、空燃比もまだ変更の余地があるのかは次回確かめてみたいと思います。
Posted at 2017/01/29 18:47:57 | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール
「@ボンズS15 今日は昼から雨でしたね。どうでしたか?
明日は晴れみたいですが。


何シテル?   04/15 21:21
2014年4月にvivioRX-Rを購入しました。 GC8共々よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
クルマを通じて楽しく過ごせればと思っています。
車種問わず大歓迎です。
27 人のお友達がいます
セブンパイロットセブンパイロット * 妖怪じじい妖怪じじい *
ながのぶながのぶ * cuscocuscoみんカラ公認
ユースケ(日本語版)ユースケ(日本語版) ドライダー大@ならドライダー大@なら
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
新車購入以来、コツコツと仕上げてます。 現在ジムカーナB車仕様。
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
年式H10年 型式E-KK3 現在、買い出し仕様大活躍中。
ホンダ ジャイロキャノピー ホンダ ジャイロキャノピー
現在、不調箇所多数につき、暇をみて直していきたいと思います。
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.