• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GOLD STOREHOUSEのブログ一覧

2017年10月26日 イイね!

driver 2017年12月号に掲載されました

driver 2017年12月号に掲載されましたとある日、以前取材頂いたハチマルヒーロー誌の編集者のSさんから

「紙面のネタを探している人にシャリオを集めているGOLDさんを紹介しても良いですか?」

との連絡を頂いたので

「大丈夫で~す」

とお答えしました。

数日後...

同じ出版社であるdriver編集部の土田さんから

「シャリオの件で取材したいのですが」

と電話がありました。

driver誌に「クルマ 偏愛賛歌」という、平たく言うとクルマオタク・マニア・変態さん(全部誉め言葉ですよ)を紹介するコーナーがあり、そこへシャリオオタクとして記事にしたいので、取材させて欲しいと言う事でした。

ところが家のシャリオターボはとある不具合で入院中、某所は手入れが全く出来て無いと言う事からお断わりをさせて頂きました。

ところが...

その電話のなかで現在自分は電気自動車のi-MiEVに22万キロ乗っている事を伝えると、興味をもって頂き今回の取材となりました。

取材当日は雨予報でしたが、午後には天気が回復しました。

取材中、色々楽しくお話しさせて頂きましたが、車好き(のはず)の編集員さんでも電気自動車の様々な事柄に関してはあまり詳しくないのだと実感しました。

電気自動車の事、インフラの事、過去・将来の事etc...

記事にも書いて頂いてますが、最初はシャリオの取材が出来ずがっかり、電気自動車なんて...と思っていたそうですが、今回自分たちを取材して電気自動車の見方が変わり、興味を持ったとの事で、うれしく思います。

もう発売されていますが....本日やっと見本誌を頂きました!

2017年12月号の表紙です。


EVOCの事もちょろっと記事になりました。
Posted at 2017/12/07 12:54:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 取材 | 日記
2017年09月13日 イイね!

BMW c evolution(BMWの電動二輪スクーター)に試乗しました。

BMW c evolution(BMWの電動二輪スクーター)に試乗しました。BMW c evolution」を試乗しました。。。

と、ある日。

通勤途中にある、BMW Motorrad Japan販売店の店先を見てみると、特徴的な色のサイドカウルを持つスクーターを見つけました。
そのスクーターはBMW Motorrad の電動バイク「c evolution」で、試作車が出来た頃から「乗ってみたい」と思っていました。
2015の東京モーターショウにて実車は拝見済みです。
恥ずかしながら、店頭で実車配備されているのを見て初めて日本での販売が開始されたのだと知りました。

そうなると、乗ってみたくなるのが心情。。。

BMW Motorrad Japanのホームページより、試乗車検索、c evolutionを調べると近所で試乗できる場所が判りました。
ちなみに、c evolutionはBMW2輪車では珍しく「250CC登録で車検がなく、普通二輪免許(中免)で乗れるビックスクーター」だったりします。

近所で何店舗かありましたが、試乗コースが面白そう&よく知っている道という理由からBMW Motorrad Hanedaさんに試乗をお願いしました。

試乗の為にBMW Motorrad Hanedaさんへ。
電動バイクの試乗ですから、もちろん自分の e-レッツ でお邪魔しました。

店頭にはずらっとBMWのモトラッド、鮮やかな c evolution は一際目立ちます。
店舗内にて誓約書の記入と免許証の提示、試乗コースの選択と説明をされました。
今回は高速を走るより、羽田空港を周回する方がEVを味わえると思い一般道での試乗を選択しました。
一般道コースマップ
高速道コースマップ


右前から...

右から...

右後ろから...

2輪電動車両の象徴とも言える、すっきりとしたリアタイア右側。
ホイールもデザインされ「魅せる」様になってます。
ガソリン車だと大きいマフラーが占拠します。

左後ろから...

すっきりとしたハンドル周り。
インパネはフル液晶。
スイッチ類は左上から
・ハザードスイッチ(赤ボタン)
・トリップ切り替え&表示切り替え(温度、時間等切り替わる)
・リバーススイッチ(押している間にアクセルをひねると車体が後進)
・ウインカー(プッシュキャンセル式)
・ホーン(赤ボタン)
右上から
・ハイビーム
・パワーモード切り替え
・キルスイッチ&スタートスイッチ


200V充電(普通充電)口は左膝の蓋を押すと開き、その中にあります。

液晶モニターは下記の様になってます。

「ROAD」
ロードモード、やや力強い加速と緩やかな回生を行うモード。
電動車両らしい加速、ガソリン車のエンジンブレーキ時の減速の様な抵抗で回生を行う。


「SAIL」
セイルモード、回生がなくなりアクセルオフの時にはそのまま滑空する様に走る。
高速や、バイパス走行時に有効と感じました。


「DYNAMIC」
ダイナミックモード、その名の通り素晴らしい加速力を見せ、強烈な回生を行う。
加速の感覚は。。。白バイが速度違反者を追いかける時の感じ?
加速力が素晴らしいです。思わずニンマリします。


「ECO PRO」
エコ・プロモード、電費を一番稼ぐ為のモード。
緩やかな加速、全開にならない、回生ちょっと強めになってます。
目的地まで電池が持たないかなぁ〜と不安になったらこのモードでしょうか。
メーター内の残距離計も108Kmから120Kmに増えてます。


特徴的なサイドカウル。
試乗させて頂いた感想ですが「非常に乗り易いスクーター」です。
「運転が上手くなった!」と、勘違いするほどよく曲がり、安定したカッ飛び加速をします。
ちなみに最高速度はメーター読みでぬうわKm/hでした。
走行音ですが、かなり大きめのモーター音がします。
だぶん、意図的に大きくしているのだと思います。
しかし、加速する時の甲高いモーターの音には痺れます。

下に少し走行中を撮影した物をアップしておきます。
画像はヨレヨレで酔うので、加速時の音を聞いてみてください。

ちなみにメーカー希望小売価格は。。。
(消費税8%) 1,549,000円
で〜す。



テクニカルデーター(BMW ホームページより)
エンジン :液冷オルタネーター搭載ドライブトレインスイングアーム、永久磁石式同期電動機、内部ローター
最大出力:35 kW (48 PS) /4,650 rpm
定格出力:19 kW (26 PS)
最大トルク:72 Nm from 0 to 4,650 rpm
最高速度:129 km/h
0-50 km/h加速:約2.8 秒
0-100 km/h加速:約 6.2 秒
航続距離:約160 km(定地走行値)
電力回生方式:自動電力回生(下り坂走行時およびブレーキング時)
バッテリー:空冷リチウムイオン高電圧バッテリー
バッテリー電圧:133 V(公称電圧)
充電能力:3 Kw ブースターファン付一体型チャージャー
充電時間:220 V / 12 A(標準)
 約4時間30分(100%)
 約3時間50分(80%)
充電時間:220 V / 16 A(モード3ケーブル)
 約4時間10分(100%)
 約3時間30分(80%)
サブバッテリー:12 V / 8 Ah メンテナンスフリー
オルタネーター:直流変流器、バッテリーチャージャー一体型、475W(定格出力)
パワートランスミッション/駆動方式:歯付ベルトおよびリングギアによるリアアクスル動力伝達ドライブトレインスイングアーム
フレーム :アルミダイキャスト耐荷重バッテリーケース付ハイブリッドシャーシ、チューブラースチールステアリングヘッドキャリアおよびリアフレームをボルトオン
フロントサスペンション:倒立式テレスコピックフォーク(40 mm径)
リアサスペンション:ダイレクトリンクスプリングストラット付シングルスイングアーム、7段階スプリングプリロード調整付
サスペンションストローク、フロント/リア 120 mm / 115 mm
軸距(空車時):1,610 mm
キャスター :95 mm
ステアリングヘッド角度:65.9°
ホイール:アルミキャストホイール
 リム、フロント 3.50 x 15"
 リム、リア 4.50 x 15"
 タイヤ、フロント 120/70 R 15
 タイヤ、リア 160/60 R 15
ブレーキ/フロント:ダブルディスク、径270mm、2ピストンフローティングキャリパー
ブレーキ/リア:シングルディスク、径270mm、2ピストンフローティングキャリパー
ABS:BMW Motorrad ABS
寸法・重量
全長:2,190 mm
全幅(ミラーを除く):947 mm
全高(ミラーを除く):1,255 mm
シート高、空車時:765 mm (コンフォートシート:785 mm)
インナーレッグ曲線、空車時:1,745 mm (コンフォートシート:1,770 mm)
車両重量 1) 275 kg
許容車両総重量 445 kg
最大積載荷重(標準装備時) 170 kg

※生産国 ドイツ(G 310 R、G 310 GSのみインド)。ドイツ本国発表値に一部のデータが異なる場合がございます。
※モデルによっては価格及び仕様が異なる場合があります。また、予告なく変更することがありますので、詳細は最寄りのBMW Motorrad正規ディーラーまでお問い合わせください。
※高負荷走行(高いギアで低速走行、高回転での連続走行)を日常的に行われる場合、無鉛プレミアムガソリンの使用をお勧めします。
1) 空車重量、走行可能状態時
2)WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です
Posted at 2017/09/27 13:21:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイクネタ | 日記
2017年09月02日 イイね!

MMF(Mitsubishi Motors Fan)3rdステージ開催!参加募集告知!

MMF(Mitsubishi Motors Fan)3rdステージ開催!参加募集告知!2013年に2ndステージが終了し早4年。。。

2017年秋、三菱自動車様(岡崎)で3rdステージとして開催が正式決定しました!

2017年9月9日(土)午前0時(8日金曜日の24時)よりエントリー受付します。

参加希望者はMMFホームページにある【参加申し込み】からお申し込み下さい。

締め切りは9月23日の24時としますが上限に達し次第締め切りとします。
例年、2〜3日で大体参加枠は埋まってしまいますので、申し込みはお早めにお願いいたします。
ここでしか直接お会い出来ない方々もいらっしゃいますので、楽しみにしております。

尚、時間前のエントリーは無効となりますのでご注意願いま〜す。
Posted at 2017/09/02 12:13:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月29日 イイね!

知らないって、本当ですか!?

知らないって、本当ですか!?と、心底ビックリした事がありました。

本日、電気自動車用急速充電器が設置されている自動車専用道路のパーキングエリアに急速充電をする為に立ち寄りました。

すると、充電スペースには先客の利用者がおりました。

車種は高齢者マークを付けたMC前の三菱アウトランダーPHEV(ガソリン車)で、「何分位充電しているのかな〜」と思い急速充電器の表示を確認すると
・残り時間18分
・充電率(S.O.C)86%
・アンペア数15
と言う状態、車内は無人でした。

2~3分後、オーナーであろう初老の男性が戻って来られたので
「申し訳ありませんが、少し早めに充電を終わらせて頂くと助かるのですが」
と、お願いをした所 OKして下さいました。

すると初老の男性は充電中(通電中)の充電コネクタを手に持ち
「このまま(コネクター)を抜けばいいの?」
と言いいながら充電コネクターに手を掛けました。。。

「はい
と、思いました。

「いや、いや、いや!コントローラーから充電の中止を選択するんですよ!」
と、言いながらその男性の行動を制止しました。

(急速充電を途中で中止出来るって知らない人、やはり居るんだ。。。)
そう思いました。

充電コントローラーに充電カードをかざし、充電を停止させる手順をレクチャー致しました。

その後、この男性とお話させていただいたのですが、このアウトランダーPHEVは最近中古で購入、その前は日産のリーフだったとの事。
リーフは4年間所有し約6万キロ走ったが、距離を走らないので頭にきたので乗り換えたそうです。
「これは電気を気にせず長〜く走れるからいいね」
と笑顔で話されていました。
(アウトランダーPHEV=ガソリン車ですから別に急速充電はしなくても良いのでは...とは思っても言いません。)

それより、日産リーフ(電気自動車)に4年も乗っていたのにも関わらず急速充電を途中で止めらる事を知らないなんて!
心底ビックリしました。
と、言う事は急速充電中に充電したい後続車が来た時に自車のSOCが80%位になったら次の方に譲る事をした事が多分無いのでしょう。
逆に譲ってもらっら時は「譲られた(途中で急速充電を停めた)」と言う意味が解らなかったか、「前の充電が早く終わってラッキー!」位に思っていたのかもしれませんね。。。

充電を行う方法はデーラーで教えて貰えるが、途中で止める事が出来るのは教えていないと言う実状です。
もしかしたら、デーラーの方でも知らない人が居るかもしれません。

↓三菱自動車工業ホームページにある「充電手順について」
http://www.ev-life.com/charging/step.html

↓日産自動車工業ホームページにある「急速充電器での充電について」
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/charge.html

メーカーでも「途中で止められる」事への記載はないですね。。。
Posted at 2017/09/07 20:40:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電気ネタ | 日記
2017年08月26日 イイね!

222,222km

222,222km本日、ドライブ中に達成しました。

まだまだ行きま~す。
Posted at 2017/08/30 01:31:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | i-MiEV | 日記

プロフィール

初代シャリオを乗り回しておりました。&集めてマス(爆) 何がどうなって、こうなったのかワカリマセンが。 最初、家のと同じシャリオを見つけて購入ってから後はず...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

caniOn 電費(km/kWh)表示β版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/14 05:48:28
EVOC新宴会2015写真速報! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/10 18:58:00
CEATEC JAPAN 2014 レポート編 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/08 19:10:36

お友達

このブログに何かを感じたら!
114 人のお友達がいます
MOTORHEAD☆ケン太郎MOTORHEAD☆ケン太郎 * 若年寄@若年寄@ *
槍* 団 長団 長 *
boe0226boe0226 びぃちゃんびぃちゃん

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 シャリオ 三菱 シャリオ
自分で購入した最初の初代シャリオ(D0型)にしてメインマシン。贔屓にしているディーラーの ...
三菱 i-MiEV 三菱 i-MiEV
2010年6月27日(日)ついに納車されました。 2007年11月16日のC.F.C「岡 ...
三菱 シャリオ 三菱 シャリオ
と、あるトコロから「降りる人がいるので、引取りませんか?」とオファーがありましたので引き ...
スズキ e・レッツ スズキ e・レッツ
ホンダは電動スクーターを一般ユーザーには売ってくれない。。。 ヤマハの電動スクーター(e ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる