• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

オクムラのブログ一覧

2017年03月26日 イイね!

愛車復活モニタープレゼント【シュアラスターホイールクリーナー】

Q1ディーラーや洗車場、コーティングショップなどで耐久のコーティングを施工されていますか?(Yes or Noでお答え下さい)

回答:Yes

Q2:シュアラスター製品を使われていますか?(Yes or Noでお答え下さい)

回答:No

この記事は 愛車復活モニタープレゼント【SurLuster】 について書いています。

※質問を編集や削除しないで下さい。
Posted at 2017/03/26 00:17:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年01月29日 イイね!

今度はドラマをチョイス!

今度はドラマをチョイス!2017年1月開始ドラマのオススメをご紹介♪


画像はトヨタディーラーに来ていたドラえもん、本文には何の関係もありません(^_^;)



「カルテット」が面白い!

TBS系火曜22時 のドラマ。
カルテットとは弦楽四重奏の事で、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平という濃いキャラの共同生活を描くコメディサスペンス?
ドラクエ(1話)、SPEED の「White Love 」(2話)を演奏するあたり、おじさんの心がくすぐられます(笑)

「嘘の戦争」も面白い !

フジテレビ系火曜21時 のドラマ。
「銭の戦争」以来の復習シリーズ第2弾。
草彅剛、水原希子、藤木直人、市村正親と こちらも濃い面々(^^;;
復習=殺人ではない所が生ぬるく感じるけど、現実感を残す為の設定なんでしょう。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」や「精霊の守り人」も面白い♪

Posted at 2017/01/29 15:01:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月28日 イイね!

ポカポカ陽気に誘われて

ポカポカ陽気に誘われて最近、寒い日がずっと続いておりましたが、今日は久しぶりにポカポカ陽気でしたので1ヶ月ぶりにコペンを洗ってあげました♪

洗車するとコペン愛着ゲージが回復します(笑)
Posted at 2017/01/28 15:20:33 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月14日 イイね!

2017年1月開始アニメ

2017年1月開始アニメ我が地域では雪が積もっております。

朝から職場の雪かきをして腰が・・・(+_+)

さて、2017年1月開始アニメの1話を、おおむね視聴しました。
その感想を書いておきます。

(期待順に並べています。)


①正宗くんのリベンジ
あだ名の「豚足」は流石に可哀想だよねぇ。ダイエットしてイケメンになっても性格は豚足の時のままで笑える。「デッド・オア・ラブ作戦」は成功なるか?

②小林さんちのメイドラゴン
メイドがドラゴンって最強! 下等で愚かな俺様にも欲しいゾ♪

③ガヴリールドロップアウト
天界では優等生な天使も、下界に落ちれば怠惰な駄目天使になる。ネトゲ恐ろしや。。。

④亜人(デミ)ちゃんは語りたい
バンパイア、デュラハン(首なしの妖精)、サキュバス(女悪魔)、雪女が繰り広げる学園コメディー。亜人はデミ・ヒューマンとも呼ばれるから、デミちゃんと呼んであげて下さい。

⑤風夏(ふうか)
歌う?バンド組む?女子二人との三角関係ラブコメ。

⑥アイドル事変
とうとうアイドルが国会議員に!ニッポンは復活できるのか!?

⑦AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-
破繰者(ばぐりもの)を倒す為には、どんどん服を脱がさないと!おまえも破繰者か!?

⑧ACCA13区監察課
贅沢品のタバコを耐えず吸ってる主人公は、何者なのか?

⑨幼女戦記
グロイと評判だが、1話は平穏無事な内容であった。キャラデは好みが分かれるところ。

⑩クズの本懐
淋しさを埋め合うコンビは、幸せになれのか? なぜだか胸が痛い。。。

続き物も視聴します。

⑪ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ガンダムの名を語った詐欺まがいの作品だけど、やめられない、とまらない。

⑫昭和元禄落語心中 助六再び編
前作が好きだったので、今作も期待している。

⑬青の祓魔師 京都不浄王編
とりあえず見ておこう。

今期は減らそうと思っていたのに、意外と多くなってしまった(汗)
我が地域では、未だ放映されていないタイトルもあるので、更に増加する予感。。。
その作品たちは、後日アップします。
Posted at 2017/01/14 10:50:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月07日 イイね!

2016年秋アニメ総括

お正月に秋アニメを消化できたので、その評価を上げておきます。
もちろん、オクムラの独断と偏見に満ちた評価ですので、一般的な評価とは異なると思われます。また、1クールで終了している作品のみを評価対象としております。
それでは始めましょう。

2016年秋アニメ(1クール作品)ベスト10


10位
舟を編む
国語辞典「大渡海」を編集・刊行する為に奮闘する物語。前半はテンポよく進んで面白かったのに、後半で急に13年後に舞台が変わってしまいテンポもゆっくりに。後半はあまり好きじゃなかった。


9位
フリップフラッパーズ
中学生ココナを強引に冒険に連れ出すパピカ。冒険の舞台は「ピュアイリュージョン」。初めは訳がわからない不思議な作品でしたが、中盤以降で謎が徐々に解明していく。それでもやっぱり不思議な作品でした。


8位
競女!!!!!!!!
プールに浮かんだステージ上で、手足使用禁止(尻と胸が武器)ルールで相手を落とし合う女子ギャンブル競技。尻ガトリング、尻キャノン砲、真空烈尻などなど色々な技が出てくるが、中盤からはマンネリ化してくる。


7位
装神少女まとい
高次元体(三次元以上にいる生命体)に憑依されて戦う物語。同じ高次元体でも味方は神、敵は悪霊扱い。変身が解けると服が無くなり全裸状態(笑)



6位
Lostorage incited WIXOSS
カードゲーム「WIXOSS」をテーマにした作品。前作の「selector」編が良かったので、今作も期待していたのですが、前作には及ばず。特に最終回の方向性に疑問が残る。相変わらず「WIXOSS」の内容が全く分からない。



★上位発表の前に、残念ながら圏外になった作品たちもご紹介します。

僕のヒーローアカデミア:いかにもジャンプっぽい作品

ViVid Strike!:OP曲は好きでした

ステラのまほう:ゆるゆるな感じ

TRICKSTER:GACTが声優してる。2期連続だけど、もう見ない

ろんぐらいだぁす!:これもゆるゆる〜

ユーリ!!!on ICE:フィギュアスケートをアニメにしても、面白さが分からなかった


それでは上位の発表です。

5位
WWW.WORKING!!
東田大輔の父親の会社が倒産し、やむなくファミレス「ワグナリア」でバイトを始める。そこの店員は超個性的で、その日常を描いている。働いている姿は、ほとんど描かれていない。
ドタバタのコメディーで純粋に面白い。臨死体験すると現れる「聖バレンチヌス」がツボだった。


4位
魔法少女育成計画
スマホゲーム「魔法少女育成計画」をプレイしているプレイヤーの中から選抜された(数万人に1人の割合)プレイヤーは実際に魔法少女になることができた。超人的な身体能力と1つの特殊能力を持つ魔法少女たちは、運営側(魔法世界)より選抜試験を受けることになった。初めはマジカルコインを集めることが目的であったが、徐々に死のサバイバルに突入していく。
キャラが16人と多く、広く浅く網羅した感じが否めない。コンセプトは良かったので、主要数名のキャラに焦点を絞っていれば、評価は上がっていたかもれない。


3位
ガーリッシュナンバー
性格が今どき?な 烏丸千歳(新人声優)が「クースレ」のメインヒロインに抜擢されるも、声優としての実力が不足しており周囲に迷惑ばかりかける。自信家、自己中、金儲け主義、ファンには塩対応という駄目声優と何言っているかわからない原作者、制作費やスケジュール的に無理難題を押し付けられるアニメ制作会社、チャラいプロデューサーと問題山積みな作品「クースレ」は、作画崩壊した状態で放送。
終始グダグダな状態で終わる作品かと思っていたが、千歳や声優仲間が少しずつ成長していき、まずまずの終わり方でした。「勝ったな、ガハハ」が印象的(笑)


2位
終末のイゼッタ
ヨーロッパの第2次世界大戦を舞台に、魔女(イゼッタ)がお国(エイルシュタット公国)の為、姫さま(フィーネ)の為に戦うストーリー。エイルシュタット公国はオーストリアあたりの小国、敵のゲルマニア帝国はドイツがモデルとなっている。登場兵器はゲルマニア帝国が圧倒的に優秀であるが、魔女の力は別次元。科学は魔法には勝てないと思われたが、ゲール(ゲルマニア帝国)の秘策で予想を裏切る急展開。
ラストが想像できなかったが、終わってみれば上手くまとめたなぁと思った作品。


1位
occultic;Nine
始まって数話は、暗くてグロくて やたら胸の大きい女子が出ているオタク受けを狙った作品だと思い、低めの評価でした。ところが話が進むにつれて、ドンドン引き込まれるストーリーと個性的なキャラクターで赤丸急上昇!最後まで目が離せない作品でした。
成沢稜歌(りょーたす)の胸サイズには、いつまでたっても違和感がありましたが、それを補って余りあるジェットコースター的な急展開の連続!主人公 我聞悠太のHP名「キリキリバサラ」という単語が頭から離れないw OP曲 いとうかなこ「聖数3の二乗」も作品の雰囲気にベストマッチしている。
シュタインズゲートを思い出すなぁと思いながら、作者の「志倉 千代丸」さんを検索したら、シュタゲの作者だった(滝汗)


いかがでしたでしょうか?
みなさんの感想とはズレているとは思いますが、それは個人差ということで。。。(苦笑)
これら以外にもドラマ、バラエティー、ノンフィクション等を視聴していますので
1日24時間では足らない状態w
2017年 冬アニメは、体調の事も考慮して視聴数を減らす予定ですm(_ _)m
Posted at 2017/01/07 16:25:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「宴会なう!」
何シテル?   10/25 18:01
コペンで事故を起こし、乗り換える事になりました。 弐號機もコペンです(^^;
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

我慢の限界です 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/11 19:57:26
コペンでお出かけ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/21 17:24:25
カラカラ音の正体 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/09/20 15:05:14

お友達

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
コペン 弐號機
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
出来ることから、コツコツと・・・ 手間と愛情をかけてます 2006.10 HKS レー ...
トヨタ アイシス トヨタ アイシス
嫁様の所有物
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像置場です。

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.