• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

minorun-Rのブログ一覧

2017年10月10日 イイね!

納車されました。

納車されました。ついに新しい車が納車され、プロボックスはドナドナされていきました。

プロボックスは、最終的には18万300kmくらいまで走りました。
車探しの旅で、2日間・900km(!)走ったのが最後の大仕事でした。

次期愛車は、
①タイヤはジオランダ―M/Tを履かせたらカッコよさそう (※当方基準による)
②4WDの走破性と高い積載能力でアウトドアを縦横無尽 (※効果の感じ方は個人により差異があります)
③程よいコンパクトさで、ファミリーに最適なSUV (※「すごく」「運転しやすい」「vehicle」)
④リアにはダブルウィッシュボーンサスペンションを採用! (※これは掛け値無しで事実)
です。

自分の求めるスペックのものは新車では見当たらず、中古車から探すことになりました。
また、最も重要な「4WD車」であることについては、山梨ではほとんど出回らないので近県の雪の降るところをあたってみました。

当初は、
「☆~ホワイトパールクリスタルシャイン~☆」
…という、プリキュアかセーラームーンの必殺技に出てきそうな名前のボディカラーのものに目星をつけていたのですが、契約直前に頓挫し、最終的には可愛い系ではない色になりました。

1台目は、外装にキズが多く、鈑金で直してくれるとのことだったのですが、予備検査で「フロントが少し引っ込んでいるので、フレーム修正してください。」と言われたとのこと。
前オーナーは運転が上手じゃなかったんだな、とは思ってはいたものの、まさかフレームまでいっているとは。前オーナーの運転が一気に信用できなくなってしまいました。
フレームと言っても、ラジエーターコアサポートなら、操舵にはあまり影響なさそう。でも、バンパーはそこまでひどくなかった、ということは、溝に落ちたか縁石に結構な勢いで乗りあげたか。…となると、スイングアーム、ナックル一式くらいまでは目に見えない負担がかかっているのでは?それを新しくしても、なお心配は残るな…。
…と考え、契約を中断しました。
今回相談にのってくださった方、本当にありがとうございました。幸いその後、いい車に出会えました。

プロボックスの車検満了1か月を切って、まさかのゼロから探し直し!
そこから、怒涛の巻き返しが始まりました。
まずは、状態のよさそうな県外の数台(全てディーラーの中古車)を取り寄せることができるか聞いたのですが、どこの店も「うちは県外には出せません」とのこと。かろうじて「山梨の店舗の端末で調べて、他県の店舗への在庫移転が『可』なら」との言葉に頼みをつないだものの、いざ店舗にいくと、相当食い下がったものの「上にも掛け合いましたが、無理です。」とのこと。

雪国ではない場所に住む人が、4WDのディーラー認定中古車を手に入れることは限りなく困難!
ということが分かりました。
ディーラーにも事情はあるのでしょうが、これには相当に凹みました。
これが3連休初日の午前。

ディーラーがダメとなったことで、それ以外の候補を調べ、その店舗に電話しまくりました。
それが3連休初日の午後のこと。
幸い、「県外への納車もOKです」との返事がもらえたので、「明日・明後日に見に伺います!」と言うと、お店の方、大層驚かれてました。富山とか北関東とか、遠いし、しかも台風が来てましたし。

翌日、3連休の中日、未明出発で雨が強くなる前に安房トンネルを抜けて北アルプスを横断。候補1台目のある富山の店舗に開店前に到着。チェックリスト片手に隅々まで状態を確認し、スタッフさんに質問しまくり、昼には長野県へ向けて出発。夕方には2台目を現車確認。
温泉に入って上信越道のPAで、プロボックスで最後となる車中泊。

3連休最終日には筑波山の近くまで走って3台目をチェック。圏央道をひた走り、3時頃に山梨に帰着。2日間で900kmを走り、エンジンオイルはMAXとMINの間の半分近く減りました。

その日のうちに比較表を書いて検討。
翌日注文して、書類のやりとりをして、車検切れ間近の10月頭に納車となりました。

注文後も、プロボックスからの部品外しや新たなルーフキャリアの注文など大忙し。これからも各種部品の取り付けがありますし、まだまだ一息つく暇はなさそうです。
(しかも仕事もことさらに忙しい!)


新たな相棒も、プロボックス同様、擦り切れるまで乗って行こうと思います。
Posted at 2017/10/11 00:44:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記(車) | 日記
2017年09月04日 イイね!

20万キロを待たずに…

20万キロを待たずに…またまた1年以上放置してしまいました。

そして、久々にもかかわらず、「プロボックスを降ります」という内容…

17万5000キロを超えた今年のGWの頃、オイル警告灯が点き、オイル規定量4Lのうち2.5Lが燃えてしまっていたことが判明。
診断は摩耗による「オイル上がり」で、ちょくちょくオイルを足す温存療法で様子を見てきましたが、ゆくゆくはエンジンOH又は乗せ換えで大きな出費となるのは必至。そして、丁度タイヤが夏冬ともに交換時期。他にも多分、クラッチ板とエンジンマウントと…と考えていくと、「9年・17万9000kmで車を降りる」という結論に至りました。
樹脂系パーツが壊れ始めるのはもう少し先だとは思いますが、修理費用をかけてまで乗るか…となってしまいました。全部修理したら、30万キロを目指さなくてはいけない気もしますし(苦笑)

20万キロを超えて乗ってらっしゃる多くの方々がいる中で、10年も乗らずに放出、というのは、申し訳ない感じがしますね。

プロボックスは、アジアのどこかの国に行ってセカンドライフを送るのか、部品取りになるか、わかりませんが、有効に活用されますように。

次期の愛車はまだ明かせませんが、「4WD」「車中泊ができること」はやはり外せない条件となります。

プロボックスワゴン、お疲れさまでした!(でも、まだ納車までは頑張って!)



※写真は立山で撮ってもらったもので、本文とは全く関係ありません。
Posted at 2017/09/04 23:28:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記(車) | 日記
2016年07月31日 イイね!

10年が過ぎました

10年が過ぎましたまたまた久しぶりの更新です。

ふとプロフィールのページを開いてみたら、ちょうど10年前の今日、みんカラに登録したようです。
なんたる偶然!
…というわけで、1つ記事を書こうと思います。

前回が、「最近ハマったアーティスト」でした。今回は、「最近渓流釣りを再開しました」です。

本格的に再開したのが、一昨シーズン(2014年)です。
このシーズンは、モンスターサイズのニジマスが釣れるという、相模川上流の「桂川」の都留・富士吉田エリアに通い詰めました。
解禁日当日には70センチという半端ないサイズもうまくいけば釣れるようですが、この年の最高は56センチでした。このサイズを超えるものは未だに釣っていません。
ですが、それは明らかに放流は無いと思われる場所で釣れたヒレがピンとした、自然繁殖した個体でした。最小5センチからのニジマスをゲットできた桂川流域は、ある程度昔からニジマスが自然繁殖しているのではと思います。
ニジマスも虫や魚を食べる外来魚なので、ヤマメやイワナ、ウグイやアブラハヤ、その他の水生生物を(多少)脅かす存在でもあります。魚食性が高いライバル魚があまりいなかった湖に繁殖し、湖沼の生態系のトップに君臨してしまったブラックバスほど影響はないかもしれませんが、繁殖して釣れて嬉しいような、繁殖してほしくないような…微妙な存在です。でも、汚れの酷い桂川本流で繁殖できるのは、ニジマスのタフさあってのことかもしれません。
 
初めは美味しく食べていたものの、ある日釣れたニジマスの胃袋から、しば漬けと豚肉、玉ねぎが出て来て以来、より上流のいくぶん綺麗な場所で釣るようになりました。誰かが川に豚の生姜焼き弁当を流して食べたのだろうと思います。子どものころに、シイタケとヤングコーンを食べたニジマスを釣って以来の衝撃でした。
その後は、30センチのシマヘビを食べた個体は釣りましたが、弁当の具は無いです。
桂川流域では、レジ袋に入ったごみを住人が投げ込んだり、刈った草を捨てたりといった光景を何度か目にしました。水力発電の水車が、草が詰まって停止、ということも起きています。この流域に限ったことではないかもしれませんが、川は綺麗に保ってほしいですよね(苦笑)。

2015年は山梨県西部を中心に釣り、ヤマメとニジマスを。
こちらは、ヤマメは稚魚放流、ニジマスは釣り堀から洪水で流されたもの。こちらのニジマスは繁殖能力の無い「3倍体」のようでした。

現在では、各流域の在来種の遺伝子を守るために、繁殖能力のないものを放流することが多くなってきたとも聞きます。解禁前(?)に、養魚場で採卵用(?)に育てていたモンスターサイズの親ニジマスを放流(?)している都留漁協は珍しい存在なのかもしれません。(←あくまでも個人的な知見です)

今年は忙しく、まだあまり釣れていませんが、源流のゴルジュの中で尺物のイワナを釣りたいですね。
Posted at 2016/07/31 23:46:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り | 日記
2015年10月11日 イイね!

3年放置しましたが…

3年放置しましたが…こんにちは。
お久しぶりです。
放置して早くも3年経ってしまいました。

書く時間も読む時間もなくなったのは、仕事が忙しくなった、体力が落ちた、…色々な理由があるかも知れません。
最近では、金曜の夜出発→日曜の深夜(月曜未明?)帰宅というような、激しい遊び方はしなくなりました。アウトドアも、少しはゆったりペースになりました。

これからは、無理せず、少しずつ、近況やら思いついたことやらをアップしていこうと思います。


さて、その第1弾は、この3年間でハマったアーティストの紹介をしたいと思います。
そのアーティストさんは

「SEKAI NO OWARI」

です。

ハマった理由は、
①ラジオで「スターライトパレード」が流れていて、メロディーに衝撃を受けた。ロックでもポップスでもないような、不思議なメロディー。
②世界にあふれる偽善にズバッと切り込む歌詞。(「世界平和」や「天使と悪魔」などの曲)
③名前とは真逆に、全然世をはかなんでいない姿勢。「結局、こんな世界が大好きなんじゃないか!」ってツッコミを入れたくなります。
④いじめを受け、心を病んだボーカル・深瀬さんが書く、社会から取り残された感を感じている人への優しい言葉。
…といったところです。
斜に構えた人たちですが、そういうの、私は結構好きです。

※ボーカルの深瀬さんは、声自体はそんなに上手くないですが、こんな曲を作るバンドは唯一無二ですし、か細い声が逆に切ない歌詞に合ってるので、全然OKだと私は思っています。


ラジオで耳にした2013年秋、ちょうど富士急ハイランド(?)での初の野外ワンマンライブ「炎と森のカーニバル」の追加公演が決まったと聞き、早速ローチケで予約し、運良く友だちと男二人で行くことができました。
一段と有名になった今は、チケット取れるのかな?今後富士急(?)公演はしてくれるのかな?というのが少し心配です。


そして、最近知ったのが、何故かピエロのマスクをした「DJ LOVE」さんが自転車にはまっているということ。
「それは気になる!」とDJ LOVEさんのツイッタ―を見たところ、2015年8月9日のツイートに気になる景色が!
新曲「SOS」のミュージックビデオの撮影で、長野・群馬県境の毛無峠・破風岳に来てるじゃないですか!(写真はグーグルマップのストリートビューより)
ここは2回マウンテンバイクで下ったことのある美しい笹野原が広がる山。MVの撮影場所がこんな場所だったなんて!

賛否両論、色々話題のバンドですが、これからも目が離せません。


さて、9月いっぱいで渓流釣りも禁漁になったので、雪が降るまで、しばらくMTBの季節です。
Posted at 2015/10/11 14:28:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ
2012年08月10日 イイね!

残暑お見舞申し上げます。

残暑お見舞申し上げます。こんばんは。

昨日・今日と、良い天気ですね。爽快です!

そして、明日からお盆休み!と思ったら傘マークですね。いい方に外れてほしいものです。

暑かったり涼しかったり、体力を消耗するのか、現在の私は若干、左の写真のような状態です。皆様も体調に気をつけて夏を満喫してください。

天気が悪い時は、晴れ間を見つけて、富士アバターセンター駐車場で青緑色の生物と一緒に、短時間集中してMTBのウィリーの練習でもしましょうかね。

海も行きたいなぁ、と思う今日この頃です。
Posted at 2012/08/10 22:07:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォト | 日記

プロフィール

「納車されました。 http://cvw.jp/b/217426/40560343/
何シテル?   10/11 00:44
長野県生まれ長野県育ち。野生育ちですが少しずつお街にも慣れてきました。 今はプロボックスワゴンに乗っています。マニュアル・4WDのコンパクトクラスで、寝ら...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

スキー好き(特にバックカントリー好きやゲレンデが狭く感じられる方)、マウンテンバイク好き、アウトドア好きな方は、同じツボで笑えるかもしれません。よろしくお願いします。
45 人のお友達がいます
finding0111finding0111 * 桃奈々桃奈々 *
湯* dai@BRZdai@BRZ
TREK@ワークス・カプチ♪TREK@ワークス・カプチ♪ cooldrivemaker205cooldrivemaker205

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
バックカントリースキー用品を紹介していきます。 自作したものも結構出てくるかも? こ ...
トヨタ プロボックスワゴン トヨタ プロボックスワゴン
ワークスの復活を諦め、新しいカーライフのパートナーとして購入。 車種決定の一番の要因は ...
その他 その他 その他 その他
大学時代に先輩から売ってもらったMTBがいい加減ダメになり、MTBが無い期間が約1年。 ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
アルトワークス。 C系、シングルカム、MT、四駆です!古いです! 変更点は給排気系。 強 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.