• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jaminのブログ一覧

2012年02月29日 イイね!

4年に1度の閏年の日は、雪に見舞われたw

今朝起きたら、外は雪景色でしたww


どーも、jaminでございます☆(´∀`)



今日は、4年に一度の閏年、2月29日でした!

・・・だからといって、どうということもないんですけど、
そんな日に限って朝から大雪ww(ノ∀`)


朝起きて外を見たらFD2が雪まみれになっていましたww



首都圏の人間にとっては、こういう雪に翻弄されてしまうのが恒例ですねw(;´∀`)
雪が日常茶飯事の地域にお住まいの方には鼻で笑われてしまうかもしれませんけど・・・w


ただ、今日は雪の量の割に、予想された交通機関の乱れもさほどでもなく、通勤自体は割と普通に出来ました。
職場のある横浜も、吹雪いてはいましたが凍結もなく積雪量で言ったらうっすら、という感じでしたね。



でも、箱根や宮ヶ瀬等すさまじく積雪したようで・・・。



宮ヶ瀬は積雪量30cmを越えたとかで、これはまたしばらく宮ヶ瀬に近づけそうにないですw(ノ∀`)



で、そうかと思えば、
明日は今度はまた晴れて気温が15℃くらいまで上がる

そうで・・・ww

う~ん、気温差がありすぎるんで体調を崩さないように注意しないといかんですね・・・(;^ω^)



その後は、何か空模様がスッキリしないような日が続くみたいで金曜が雨
土曜が曇り
、そして日曜がまた雨予報で・・・




・・・・・・(´ー`)




日曜が雨!?
Σ( ゚д゚ )





なんと!
FSの日が稀に見る雨予報!ww




やはり、究極晴れ男のおかけん.さんが今回は参加できないからなのかwww(ノ∀`)



でも、きっと雨なんかに負けず、いつものFSメンバーが城南島に来てくれる・・・と信じてますw
当然自分も行きますですよ!!(`・ω・´)シャキーン



土曜に気合い入れて洗車してもまたすぐに汚れちゃいそうで、ちょっと残念ですが、FS後はSEEKERさん訪問もありますので、それでもしっかり洗車してFSに臨みたいと思います♪(*´∀`)
Posted at 2012/02/29 21:47:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 今日の出来事 | 日記
2012年02月28日 イイね!

FD2への連日の爆撃痕ww(ノ∀`)

こんばんわ☆


さて、私はいつも仕事から帰ってくると、
FD2の周りに異常等が無いか一通りライトを手に確かめるのを日課としている
んですが、昨日・今日と帰ってきて発見してしまったのが・・・

 


鳥糞の爆撃痕www(ノ∀`)



 
そう、FD2に鳥糞の痕がいくつもあったのですw
Σ(゚д゚lll)ガーン


しかも、2日とも見事にカーボンボンネットに・・・・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン



さすがにダクトを直撃は免れましたが、日曜に洗車したばっかりなのに、
毎日鳥糞の除去に追われる日々ですよw(;´∀`)



しかも、何か明日は雪ですって?w

こりゃー、週末にまたガッツリ洗車ですな・・・w(*ノ∀`)アッハッハ



明日の朝は、路面凍結等に細心の注意が必要ですね!
いつもより早めに起きて、交通機関の乱れ等の情報収集に努めて、通勤に臨みたいと思います!


皆さんも通勤時の事故等にはご注意を☆(´∀`)
Posted at 2012/02/28 21:39:01 | コメント(8) | トラックバック(0) | FD2 | 日記
2012年02月27日 イイね!

これが教師の言葉とは思えない・・・。

※ 以下は福島原発事故による放射能汚染にかかる、私の個人的な、しかし率直な意見です。今日は黒いです。
 辛辣な内容なので、そう言う内容は見たくないという方はご注意を・・・。









昨日付の、
武田邦彦先生のブログ(「教育は戦前の暗黒時代へ・・・教育関係者の魂に期待する」)

を読んで、愕然としました。

そこには、福島原発事故による放射能汚染について、福島の学校の教師が子どもたちに信じられないことを言っている事実が記されていたからです。



ある小学校では、福島から避難することを口にした児童を教諭がみんなの前で名前をよび、「あなたは日本国民ではありません、裏切り者です」と言った。

さらにある小学校(特定しています)では登校時にマスクをした児童に対して、先生が、「マスクを取りなさい!その様な行為が風評被害を招くのです
!」と叱った。



この言葉、実際に福島のある学校で教師が言い放ったという。


これが本当なら、何という恐ろしいことが起こっているのでしょうか?


これが教師の言葉でしょうか?
子どもたちを守るべき立場にいる大人、それも聖職者である教師の言葉でしょうか?



まるで、戦前に「日本が負ける」ということを口にした途端に、「非国民!!」と罵られ、村八分にされ、憲兵に連行され拷問されていた時を彷彿とさせます。



・ 戦前
 日本が負けるはずなど無い。負けるなどと口にする者は国民の士気を下げる非国民である。負けるのは気合いが足りないからだ。気合いさえあればB29でも竹槍で撃墜できる。


・ 福島原発事故後
 放射能汚染など大したことない。汚染されているので避難するなどと言う者は国民ではない、裏切り者だ。そんなことを言うから風評被害が起こるのだ。この程度の放射線量では健康には全く問題ない。そんなことよりいちいち気にしてストレスを感じる方が問題だ。 
 



何とも、同じような対称性をもった物言いですよね。

事実を無視した硬直的な空気感と、前面に出てくる精神論。






事実から言えば、福島県の一部は今でもかなりの高放射線量の元におかれています。
ハッキリ言って、これは「電離放射線障害防止規則」等の法律違反の状況であり、異常な事態です。



教師は、本来子どもたちを守る立場のはずです。
土壌汚染が1平方メートルあたり4万ベクレルを越えるような地域は、本来東電に早急に土壌汚染の除去を申し立てなければならず、子どもたちは安全な場所に避難させなければならない。


そうしなければ、福島に人々がいつまでも住めなくなっていってしまう。


チェルノブイリ原発事故後に、子どもたちに頻発した放射線障害が原因と思われる数々の深刻な疾病や健康不安を、この教師達はいったいどのように考えているのであろうか?
そんな事態に陥ってからでは遅いのに・・・。



これを見ると、結局日本という国は、戦前と戦後で大きく転換したように見えながら、
実は何も本質的な面で変わっていなかった

ということがよく分かります。
ベクトルが変わっただけで、根底に流れる本質的な部分は、以前のまま・・・。


丸山眞男が指摘したように、
日本には真の意味で民主主義は根付いていなかった
のではないでしょうか。

 
政府の大本営発表、追随するマスコミ、事実を直視せず(したくない)精神論や楽観論に固執し、異論を許さない空気感が醸成される・・・。



まさしく戦前と一緒ですね。



「いいや、事実を直視した上で、それでもここに住むことを選んだのだ。病気になっても構わないし、離れるつもりはない」

という人もいるかもしれません。

なるほど、それはそれでいいでしょう、「我々、大人」は。



大人がそうやって覚悟を決めて決断するのは、個人の哲学の問題であり、それを止めることはできません。生き様として、あって良い形だと思います。チェルノブイリの時も、そういう大人の方達はたくさんいました。



でも、子どもたちは?



子どもたちは、自分でそのような決断をすることは出来ません。
子どもたちは、親や教師を始めとした大人達が守ってくれるものと信じています。
なので、避難が諸事情により無理だとしても、子どもたちの被曝量を少しでも減らし、身を守るべく必要な措置を講じ、警戒するのは大人として当然のことのはずです。



それなのに、安全か危険か不明だからこそ国際的に決められた1年1ミリシーベルトという「予防原則」さえも無視して、「被曝は健康によい」などという暴論を振りかざし、長期間子どもたちを被曝状態の元におかせ続け、避難やマスク等の自己防衛をしようとする行為を「非国民」と罵倒し、糾弾する教師の行為は、常軌を逸しているとしか思えません。


何年後かに、白血病等の深刻な疾病が子どもたちに蔓延した時に、この教師は責任が取れるのですか?



戦前、軍国主義の下で行われた、こういう個人の尊厳や自由を踏みにじるような教育をこそ、我々は戦後、「唾棄すべきもの」として忌み嫌ってきたのではなかったのですか?


いま、福島原発事故後の日本は、こういう空気感に支配されています。



瓦礫を受入れなければ「非国民」、「情けない国民」、「黙れ」などと知事が心配する親たちを罵倒し、ネット空間では「プロ市民」、「モンスター」といって罵倒し、「放射能汚染は大したことない」、「痛みをみんなで分かち合う」と称して、日本中に放射能汚染を拡散させる・・・。



「絆」、「分かち合う」といえば聞こえは良いですが、自分は放射能汚染の問題に関して言えば、これにはどこか欺瞞的な匂いを感じずには居られません。


それは、本当に「絆」ですか?
被災地のためですか?




なぜ、異論は許されず、全員で同じように被曝をし続けなければいけないという、戦前の「一億玉砕」と同じような思考様式になってしまうのでしょうか?


そのような無条件に従わなければいけないような、異論を挟めない「空気」の発せられる言葉の下で、無意識に思考停止に陥っては以内でしょうか?


もちろん、助け合いの精神や「絆」は大切ですし、それは日本人の美徳のひとつでもあったと思います。
しかし、今横行しているこの空気は、どこかボタンを掛け違えたまま暗闇の中を闇雲に猛進しているようにしか思えません。

何かが違う。そんな違和感を覚えずにはいられません。



また、これは余談ですが。

先日、小林よしのりさんもSAPIO誌上の『ゴー宣』で言っていましたが、ネット空間等においては、なぜか「原発推進・放射能汚染擁護」「朝鮮人差別」は、セットで語る立場の人が多い傾向にあるようです。


このみんカラ上でも、やたら政治ネタばっか挙げる人々の大半は、文面や内容に朝鮮人差別の匂いを漂わせるものが非常に多く、語尾にやたらと「ニダwww」とか言って政府や朝鮮人等をバカにする人が多く見受けられますが、
そう言った人達は何故か放射能汚染や原発事故の問題に対しては政府に無批判で全く無視するか、もしくは全く問題ないという立場を取り、被曝を注意したり警告を発したりしている人達を嘲笑する内容が殆どです
(一度注意して見てみると良いです。大半がこの構図に当てはまります)。


この硬直した空気感、戦前に通じる者をひしひしと感じます。
なんともゲンナリすることばかりです・・・。



昨日の武田先生のブログを読んで、何か暗澹たる気持ちになりました・・・。
どこかの知事達が口にする、「日本は情けない国になった」ということを、
その人達が言っているのと正反対の意味で、
まさしくそう思います。



子どもたちの未来のために、誠実になって欲しいです。





※ 2月28日追記

予想外にイイネをたくさん頂き、驚きと共に嬉しく思います。ありがとうございます!
大人の「良心」をもって、子どもたちのために今何をすべきなのか考える一助になってくれれば、自分としては幸いです。

子どもたちの未来を、守りましょう!
Posted at 2012/02/27 21:54:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑想 | 日記
2012年02月26日 イイね!

ワークスチューンは伊達じゃない!?(・∀・)




こんばんわ☆


今日は、地元のCOCKPITさんに先日のサーキットで調整して抜けたチッソを補充に行った以外は、家でマッタリと過ごさせていただきました。(つ´∀`)つ


そんな中、昨日買ったREV SPEEDや今月買った、冒頭の写真のHot Versionを見たりして色々思い出しながら感じたこと。

それが、タイトルの、



ワークスは伊達じゃない。

ということですw



というのは、今回のHot Versionのメイン企画は、
峠最強伝説開幕編「ワークスチューンの底力」
というとで、


・ TOYOTA TRD LEXUS IS-F CCSP
・ SUBARU STI WRX S206
・ NISSAN GT-R 2012MODEL



の3台が登場したんですが、
3台とも完成度が非常に高い!( ゚д゚ )



IS-FやGT-Rはもともとクルマへの金の掛け方がハンパ無いので、それ相応という見方も出来なくもないのですが、それだとしても凄い。


特にGT-Rは、ノーマルで、群サイの峠レコードに迫る
35秒888をマーク。


これは、雨さんの魔王RX-7に百分の何秒差というレベルで、驚愕に値します。



また、一般ユーザーが現実感をもって見られるものとしては、
STIのS206
でしょう♪(´∀`)


こちらはホンダで言えば無限RRの様なコンプリートカー。
ニュル24時間で鍛えられた技術を一般車にフィードバック
したもので、こちらもハイグリップタイヤじゃないのに27秒2を記録。


攻め込むと流石にアンダーが出ますが、パワーやトルクの出方、コーナリング特性等、キャスターの皆さんも納得しきりのご様子でした。


こちらのS206、既にDラー告知の段階で完売と言うことで、これは売れて当たり前だと感じました。




そして、これらを見てて自分に照らし合わせて一番感じたのが、


無限(MUGEN)の力。


というのも、先日サンザイジャーの有志で行ったというパワーチェックでは、各自のチューン内容と結果が上手くかみ合わず、思ったような値が出なかったクルマがあった中、
パーツ通りの+数psをしっかりと値に出してきたのが、無限の吸排気(エアクリBOX、EXマニ、マフラー)を装着したクルマでした。



トルクもパワーも、しっかりと出てきていて、それを見て驚きましたね。



また、先日のTC1000でも、
無限吸排気ライトチューンのみん友AIR_DさんのFD2。


直線、かなり速かったです!!( ゚д゚ )


車載を見ても、回転の上がり方、サウンド、ピックアップの良さは全然申し分なかったですね。



ワークスチューンと言うことで、法規性等をしっかりとクリアするために、サウンド等はかなり抑えられていますが、その分、ワークスにしかできないレース活動等を通じたデータ収集とそのノウハウを活かし、徹底したテストを繰り返すことよって生み出されたパーツは、まさに、流石ワークスです。



そこには、下手なチューニングメーカーでは太刀打ちできないような、ワークスの底力というものを感じさせます。



ちょっと最近は、作りにいつもの無限さんらしくない部分も感じてしまうことのある無限パーツですが、それでもなお、
他を圧倒する信頼性と性能の確実性は、さすがですね。(^ω^)




純正ライクに、それでいてしっかり性能を出したい。

そんなときには、ワークスチューンのパーツの数々はきっと役に立つだろうと思います☆



ワークス、やっぱバカに出来ませんね♪
(*´∀`*)
Posted at 2012/02/26 18:19:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | チューニング | 日記
2012年02月25日 イイね!

久しぶりに靖国の地へ☆(´∀`)

こんばんわ☆(´∀`)


今日はあいにくの雨模様でしたね~・・・(;´∀`)
なので、今日はあまりFD2には乗りませんでした。


朝、少しFD2で宮ヶ瀬に行ってみましたが、
土砂降りだったので、そのまま北岸を通って1周して帰りましたww(ノ∀`)



・・・ということで、今日は趣向を変えて昼前から東京へ行ってみることに。


行き先は・・・。











靖国神社です☆



毎年何回かは行っているのですが、今年はまだ行っていなかったので、英霊達にこの国をお守り下さい、とお祈りするために行ってまいりました。



久しぶりに行きましたが、やはり靖国はいいですね♪
 


この場所は結構自分としては落ち着く場所です。

大学の頃、ここの境内で高校の同期と桜を見ながら酒を飲んだことなんかも思い出しますねww(*´艸`)

・・・と、それはさておき・・・w

 
ここに社頭掲示されている英霊達が残した遺書は、いつ見ても胸が詰まりますね。
 

みんなどんな思いで戦地に赴き、家族や愛する人へ思いを馳せていたのか。
 
死を前にして何を考えていたのか。




これを見ると、
今の自分なんぞ状況に甘えてはいけないな、

と痛感しますね。



自分は、自分への戒めのために、自分の部屋の机の横には配布されてるこの社頭掲示の遺書の文面を貼っています。

今日も、一部そのためにもらってきました。

  


参拝は、しっかり2礼2拍手1礼の神道式で行いました。

お祈りは、ただ単純に、

「どうかこの国をお守りください・・・」

とだけしてまいりました。



行き詰まった政治や、大震災、そして放射能汚染・・・。

どうか、我々を見守ってください。
そしてこの国をお守り下さい。

 
それだけが今の自分の願いです。 
 
 






参拝後は、遊就館へ☆

 
どうやら、特設展示の「大東亜戦争開戦70年展」は3月10日からのようなので、今日は常設展示の観覧は、見送りました。


でも、





ロビーには圧倒的存在感を放つ、
零戦(零式艦上戦闘機五二型)が☆


当時、日本の技術の結晶だった傑作戦闘機、零戦。
米軍に設計等を暴かれるまでは、無敵の戦闘機でした。


終戦間際には、神風特攻も使われた悲劇の戦闘機でもあります。


ちょっと零戦を見ながら、色々と思いを巡らせてしまいました。






そして、売店には自衛隊グッズやプラモまで売ってましたw
ミリメシまで置いてあるとはww
 

ていうか1/700スケールの軍艦プラモってこんな高かったっけ?ww

自分、小学生の時にこの三隻とも作りましたが、もっと安かった気がするw
最近はプラモも値上がりしたんですね・・・(;´∀`)
 

 
さぁ、ここで問題!

大和と武蔵は同型艦ですが、
主な相違点はどこにあるでしょうか?w( ゚∀゚)



分かった方はどうぞコメントへw 

・・・まぁ、箱の絵を見てもすぐ分かりますがw  

 



そして、売店で目立った柴犬のぬいぐるみ。(*´ω`*)

 
日本犬ということで、ラインナップしてるのかな?

ちょっと欲しくなってしまいましたww




靖国参拝後は神田の本屋街に足を伸ばし、書泉グランデでREV SPEEDを買って、明治大学側の洋食屋でボリューム満点の遅めのランチを食べて、帰りました☆ 

やはり学生街は居心地が良いです♪
 

寒かったですが、久しぶりに大学時代によく通ったルートを満喫した、jaminでありました♪(*´∀`*) 


 




境内に、こんな狛犬も居ましたw

ちょっとカワイイwww(*´艸`)


● フォトギャラ
 ・ 靖国で英霊に祈りを・・・①
 ・ 靖国で英霊に祈りを・・・②
Posted at 2012/02/25 22:32:26 | コメント(9) | トラックバック(0) | 今日の出来事 | 日記

プロフィール

DC5を失った後、2年間のブランクを経て、 FD2シビックType-R(08後期)で復活。 2009年:山野哲也ハンドリングクラブに参加。ドラテク向上を...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2012/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   

リンク・クリップ

SUNOCO AC EFFECTER 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/06 21:38:11
東の若きVTECチューナーの雄!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/16 22:12:45
ENKEI Racing GTC01(18&#215;9J+40) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/30 20:44:21

お友達

メーカ-、車種等問わず歓迎です。
こんな奴でよければどうぞ。

ただ、更新が全く無かったり、申請して頂いたのに足跡・イイね等が全く見られ無い場合は、削除させて頂くことがあります。
また、いきなりの申請はなるべくご遠慮ください。

なお、最低限の礼儀すら無い方は承認致しかねます。
226 人のお友達がいます
セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認 澤 圭太澤 圭太 *
yosukeyosuke * tumblin_dicetumblin_dice *
R-TYPE-GM4R-TYPE-GM4 * 4nzigen4nzigen *

ファン

108 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2008年12月27日に納車された2代目の愛車。 ストリートとサーキットの両立をコンセ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
最高の愛車でした。 1年間夢を見させてくれました。 自分が無理させたばっかりに不注意で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる