• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ふぃおらののブログ一覧

2017年10月06日 イイね!

言の葉に込められた力。

言の葉に込められた力。こんにちは。ふぃおらのです



「ぶぶ漬け」という言葉はもはや死語ですが、文化はしっかり残っています。

「ピアノお上手やねぇ」=「音がうるさいので静かにね」

「早よからきれいにしてはりますなぁ」=「いつもお暇ね」

(´・ω・`)





実家の改修・解体工事。

(弟邸の新築工事なので私には全く関係ないのですが…笑っ 蔵を立てるとはよく言ったものです。悔しいが素直に拍手だ公務員 笑っ)
捻た性格が節々に…失礼いたしました m(_ _)m





生まれた実家が取り壊される様を感慨深くボーっと眺めていると、ご近所さん(70代女性)

「きれいになってよろしおすなぁ。」

「ありがとうございます。いつもうるさくしてすみません。」

「いやいや、お互い様でっさかい。」


決して工事の騒音をチクリと伝えるために、声をかけてこられたのではありませんが、ついついこの言葉の裏をかいてしまうのが悪い癖。
(封建的な環境で育ってきたので、つい、いつもの癖で捻て考えてしまいます)

京都人に足りないのは「素直さ」なのかもしれませんね (゚Д゚)ノ



さてさて本題へ。

私はよく高速道路を使います。



※画像はイメージ


RCではETC利用ですが、通勤快速車であるマーチさんは会社へ高速料金の申請をするため有人ゲートを利用します。
(ETC利用でも高速料金明細をダウンロードできるようですが何分不得手なもので…)

通勤先で降りるICは無人ゲートですが、帰宅時に降りる自宅最寄りのICは有人ゲート。

決まって帰りは深夜12時頃。

中央分離帯にぽつりぽつりと灯るオレンジ色の街灯。





この季節、天候によっては霧も出始め、白い雲状の霧が路面をスーッと迫りくる光景は、少しおどろおどろしくも幻想的です。

20分程度の高速ドライブ。

オレンジ色の街灯の間隔が狭くなりはじめるともうすぐ料金所。


左側に「ETC」の紫色の掲示板、右側に「一般」の緑の掲示板。

赤色の有人ボックスからこぼれる光を見ると、何故かいつもホッとします。

減速しながら進めると、軽く左手を上げて、深く会釈するスタッフの方。



「こんばんは。お疲れさまです。通行券お預かりします」

「こんばんは。」


この短い会話が、帰宅時の唯一の楽しみ (#^.^#)

冷えた朝に飲む温かいポタージュのように、疲れた心に沁み渡っていきます。


「通行料金510円頂戴しました。お気をつけて」

「ありがとうございます (^^♪」





たった一言、されど一言。

便利だけではない、機械にはできない、人からは奪えない、接するお仕事。

会話に飢えているのか、寂しいのか、時間がかかっても、ついつい「接する」、「触れる」を選択する私。





「…早くETC付けろよなぁ」と思われてないといいのですが…笑っ (;´∀`)



では、また。
どこかでお会いしましょう!
Posted at 2017/10/06 12:39:48 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月16日 イイね!

クルマに目覚めた、クルマ。

クルマに目覚めた、クルマ。こんにちは。ふぃおらのです。



みんカラでみなさまのブログやレビューを拝見していると、車種やカテゴリー、使用用途、カスタマイズのベクトルは違えど、根本にあるのは「クルマ大好き」。

みなさま、十人十色の拘り。
想像力が駆り立てられてワクワクします (^^♪




では、みなさま。
何をきっかけとして 「クルマ好き」 になられましたか?



※輸入車の世界へ初めて飛び込んだあの頃。憧れだったSL55 AMG。


私は友だちの影響でした。


小学生だった頃 「えぼ」 とか 「あーる32」 とか。
なんの事やらと聞いていると、どうやらクルマの話。


熱く語る友だちとコンビニで買った車雑誌を見ているうちに、どんどん引き込まれていく私。

当時、R34 GT-Rが現役でしたが、彼は「R32 GT-R」が大好きでした。

数値や性能、高度な技術。当時から、もはや伝説のように扱われていたモデル。



※相変わらず美しいメルセデスのロードスター、SL。理屈抜きで美しい。


しかし、私のハートを射止めたのは「R33 GT-R」でした。

流麗なデザインとリアの豊かな造形美。
丸みを帯びた伸びやかなプロポーション。
テールレンズのデザイン。


※日本導入の目途が立たずRCに。


あれから16年の歳月を経て、通勤中、久しぶりに見たR33。
一瞬で小学生だったあの頃に戻りました (`・ω・´)





みなさまは何がきっかけで 「クルマ好き」 になられましたか (#^.^#)



追伸
私はよく人とは少し違ったマイナーモデルが好きになると言われます。
エボ7や丸目インプレッサなど (^_^;)
古きを温めて…ではありませんが、これまでのデザインを大切にしつつ、少しモダン化したその佇まいに惹かれるのです。




マイノリティでしょうか。自覚はありません 笑っ



では、また。
どこかでお会いしましょう!
Posted at 2017/09/16 21:02:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月08日 イイね!

思いを、追い風に。

思いを、追い風に。こんにちは。ふぃおらのです。



すっかり秋めいたお天気で、とても過ごしやすくなりました (^-^)
1年で最も過ごしやすい季節、みなさまはいかがお過ごしですか。


実は私事ですが、8月に異動辞令がでました。
これまで約1年と1ヶ月お世話になった場所から新天地へ。

1年と聞かれると早いと思われるかもしれませんが、異動が頻繁に起こる会社でして、最短では1ヶ月 笑っ
原因は圧倒的かつ慢性的な人時不足。


人が足りない。と言えば、
知恵が足りない。と。


本部と現場の意識と判断の乖離はよくあることです。



消えゆく先輩、同期、潰れる部下。
ここ数ヶ月、あらゆる方面に進言しましたが…。
はっきりわかったことは環境を変えようとはせず、自分を変えること。

しかし、ガンバリズムには限界があります m(_ _)m


すみません。
愚痴るつもりはなかったのですが…笑っ





異動辞令がでた7月30日。
職場のスタッフから電話。

(で、実際の異動は8月1日からと言うのだから、毎度毎度この会社はおかしいのかと本気で思います。もちろん内辞なし、打診なし。)



私を動揺させまいと自分を落ち着かせるように冷静かつ淡々と事情を伝えるスタッフ。

いつもはテンション高めな方だからこそ、伝わる動揺。



職場へ行くとみんな仕事の手を止めて、駆け寄って来てくれました。

「ここでたくさんのものを残してくれた。そしていつも守ってくれた。さぁ次のステップへ。」
と、私を励まそうと笑顔で話しかける人。

「こんなに悲しかった日はない。残る方も辛い。」
と、感情的になり目を真っ赤にして話しかける人。

「この処理どうするんでしたっけ。。。ほらこんなこともわからないなら、次の場所へ行ってはダメです。」
と、不安いっぱいの顔で私を見つめる人。



泣きたいのはこちら。
しかし私が動揺してはみんなに迷惑がかかる。

咄嗟に隠そうと、うつむくと、感情が溢れ涙に。



この日は引き継ぎ書類を作成して、各方面へ挨拶回り。


そして翌日最終勤務日となった7月31日。

昨日とは打って変わって、職場は笑顔で、明るく、陽気ないつもの雰囲気。
みんながいつものようにくだらない冗談や仕事の相談をしてきます。



まるで明日もあるかのように。
だからこそ余計に辛い。

退勤時間の18時過ぎ。

荷物をまとめ終わると、一斉に駆け寄ってくるスタッフ。
当日休日だったスタッフも、部署が違う元部下達も。


「今まで本当にお世話になりました。あなたにはいつも片方の口角をクッとあげて、いつまでも笑っていてほしいから、さよならは言いません。ありがとうございました。」


手には目一杯夏を凝縮させたかのような、大きな大きな花束。



そして節目節目、イベントごとの過去1年間の写真と、私がお世話になった取引先の方や先輩方の元を訪れ、撮影した写真で作ってくれたメッセージ付きの分厚いアルバム。

朝早くからアポを取って遠方まで走ってくれて、印刷、編集、作成してくれたことにまたまた涙が 笑っ



そして個々に頂いた、思い思いの個性的なプレゼント。
(上の写真はすべて頂いたもの)
どれもほんとに個性的 (*´ω`)

「男だろー 泣くなー 」
とスタッフ。
(コノハゲー風のパロディ)笑っ


「この花束、枯れないようにドライフラワーにしようかなぁ」
と呟くと、

「花はとても贅沢な贈り物なんですよ。枯れるからいいんです。その時だけしか楽しめない。
だから 今 を心に焼き付けて。」






「さ みなさん並んでください。記念撮影をします」

いつも口数少ない大人しいスタッフ。
まさかの本格的な一眼レフのカメラ。
カメラ女子だったのか ∑(゚Д゚)

今更気が付く別の顔 笑っ


悲しくもまた、仲間がいることに力強さと嬉しさを覚えた7月31日となりました。




私はほんとに人に恵まれています。
感謝の言葉しか見つかりません。



では、また。
どこかでお会いしましょう!
Posted at 2017/09/08 15:40:51 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月03日 イイね!

空蝉。

空蝉。こんにちは。ふぃおらのです。



抜け殻。
亡き骸。



一夏に見せる生死のコントラスト。







天を仰ぐかのように仰向けになり、天寿を全うしたその姿。

儚くも長生きな昆虫。


表舞台で賑々しくしているのは数週間。されど産み落とされ、土で暮らす時間は数年間。

力一杯鳴く姿は、生きることそのものに感じられて。







直向きに迷いなく生きる姿。



今の自分は正直に、真っすぐに生きているのだろうか。

今の仕事をこのまま続けていけるのだろうか。



一度きりの人生。

新しいところへ飛び込んでみたい気持ちと、今の安定を手放す怖さ。

今は食いしばる時なのか、我慢すべきところか。







まるで緻密に計算されたプログラミングのよう。

決まった時期に、タイミングを計るかのように。

一斉に目覚める。


成虫になる最後の脱皮のため、土から這い出る姿は、蘇るようにも見えたり。


高さ僅か20cm。

一度木から落ちるともう成虫にはなれない。







一度落ちるともう戻れない。



毎夏、彼らの鳴き声を聞くと、命の偉大さと儚さを考えさせられます。

学ぶべきことは、まだまだたくさんありそうです






では、また。
どこかでお会いしましょう!
Posted at 2017/09/03 02:29:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月24日 イイね!

健康的で持続可能な「おもてなし」へ。

健康的で持続可能な「おもてなし」へ。こんにちは。ふぃおらのです。



夏の勢いを取り戻したかのように、天井知らずに蒸す京都。

みなさま、どうぞ体調管理には十分ご留意くださいませ。
二十四節気では『処暑』、暑さ峠を越し、後退始める頃。です (`・ω・´)




暑さにかまけて、相変らず休日は家で寝腐っている私。
1通の封筒がレクサスから届きました。


『 洗車サービス一部改訂のご案内 』



顧客増加に伴い、これまでの洗車サービスの存続ができない。との旨。

確かに、スタートボタン交換のときもオーナーズラウンジが満席で、展示車両を拝見して待っていたり、
(落ち着きがない私なので、クルマの傍の方がいいですが 笑っ)
オーナーズデスクを利用したときも、まるでカスタマーセンターのように混み合っており、「順番におつなぎします。しばらくお待ちください。」の機械音声案内が多くなってきました。
(私みたいな人がどんどん使うから…なんてツッコミはご容赦ください 笑っ)




開業から12年目を迎え、街ではレクサス車を見かけない日はないほどに浸透してきました。


開業当時の2005年。
中学生だった私。


金曜ロードショーの合間にはレクサスのCMが頻繁に流れており、カッコよさとその美しさに一歩近づいてかじりついて観ていました (●´ω`●)



「心配り」と「おもてなし」を商品とする新しいジャンルのカーディーラーの登場に、胸を熱くしたのを今でもはっきりと覚えています。




あの日から10年経った今回の小変更は、少し寂しい案内となりましたが、至ってまっとうで建設的な判断だと感じました。




お客様にサービス(ここではサービス≠無料という意で)を提供する業種で最も悪なのは、その存在自体がなくなること。
と聞いたことがあります。

つまりは廃業。
(メーカーの自動車販売業ほどの規模ではまず考えにくいですが (^^;) )




例えばすそ野の広いスーパーや個人経営の商店。

地域の多くの人が利用し、移動手段に乏しいお年を召された方や、移動が容易ではない妊婦さんやお母さんも。

企業がどこかで涙をのんでいるようなサービスでは永続的な成長は見込めません。
廃業すれば多くの人のライフスタイルに影響が出る。

近江商人ではありませんが、WIN-WINであること。

企業として最優先すべきは利益を追求すること。そしてそれを基に経営を存続させること。
それこそが使命であり、お客様への最大の還元である。と。




今回の判断は自動車販売・修理業として、基となる営みを疎かにせず、顧客を一番に考えるからこその判断。


レクサスに立ち寄ったときは、いつもその日のうちに、SCさんにメールでお礼をします。




すると数日後、担当のSCさんから直筆でお手紙が届きました。
以下は抜粋です。

『ふぃおらのさまのご来店大歓迎です。レクサスはお客様に居心地よく、いつでも立ち寄れるべき場所であり、第二の我が家と思っていただけるような店舗を目指しております。ふぃおらのさまがそのモデルとなるお客様になっていただけると有り難く存じます。どうぞ奥様にもよろしくお伝えください。』

ますます好きになります 笑っ (≧▽≦)



これからも一定の距離感と節度を大切に、良好な関係を築いていけるように心がけていきたいです。



では、また。
どこかでお会いしましょう!
Posted at 2017/08/24 13:27:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #RC インサイドブラッシュアップ・メンテナンス Vol.1 http://minkara.carview.co.jp/userid/2133556/car/2377450/4438354/note.aspx
何シテル?   09/23 08:56
クルマだけはこだわりたい!という人とは違った何かを模索しているサラリーマンです(´・ω・) クルマを通した出会いをメインに書き綴ろうと考えています。 よろし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

12ヶ月点検(2回目) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/12 11:59:15
プジョー(純正?) 207用 アルミフットレスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/27 11:15:49
【Yahoo!ショップ更新情報】 ノア 用 テイン ストリート フレックス ダンパー アッパーマウント付 掲載開始! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/14 08:04:24

お友達

どうぞ、気軽にお声がけください!
49 人のお友達がいます
審判太郎審判太郎 * hajikun2002hajikun2002 *
アキぷりアキぷり * magnabluemagnablue *
たいが159たいが159 * 青葉裕紀青葉裕紀 *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス RC レクサス RC
カーライフ第三章の始まりはじまり〜(。・ω・。)
日産 マーチ 日産 マーチ
お財布にやさしい出勤用のコンパクトカー (`・ω・´) 実車を見ることなく購入しました ...
プジョー RCZ プジョー RCZ
カーライフ第二章の始まりはじまり~(´・ω・`) 3年3ヵ月。 32,747km。 ...
日産 ティアナ 日産 ティアナ
私のカーライフをスタートさせたクルマです(^^♪ 回想録として書き綴りますので、ぜひご ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.