車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月01日 イイね!
静岡県の旬を食べる旅。先日、静岡県の日本平界隈で、車繋がり(EVOQUE CLUB JAPAN・ECJ)のオフ会『いちご狩りオフ』の話題はアップしたばかりです。





大勢の仲間と共に、



久能山のふもとで、



ビニールハウス産ではありますが、石垣イチゴを、これでもかと満喫。



その後、東照宮の散策や、テータイムなどのミーティングがあったのですが、次の日に休みを取れたのを良い事に、オフ会を早々に離脱。



伊豆に向かいました。



後日談として、ECJ仲間の方から(カ○パ○ョロさん)から、フェリーの存在を知ったわけですが、この時知る由もなく。。
早目で無理のない移動を第一義として、主に下道を活用しながら、県道を多用し渋滞を回避しつつ、伊豆の国市方面へ。

伊豆半島入りしてからは、ご機嫌な県道を使って南下を開始。



国道を含む主要道路は大混雑の中、県道59号線は、快適そのもの。
道が狭く、見通しも良くないので、緊急回避に不安がある方にはお勧めできない道ですが・・・。
(バイクもインに切り込み過ぎの方も、多々見られる道ですので注意)



西天城高原線と県道59号線のクロスの辺り(風見峠)から、太陽の光も弱くなり、何か獣の出る気配を感じるような孤独なドライブが続きました。
ひと気が全くなく、車もほぼ皆無な状態のまま、目指していた仁科峠へ。



そして、仁科峠、着。
残念ながら曇りがかっており、富士山もうっすらとしか見えない状態。
風も強く、峠の写真を収めてさっさと海側へ出ようと、峠の看板の前へ。

と、その時。



・・・ん?

趣味の悪い、鹿のモニュメント?



初めは、そう思いました。
それくらい、鹿とEVOQUEの距離は近く感じました。
微動だにしない『鹿のモニュメント』とタカをくくり、「とりあえず話のネタに撮っておいて」と、妻にお願いしたこの写真の直後、悠然ときびすを返して、笹薮に去って行ったのでした。(;^ω^)



私達、旅先で野生動物に出会う機会は、少なくありません。
まぁ、普通通りたくないと思われる道を好んで走りますから、なおの事なのですが。
でも、北は北海道、南は鹿児島まで走っても、鹿に遭遇したのは初めて。
(カナダでマウンテンゴート、奥多摩でカモシカ、喜多方で熊、奥尻島でタヌキ?などあるけれど)
ましてや伊豆辺りで、デカい立派な鹿に出会うとは、予想していませんでした(笑)

興奮冷めやまぬまま、一気に駿河湾(松崎町)へ。



宿は、雲見温泉の、綱元温泉民宿太郎さん。

素朴で小さな温泉民宿ですが、料理は抜群!
地元の食材を、ふんだんに提供してくれます。
特別に注文したっけ?と、錯覚するくらい☆



あと、アメニティや、宿の方との距離感もよく、とても良いお宿。(^^
ラグジュアリー感を求める方にはお勧めしませんが、紛れもなく良宿です。

温泉に浸かり、お酒もガッツリ呑んで、爆睡!
全く夢も見ないくらい、幸せに安眠できました♪





そして、翌朝。



旅先で恒例の、朝の散歩を終え、



極上の朝食。

雲見の港から見える、これまた極上の風景。



富士山を最も美しく見られる町、なんだそうな。
確かに素晴らしく、雄大な光景でした。
もう少し寒い時期なら、富士山がもっとくっきり見えたのですが、それは贅沢というものですね。(^^



この日はただ帰るだけでしたが、せっかく西伊豆まで来ているので、せめて雲見地区周辺だけでも・・・と、散策開始。



港周辺から



雲見浅間神社



参拝する気持ちを削ぐ、ご機嫌な急階段をひたすら登り



ひたすら登り・・・



小さくも、立派な奥社に着!!

奥社のすぐ脇には、本当の展望台が・・・



富士山側



千貫門側

足がすくむくらい、高く、狭い展望台ですが、眺望最高!
行きも大変ですが、帰りも大変。
簡単な登山の格好で、行ってみてください。(笑)

そして、



千貫門。



この写真に妻が写っているので、その威容がお分かりになると思います。
丁度この時、地元の漁業関係者の奥様方が、岩海苔をせっせと収穫中。
なかなか風情ある光景を見られました・・・。

ちなみに、先ほどの「雲見浅間神社」はこの岩山よりも、はるかに巨大な岩山。
上記の『千貫門側』の画像中心の海に突き出た岩が千貫門ですから、その壮大さがお分かりになるでしょう。





この後は、海岸線を流しながらのドライブ。
雲見地区と別れ、どんどん北上。



黄金崎。

そこからほど近い場所で、お昼。



民宿兼食堂の三共食堂で、小鯵寿司を堪能。



採りたて、捌きたての小鯵を、たっぷりいただきました♪

食後には、散歩。



恋人岬。



周辺はまばら。



時折、アツアツのカップル(死語?)とすれ違うくらい。


・・・でも、富士山はやや霞ぎみ。(;^_^



結局、この写真が精いっぱいでした。



・・・ここ、どこだっけ。(;'∀')
(妻曰く、堂ヶ島だそう。)




最後の最後は、当初、宿泊地に考えていた、大瀬崎へ。

実際には、大瀬崎にある神社『大瀬神社』を散策。



細い半島にある、不思議な淡水湖を見たり、



立派な長寿の樹木群を眺めたりして、気が付けば夕方。

混雑が予想される東名道を極力避けて、国道1号線で箱根の山を越えて帰ってきました。(笑)





伊豆って、踏み込んだことは何度かあるのですが、伊豆=有名観光地という目でしか見ていないので、近年全く近づかないエリアでした。でも、ひとの働きかけもあって、日本平~伊豆という、静岡県屈指の観光スポットを楽しむことができたのは、とても幸運だったと思っています。

いちご狩りオフを企画していただいた、jakeさん。あらめて感謝!

これを契機に、伊豆散策をもう少ししてみようかなと思う今日この頃です。





おしまい。

Posted at 2017/03/02 21:00:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月28日 イイね!
ECJ・いちご狩りオフ。。など(^^;以前から話題として耳にしていた、
ECJ恒例の『いちご狩りオフ』に参加してきました(^o^)丿






朝5時半に家を出て、関東組と合流。



関東組、けっこうな台数でのトレイン。

たまに複数台並んで走ると、ワクワクします。(^^



そして、いちご狩りの聖地(?)へ到着。



イチゴ狩り開始前の、団らん。

多少、開始時間のズレはありましたが、幹事さん方の配慮もあり、程なく『いちご狩り』へ突入☆



食べ始まれれば、不満なんかすっ飛ぶんです。

予想を上回る、大ぶりなイチゴが結構あって、巨大なものから一般的なものまで、じっくりたっぷり食べ比べ♪



80個以上食べれば元が取れる! ・・・と、どこからか耳にしましたが、調子に乗ってデカいのを食べ過ぎたためか、50個にも遥かに及ばない個数で限界。

この食べ放題の後、いちご大福作りとか、お昼が間近だからとか色々言い訳をしながら、ビニールハウスを後にしました。(^^;





その後、久能山東照宮へ。
日本平側から、ロープウェイを使ってのアクセス。



河津桜の撮影会をし、



猫がのんびり日向ぼっこしているのを愛でた後、



葵のご紋付きの、由緒あるゴンドラで向かいました。



予想通りけっこう人が来ていましたが、ごった返すって程でもなく、日光東照宮をグッと凝縮したような境内を楽しく巡ってきました。



河津桜の赤が、本当に綺麗で



東照宮の色彩と合わさって、それはそれは美しく、



人の多さもあまり気にならないまま、観光を楽しんできました♪



改めて、幹事のjakeさん、サポートのカンパニョロさんのご対応に感謝します。
天気も穏やかだった事も重なって、とても充実した半日を楽しめました。
短い時間でしたが、久しぶりのECJの皆さんとの交流、最高でした!

そしてこの後、御大の新車お披露目会を目前に、私達夫婦だけ離脱。
見たくなかった訳じゃないんですよ、見る時間が無かったんです。|ω・)








さて。
もはや、はぐれECJ会員となっている私ですが、懲りずに旅に出ました。(^^;

言い訳すれば、初め久能山付近で宿を取る予定が、気が付いたら伊豆の端で予約をしてしまい・・・。



お昼過ぎには移動かけないと、まともに辿り着きそうもない場所に宿の予約をしちゃったもんだから、海見て、峠越えて、松崎町までの強行ドライブ。(笑)



そりゃ、不要な回り道したけど、到着前に夕日を見るとは・・・。



このクソ忙しい時期に、月曜日に休みをゲットできたものだから、調子に乗りました。

ECJイベントと、伊豆の旅を組み合わせ、てんこ盛り(;'∀')

伊豆の旅編は、別途アップしますね。



改めて、いちご狩りオフ参加の皆様、お疲れ様でした!








おしまい。




Posted at 2017/02/28 22:41:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月24日 イイね!
お昼は、へぎ蕎麦で♪







新年に入ってから、雪を求めて右往左往している私達。

計画するたびに沸いては消えている、へぎ蕎麦の聖地、新潟県。



とうとう日曜日、日帰りランチを決行♪



新潟県の十日町や南魚沼界隈の雪の豊かさを楽しみ、へぎ蕎麦を満喫したドライブ紀行。




↓続きは、こちらからご覧ください。(^o^)丿
Posted at 2017/02/24 07:00:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月21日 イイね!
東北の雪景色と、歴史に触れる旅。(山形県米沢市編)岐阜県・福地温泉郷旅を終えて、まだ余韻が残る2月に入ってすぐの事。






山形県米沢市・五色温泉宗川旅館に行ってきました!




この旅は、ある意味記念すべき旅でして、



My EVOQUE、3年目を前にして60,000kmを達成!

ジャストの写真を撮り損ねるアクシデント!

まぁチマチマ距離を気にしていない、私達らしい事ではありますが。(笑)



東北の雪と、上杉謙信所縁の地を訪ねた小旅行の模様は、



↓こちらから、どうぞ!(^o^)丿



Posted at 2017/02/21 22:22:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月29日 イイね!
未開の都(くに)滋賀県の旅。
 初めに断っておきますが、「未開の都(くに)」とは、あくまで私達が深く踏み込んでいなかった地域という意味であって、「滋賀県は何だか未開だよね~」なんて言う意味では一切ございません。(;'∀')



実は私達、日本一周(沖縄県以外)は達成しているのですが、滋賀県は通過ばかりで、泊まったことがない空白地でした。

当時、雪景色も見られるであろう時期(1月半ばくらい)。
滋賀県でも特に雪の多い『マキノ』という県境の地域を拠点に2泊し、京都府や福井県という大変魅力的な地域に一歩も足を踏み入れない覚悟で、雪景色を含む滋賀県を楽しむ旅に行ってきたのでした!



名古屋くらいまでは、やや寒さも感じる天候でしたが・・・



滋賀県に着いて街中走る頃には、小春日和な感じ(^^;
滋賀県北方で雪景色を期待していた私には、やや残念な状態。



まず、滋賀県内でお昼を食べるつもりで走ってきていました。
実は初日、妻の友人と会食&交流で、こちらのお蕎麦屋さんへ。

実は、近江神宮の境内にあるお蕎麦屋さん。
ここ「善庵」さんは、蕎麦を六分まで磨き込んだ蕎麦を食せます。



ひとまず早く着きすぎたので、境内散策へ♪
ここは皇族所縁の神社で、百人一首の歌詠みでも有名らしく、なかなか素敵な展示物が見られました。



ご覧のように百人一首そのものが、ずらり展示されているなど雰囲気良し。
妻は百人一首を全て覚えていた時期があったようで、とても楽し気に、しげしげと観察したり、蕎麦屋が開店する短い時間でしたが、ずいぶん楽しんでいたようです。



境内はすぐ散策を終え、待ち合わせ時間に合わせて蕎麦屋へ。

こんな場所柄か、善庵さんの店内も、雅な雰囲気満載。(^^;
妻の友人と共に、歴史話も含めて、楽しい時間を過ごせました。



蕎麦もご覧の通り。
六分磨きは伊達でなく、一瞬「コンニャク?」と見紛う光沢と、食感。
日本酒で言えば「大吟醸」と言っていい磨き具合、初体験。
なかなか美味でございました。(^^








さて、食後は友人引率の下、比叡山延暦寺へ!

晴れていたものの気温が高く、延暦寺への道中は、霞がかった風景で見通しは良くありませんでしたが、美しいラインを持つワインディングロードで楽しめました(^^♪
因みにブログの最初の小さな写真は、この参道の展望台からの写真です。



比叡山延暦寺。
確か・・・世界遺産でしたよね。(^^

訪れたこの日、天気の良さの割に、客はまばら。



それもそのはずで、本堂は修復中で工事の真っ最中。
根本中堂。



しかしそのお陰で、各名所名所ででも、お堂をほぼ独り占め。(^^♪
釈迦堂。



これまた内部まで、独占状態。
お正月の供物のお裾分けまで戴けちゃったりして。(^^;
横川中堂。



常行堂、法華堂。
苔の美しいお堂でした。

他にも国宝殿など、一日で見切れないと諦めていた主要な仏殿ほぼ全てを散策。
思ったより時間は押しましたが、絶好のタイミングで見ることができたと思っています。
ドライブだけででも、また訪れたいスポットですね。(^^



さて、本当に時間が押していた私達。
・・・でしたが、明日立ち寄る予定だった白髭神社にお立ち寄り。



琵琶湖に佇む、美しい鳥居を、日没まで眺め・・・



完全に日が沈んで全く人も車も居なくなった『メタセコイア並木』で撮影会。
幾人かの素敵なブログを書く方々が、度々訪れているスポット。
ようやく来られました!

緑の並木でも、フカフカのツリーが並んでいるわけでもありませんが、長く街灯に照らされた並木道も、これまた乙なモンでしたよ♪(^^



そして、ようやくようやく、この日の宿
『マキノ 白谷荘 歴史民俗博物館』 に到着。



ものすごい一品が出たわけではありませんが、趣ある一室で、たった一組だけのための空間と食事は、とても贅沢に感じられました。

そうそう、一組だけの・・・といえば。
ここだけでしか販売していない、特別な日本酒があります。
『茅葺の里』というネーミングで、冷でも燗でも呑める地酒。
けっこういけましたよ。(^^








明けて2日目。

昨晩しこたま飲んだのですが、この日も友人知人に昼食で会う予定があり、高速道路を飛ばして琵琶湖の間反対側へ出発。
昨日と打って変わって、厚めの雲の空。
旅の中日のこの日は、雨に打たれる事必定の予報でした。



とりあえず、出発前に。
この白谷荘すぐ目の前の路地にある、2本の木を見物。



何でも、推定樹齢500~600年のヤブツバキの巨木だそうで。
ここまでの樹齢のツバキは珍しいそうで、大切にされているそうです。
全く派手さはないのですが、こういった里自慢、嫌いじゃありません。



間近で見ると、惚れ惚れするくらいの隆々とした瘤があり、素晴らし銘木に成長している事がうかがえます。
雨が降る前にチェックできて、良かった(^^;



で、この日は。



こんな方々と合流し、旨い蕎麦屋に案内頂きました!
RANGE ROVER EVOQUE (ECJ)仲間の、黒影さんご夫婦、ヒロさんご夫婦と合流!
挨拶もそこそこに、お店の一番乗りを目指して出発♪



『そば処 藤村』さん。
以前、黒影さんのブログ内で、旨そうな蕎麦と気になる日本酒名を目にして、とてもとても気になっていたお店だったので、訪れることができて幸せでした(^o^)丿



蕎麦・・・旨し。
蕎麦湯・・・旨し。
蕎麦がき・・・旨し。

日本酒を飲めなかったのは残念でしたが、まぁ仕方ない(笑)



蕎麦を堪能した後は、3台でトレインしつつ、これまた素敵なスポットへ。
『ラ コリーナ近江八幡』。



出来立ての、とっても美味しいバームクーヘンを頂きながら、コーヒータイム(^^♪
『クラブハリエ』さんのバームクーヘン、美味しいなぁ(;'∀')
一部女性陣は、バームクーヘンが作られていく過程に目が釘付け。

あまり旅先で、こういった商業施設は立ち寄らないのですが、けっこう楽しくなっちゃいました。(^^;
色々お心遣いを頂きながら、結局別れが惜しくなり、皆で第三の場所へ移動。



黒影号と、ヒロ号を従えて先頭を走らせていただきましたが・・・いやぁ後ろからのオーラが、半端なかったです。(笑)
カッコいい2台です☆



さて妻の希望もあり、『ヒトミワイナリー』さんに立ち寄って、ワインを購入。

・・・と、この段階で、ナナさんご夫婦も合流!

ECJの連帯感、半端ない。(;'∀')
ナナさんの瞬発力には脱帽です!



ドライバーである男性陣は、店内ウロウロ&車談義。
女性陣は試飲を含め、簡単にショッピング。

妻はビオ?と思われるスパークリングワインを購入。
後日談ですが、あまりの口当たりの良さに、平日から軽く一本空けちゃいました。
こりゃ、リピートかもなぁ。(^^;



その後、4台でトレイン。
滋賀県名物『赤蒟蒻』と、集合写真スポットを求めてしばしドライブ。

・・・人のEVOQUEって、物凄く迫力を感じるんですよね。
そして改めて、自分のEVOQUEを惚れ直したりして。(^^



小さな蒟蒻商店に、土砂降りの中路駐した写真でさえ、格好良く見えます。(笑)
お店の方も、ビックリしたことでしょう。(^^;



時間が経つごとに、雨の降り方が強くなり、半ば諦めた集合写真。
私、どうしても撮りたくて、何とか納めさせてもらいました!

ECJのイベント等、なかなか参加できていない中でのこういった時間。
またとない、よい想い出になりました。

半日あまり、私達では立ち寄らないような楽しいスポットを案内頂き、また、お忙しい時間を私達と過ごす時間に割いていただいたこと、この場を借りて感謝申し上げます。
黒影さん、ヒロさん、ナナさん、奥様共々、本当に有難うございました!(^O^)/








写真撮影後、それぞれが、それぞれの道へ別れ・・・再び、いつもの旅へ。
私達は途中、温泉施設に立ち寄った後、宿に戻ったのでした。。








ところで、今回宿泊している「マキノ 白谷荘 歴史民俗博物館」のお風呂は、露天こそないものの天然温泉だったりします。



濃厚な泉質ではありませんが、湯疲れしない良いお湯です♪
建屋が資料館であるが故に24時間入浴可でない事と、実際の寝室は別棟だったりするのですが、一日一組だけで、全く気遣いなく連泊できる事は、特筆に値するかと思います。



そして夜が明け、3日目の最終日!
天気に恵まれないまま終わるのかと、3日目の早朝の空を見上げたのですが・・・。

ん? 湖畔方面の雲が薄い!?
これは素敵な景色に間に合うかも!!

と、妻を叩き起こし・・・一目散に琵琶湖湖畔へ!!



見られました!
琵琶湖、竹生島から昇る、ご来光☆



だ~れも居ない湖畔で、撮影会(^^



まさに、朝飯前の早朝ドライブで、最高の一瞬をGET。
この時間を逃すと多分、また厚い雲が空を覆っていたはず。
なんだかんだで、とても恵まれた旅になったようです♪



朝日を拝んでの、宿への帰り道。
この旅で数回往復した何てことない県道も、何故か素敵に見えました。
雪景色は・・・まぁ、今回は何も言わないことにします。(笑)





滋賀県の、いわゆる観光地は南側に集中している感があります。
でも私達には丁度良いエリアに、宿泊施設を抑えられて、良かった♪

ところで。
民俗資料館であり、温泉宿であり、有形文化財で築250年以上の建屋でもあるこの白谷荘。



よほどの地主であったことを今に伝える貴重な品々が、茅葺屋根の天井裏に、所狭しと展示されています。



そもそも、この建屋自体が文化財ですから、昔の道具など見るだけでなく、建屋の造りや、建屋の梁など、見るほどに歴史を感じるものばかりです。



ただ実は、管理を続ける人材や資金が不足しており、この集落全体の維持もいつまで続けられるのか・・・話を聞くほどに考えさせられる厳しい実情が、この資料館にはありました。



襖のように美しい、建屋奥からのぞく、日本庭園。
よく考えて作られていますよね。
これもいつかは無くなってしまうのでしょうか。



物だけでなく、貴重な資料(書物・古い教科書なども)も膨大だとの事。
いずれ再訪できたのなら、それら資料をじっくり拝見する時間も作りたいものです。



宮崎駿監督の映画『トトロ』の関係者も訪れていたという、白谷荘。



旅館やホテルとは全く異質ですが、周辺地域を散策する拠点として、どうでしょう。
『マキノ 白谷荘 歴史民俗博物館』

(↑ リンク、貼ってあります。)



私達が去った、丁度1週間後。
ここに、沢山の雪・霰が降り積もったようです。
地域の方々は大変だけど、本来の季節を取り戻した、ここマキノの今は、さぞかし美しい事でしょうね。



白谷荘の女将さんが話していたのですが、新緑の季節よりも、たっぷりの雪が降り積もった翌日の早朝こそ美しい景色が見られて好きなのだそうです。





交通の要衝、滋賀県。

庶民の歴史が息づいていて、とても面白い時間を過ごせました。

それほど遠くもないので、いずれ再訪したいと思います。(^^








おしまい。


Posted at 2017/01/29 21:36:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@fujiwhite さん
おはようございます。
ディーラーさんに指摘されまして(^^;;
高いし、汚れるなら一括交換を決めました♪
初めてのボンドさん。楽しみです〜♪」
何シテル?   03/26 10:03
多趣味ですが、自家用車での旅が最大の関心事。 高速道も使いますが、旧道をこよなく愛しています。 酷道・険道・林道、とりあえず進入したくなります。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
ECJ・いちご狩りオフ。。など(^^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/01 06:08:25
お友達
旅好きの方、乗り物云々抜きにして、ウェルカムです!
気軽にお声がけくださいヽ(^。^)ノ
86 人のお友達がいます
クラムシェル。クラムシェル。 * sorahikasorahika *
ARESE(アレーゼ)ARESE(アレーゼ) * カンパニョロカンパニョロ *
えーぴえーぴ * 甲賀流★黒影甲賀流★黒影
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
ランドローバー レンジローバーイヴォーク zanzi・ザンジー (ランドローバー レンジローバーイヴォーク)
モーターショーで一目惚れして以来、2年余り所有を夢見てきました。 いろんな車と比較しまし ...
ホンダ CR-V ミナハニー (ホンダ CR-V)
13年連れ添った、ホンダ CR-V(RD-5)に乗っていました。 「ミナハニー」の愛称は ...
ホンダ CBR1000F ホンダ CBR1000F
かつての相棒。 重く、立ちごけの恐怖が常に付きまとっていたけど、走り出せば、速く、軽快な ...
ホンダ VRX ホンダ VRX
初めて所有した単車(新車で購入)。 ツーリングの醍醐味と、数々の出会いを作ってくれた思い ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.