車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月16日
KUGAで高ボッチ高原へ行ってきました
KUGAで高ボッチ高原へ行ってきました 今週末は天気が良さそうなので、何処かへ出かけようかと、ツーリングマップルを眺めていると、美ヶ原高原の近くで出掛けたことのない場所があるのに気づきました。
高ボッチ高原とその奥の鉢伏山手前までの辺りです。
自宅からは、関越道が近いので、上信越道側からのアクセスが便利な所になりがちで、中央道側からのアクセスになるこの辺りは、空白エリアとなっていました。
ただ、ここに行くだけではあまりに部分的になるので、メルヘン街道で麦草峠、その後、ビーナスラインで遠回りした後R20から高ボッチスカイライン・鉢伏スカイラインで、高ボッチ高原とその先まで行き、松本市街方向へ下って美鈴湖経由で美ヶ原高原、そして道の駅美ヶ原高原美術館に寄った後、道の駅ホットパーク浅科に寄るコースとしました。
今回は細いくねくね道だけでなく、快速ワインディングが楽しめる、メルヘン街道やビーナスラインを組み込んだコースとしました。

1)いつもの様に、横川SA(下り)で車中泊。駐車禁止エリアにラインを引き直しての、駐車エリア拡張工事中でした。




動画①
本日の1本目はメルヘン街道を白駒池駐車場まで上ります。ある程度道幅があるワインディングなので、快走出来て気持ちが良いです。




2)メルヘン街道を快走して白駒池駐車場に到着。舗装された側の駐車場は既に満車近くの状況でした。


3)ここが、この状態だと、この先の無料トイレがある無料駐車場は既に満車で、車を停める所が無いはずなので、50円払って有料トイレを利用しました。


4)それでは出発!




動画②
白駒池駐車場は車で一杯。紅葉前ですが、この辺りは気温が低いので、今が登山には最良の季節なのかもしれません。続いてビーナスラインで車山高原スキー場に向かいます。周囲も開け、開放的な景観が広がります。




5)麦草峠で車を停めてパチリ。


6)ここの気温は2℃。警告のスノーマークを久しぶりにみました。


7)メルヘン街道からビーナスラインを走って車山高原に到着しました。


8)ここは前回は雪の無くなった5月に来ましたが、その時同様良い天気に恵まれました。


9)今回は先を急ぐため、車山へは行きませんので、リフトには乗りません。


10)トイレを借りたらさあ、出発です。




動画③
車山高原スキー場を出て、ビーナスラインを走ります。しばらくは開放的な景観が広がります。岡谷まで降りて、R20号バイパスを走り、高ボッチ高原の入口を目指します。


動画④
高ボッチスカイラインで高ボッチ高原を目指します。スカイラインと言うにはあまりにも狭く、また木々に覆われ、景観も悪い道が高ボッチ牧場手前まで続きます。伐採した木材を積んだダンプも現れ、離合できずに後退せざるを得ない状況にも出くわしました。"ああ、面倒くさい!!"




11)高ボッチ牧場脇の駐車場に到着。牛さんが迎えてくれました。書かれている情報が古い!!


12)高ボッチ高原の石碑。こんなのが数か所ある。


13)石碑の前から駐車場側を見た光景。右側の車が走っている道が高ボッチスカイラインになります。スカイラインと言うにはあまりにも細い道だけれど。


14)トイレ脇に停めたMy KUGA。


15)奥にはジムニーらしき車が停めてありました。


16)さて、それでは先を急ぎます。


17)案内板。この先、第2駐車場まで行きます。




動画⑤
高ボッチ牧場を過ぎたあたりから、周囲は開けてきますが、崖っぷちの道ではないので、足元から景観が開けるという状況にはありません。そして道幅も、それほど広くはなく、離合しにくい場所が続きます。




18)自然保護センター横の駐車場到着。


19)どうやら、奥の高台の先が高ボッチ山のようです。あまりの低さに頂上は見えません。


20)高ボッチ高原自然保護センター。


21)人影は見えません。


22)クローズしていました。まだ時間が早かった??


23)駐車場から眺望も良いです。


24)高ボッチ山に登ります。



25)ちゃんと登山道(遊歩道)が作られています。


26)山頂まで400mとは近い!! コンビニエント!!


27)簡単に来られるのでペット連れもいるようです。


28)一応階段の様に土留めが作られています。


29)木に似せたプラスチック製。この方が腐らないし、良いのかもしれませんが、趣が無く残念。


30)奥に頂上らしき様子が…。手前左には何かが建ててあります。


31)ここにも高ボッチ高原。


32)さらに進むと休憩所の小屋。こんな距離じゃいらないでしょ!


33)どうやらこの上が頂上のよう。道が二手に分かれます。前を歩く人に続いて左側を選択。


34)あっという間に頂上到着。


35)お決まりの光景。平らな更地に無理やり石を積み上げた感じがつまらない。


36)一応頂上はこんな感じ。これだけ見るためにわざわざ来たのではあまりに悲惨。メルヘン街道やビーナスラインのワインディングもコースに入れといて良かった。




頂上動画
高ボッチ山からの景観です。山頂自体は面白みがありませんが、足元に広がる諏訪湖の景観は素晴らしい。




37)でも、この眺望で許せるかな。



38)パーカーのお腹のポケットに入れてたサーモスを出して、温かいコーヒーを飲んで、一応ゆったり気分を味わいました。ベンチとかは、ないので、立ったままだけどね。


39)下りは登って来た時と反対側のコースを選択。


40)更に分岐があったので、左側に進みました。


41)草原の中を進みます。


42)およよ、草に覆われ、一瞬廃道かと思いました。


43)広場に出ましたが、そこも草ボウボウ。


44)で、出たのが、さっき車で走ってきた道。


45)左奥に自然保護センターの建物が見えます。


46)そして、出発した駐車場へ戻りました。


47)さてと、天気が良くて、車が結構いるし、鉢伏山方面へ向かう鉢伏スカイラインは道幅が狭く、場所によっては離合できなくて延々とバックが必要との前情報があったので、予定をキャンセルし、崖の湯方面へ向かうことにしました。何より通り抜けできなくてピストンになるのと、次回に楽しみを残しておかないと、また来ることはなさそうだしね。




動画⑥
自然保護センターの駐車場を出で、美鈴湖を目指します。
今回は鉢伏山方面へ行くのは取りやめました。道が狭いし、離合が出来ない箇所が多々あることが事前調査で判っていたので、今日のダンプとの離合で嫌気が刺したのと、次回また来た時のお楽しみのために取っておくことにしました。



動画⑦
美鈴湖へは、いつも使っている経路ではなく、以前に一度走ったことのあるコースにしました。温泉街の狭い道を抜けて、くねくねと細い道を登って行く最短コースですが、今回は工事で通行止めとなっていましたので、仕方なくいつもの道でアクセスすることにしました。
先ずは美鈴湖近くの駐車場で小休止。





48)やはり、山を下りてくると、松本市街は渋滞があって走りにくい。


49)ここを通るのは本日二度目ですが、この看板に気づいていたら、きっと、この先を左折して、別の経路で美鈴湖へ向かったことでしょう。おかげで通行止めを引き返す羽目に。途中、数か所に通行止め看板はあったのだけど、ある程度進んでしまうと、入れないのをを確認したくなってしまうのは、ジムニーで林道に入る時と同じだなぁ。


50)経路を変えて、美鈴湖へアクセスしました。手前の駐車場に到着しました。美鈴湖には寄らないので、ここで一息。


51) そして、手前の駐車場に到着しました。美鈴湖には寄らないので、ここで一息。


52)美鈴湖の石碑はありますが、此処からだと木に隠れて殆ど見えません。


53)左側を進むと林道湯の原線となります。オートキャンプ場へのアクセス路のようです。


54)林道湯の原線です。立派な2車線の舗装路ですが。


55)それでは、美鈴湖経由で美ヶ原高原へ出発です。




動画⑧
駐車場を出て、美鈴湖の湖畔を走った後、美ヶ原スカイライン(美ヶ原林道)で美ヶ原高原へ向かいます。細めのくねくね道を走るのもまた楽し。時間が遅めのため、いつもはクローズしている売店と自然保護センターもオープンしていました。




56)美ヶ原高原の食堂に到着。この時間に来るのは久々。ちゃんと食堂も営業しています。


57)EVスタンドが出来ていました。SAでさえ、1台分の所が多いのに、2台分あります!!


58)自然保護センターもオープンでしていました。


59)隣にCX-5が駐車しました。それにしてもCX-5は多いな。今回も、あちこちに停められていました。本当に、SUV界のプリウスですね。それにしても、KUGAは見当たらない。レアだなぁ。


60)道を挟んだ駐車場にも車が停まっていました。




動画⑨
今度は、武石峠を越えて、武石観光センターまで下って行きます。此処も、細めのくねくね道が続きます。




61)ここを右折して進むと、武石峠方面へ向かいます。


62)廃止となった県道464号線や林道蝶ヶ原線へ向かう入口です。一応馬を置いてありますが林道蝶ヶ原線は通行止めではないためか、緩い制止状態です。




動画⑩
今度は武石観光センターから、道の駅美ヶ原高原美術館を目指して一気にくねくね道を登って行きます。駐車場に到着すると、車だらけ。館内も混雑していました。




63)道の駅美ヶ原高原美術館に到着しました。


64)すでに建物近く側の駐車場は車で溢れていました。


65)ですが、観光バス等の大型車駐車エリアには1台も止まっていません。


66)とりあえずは車を停めて一休み。


67)ただでさえ、少ないこのマーク付きの車。あと数年も経つと、殆ど消えちゃうのかな。今回はたくさんの車が駐車されていましたが、ざっと見た限りでは、KUGAは見当たりませんでした。


68)建物脇に建てられたオブジェ。日が当たるとこのような影が出来て、立体的に浮き上がります。これは意図的効果かな。


69)デッキに出てみました。ここは標高2000mらしいです。


70)奥の駐車場は、バイクだらけ。


71)今日の眺望は、素晴らしい。


72)それにしても車が多い。




動画⑪
最後の目的地、道の駅ホットパーク・浅科へ向けて山を下りました。目的地に到着後、しばし、仮眠。くたびれていたのか、気が付くと、2時間程度眠ってしまいました。



73)道の駅ホットパーク・浅科に到着。


74)本日の予定完了。ここでしばし休憩。。


75)まだお店が空いているうちに、お土産など買い物を済ませました。


76)浅科の観光案内板。



このところ細い道を走ることが多かったので、メルヘン街道やビーナスラインのような広いワインディングは、好天の日差しの下では周囲の風景も綺麗に見えて久々に開放気分が満喫できました。
ただ、急に気温が下がってきたので、山の上では、着るものに注意が必要ですね。Tシャツ一枚ではとても無理。長袖のシャツを着た上に、更にパーカーなど羽織るものが無いと寒いです。つい、数週間前までは暑くてたまらない日もあったので、季節の移ろいの速さを感じます。
来週は富士山付近を走る予定なので、防備をちゃんとしておく必要がありそうです。

もうちょっとでウィンターシーズンがやって来ますので、そろそろ準備をはじめますかな。そうそう、11月3日の予定で、冬タイヤ交換を、フォードが無くなったので、新しい担当のAudi練馬で予約しました。これもフォードと同じ料金で出来るのかな。

ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/16 16:59:19

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/16 18:55:41
ああ〜いい天気ですねぇ〜!
コメントへの返答
2016/10/16 19:29:32
このところ、週末、良くない天気が続いていたので、久しぶりに日差しを楽しめました!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@くまモンNo7 さん余りにも故障多くて特にSUVでは恐くて乗る気になりなりません。修理費用も恐過ぎる。」
何シテル?   11/27 21:31
moro2014です。よろしくお願いします。 今は、新たに購入したフォードクーガと、林道での遊び道具として、近場の買い物の足として、スズキジムニーに乗っていま...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/21 20:20:45
イベント:KUGA MorningCruise 2nd at Mt Fuji. 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/03 07:34:39
KUGAのSモード↑↓の表示がどうなのか試してみました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/22 20:31:21
お友達
クーガについては、乗っている方の人数が絶対的に少なく、巷に出てくる情報も少ないので、色々情報交換して頂ければと思います。

ジムニーは、林道情報、アフターマーケットパーツの情報が交換出れば嬉しいです。
30 人のお友達がいます
がんじーまんがんじーまん * くうればくうれば *
gaku1gaku1 * くまモンNo7くまモンNo7 *
ロボ部長ロボ部長 * がっちょ!がっちょ! *
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
フォード クーガ フォード クーガ
KUGA1.6Lから乗り換えました。 前車がすごく気に入っていたこともあり、顔も好きな ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
過去所有のエクスプローラーのサブとして購入しました。高速道路走行、渋滞時走行を想定してA ...
フォード クーガ フォード クーガ
フォード クーガに乗っています。 フォードのSUVは2000年の初期型エスケープ(V6 ...
フォード エクスプローラー フォード エクスプローラー
初期型クーガから乗り換えました。 販売を知って、スタイルを見て、これしかないという気持ち ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.