車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月24日 イイね!
「パギャン、ガン」
金属音と揺れで目を覚ますと、ガードレールが真横にあった。
あわててハンドルを操作し、進路を修正する。
視覚的には脇腹の下を通過していたかに見えたガードレールを
いつもの安全な位置まで遠ざけた。
「やっちまった。」

2016年11月11日、深夜2時ごろ。
山で遊んだ帰りの出来事だった。
フラつきながらの運転に同行していた先輩からも
「休憩していくか」と誘われたが、断って走り続けていた。
眠気と戦いながらの運転はこれまでだってたくさんあったが、
いつも無事に帰る事ができた。
運転に眠気はつきもの。
事故なんて起こさない。
そう思っていたが、今となっては過信でしかなかった。

眠気を覚ますために全開にしていた窓からは冷たい風が入ってくる。
あまりに一瞬の出来事で、夢だったらいいのにと思った。
しかし、夜空に向かって跳ね上げられたサイドミラーが訴えかけてくる。
「居眠り運転で事故ったんだよ。」
窓から手を出して、サイドミラーをいつもの角度に直す。
気が付けば無音だった。
大音量で流れていたはずのユーロビートの再生が止まっている。
家にIpodを忘れるという年に2度とない失態をし、
仕方なくクルマに積んでいたCDをかけていた。
いつも寄り添ってくれる3人の女神は、いない。

深夜のバイパス道路。交通量も信号も少なかった。
久しぶりの赤信号で先輩の横に並び、
「ガードレール当てました。」と報告。
並走しながら傷を確認してもらう。
こすっただけ、たいしたことないと思っていたが、
どうやらそうでもないらしい。
最寄りのコンビニで詳しく見てみようと、話し合って決めた。

コンビニに着くまでの間、クルマの様子に神経を集中させる。
いたって普通。走行には全く支障がない。
きっと大丈夫。
ガワだけさ。

コンビニに着いてエンジンを切る。
傷を確認するためにクルマを降りようとした。
「たいしたことない、きっと。」と自分に言い聞かせながらドアを開ける。
ドアは少し開いたところで跳ね返ってきた。
「?」
右手に力を込めて何度もドアを開けようとしたが、
むなしく跳ね返ってくるだけだった。
仕方なく助手席側から降り、運転席側まで歩いた。

Fフェンダー、ドア、Rフェンダーと続く白い擦り傷。
Fフェンダーとドアのヒンジ部分はへこんでおり、
これがドアの開閉の際に干渉してしまうようだった。

自走可能だったのでそのまま帰宅。
翌朝、ディーラーへ持って行った。


約1か月して帰ってきたロドスタ。
破損したのはやはりガワだけであったが、
Fフェンダー、ドア、Rフェンダーと面積が広い。
給料3~4か月分の修理費は勉強代ということにしておく。

もし事故を起こしていたのが交差点だったら?
停車中の車に追突していたかもしれない。
ガードレールのない道だったら?
対向車線にはみ出して正面衝突していたかもしれない。
歩道に乗り上げていたら?
人を殺していたかもしれない。

第3者を巻き込まずに済んだこと。
ガワだけで済んだこと。
ケガをしなかったこと。
不幸中の幸いがいくつも重なった、
運の良い事故だったのかもしれない。

クルマを運転するときは水筒にコーヒーを入れて、
こまめに飲むようになった。

右半分の塗装が新しくなったので断念していたワックスがけに
再度挑戦してみたところ、ムラなく塗れた。
これが怪我の功名?

ガワだけと言いつつ実はリムもヒットしている。
バランス調整済みなので走行に支障はないものの、
気持ちはよくない。
「ワタナベエイトスポークいいなぁ」と妄想中。
Posted at 2017/01/24 17:59:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2017年01月18日 イイね!
今朝届きました。
注文から12時間ほど。
amazonさん、はっやー。

「Kalafina Arena LIVE 2016 at 日本武道館(0916)」ですが、
まったく注目していませんでした。
そもそも注文が前日の夜って時点でお察し!
発売日(もはや商品存在そのもの)を失念しており、
Keikoさんのブログを読んで「あ、アレ!」と思い出す始末。

なぜこんなにも意識が低かったのか。
1.WOWOWですでにやっている
2.自分の参加した講演(最終日)でない
どちらも身勝手な理由ですが…
この日の講演映像は去年のうちにWOWOWで放送されています。
もちろん編集で短くぶった切られたものでアンコール曲もカット。
家がWOWOWを観れる環境であるため、当然視聴、保存しています。
そして今回のプロダクツ。
手元には「参加していない講演の短縮版(WOWOW)」がすでにあり、
そこから「(すでに視聴した)参加していない講演のフル版」を手に入れても
あまり実りがいなぁ…。というのが気持ち。
そこは「参加した講演のフル版」であってほしかった。

いざ手元に届いてみると、パッケージのデザインが気になります。
黒い背景に3人の写真が点在。
Keikoさんの写真の上に3人の名前が一列にテロップ。
さらにセットリストまで丁寧に書いてあります。背表紙にあるのに。
なんだこのセンスは!
デザイナーはきっとインフルエンザとノロウイルスを併発していたに違いない!

再生してみると、やはり前回から気になっているポップアップメニュー、
復活していません。あれ便利なんだよなぁ…。
映像としては、や・た・ら客席に向く印象。
客の存在を意識しないでライブ感を味わえるのがプロダクツの旨味だと思うので
これは面白くありません。

そういえば、初武道館では会場内のモニターがパラパラ漫画のようだったが
今回はスムーズで見やすい映像になっていたことに今気付いた。

本編よりも特典映像にドキドキした。
最終日は参加していたのでsprinterの雰囲気をよく覚えている。
あの時の特別な気持ちを映像とともに思い出すことができたのは嬉しい!
そして、ステージからお別れした後の3人…
客席からは絶対に見ることのできない「やりきった」3人の姿に
感動というか、ビビりました。
3人が座り込んでいるだけの映像なのに威圧的なほどオーラを感じた。
やっぱり、あの日は凄かったんだよ~
でもこれから「じゃあ最終日も商品化します夏発売!」は許さん。

おわり
Posted at 2017/01/19 00:32:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | FJC | 日記
2017年01月15日 イイね!
極寒の1月14日土曜日。
久しぶりにオートサロン行って来ました。

途中の駅でベビーカーを押したお母さんが
「今日は何かあるのかしらね。おじさんばっかり」
とボヤいているのを聞いて少しジワる。
あたりを見回すと、確かに男ばかりだが
見た目で「オートサロンの客」かどうか見分けるのは困難。
メーカーのロゴ入りジャンパーを着ているような人はあまり見かけない。
ただ、一眼を首から下げたキモメンを見ると
「あ、オートサロンの客だな」と思ってしまうのが悲しい。

人混みの中タップダンスのような足さばきと競歩のような早歩きで
200枚の写真を撮影。
お気に入りの3台を選んで紹介してみます。

【エレノア】

後輩と一緒に場内を回る予定だったがコイツを見つけてしまった僕は
「先に行ってて!」とその場に残りしばらく観察。
エレノアと呼ばれるがマスタング(年式的にムスタングと呼びたい)ベースの改造車。
映画「60セカンズ」でニコラスケイジが乗る。
この映画が小学生の頃から大好きで今でも年に一度は見返している。

んーたまらんなー美しいなー
なだらかなルーフに盛り上がったリアフェンダー
ダクト、陰影、横出しマフラー…
いいなー

【S660(?)】

たぶんS660。無限カスタム?
まとまりのよさがかっこいい。

【トップシークレットR32】

トップシークレットブース。まだ32も作ってるのか~と思ったら
エンジンが35。まじか!

内装も35。まじか!
こういうスワップって夢が詰まっててワクワクする。


【NA色のNDロドスタ】

おまけ。
NAの赤が塗られたND。
やることが渋い。



帰りは地元の二郎系。
かじかむ手は箸を握れず丼で温めから食べた。
Posted at 2017/01/15 19:00:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
2016年12月25日 イイね!
12月16日は映画『スターウォーズ ローグワン』の公開日。
公開当日の夜、ナイターで観てきました。
その感想をここに記録しておきます。

【期待していなかった】
観に行くことを決めたのは前日の夜のこと。
どうやらスターウォーズの新作が明日公開されるらしいことを知り、
適当に情報収集。
エピソード3と4の間のストーリが描かれているようだ。
ちょっと面白そうじゃないか。
いっちょ行ってみるか。
…と、ひどく意識の低い心構え。
小学生の頃はエピソード3の公開日までの数か月間、
カレンダーとにらめっこしていたというのに。
とにかく、『ローグワン』への期待感というのはほとんどなかった。
ただスターウォーズシリーズだから一応観ておくしかないくらいの、
その程度のモチベーションだった。
そもそも、エピソード7の公開から時間が経っていないし、
スピンオフのせいか影が薄いというか、テレビCMは1度も見ていないような。

【いざ観てみると…これはとんでもねぇ傑作】
ラスト10分がバカヤバイ。
感動して泣くとか、手に汗握るとか、そういうのではないけれど、
とにかく心を鷲づかみにされて滅茶苦茶ワクワクした。
それまで普通に座っていたけれど、ラスト10分はそのワクワクが姿勢に現れた。
組んだ足にひじを立て、ほおづえ。そしてニヤニヤ。ずっと。
見終えて帰宅し時刻は0時。
そこからエピソード4を一気に見返してしまった。
それほどのパワーをローグワンは秘めていた。
エピソード7とローグワン、どっちが好き?と聞かれたら
迷わずローグワンと答える。

【このワクワクはどこから来るのか考察】
ローグワンは「時間の架け橋」になってて、それがワクワクさせるのではないかと思う。
3と4の中間がローグワンであるけれど、その中間がどれだけ大きいものか。
シリーズファンなら言わずもがな、劇場公開順は4→5→6→1→2→3→7→本作だ。
4の公開は自分から言えば、親がまだ子供だった頃。約40年前。
3の公開は自分が小学生の頃。約10年前。
3と4の間には現実世界で約30年の空白があった(物語として4は3の18年後だとか)。
ローグワンには3の登場人物と4の登場人物が同じ世界で活躍している。
混じることのなかった旧3部作と新3部作が同時に存在している違和感が気持ちいい。
そして問題のラスト10分は、4のイントロへとつながるシーンが印象的に描かれる。
自分が今見ている映像の続きが、40年前の作品につながっていくんだ…
スターウォーズサーガの歴史が、目の前で結ばれるサマを見せつけられるから、
こんなにもワクワクするんじゃないのかねぇ。

【2時間ずっとグダらない】
ローグワン一番の魅力はラスト10分だと思うけれど、そこに行きつくまでは
人物の相関関係や物語の筋を理解するのに頭を回転させていたので
飽きるとか、つまらないということはなかった。
ただ2回目以降の視聴はそれらを理解しているわけなので
アクションや映像美を楽しむのみになるのだろうか。

【サブキャラの味】
メインの主人公2人に愛着はわかなかった。
感情移入できるし、言うことやること理解できるがキャラクラー性は薄い。
その点サブキャラはいい味していた。
大好きなのはアジア顔の盲目。シリーズでは珍しいアジア顔に親近感を覚えたのと
近接格闘でバッタバッタとトルーパーを倒していく姿がとにかくカッコイイ。
作中で一番ジェダイっぽいトコもグッド。
K2というドロイドも良かった。R2や3POのような「ドジが可愛い」タイプではなく
「パワフルで冷静で弱みを見せない」タイプ。

【死亡フラグはすぐ回収】
あ、こいつ死ぬなと思ったヤツは大体すぐ死ぬ。
その潔さがグッド。
アジア顔の盲目が死んだときは最後のジェダイが死んだような悲しさがあった。
相棒が死んでから鬼の形相でブラスターを連射する大きい人はあっけなかった。
「グレネード意外と近かったのね!」と。
K2が死ぬときは、強くて頼りがいがあったからこそショックだったし、
弱音を吐かず仲間を守るために最善の死をチョイスするのも粋。
ダメージを食らい徐々に弱っていく姿はドロイドのくせ痛そうだった。
ふぬけパイロットの死はあっけなかったがデータを送るという大役を果たしたため
立派に見えた。
スターダストネキとキャプテン安藤の臨終は「ですよね~」の印象。
生きて帰れないのはわかっていたけど、だからこその切なさがあった。

【データというバトンを命がけでリレーする】
ラスト10分は帝国から奪ったデータを仲間へリレーしていく激熱のシーン。
必死で取り返そうとしてくるので基本データを持ってる奴は瞬殺される。
仲間から仲間へ死にもの狂いで(むしろ死にながら)データをリレーしていく姿に
グッとくる。

【シリーズ史上もっとも帝国が怖く見える】
データのリレーにドキドキさせられるのは取り返しに来る帝国が怖すぎるから。
観ている側は、「データ奪ったイイゾ!」から「もうおしまいだ」と絶望させられる。
自動ドアの故障で通路に閉じ込められた反乱軍兵士がベイダーに無双キルされる
シーンは酒の肴にうってつけ。めちゃくちゃ怖い。

【まとめ】
ローグワンは3と4の間の物語。帝国が殺戮兵器を作ってるから壊そうと奮闘する
反乱軍とその仲間たちのお話。ただ観る側は、この殺戮兵器(デススター)は
4の最後まで壊されないことを知っているので、「バッドエンドで終わるんだろうな」と
予想はつく。その予想は外れない。
ただ、大義のために戦い散っていくサマというのは美しく切ない。
誰かの犠牲によって歴史は紡がれていく。
Posted at 2016/12/26 00:09:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年12月04日 イイね!
HCS2016ホットロッドカスタムショー(HCS)2016に行って来ました。
12月と言えばコレですね。
大学受験の年は流石に自粛したので連続参加は3年目となりますが
通算すると10回は行ってるのかな。
一番遠い記憶は小学校の低学年…(汗)

今年は開場がいつもより早く、そのぶん早起き。
到着したころにはすでにハードでロックな行列ができていました。
朝早いのに、みんなビッとキメていらっしゃる。
オレにも革ジャン・オールバックが似合う日が来るといいな。

※下記写真はごく一部です。本気で撮ったお気に入り写真はアルバムにまとめています。


ぬぬ!
これは生乾きのペイントにクシャクシャにしたサランラップを
押し付けることで模様をつけるワザと見た!
今度マネしてみよーっと。
Posted at 2016/12/04 23:27:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
プロフィール
「タマネギの下で特別な時間を過ごす http://cvw.jp/b/2140863/38590186/
何シテル?   09/23 22:16
2014年8月14日に免許を取得しました。 ロードスターで低いカーライフを楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
キーレスエントリー 準備編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:39:57
キーレスエントリー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:35:58
キーレスをつけよう♪① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:35:08
お友達
知らないことばかりです。
いろいろ勉強させてください。
13 人のお友達がいます
かずちゃん@かずちゃんまんかずちゃん@かずちゃんまん * masukiyomasukiyo *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
みみみみみみみみ F31@4753F31@4753
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
4才からの夢と憧れを叶える念願のファーストカー。 18年落ちでワンオーナー&吸排気・足回 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.