• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

macha♪のブログ一覧

2012年03月31日 イイね!

詳細説明~

詳細説明~2次エアー吸い込みの原因として考えられるのは

EGRガスケット抜け

インマニEGRチャンバーガスケット抜け

各種ホースバンド緩みホースリーク

RACVのOリングからのリーク

が主な原因となります。

今回の場合はこのホースバンドが緩みが発生していたようです。

どう見ても頼りないホースバンドですよねぇ・・・

でこれが対策後です。



これでバッチリです。

しかしまぁ・・・

1点しか接地していないので吹き抜ける可能性は非常に高いです。

市販の締め込み式のホースバンドに変更で抜けることはないでしょう。

もし対策がされていない場合でエンジンブレーキ時カクカクするようであれば各種のホースバンドを

この手のバンドへ置き代えするとよくなる可能性はあると思います。

それでもだめな場合は各種(スロットル、EGR)のガスケット抜けを疑うことをお勧めします。

Posted at 2012/03/31 00:07:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年03月30日 イイね!

オイルクーラーのホース裂ける…二次エアー吸い込み箇所特定。

微妙なオイル漏れを発見したので下廻りを点検してましたらホースが裂けてる箇所を発見しちゃいました…(^-^;

しょうかないのでホースを詰めることにして修理完了♪

三時間ほど四苦八苦しました。

二次エアー吸い込み箇所特定出来たのでこちらも修理。

バージコントロールソレノイドバルブからインマニへくるホースのバンドがどうも緩く頼りなかったので市販の絞め込むタイプのホースバンドへ変えてやり修理完了♪

これでとりあえず一安心か?

しかしまぁ…

こんな時間になるとは…

今日は休みなのでとりあえず寝ます…
Posted at 2012/03/30 02:51:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | モブログ
2012年03月24日 イイね!

TOMEI スロットルコート

TOMEI スロットルコート全バラしましたのでコーティングが綺麗にはがれたので仕上げにスロットルコートで仕上げます~

これはスロットルバタフライとスロットルボディの隙間を埋めて引っかかりやかじりを防ぐものです。

暖かい部屋だと1時間くらいで乾燥します。

密閉度合いが上がるのでレスポンスもよくなります。Dジェトロタイプの場合はスロットルバタフライと

スロットルボディの隙間からの2次エアー吸い込みをなくすのでハンチングの防止にもなります。
Posted at 2012/03/24 12:11:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年03月21日 イイね!

スロットルボディー全バラw

スロットルボディー全バラw九州のあの方から嫁いできたビックスロットルを全バラにして再組み立てしました。

外す順番がありますが秘密ですw

各稼動箇所を洗浄してシリコングリスを給油。

前に使っていたスロットルボディよりスロポジを移植して調整。(抵抗値など)

これでだいぶよくなりました。

あとはシャシ整備編を新品をGET。(通称虎の巻)

これがあればほとんどは大丈夫でしょう~

Posted at 2012/03/21 12:37:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年03月18日 イイね!

ココ1週間での作業~

ココ1週間での作業~今週は【フューエルフィルター】の交換と【スロットルボディのリターンスプリング戻しと調整】です。

フューエルフィルター交換、フューエルストレーナー交換は燃圧不安定なところと

アルティメイトでセッティングをする前にやっておきたかったので交換です。

やっぱりフューエルフィルター交換すると全然ちがいますねぇ・・・

交換後は交換前と比べてモッサリ回るかんじがしないです。鋭いです。

次はスロットルボディーのスロットルリターンスプリングを戻す作業です。

これは長く使ってるとスロットルの戻りが悪くなりスロットルポジションセンサーの全閉時の反応が

不安定になりアイドリングが不安定になる症状を治す作業です。

(メーカーのサービスマニュアルにはない作業です)

ちなみにメーカーではスロットルボディ交換という判断になります。画像にありますが

このスプリングをほんの少し戻すことにより全閉に戻す力を補うことが出来ます。

アジャストスクリューが見えますがこれは【アクセルが引っかかるときに微調整する為の調整スクリュー】です。

引っかかりが強いときはここのスクリューを締め込むことで調整が出来ます。(メーカーでは非推奨)

調整後はアイドリングも安定しました。あとはアクセルが多少重くなりましたが・・・スロットルポジション

センサーのアイドリング時の電圧が安定しましたのでOKでしょうw

この作業に必要な工具は2.5mm6角レンチ 7mmスパナ、11mmメガネレンチ、必要によりプライヤー

といったところです。微調整が必要な部分があるので経験と感がない人にはお勧めできませんw

初心者、初めての人は車上でせずスロットルボディーのパッキンを用意してから外して作業することを

お勧めします。
Posted at 2012/03/18 11:25:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「昨日一時抹消してきました。 http://cvw.jp/b/213645/40451042/
何シテル?   09/22 01:37
トルネオユーロRを新車で買って13年目突入しました。 あっというまでしたねぇ・・・ チマチマいじってくのが趣味みたいなもんです。 快適性を犠牲にせず運動性...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

温度系補正が仕上がりました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/22 11:32:37

お友達

気軽にコメントお待ちしております。
一見さんでもOKですよ~
2009年までのホンダ車のパーツ検索が可能になりました。
検索したい方はまずはお友達登録から!
101 人のお友達がいます
ゆっきー@赤鬼ゆっきー@赤鬼 * SUNOCOSUNOCO *みんカラ公認
沼の長老沼の長老 * ガンちゃん@GK5RSガンちゃん@GK5RS
KuRi@DC2&JA11KuRi@DC2&JA11 しらけんしらけん

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ トルネオ ホンダ トルネオ
トルネオユーロR (ド初期のH12,6月登録) 当然ながらワンオーナー・・・(当たり前か ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.