• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jumarのブログ一覧

2017年10月09日 イイね!

梵鐘

日本サッカー協会のシンボルマークとして馴染み深い「八咫烏(ヤタガラス)」を
社紋にもつ「川越熊野神社」へお参りしてきました。





開運・縁結びのありがたい神さまです。日曜日とあってかなり混んでいました。
摂社の加祐稲荷神社と厳島神社へもお参りして、妻と一緒に運だめしの
輪投げにトライしました。 3本投げた輪は残念ながらの結果でした。


厳島神社のお隣に銭洗い弁天と宝池があります。

財布の日銀券とコインを洗い清めてきました。


川越熊野神社と通りを挟んだ先に、関東十八檀林 蓮馨寺があります。元々は
熊野神社も蓮馨寺の境内にあったそうだが、神仏分離の政策で独立しました。



本堂は呑龍上人が祭られる呑龍堂、賽銭箱のすぐ横には、その身体に触ると
病気が治り、頭に触ると頭が良くなるといわれる「おびんずる様」が鎮座されて
おります。

8日はこちらでは「呑龍デー」の縁日、かなりの賑わいでした。蔵造り通り
も予想以上賑わい人気のお店では長い行列が出来ていました。買い物は
あきらめも一度蓮馨寺へ引き返して鐘つき堂でその時刻を待つ。





蓮馨寺では毎日15時きっかりに18回鐘をつきます。時刻を知らせる鐘では
なく幸せを願ってつかれる鐘です。18は関東十八檀林に由来するそうです。
梵鐘の音に耳をかたむける。心休まる優しい音色です。



Posted at 2017/10/09 11:13:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月09日 イイね!

レプリカ

私も以前乗っていましたが、



この種の車はオープンとかソフトトップなどではない。幌車です。
幌をたたみウインドシールドを倒して走るとそりゃ快感です。

先日知り合いの新しい幌車に乗せてもらいました。



詳しくは書けませんが、民生型同車種からボディとエンジンを降ろした
シャーシに、スクラップの幌車のエンジンとボディを移植して、純正ニュー
タイヤ(チューブ入り)を装着したレプリカです。





ディーラーでもやらないようなボディスワップを、一人でやってしまったところが
凄い。

シートの座り心地はとてもいいが、幌を取り外すのはちょっと大変そうです。



Posted at 2017/10/09 11:05:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月07日 イイね!

美術館.

八ヶ岳方面へ出かけると必ず訪問する「平山郁夫シルクロード美術館」に展示され
ている《大シルクロード・シリーズ》の大作、「シルクロードをゆくキャラバン 西(月)」

澄んだ群青の月夜をゆくラクダの隊商、その神秘的な青に心奪われます。




17世紀オランダの画家フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」



唇をわずかに開き、何かを言いたげな少女の不思議な魅力を湛えた一枚。
少女のターバンの青色は「フェルメールブルー」と呼ばれています。フェルメール
人気の大きな要因として、このフェルメールブルーの魅力があると思います。

どちらの絵画の青色も高価な瑠璃(ラピスラズリ)を原料とする青色ウルトラマリン
ブルーが使われています。

Bunkamuraで観たが眩しいほどのフェルメールブルーです。こちらは銀座のフェルメール・センターで
観た複製画です




先日四国の旅で徳島阿波おどり空港へ着いて最初に向かったのは、妻のたっての
希望であった大塚国際美術館でした。



山の斜面をくり抜いたシャフトのようなエスカレーターを上がると正面の先に
バチカンのシスティーナ礼拝堂のミケランジェロによる天井画と壁画が、陶板画で
再現された大きな広間が現れてびっくりします。

正面中央の主キリストの傍にたたずむ聖母マリアの青い衣が、ひと際神秘的に光り
輝いて見えます。この時代の宗教画では、青は聖母マリアの衣装の色として白百合と
ともにその神格を表すのに不可欠とされるアトリビュート(持物、じぶつ)です。

実物の聖なる青の衣もこの目で観てみたくなります。



B3階から2階まで古代壁画から現代絵画までの西洋絵画その数1,074点
日本にいながら世界の美術館が体験できるかのようです。



ネロとパトラッシュも観たルーベンス


ボッティチェリの ヴィーナスの誕生とプリマヴェーラ


セガンティーニのアルプス三部作もあります


ハムレットのオフィーリア 歌っています。すごく綺麗な絵です。


パブロ・ピカソ ゲルニカ



睡蓮の池





美術館から鳴門大橋はすぐ近く。渦を眺めてきました。






JAL の機内 In flight audio #9チャンネルは「ベルカントの魅力」でした。


ベルカントはイタリア語で「美しい声 (歌) 」
1曲目は《セミラーミデ》から、「ああ、試練はどこ、どこだ」
最高のロッシーニ歌手、ファン・ディエゴ・フローレス(T)です。



5曲目はベッリーニの《ノルマ》 ”Casta Diva” 
永遠の歌姫マリア・カラスの歌声に、 ”ここちよい空酔い” でした。


Posted at 2017/10/07 23:26:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月03日 イイね!

美術館

小豆島からふたたびフェリーに乗船して波静かな瀬戸の海を渡り70分程、新岡山港
へ上陸した。


更にバスとJR山陽本線を乗り継いで倉敷へやってきました。



倉敷アイビースクエアは倉敷紡績の旧工場をそのまま改装再生したホテルを
中心にレストランやショップ、オルゴール博物館や陶芸が体験できる工房や、
創業当時の原綿倉庫を利用した倉紡記念館と大原美術館別館の
「児島虎次郎記念館」があります。







児島虎次郎は倉敷の実業家、大原孫三郎の経済的支援を受け渡欧して
西洋の名画を収集、大原美術館コレクションの基礎を築いた洋画家です。


翌日、楽しみにしていた「児島虎次郎記念館」へ向かったら、なんとこの日は
お休みでした。残念。


児島虎次郎記念館の煉瓦壁です



倉敷川畔を散策しながら目的地の大原美術館をめざします。




倉敷アイビースクエアと倉敷川の周辺は「倉敷美観地区」に指定されており、
白壁と瓦屋根が印象的な建物が軒を連ねる美しい町並みです。



















美術館のお隣には、永六輔さんがこよなく愛したカフェ「エル・グレコ」があります。


蔦が茂る入口をくぐると、


本館前にオーギュスト・ロダンの作品。左側に「洗礼者ヨハネ」、右側には「カレーの
市民」です。上野西洋美術館の「カレーの市民」は群像ですが、こちらはお一人です。



美術館内の展示は撮影できませんが、館内の正面にはロダンの弟子であった
ブールデルの「ベートーヴェン像」が展示されていました。この像は上野で見たこと
ある像と思ったら、

東京藝大音楽学部の奏楽堂前にある「ベートーヴェン像」は保田龍門の
作品でした。像のイメージやディテールも似ていますし、保田龍門はブールデルに
師事していたということで納得。




大原美術館の訪問は今回3度目ですが、最初は高校の修学旅行だった。
モネの《睡蓮》、シニヤックの点描、エル・グレコの《受胎告知》、そして色彩
分割主義のセガンティーニなどなど、







その収蔵作品は在京美術館の企画展でも観たり、とても素晴らしいものです。




「児島虎次郎記念館」は観られなかったものの、その昔江戸幕府直轄の天領で
あったいにしえの町並みが今も大切に保存されている「倉敷美観地区」はとても
魅力あるまちでした。











Posted at 2017/10/03 22:37:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月30日 イイね!

分教場

先日、空路四国へ

高松港フェリーターミナルからフェリーに乗船して小豆島へ行ってきました。
小豆島へやって来たのは2度目ですが、木下惠介監督の名作映画の聖地へ
いつか訪問したいと思っておりました。


土庄港へ上陸して、映画『二十四の瞳』の舞台となった岬の分教場と映画の
オープンセットが公開されている「二十四の瞳映画村」を見学しました。


映画「二十四の瞳」は、1954年(昭和29)年に公開された木下惠介監督・脚本、
高峰秀子主演、小豆島出身の作家壺井 栄の同名小説の映画化です。戦前戦中の
軍国主義の中で真剣に生きようとしながら、時代に翻弄されていく高峰秀子演ずる
女教師と12人の教え子たちの心のつながりを暖かく詩情豊かにに描いた作品であり、
小豆島の美しい風景とそこで描かれる数々の名場面、映画の中で使われた唱歌の
調べが郷愁を誘う。これほど心の琴線に触れる作品にはそうそう出会えない
名作です。



1987年には朝間義隆監督、田中裕子(大石久子先生)主演によるリメイク版が
公開されましたが、ロケ地となったのがこちらのオープンセットです。







岬の分教場や当時の家並みが再現されいます。
 
レトロな映画館もありタイトルは判りませんでしたが、古いスタンダードサイズの
映画が上映されていました。高峰秀子さんの大石先生も観られるそうです。
お隣の壺井栄文学館には「二十四の瞳」の原稿や初版本などが展示されています。



大石先生と十二人の教え子の群像 映画のシーンを思い出すね。


入江の先には高峰秀子主演作のロケ地となった岬の分教場が望めます。





旅の途中で立ち寄った道の駅 小豆島オリーブ公園にて、





生憎の雨の中オリーブの葉っぱを探してみました。2枚の葉がくっ付いて 
ハートの形やキツネ顔になった葉っぱがあるそうです。四葉のクローバー探し
のようなもんです。




道の駅のお店で台紙を買い求めてラミネートすれば出来上がりです。





Posted at 2017/09/30 16:00:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

 ご覧いただきありがとうございます。 jumar です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

 
1 人のお友達がいます
ekカスタム8219ekカスタム8219

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ステラ 呑龍丸 (スバル ステラ)
富士重工 太田のステラ最終型に乗っています。 太田市押切町の中島知久平邸にて、
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.