車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月12日
北海道から内地への帰還。前編
北海道から内地への帰還。前編 開拓の地、北海道。


珠玉の思い出の数々。


その時間を、一瞬だけ振りかえり。。




雨男の私の、奇跡的な天候による恩恵は計り知れず。



ただただ、美しい思い出を胸に。



内地への帰還へ・・・。
でも、まだ旅はつづく。。





詳しくは、
「開拓の地・北海道から、内地へ。(北海道函館市~青森県むつ市・恐山)」
(↑をクリック)をご覧ください。





冷たい雨の、北海道の函館港からの出発。
雨のお陰で、北海道を振り返ることもあまりなく、揺れる船内で酔う前に、軽く仮眠。(笑)

気が付けば下船の放送。
あっと言う間の、北海道~青森間です。



実は、帰りは青森港ではなく、大間港。
そこから、恐山を目指します。





本州上陸後、儀式として、本州最北端の地碑で、撮影会。(笑)



当然その後は、早目のお昼として、大間のマグロ丼を頂いてきました♪





早目の昼食後、日本三大霊場・恐山へ移動開始。

しかし、予定していた険道(県道284号線)は、折からの大雨で土砂崩れによる通行止め。
仕方なく、陸奥湾に抜けて、北上するコース(県道46号~国道338号へ)を採用。



峠で大雨に見舞われた以外は、重い曇り空の中ででも、快適ドライブ♪



途中、こんなところでワインをGET。
(サンマモルワイナリー)

恐山に近づくにつれ、その霊場たる雰囲気や、前回来た時の想い出が交錯。



北海道も楽しいけど、青森県も楽しいね。(;'∀')

前愛車・CR-Vでの想い出の場所で、現愛車・EVOQUEの撮影。



ん。 いいね!
(親バカですいません)





程なくして「三途の川」を渡り、霊場「恐山」に到着。



以前来た時と変わらない、何か物悲しさを感じさせる地。



霊場の門が締まる直前まで、境内を散策。
歩き疲れても足が止まらない、実に不思議な場所です。



この夜は、恐山境内の宿坊でお世話になりました。





その日の夕食。



宿坊だけに、食前に合掌し、宿泊者全員でまとまって、いただきました。















動物性たんぱく質は、一切なし。

盛り方美しく、味わい良く、しっかり噛んで食べたので、けっこうお腹に溜まりました。(*‘∀‘)
当然食後も、宿泊者全員で合掌し、解散。





ナイトスポットへ。



などではなく、恐山境内の温泉へ、イソイソと出発♪



参拝客の去った静かな温泉小屋は、実に心地よく・・・。
宿泊客も少なかったので、宿泊客同士でも重なることは稀でした。



強烈で濃厚な硫黄泉のため、長湯できる泉質ではありませんでしたが、深い硫黄臭を感じながらの入湯は、北海道長万部町・二股らぢうむ温泉の濃厚さとまた違い、これまでの心身の垢を落としてくれるような極上の時間を得ることが出来たのでした。。








つづく。


ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/12 21:54:32

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/12 22:51:53
こんばんは(^o^)/

恐山の宿坊、温泉小屋
さすが、ディープな旅されましたね〜
精進料理は品数が多いんですね

私は境内で昆虫採集してましたので
かなり怪しかったかも知れません^_^;


大間崎は最近とても観光化されてますね。
コメントへの返答
2016/10/13 06:54:38
おはようございます!

恐山境内、時間かけて散策したい思いから、いつか宿坊に泊まろうと目論んでました。(゚∀゚)
精進料理には色々驚かせられ、こういった機会をつくって正解だったと思っています。

>境内で昆虫採集

↑それをしている姿を撮ってみたい。(笑)


大間崎に至るまでの個所の方が、魅力的だったりします。(;'∀')
2016/10/12 23:13:20
良い天気の北の大地をあとにされてからの青森は天気も風景もギャップありすぎでしたか⁈

恐山の宿坊は想像してより玄関とか、綺麗でビックリです
ブログを拝見してると温泉に浸かりたくなってきますね〜
硫黄泉良いなぁ〜(^_^)
コメントへの返答
2016/10/13 07:01:24
おはようございます!

「恐山」は天気が良すぎると、カラッとしすぎて・・・とは、同日に宿泊した方との話しで出てきた言葉ですが、確かに、今回くらいの天気の方が、神秘的なのかな・・・と、その時は思っていました。
いや、そう思うようにしていました。(゚∀゚)

恐山の宿坊、現在のような立派な建屋には、建設当時、色々議論があったようです。(場所にそぐわないなど)
でも、今の時代にあった、とてもよい宿坊であると感じました。いつか連泊してみたいものですが。

硫黄泉、強烈すぎて、肌に痛みを感じるくらいです。湯の温度は、丁度飯坂温泉(福島県福島市)に似ていました。
私にはけっこう厳しかったです(*_*;

でも、雰囲気、情緒最高です。
ちなみに、立派な内湯(宿泊者専用)もありました♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「丸の内で、久しぶりに楽しめました♪」
何シテル?   12/05 22:46
多趣味ですが、自家用車での旅が最大の関心事。 高速道も使いますが、旧道をこよなく愛しています。 酷道・険道・林道、とりあえず進入したくなります。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
旅好きの方、乗り物云々抜きにして、ウェルカムです!
気軽にお声がけくださいヽ(^。^)ノ
84 人のお友達がいます
こいちろこいちろ * わかかなわかかな *
RRSportRRSport * えーぴえーぴ *
ナナ27ナナ27 * wagomuwagomu
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
ランドローバー レンジローバーイヴォーク zanzi・ザンジー (ランドローバー レンジローバーイヴォーク)
モーターショーで一目惚れして以来、2年余り所有を夢見てきました。 いろんな車と比較しまし ...
ホンダ CR-V ミナハニー (ホンダ CR-V)
13年連れ添った、ホンダ CR-V(RD-5)に乗っていました。 「ミナハニー」の愛称は ...
ホンダ CBR1000F ホンダ CBR1000F
かつての相棒。 重く、立ちごけの恐怖が常に付きまとっていたけど、走り出せば、速く、軽快な ...
ホンダ VRX ホンダ VRX
初めて所有した単車(新車で購入)。 ツーリングの醍醐味と、数々の出会いを作ってくれた思い ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.