車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月02日 イイね!
🍀アルファロメオ再び🍀その4-ホンダDOHC-I-VTECと衝撃の出会いのジュリエッタ







シビックフェリオ SIR さすがに14年20万キロ以上乗るとラジエターの水漏れ
やらルーフ部の塗装が痛んできました。
そんな訳でシビックフェリオ SIR すぐにでも買い換えようと思い、昔心に誓っ
たアルファ156への思いはすっかり忘れ14年ぶりの新車購入へ。
2007年8月同じホンダのシビックセダン GL DOHC-I-VTEC 2000CC 155PS/6000RPM
5速AT仕様に乗り換えました。



久しぶりに欲しいと思ったアルファ156はと言うと。。すでに新車の販売は終
わって次の世代アルファ159になって何やらサイズも大きくなりV6エンジンは
GMブロックの3.2Lとなりアルファ純血ではなくなっておりました。





実はアコードにしようかと思っていましたが、モデルチエンジが近く試乗したら
これでもいいやと。
このシビックセダン 他にハイブリッドエンジンと1800CC SOHC-I-VTEC があり試乗し
たのは1800CC SOHC-I-VTEC。




エンジンだけはDOHCは外せませんのでは2000CCのDOHC GLを注文。
K20A DOHCレギュラーガソリン仕様で結構地味な存在で、購入後しばらくしてより
過激なTYPE-Rが発売されました。ちなみにTYPE-Rは 2000CC 225PS/8000RPM 6速MT

さすがに2000CC 1600CCよりかなり余裕があり高速道路でキックダウンすればホン
ダの硬質かつレーシーなサウンドと1600CCより、余裕のパワーの盛り上がりで、
AT車ながらなかなか素晴らしい加速感を楽しめました。
燃費も前の1600CCと同じく通勤でも10km/L。
この車にはパドルシフトが付いていましたので、手元で操作してマニュアル的な走
りも楽しめました。ちなみにトルコンATなのでアルファ147のようにはブリッピ
ングはしませんが。。。 

レッドゾーンは7000回転。やはりAT仕様なのでレッドゾーン手前の6500回転から多
少頭打ち感がありました。TYPE-Rはレッドゾーンは8400回転。
残念ながらホンダエンジンではMT車は乗りませんでした。今思えば少し後悔。
ホンダ車に乗っていた頃はDOHC車に乗りかつ楽もしたいとの思いがあり、行き過ぎ
たエアロや過大なパワーは必要ないと考えていました。
ちなみにこの2台のホンダ車ドノーマルで全くドレスアップはせずタイヤを減った
らピレリに替えたぐらいです。
オイルも12カ月点検で純正オイルに替えるくらいで、このホンダ車2台に乗っていた
頃が一番車への思いが失せていた時代です。

シビックセダンGLも何も不満も無くそろそろ6年程乗り走行距離もたいぶ伸びて来
た頃。



いつもの旭市内のバーへ相棒と出かけた時の事。



赤のアルファが1台が止まっていました。
暗くなった外でも薄明りの街灯のなか一目でわかるアルファの美しいフォルム。
まだ新しくそれ程年数も経っていない真新しいアルファロメオ ジュリエッタでした。
店に入るとどうやらオーナーは女性のよう。
アルファロメオ乗っているの?と声をかけ再び外へ出て室内を見せてもらいました。
自分が20代の頃アルファロメオに乗っていたことなどをしばらく話し、昔のアフ
ファよりはるかにモダンな革張りのシートと内装。ああーいいなー!




衝撃の出会いでした。時代は変わりアルファロメオもおしゃれに女性が乗る時代な
んだ。。。

つづく




Posted at 2016/12/02 22:47:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月28日 イイね!
フレフレ幕張~イタリアの風フレフレ幕張に行ってきました。





 
フレフレ幕張はフランス車のミーティングですが。。アルファも少し来るよとの事で参加。



寒がりの自分は完全防寒装備で武装。







会場で見かけたアルファ



セブンで来られたこちらの方はアルファのエンジンが気になる様で。。。



あちらこちらで見かけるこの方も見えられました。



じゃんけん大会では最後に勝ち残り



カレンダーをゲット。すみませんアルファなのに。。。





じゃんけん大会の後 のわさんの115スバイダーと Velizyさんの916スバイダーとで
イタリアの風ラ クッチィーナ ハナへ爆音3台で移動してランチ。

のわさんの115スバイダーいい音していました。
やはりTSとは一味違います。



ランチタイムだったので結構待ちました。







メニュー




やはりイタリアの風に来るにはおネイサンもメンバーにいた方がいいな~




ランチメニューの詳細は関連情報URLの Velizyさんのブログをご覧ください。


Posted at 2016/11/28 20:55:59 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月26日 イイね!
147洗車天気が良いので147を洗車しました。



いつものように147は洗車機で。。





拭き取り完了



天気が良かったのでこんな写真が。。。



そして洗車後147をパチリ。

明日のフレフレ幕張は147で行こうか?

Posted at 2016/11/26 14:05:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月19日 イイね!
イタリアの風 ラ・クッチーナ ハナ来週日曜日のフレフレ幕張の後のランチでどこかいい場所ない?との事で。。千葉市のイタリアンレストラン 「イタリアの風 ラ・クッチーナ ハナ」に行ってきました。




この写真ではわかりませんが駐車場はとても広くかなりの台数が止められます。






お店の入り口



久しぶりにイタリアの風にやってきましたが、午前中かなりの雨が降っていたので空席もあり。



この店の良いところはガラス張り 庭を食事中も見渡せます。



ワインもすごい数で写真手前側は団体用個室も複数あります。





天井もとても高く規模はおそらく県内最大級。




ランチメニュー 前菜 パスタORピザ デザート コーヒー 



イタリアの風 店内でパチリ




イタリアの風 そして時計もバブルバック1940年代



さらにイタリアの風 入口付近でパチリ
この日はとても寒くジャケットの上からショールカラー・コットンセーターを。。これでも外ではちょっと寒い。




そして食後はやはり酒々井のアウトレットでお買い物。

来週日曜日予報では天気は良くなさそうで。。イタリアの風も幻かな?








Posted at 2016/11/20 13:35:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2016年11月12日 イイね!
🍀アルファロメオ再び🍀その3-ホンダDOHC-VTECとアルファV6への思い 1993年8月ホンダのDOHC VTEC 1600CCを買いました。
4速AT仕様のシビックフェリオ SIR B16A 直列4気筒DOHC16バルブ 1600CC 
ハイオク仕様 155PS/7300RPM





音は、低回転は農業機械のようなホンダエンジンの音でトトトと言う感じのメカノイズが。。回転が上がって来ると次第に音が締まってきて、高回転域に達するとVITECがとてもレーシーで硬質な音を発します。初めて聞くホンダミュージックこれにはビックリ!
レッドゾーンは7500回転。7000回転付近になると頭打ち感があります。
今思えばMTにしておけば良かったか?MTは170PSでもっと上まできれいに回った
かも?

その頃はまだAT車を乗った事がなくてこれからはATだよなと思いAT車にしました。
エンジンだけはDOHCと決めていましたので色々と国産車DOHCの新車を探しホンダの
VTECが良さそうと。。。

ちなみに1980年台初め頃はホンダ車ではDOHCエンジン車は販売していませんでした。1980年台後半になって来ると国産メーカーも4バルブDOHCエンジン搭載車が非常に多くなってきました。
そしてこの年代になると国産車も直進安定性も格段に向上。

B16A ATながらVTECの低回転からのトルク感と高回転の素晴らしいパワーの盛り上がり。
8年程国産車を離れていましたので4発でも振動も少なく国産もこんなに進化したんだ。。と感じました。

そしてアルファとしばらく2台乗りましたが。。アルファは手間もかかるしもうイイやとナンバーを切り。。アルフェッタGT 8年程乗りその後20年の長きに渡りアルファ不毛の時代に突入。。。


シビックフェリオ SIR 購入後5年程経った1998年だったか?アルファロメオから
久しぶりに気になる車が発売されました。



アルファ156。少し小ぶりな美しい4ドアセダンで、2.5LV6 DOHC24バルブのライン
ナップも。
これこそDOHC好きの自分には待ちに待ったアルファロメオでした。ああ欲しい。



こちらは1982年CG誌 5月号 アルファ特集で色んなアルファを取り上げており勉強になりました。



話は溯りますが1982年CG誌 1月号 当時スカイラインRSの試乗記がCGに載っており
これを見て発売されたばかりのスカイラインRSを注文した記憶があります。(1981年12月に注文、納車は1982年2月か3月)
そのCG誌 1月号にアルファGTV6 2.5の記事が載っておりアルファロメオと、そのV6エンジンを知るきっかけとなりました。



その記事ではアルファV6「滑らかさ」「レスポンス」「パワー」「柔軟性」「音」「すべての点で文句の付けようが無い傑作エンジン」更に「官能的」「ノンターボの2.5Lとしては高出力」ちなみに2500cc 160HP。

極め付けは「遠くで聞くGPエンジンの唸りと表現したそのサウンドは、まさにアルファミュージックと呼ぶに相応しい妙なるシンフォニーで、今日の量産車では最良の音だと断言したいほどである」
とCG誌の評価も非常に高く、アルフェッタGTを手に入れたあともずっとこのV6エンジンは気になっておりいつかはアルファのV6をと。



しかしアルファGTV6 2.5はとても高額で中古もまずは見かけなく。。時は過ぎ。。

話は元にもどりますが久しぶりに欲しいと思ったアルファ156 V6 その当時はアルファどころでは無く、父親が倒れ長期の寝たきりの真っ最中でその思いをどこかに消し去り。しかしいつか必ずこの156 V6 乗ると心に誓いました。

シビックフェリオ SIR に話を戻しますとこのホンダの4ドアセダン今にして思えばアルファ156に少し似たような感じの車だったと思います。ボディも多少丸みがありそしてどこかアルファ的な臭いが。

その後シビックフェリオのモデルチェンジしたものはボディは魅力的では無くそのまま乗り続け実に14年間20万キロ以上乗りました。
つづく。


Posted at 2016/11/12 21:08:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
Alfistです。よろしくお願いします。 中学の時はアコギ少年♪ 高校の時はエレキ少年♪♪  社会人になって車好き、そしてビンテージ腕時計蒐集などなど。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
よろしかったら誘ってみてください。よろしくお願いします。
23 人のお友達がいます
T.BASET.BASE *みんカラ公認 yandou156yandou156 *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 senna2828senna2828 *
Cuts 156Cuts 156 toby-mtoby-m
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
2015年12月12日二代目147 リネアロッサに買い換えました。 一代目147走行1 ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
2015年10月二代目156 V6 2.5に買い換えました。 都内専門店で一代目より走行 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
今までメインで乗っていたシビックセダン2.0 GLが2014年8月で7年目の車検を迎えま ...
アルファロメオ アルフェッタGT アルファロメオ アルフェッタGT
アルフェッタGT 1977年式 これからがアルファの始まりです。 センターからちょと左上 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.