• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SU-MOのブログ一覧

2017年12月23日 イイね!

【Kalafina】Christmas Premium LIVE 2017

本日12月23日土曜日、“Kalafina with Strings”Christmas Premium LIVE 2017@Bunkamuraオーチャードホールに参加してきました。

今日は母を連れて。

セットリストはアコースティックツアーの曲を主軸に一部をクリスマス定番曲に差し替えた感じ。
自分のコンディションが不十分で、涙腺崩壊怒涛の大号泣だった前回に比べて
曲の途中でウトウトと寝てしまいそうなリラックスぶりを発揮。
それでも、サビから始まる『光の旋律』は相変わらず素晴らしく、溜め息が震える。
2017年最後のライブに参加できたこと、イブイブにKalafinaに会えたこと、幸せです。
次回は10周年記念ライブ@武道館!
そうか、ちょうど1か月後なんだね。

ってことは、大体30日。


30日。

これから、1月23日までの30日間をどうやって過ごしたらいいのだろうか。
恥ずかしい話、今回の悲報をライブが終わってから親から知るという大失態を犯した。
「てっきり知ってると思った」と。でしょうね。
アンテナの低すぎる自分に嫌気がさすけど、悲報がそれを上回る。
晩御飯を食べながら「梶浦由記 退社」「Kalafina 休止」でグーグル検索。
信じがたい現実を目の当たりにし、食事が進まない。

「誰だこんな記事書いたの」
「嘘に決まってる」
「何かの冗談じゃないか」
「梶浦さんが独立して事務所つくっちゃえば…?」
「梶浦さんが音楽活動をやめたらKalafinaは親を失うことになる」
「親を失ったKalafinaが音楽活動をやめたら?」
「Kalafinaを失った俺は何をやめる?」
「Kalafinaを失った世界をどうやって生きる?」
「なにを目標にして頑張ればいいの」
「どれだけ辛くも、頑張れば頑張るほどKalafinaが癒してくれた」
「逆にキリのいい10周年でサクッと辞めた方がかっこいいんじゃね」
「女性幹部でてこいよ、どうにかしてやろうか」
「マイヤイヤー」
「お願いだからKalafinaいなくならないでお願いします」

9+ONEのブルーレイを肴にウイスキーをロックで煽る。
楽観主義の私は、呑気に「きっと大丈夫」と思っている。
と同時に、悲観主義の私が脳味噌の隅っこで残酷な妄想をしている。
来月の武道館、「おめでとう」が「さようなら」に変わる。
そんな悲しい妄想が、どうか現実にならないで。

Don't forget. Always, somewhere, someone is fighting for you.
As long as you remember her, you're not alone.

Posted at 2017/12/23 23:43:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記
2017年12月04日 イイね!

“+ONE”with Strings【オペラシティ】

Kalafina Acoustic Tour 2017~“+ONE”with Strings~東京公演に行って来ました。

今回は父と一緒に。

前回のライブは6月だったから、しばらく3人とは会っていません。
その頃はまだ就活中で、その息抜きとしてライブに行っていたような。
Kalafina音楽は「癒し」だと思っているので、ある程度メンタルにダメージがあった方が
感動が大きい…つまり、Kalafinaで泣くためには毎日を頑張って生きなくちゃいけない。
そんな持論をもっていながら、ここ最近はかなり怠惰な毎日を過ごしていました。
ぐーたら生活に癒されっぱなしな今の自分は、Kalafinaを前にして、無事に泣けるのだろうか?

そんな心配は開演と同時にふっとび、1曲目「storia」で顔面の筋肉が痙攣をはじめ、
2曲目「君の銀の庭」で涙腺崩壊、声を殺してむせび泣く。親の隣で。

アコースティックライブこそKalafinaの真骨頂という持論ももっていて、やはりその威力は抜群。
曲を聴くだけで、声を聴くだけで、ただただ感動して泣ける。

シングルをもっていないので一度もまともに聴いたことがなかった「サファイア」を生で聴けた!
アコースティックアレンジされた「oblivious」が今までと違った雰囲気で良かった!
まさかやるとは…熱を帯びたままドラマチックさに磨きがかかった「百花撩乱」!
サビから歌い始める新しい展開に思わず溜め息と涙が出た「光の旋律」!
「どうしてもこのセットリストにしたかったから…」とKeikoさんが語った「into the world」は声に乗って運ばれてくる「気持ち」や「熱量」がすごかった!
アンコールの最後は「やさしいうた」でしっとりと…。

立ったり、手拍子をしたりせず、最初から最後までKalafinaの最高のパフォーマンスを堪能でき、
あっという間の2時間でした。
こんなに早く感じたのは初めてかも。

グッズはパンフレット、クリアファイル、グラス、トート、しおり、ハーモニーTシャツを購入。
次回はイブイブ、渋谷公演に参戦予定です~。
Posted at 2017/12/04 22:30:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記
2017年11月15日 イイね!

卒業旅行に北海道―ロドスタ道南旅まとめ―

卒業旅行に北海道―ロドスタ道南旅まとめ―卒業旅行として北海道へ一人旅に出掛けました。
ロードスターをフェリーに載せて、函館メインの道南ドライブです。

大洗→苫小牧→室蘭→函館→余市→小樽→苫小牧→大洗

道南を時計回りするイメージですね。
このルートを6日間かけて回りました。

旅行中の詳しい記事は下記をご覧ください。

1日目 大洗出発 フェリーで過ごす夜
2日目 苫小牧到着 室蘭で一泊
3日目 函館に向かう 夜景とハセスト 
4日目 函館食べ歩きツアー
5日目 余市ニッカウヰスキー蒸留所で酔っぱらう
6日目 苫小牧でカレーラーメン 帰宅

また、撮りためた写真もまとめました。
【66枚】北海道一人旅厳選フォトアルバム


―旅を終えて―

バイトと卒論執筆以外の時間は深夜アニメとyoutubeに費やすしか能のないインドアな自分にとって
1週間旅行に出かけるというのは時間的、金銭的、体力的に抵抗がありました。
就職先も決まり、様々な方面の大人から「卒業前に旅行くらい行っとけ」とよく言われたものです。
今回の旅行も「行きたい!」ではなく「みんなが行けっていうから、行くか」という受動的なスタート。
しかも、行くと決めて計画を練りだしたのが出発の1週間前というギリギリさ。
フェリーのチケットを買い、行きたい場所を決め、時間を計算して宿の位置を決め、予約…。
いろんなことが初めてで、出発の夜は緊張してた気がします。
それがいざ旅行が始まってしまえば、思いのほか順調に進み、あっという間な1週間。
初日の夜は昨日のことのように思い出せますが、同時に、遥か昔のようにも思えます。
ルーティンな毎日を送っていた自分にとって、この1週間がそれだけ濃かったという事でしょうか。

北海道へ旅行に行けて、よかったなと思っています。
いい思い出になりました。
次の機会がいつになるかわかりませんが、道東、道北にもチャレンジしてみたいですね。
もちろん、このロードスターで。
Posted at 2017/11/16 00:08:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
2017年11月15日 イイね!

【北海道一人旅】ご注文は旧車ですか?旅の終わりのカレーラーメン

一人旅6日目(11/10)と7日目(11/11)の記録。

ついに北海道一人旅も終わり。
この日のスケジュールは…

09:00 起床
10:00 出発 余市から小樽までドライブ
11:45 朝食 隠れ家的な喫茶店
14:00 昼食 苫小牧でカレーラーメンをすする
18:45 出航 大洗まで19時間の航路
20:30 夕食 船内でカップ麺を食べる
23:00 就寝 はじめての雑魚寝体験

翌日は

08:00 起床
09:00 朝食 船内の売店で買ったパン
12:00 昼食 旅行初日に保存食として買った魚肉ソーセージを食べきる
14:30 到着 あとは家まで走るだけ
16:00 帰還 

余市で泊まった宿のオーナーは元ロードスター乗りだった。
「NCにはシートヒーターがあるから冬でもオープンだけど、周りからは変人扱いでね~」
と語るオーナー。
ロードスター乗りにとっては褒め言葉かな。
車を前に二人で談笑。
そういえば、前日に寄ったシェルでも店員さんから「低いっすねー」と話しかけられていた。

朝食はshinsanオススメのカフェ。
倉庫を改造したような店内は隠れ家チックでオシャレ。
カーマニアな店主の集めた車やパーツ、雑誌などが店内に散りばめられている。
20~30年以上前のカー雑誌が並べられた本棚を下から支えているのはパンタジャッキで、
棚の上にはキャブレターが飾ってあった。
メニューにはランチのパスタやコーヒーと一緒にMG、ミニも売っている。

ランチセットはサラダ、パン、パスタ、紅茶、デザートまでついて1,000円でおつりがくる。
素敵な朝御飯でした。

小樽からは高速に乗る。
札幌付近から急にマンションやビルが見え始め、忘れかけていたコンクリートジャングルを思い出す。
高速を降り、苫小牧からほど近い「味の大王」でカレーラーメンをすする。

800円台後半の値段設定とは、結構攻めてるな。
函館で食べた塩ラーメンとは真逆を行くポッテリとした「ルー」は中華麺によく絡む。
トッピングはネギと豚のチャーシューと、いたって普通のラーメン。
これはチャーシューじゃなくて牛肉の方が合うのでは?
ラーメンなのかカレーなのか。いや、カレーラーメンだ。
不思議な食事でした。

さあ、北海道の旅はここで終わる。
フェリー乗り場で待機中、徐々に雨が降り始める。
予報では、今日から雨。明日から低気圧の影響で荒れるらしい。
旅行中の一週間は心配していた雨や雪に影響されることはなく、天気には恵まれていた。

船内に乗り込み人生初の雑魚寝体験をする。
カーテンで一人ひとり仕切られてはいるが、話し声やイビキ、スナック菓子を食べる音などがどこかしらで聞こえてくる。
神経質な人にはキツイ環境かも?
しかし部屋の外、パプリックスペースがあるため、いざとなったらここに避難できる。
船内のレストランは高価のため、夕食は売店で「どん兵衛」を買い、そこで食べた。
就寝。

朝、低気圧の影響で荒れているらしい波。
小さかった深夜便の船に比べて大きく新しい夕方便の船は、大きく揺れてもあまり不快にならない。
朝食は売店で買ったチョコバナナパン。
甲板に出て海を眺めたりもしたが、下船まではひたすら暇であった。
昼食は旅行初日、大洗のセブンイレブンで買った魚肉ソーセージを食べる。
乾物じゃないのに常温保存可能で栄養もあり美味しい。

下船。
交通量や景色に北海道とのギャップを感じながら帰宅。

北海道一人旅、無事に終了。

次回は撮りためた写真を公開します。
Posted at 2017/11/15 19:55:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
2017年11月13日 イイね!

【北海道一人旅】極寒の余市でウイスキーを飲む

一人旅5日目(11/9)の記録。

08:00 起床
08:30 ハセストで朝ごはん
09:00 チェックアウト 余市に向けてドライブ
12:00 高橋牧場でデザートランチ
13:00 ニセコの道の駅でお土産を買う
14:30 宿に到着
15:00 ニッカウヰスキー余市蒸留所へ
15:30 レストランで食事
16:30 工場見学
17:30 宿に戻る
21:00 手持ちの食事アイテムで空腹を紛らす
23:00 就寝

朝起きて朝食に悩む。
函館最後の食事に、ハセストはどうか。
朝ごはんにしては重いか。
タレを帯びてピカピカに輝く豚肉を思い出すと、名残惜しい。
朝ごはんは、ハセストで。
ハセストに始まり、ハセストに終わる。
そんな函館旅でした。

函館に来るときに乗った高速で引き返すようなルートで北上。
路面はやや濡れており、前の車が巻き上げる塩カルで窓が独特な汚れ方をする。
下道に降りると小雨が降り始めた。

羊蹄山は、でかい。

高橋牧場で牛乳たっぷりのロールケーキと紅茶をいただく。
こっちが朝ごはんだったらな(笑)
美味しかった。

ニセコの道の駅でお土産を買う。
ライブカメラに映り、親に生存報告。



余市の宿に到着。
さあ、もう車には乗れない。
これから向かうはニッカウヰスキーの余市蒸留所。
極寒の余市。
宿から蒸留所まで歩いて10分程度。
レストランに滑り込むとラストオーダーの15分前。
余市のシングルをトワイスアップで頂きます。
食事は、しゃぶしゃぶ。
レストランは自分しかおらず、貸切状態。
食事も雰囲気も、大変贅沢でした。
ごちそうさまでした。

ホロ酔いで工場見学。
何となく好きなだけで知識はほぼないウイスキー。
透明な原酒が樽の中で熟成して…なるほど。
そのあとは営業時間ギリギリを急いで試飲してお土産を買って宿に戻る。
寝る前になると腹が減るが近くにコンビニや飲食店はなく車にも乗れず、手持ちの魚肉ソーセージとカロリーメイトで空腹を凌ぎ、寝た。

次回、あとは帰るだけ。秘密基地カフェとカレーラーメンそして雑魚寝。
Posted at 2017/11/13 20:20:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記

プロフィール

ロードスターと一緒に低いカーライフを楽しんでいます。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

キーレスエントリー 準備編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:39:57
キーレスエントリー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:35:58
キーレスをつけよう♪① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:35:08

お友達

情報交換してくださる紳士淑女を大募集中です。
14 人のお友達がいます
masukiyomasukiyo * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム shinsanshinsan
kuroyukuroyu F31@4753F31@4753

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
子供の頃から憧れていた「イチバン好きなクルマ」がユーノスロードスターです。 わけあってデ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.