• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

勘兵衛のブログ一覧

2017年09月12日 イイね!

ほぼラインで流れるシーケンシャルウインカーの動画

ほぼラインで流れるシーケンシャルウインカーの動画をUPしました。
夕方からのものしかありませんがご参考までに。





Posted at 2017/09/12 05:15:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月10日 イイね!

オラ理論炸裂!ほぼラインで流れるシーケンシャルウインカー とか

どうも、今年の盆休みは怒涛の9連休だったということで、色々イヂってました。

取り敢えず表題のほぼラインで流れるシーケンシャルウインカーの事について書きます。

ですが、お約束で作成中の写真は殆ど撮ってないので制作後の残った部品による捏造画像と簡単適当な図案を取り混ぜてのご紹介となります。


お盆休みに入る3ヶ月ぐらい前から構想に入りオラ理論に従って脳内設計を始めたわけですが、まずは使用するLEDテープをネットで探します。

そこで目に止まったのがコレ↓



楽天 チキチキ電子製"完全シンクロシーケンシャル"60㎝

オレンジ色単色で制御ユニットでコントロールされるシリコンチューブ式のLEDテープです。

シリコンチューブ式のウインカーは厚みがありすぎて殻割りしなければ使い物にならないのはご承知だと思いますが、あえてこの商品を選んだ理由がコレ↓



中のLEDテープを引き出してみるとそこにはLEDが2mm間隔でビッシリと並びノギス実測で1.1mm厚という薄さ!(60㎝中114個のLEDが並び、3個1ブロックで流れます)

しかし、このままではまったく防水出来ないので防水対策として使用したのがコチラ↓



透明熱収縮チューブです。

お盆休み直前に発注したんですが、この時に販売サイトのブログを確認してみると同じような方法が紹介されていてガッカリすると同時に防水対策として間違っていなかったことに安堵する勘兵衛です(笑)

サイトのブログでは5φを使用していましたが、既に8φの物を購入してしまっていたのでソレを使いました。

正直、5Φの方が良かったと思います。

で、シーケンシャルウインカーを仕込む場所をココ↓にしました。



コレにはオラ的な理由があって、本来ならばヘッドライトとバンパーの隙間に押し込むのが既存のウインカーとの繋がり・流れ的にカッコイイのですが、ただでさえ爪が折れて下がりがちなバンパーに不自然な隙間が出来る事が我慢できなかったのと、オラ理論的に光量をあげられる思索があってあえてヘッドライト上部へ取り付けることにしました。

で、ココで何度か出てくるオラ理論ですが、こうでした。

・LEDテープが日中に認識しにくい(見えにくい)のは直接日光が当たるからではないか?
・リフレクターによってある程度光量を稼げるのではないか?

で、生まれて初めてのFRPに手を出すのですが、こんなもの↓を作りました。



コレは当初光源はヘッドライトの出来るだけ前方に取り付けるのが良いと考えたのと3mmほど奥に下げ太陽光が直接発光部に当たらないようひさしの役割を成し且つボンネットとヘッドライトの隙間から直接LEDテープが見えないようにする工夫です。

こんな構造↓



んで、取り付けたわけですが、そこで思わぬ誤算が・・・。

誤算とはコレ↓



VEZELのヘッドライト上部には、おそらくボンネットとの繋がりを滑らかにするための透明の突起状(?)の構造になっていますが、それが中央から外側へと高さが変化しています。

なので、この部分がレンズの効果になり光がまだらになってしまうようです。(R部分の位置(高さ)によって、その後ろにあるものが歪んで見える)

そこで勘兵衛さん考えた

『ソレって、LEDのツブツブが見えてるからじゃね?なら、面で発光させちゃえばいいんジャマイカ』と。

で、せっかく作ったカバーをひっぺがして仕切り直し。

次に用意したのがコレ↓



5mm角のアクリル角棒です。

このアクリル角棒をヒートガンで炙ってヘッドライトの形状に曲げ加工します。(施工中画像無し)

んで、次に用意したのがコレら↓の塗料。




アクリルサンデーのミラー調スプレーとくもりガラス仕上げスプレー。

ミラー調スプレーは透明アクリルの裏側からスプレーすると表から見ると鏡になるってやつ。

少しでもリフレクター効果を稼ごうと使ってみました。

使ってみての感想は、確かに鏡のようにはなるが、塗膜が非常に脆い。

そこで、サイトにエナメル系スプレーを吹くと良いとあったので黒のエナメルスプレーを塗布したのですが、それでもテープ類を貼って剥がすと全部持って行かれます。

オラはその上からアクリルクリアを厚めに吹きましたが、両面テープで取り付け後一回剥がせばやっぱり全部剥がれそうですね。

次にくもりガラス仕上げスプレーを角棒の奥側(LED設置側)にだけ吹きます。

オラ理論ではスプレーを塗布した側でLED光が乱反射し発光面になると予想。

この面が太陽光に当たった場合、太陽光のほうが強いのでLED光が負けて発光が分かりづらくなってしまうと思ったのです。

で、取り付けですが、アクリル角棒はボンネットのラインに合わせて両面テープで取り付けます、エーモンのLEDテープ張替え用とか言ううすうすのを使用しました。

LEDテープはその奥側のヘッドライトの平面ギリギリの所に貼り付けます。

何故アクリルとLEDを離すのかと言うと、下図の理由によります。



アクリルが発光面に近すぎるとLEDのツブツブ感が出てしまいますが離せば面発光に近づくわけです。

実際に近づけ過ぎると曇りガラス調になっていても光が拡散しきれずにツブツブに投影されます。

そして取り付け後上から蓋をします。




FRP工作や色々で疲れちゃったので、その辺に転がってたフォーレックスの2mm板に黒のカッティングシートと下面にファインラインテープ(塗装の塗り分け時に塗り分けのラインを綺麗に出すのに使うやつ)をリフレクター代わりに貼って両面テープで貼り付けて完了~♪

ボンネットを閉じたらほぼ見えなくなるのでOK(笑)

ファインラインテープ↓



最後の方は疲れちゃって適当にペタペタっとやっつけちゃったケド、リメイクする事があるとしたらまたFRPとかメッキ調カッティングシートとか使ってやりたいと思います。

今のところやりたいと思いません♪

めでたしめでたし動画無し。




Posted at 2017/09/10 10:51:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月10日 イイね!

糸魚川オフな事

と言うわけで昨日は糸魚川でオフ会でした。

今回はいつも切り文字をお願いしているリア友と一緒に参加してきました。

結構写真を撮ったつもりだったけど全然そんな事は無くて今回も画像少なめです(;´∀`)

早朝から洗車して準備をします。

車の方はカモフラージュ処理をしてオラだって気づかれないようにしました。




もうコレで絶対にオラだとバレないんだゼアッヒャッヒャ!!ヽ(゚∀゚)ノ



着きました。

現地では巨大な亀のミリオン君がお出迎え



実に・・・嫉妬するぐらい・・・立派です。

ちなみにこのミリオン君の左目が天使、右目が謎の鳥になってます。





この辺りの海岸では翡翠が採れるので、早朝からトレジャーハンターがわんさか徘徊してます。

参加車と参加者の様子。




みさぴち君も持参した武器を装備して戦闘態勢バッチリです。



世界最大級の翡翠の原石を前に右往左往するメンツ達。



施設内にこんなのがあった。



なので、ネガポジ反転してみた。



やってはいけなかったと猛省中・・・。

あれこれやってるとお昼になったので、銭形へ移動。

(お店の写真撮り忘れ)

とんかつとご対面。



オラは特とんかつをオーダー。



神の悪戯か、オラのとんかつに天の光が降り注いでます。

相変わらずの美味さに満足。


この後、予定していた青海シーサイドパークへ移動するも、少年サッカーの大会が催されていたらしく駐車場が満杯だったので、フォッサマグナミュージアムへ移動。




こちらでは、VEZELの走ってる所を動画で撮ったりして、まるで高校生の自主制作映画同好会のように遊んでました。

ほいで、5時になったのでオフ会は開放。

本日もオラのおかげで天候に恵まれ、また、動画撮影やなんやで楽しく過ごすことが出来ました。

たのしかったね~(。・∀・。)

お疲れっした!




おまけ



今回の隠し球、ほぼラインで流れるシーケンシャルウインカー。

めでたしめでたし。


Posted at 2017/09/10 05:34:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月09日 イイね!

本日土曜オフの日

本日土曜オフの日というわけで、本日は道の駅 親不知ピアパークにてオフ会をします。

集合してだべってトンカツ食う感じです。



バナナはおやつ。

Posted at 2017/09/09 07:31:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月28日 イイね!

みんカラ:モニタープレゼント!【d'Action 360】

Q1. d'Action 360でやってみたいこと

回答:クルマに取り付けて知り合いに超自慢したい!

Q2:d’Action 360について、良いと思ったポイントを教えてください。(例:360度駐車監視できること、アクションでも使えること など)

回答:360度監視システムは、セキュリティーの面でかなりの抑止力になりえると思う。
また、ハッとするような自然の景色を走行中に漏らさず記録できるのも魅力だと思います。


この記事は モニタープレゼント!【d'Action 360】 について書いています。

※質問の文章を編集、削除しないで下さい。
Posted at 2017/05/28 01:39:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイアップ企画用

プロフィール

「美ヶ原高原到着と同時の本降りからのラピュタ出現の前兆感。」
何シテル?   08/05 16:06
勘兵衛です。よろしくお願いします。 色々手を出すが多趣味では無く、一点集中型ですぐに飽きる。 物作りは好きだが、いかに安くそれっぽく見せられるかをモーレ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ヴェゼル ヴぇぜにゃん (ホンダ ヴェゼル)
愛車ニックネームを改名 なんかもう自暴自棄(笑)         *'``・* 。    ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.