• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

暇人ぶぅのブログ一覧

2017年06月28日 イイね!

二回目ジベ処理終了・猫逃げる・梅雨も逃げる

 ・朝、猫が狂ったように鳴き叫ぶので目が覚めた。真夜中に足に噛みつかれたりするので風呂場に閉じ込めて置いたのだが、寝室まで聞こえるほどで迷惑。せっけんか何かでも食べたのではないかと心配してあけたら、普通にしてた。飯をあげて二度寝したら、窓あけてたの忘れてて逃げられた。
  その後、朝は乗用モアでA園、E園、I園の草刈り、高さ調整だが、3でほぼ地際、4だと割と早く切れるが再生早い程度なのを確認、2以下はまあ使わないだろうな。
  午後はジベ処理をE巨峰園とH巨峰園で行った。H園は水がまったく無いため、枝が哀れな事になっていて、1m程度の枝に沢山ぶら下がっている。主枝園長枝も節間がすごい短くて生長してない。またシャイン園でまた苗が突然死していた。害虫を警戒したのだが、抜いてバラバラに切り刻んでみても虫は発見出来ず、むしろ根っこが全く無く抜けたので、ネキリムシあたりが地中にいるのか、モンパなどが出ているか(実際節が白くなっていた)。予備苗を別の場所に移植するしかないが、下等苗は割引分以上に成績が悪くしょげる。生存率ですでに上等苗より悪く、さらにこの先も悪いかも知れない。今回のも折ってみたら台木との接ぎ木部分とおぼしき部分からポッキリ折れた(それが不調の原因かは不明)。おそらく不良品はかなりの割合でこの手の癒合不良があり、それは生長しても埋まらず内部空洞の原因になるのではないかと思う。つまり下等苗を育てても上等苗にはならないのではないか?という事である。そんな不良品売るなよと私は言いたいが、痛い勉強料になったと思おう。こんなの売る種苗店は良心がない。
  水田は上の田の漏水で下の田は満水というのが続いている。オタマジャクシは割と生き残ったようで、元気よく泳ぎ回っている。変体過程が面白くて、まず足が生えてだんだん流線型になり、いつのまにかカエルになっている。あとは明日の体験学習に備えて買いだし。ブルーシートやお菓子やステープルなどなど。

 ・明日の予定、中学生が来るので笠掛を3時ぐらいまでやってもらう。実はまだオンリーワンうってないんだけど、しょうがないね。生長が遅く雨が降らないんだから。本当はH園の潅水や除草剤散布、移植をやりたいが、帰って来られない恐れが高いので、朝はA園の房作りとC園の潅水かな。夕方からはA園の房作りの残り。A園の大粒種ももう少し潅水して伸ばしてもいいかも。脚立やシートを持っていくのを忘れない。

 ・明日以降だが、天気予報が30分で変わってたりするので、潅水をやらないとまずいと思うし、7月に入ってから晴れの予報なので、梅雨が上がりかねない。一番まずいのはH園だが、元からさほど儲かる品種や量ではない。むしろZ園とかの方が重要で、今の所地下水脈かなんかで平気だけどすぐに潅水したい。除草剤も加工園やD園で使いたいし、E園もビーバーで際を刈りたい。また今年もヤエムグラが大量に伸びてきているので、農機具を一時的にでも大きく移動させて草を退治したい。
  ところで大粒種の潅水基準だが、高橋らの研究で1期、2期ともpF1.8~2.2,ベレーゾンすぎて水回りした頃にやっと2.2~2.4という数字になると言う情報が得られた。2期はおおよそ開花40日ぐらいなので、7月の半ばぐらいまでジャブジャブでいいという事になる。実際ジベの時に湛水するって人もいる訳だが、それは事実な訳だ(1.8は自由水がヒタヒタになるぐらいの飽和状態なので、どんだけやってもそれ以上にはならない)。
Posted at 2017/06/28 20:57:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月27日 イイね!

大粒種ジベ処理二回目

 ・朝、C園のパープルのジベ処理、昼はZ園パープルのジベ処理、午後はA園のピオーネとパープルのジベ処理やってE園の巨峰のジベ処理と少量のI園のシャイン処理。巨峰まで一日で終わる感じだったのだけれど、お手伝いさんの房作りがあまりに遅くて手伝っていたので終わらなかった。まあ夕方休まず続けてれば出来たかも知れないが、人間が持たない。房作りが遅いのは手の使い方や見分け方、割り切り方の問題だが、大粒種増やす上でこれを早くする方法を上手く伝えられないと困るな。握力の違いとかの要素もあるし。ラクラクカップはまた目詰まりで圧が落ちていたので整備したのだが、かなり変わった。スポンジのような立体構造の方が濾過効率や損失がないと思っていたのだが、綿の方が成績がいい。スポンジは立体構造の隙間を通ってしまうし、締めると潰れすぎる。ジベ一回目からはちょうど10日だが、巨峰は大体が大豆を超えて空豆サイズになってラクラクカップに辛うじて入る感じ。ピオーネはそれよりぜんぜん小さく、パープルはもっと小さい。水の有無もあるだろうし樹齢もあるだろうが、パープルは全体的に粒が小さい気がする。密着させないのもあるが、支梗も短い傾向があるし、あまり小さくすると重量が無さそう。ピオーネはフルメットのあまりでも使って少しサイズの限界に挑戦してみたい。

 ・苗の価格問題、問い合わせたら500円ほど安くなったが、価格が違っていた事になんの謝罪もなし。金額もみんなコレですから、みたいな嫌な感じ。トップが駄目になってすぐにこんな感じだもんな、コネ入社の吹きだまりが営農なんだよなぁ。金融とくっつきだしてから差が激しい。金融は見通しが良くなってなんか気持ち悪いんだが・・・あんな人いたっけ?って感じ(実際統合があったので知らない人もいる訳だが、将来的に人は減らさないと統合の意味ないからな)。他の打ち合わせもやったので昼飯は休むヒマがなかったが、まあ無事終わりそうで良かった。

 ・梅雨らしい天気になったと思ったが、また雨が降らない。まだ湿度はあるが、ジベ二回目でもっと水を効かせたいので物足りない。水田は虫干ししたらオタマジャクシが干潟のタイドプールみたいに足跡の水溜まりにウジャウジャと集まっていた。変態直後の尻尾が生えたカエルも久々に見た。トノサマガエルは変態に時間んがかかるのでこういう虫干しには弱いのだそうだ。蛇はあれから直接は見てない。ともかく、予報がまた完全に良純の下駄状態なのでお手伝いさんにも休んでもらったが、明日も曇りそうな予感。

 ・明日の予定、乗用モアでE巨峰園とAデラ園の草刈り、巨峰ジベ処理残り、Aのピオーネとパープルの房作り、加工関係のネット張りとか除草剤散布、笠紙準備、パダンSGもそろそろ散布しておきたい。スチューベン?しらねえ!
Posted at 2017/06/27 21:57:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月26日 イイね!

棚回りと懇親会

 ・今日は天気が晴れて棚回り出来そう。朝は風呂に入って洗濯、温度高いと汚れがよく出てくる。猫がそろそろストレス溜まっているらしくてうるさい。朝はC園のパープルの房作りで終了。午前中はお手伝いさんとZ園パープルの房作り、午後は棚回りをしてから懇親会をやってきた。夕方はほんの少しZ園のパープルに戻ったが、アルコール入れてるので上がった。

 ・棚回りはあっさり終わるかと思ったら圃場ごとに15分近く見回りを行って指導が入ったので、レストランについたのが3時15分すぎ、そこから5時15分ぐらいまで2時間ほどの坐学と懇親会になった。懇親会では持ち込みのワインのピノグリ2012が好評で、ナイアガラジュースも一本入れて、補助も使って自腹もありつつ満腹になって良かった。ただナイアのジュースはビンテージ違いかちょっと味に不満の声も出た。確かに昔の方がドロドロするほど濃かった気がする。また甘口が好きという人がいてナイアでカクテル作ってた。あと女の人はスイートはほんと別腹だな。ちなみに、今年も混入が分かっていたので、ジベが効いていて良好とか言う房から混入を抜き出して見せたがスルーされた。というかもう指導でも分からんのだろう。「ま、こういう事だから全部切る」って言っておいたが、混入の事なんか例外ぐらいに思って忘れて色々言うんだろうな。そう、今年も絶対混入が発生しているので、摘粒は明確にそれが分かってから行う事にした。今すぐ切りたいぐらいだ。

 ・ピノグリ2012は一晩あけて空気に触れさせておいたら割と酸が抜けていいバランスになっていた。香りもシャルドネのような華やかさではないが、しっとりと美しい香りがする。レストランだと「飲みかけ」と勘違いされたけど、断じてそうではない(笑)。パニーニも初めて食べたがクリームと生ハムが豪華に挟まれていて良かった。まあ値段はするが2個だから妥当か。隣りの席だと別のワイナリーのボトルを持って何か商談しているっぽい人がいたのだが、知り合いがいて素性が判明した。そして、やっぱりなーという評価も聞いたが、繰り返しになるので書かない。

 ・明日は笠掛けの準備で笠上やホチキス針買う、草をモアで刈る。明後日以降は天気が悪いので草刈だけはやっときたい。巨峰とパープルのジベの二回目の処理を行いつつ、お手伝いさんにパープルの摘粒をやってもらいたい。明後日はタクチケ処理だが付け替えで明日にしたい。またソフトに勝手に名前入っていた件について事務局に聞く。

 ・シャインの苗の伸びがほんと悪くて、二度と下等苗なぞ買うかと思って、そういや農協でも組合員に買い取り拒否された下等苗を処分してたの買ったんだよなと思って値段を調べて見た。あの時は下等苗だから大幅値引きだけど、指導と相談して値引き額を決めるので後から伝える、という事だったけど、通帳見たらしっかり上等苗の金額で引かれていて憤死、今後処分品でも農協ではかわない、というか指導はもう信用しねえと心に固く誓った。そうやって農協は信用を無くせばいいよ。
Posted at 2017/06/26 19:45:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月26日 イイね!

昨日の日記(摘粒とネット張り)

 ・朝、消毒、雨が上がっていてそのまま曇りになった。オンリーワンとレーバス、もう何度つかった事だろう。デラ摘粒してみたが、もう水が回り出していて結構辛いし、種の痕跡がある。これがそのまま種になるかも知れない。パープル苗は順調に生育していて、すでに予定の半分は埋まった。期待以上だ。

 ・昼間はパープルの摘粒や誘引など。水田はまた水が抜けてるが、周囲も虫干しはじめたし、間断潅水に切り替えてもいいのかも。低水温の対策したいし。

 ・夕方からは加工園にネット張り、シカが一度かじったらしいので周囲全部貼りたいが、時間が足りなくてとりあえずの面だけ。つまり侵入自体はまだ容易だが、ネットのような構造物があると一時的でも警戒するのですぐに残りも貼りたい。

 ・ワインの試飲販売がはじまったので出かけたが、最初だったのでピノグリ2015をその場で開けてその場で飲み始めるという事に。ええそりゃもう酸味がすごいのなんのって・・・やっぱり2013がすごかったのは試飲でビン開封して時間がたっていた事も大きいんだなと感じた。さらに付け合わせがピクルス、酸味プラス酸味でちょっとこれきっつい。せめてチーズとかソーセージとかまろやかな味のを合わせないと駄目だろこれ。レストランと醸造での相談もどっか他人行儀だし、事務所が積極的にそこに指示を出してないし、知れば知るほどあそこもう駄目になるんじゃないか?って気がしてくる。実際、創立してしばらくして大きく評判落とす所は珍しく無いし。部門毎はベテランだけど、統括が天下りで力量がないとバラバラ。

 ・そんなこんなで疲れたので風呂にも入らず就寝、今日に備えた。
Posted at 2017/06/26 06:43:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月24日 イイね!

フェイスブックはネットではない・

 ・最近暑かったのと、空調で風当てすぎた関係か体調がイマイチなのでダラダラと仕事。H巨峰園やIシャイン園の誘引を午前中は行った。B園も潅水、今年は粒肥大も良いが、そろそろ混入があれば分かる時期なのが怖い。ま、今更混入しなくなってもデラは切るけどな。午後は暑さのピークが辛くて休み、夕方からZパープル園の誘引、ほぼ終わった。それにしても新型テープナー、ミスは少ないがやりづらい部分も多くて微妙だなぁ。

 ・明日は夜中から雨らしいが、雨よけ園で消毒の予約入れたので行う。ほんと住宅地の園はストレスだわ。雨が続けば仕方ないので雨よけで摘粒かな、人も来るのでまあ行うべきだが。雨が軽ければ誘引を終わらせたい。

 ・ワインサミット関係でもフェイスブックを交流用SNSにしている人が多数いたり、「公式フェイスブックページ」をあたかも公式HPのようにしている例があったが、私はフェイスブックはあれオープンなネットではないと思っている。情報管理問題やバカ問題はまあいいとして、強度の非会員排除システムを採用しているフェイスブックは公式として使うにはあまりに適していない。ツイッターとは違うのだが、情弱はそういう事を考慮してくれない。例えば貴方が電話番号を交換しようとした時、会社内の回線番号を教えたりしないでしょ?そういう失礼な現象だという事を自覚して欲しい。貴方がフェイスブックで繋がれていると思っているのの10倍ぐらい、繋がれていない現象が起きている。ま、フェイスブックをまだ使っている人は同類同士で繋がっているのだろうからいいんかもしれんけど。私はコレと、キャッチホンは人を小馬鹿にした本当に失礼な、情報弱者の対応だと思う。

 ・ショットベリーに関する考察。今年はパープルでショットベリーが多く、巨峰と違い脱落してくれなくて大変手間がかかった。で、ショットベリーの発生が多い原因と対策を検索したり現物で考察してみた。まずショットベリーが何かだが、無核果である。普通のブドウでも一定数は結実しないけれど脱落もしなかった物が他の粒のジベのおこぼれで生き残る。生長はしないが、養分だけは吸い取って先に登熟するし、他の粒に刺さったりする事がある。で、検索するとシャインのケースだが、満開時にジベ処理をするとショットベリーが多い、という記述が見つかった。シャインは落蕾が怖いので満開より後に処理する事は無いので、「後で処理するとショットベリーが増える」と言う事だ。逆に前進処理だと奇形房になりやすいが、ショットベリーは少ないのだろうと言える。もう一つ、ピオーネにおいて、満開後5~7日の処理でショットベリーが少ない、という記述があった。理由として「着粒密度が下がるのでショットベリーが少ない」と書いてある。という事で「処理時期が早くても遅くてもショットベリーが減る?」という推測が出来る。以前はあまり遅くすると混入が怖いので無理であったが、ストレプトマイシンや3倍体品種でその問題は解決されている。
  さて、ジベの満開処理を避けると言っても、時期でズラすというのは今年やっても大変だという事が分かったし、ショットベリーの本質とはなんか違う気がする。まず処理時期はマーキングして区別しても何度も回る事になるし、マーキングが手間だ。実際巨峰ぐらいショットベリーが取れやすければ、その手間で房を触ってショットベリーだけ乱暴に落とした方が早いとすら思う。というか、本来はしいなであるショットベリーは果梗が弱いため巨峰のように脱落するのが本当だと思う。それがジベの効きが良い2倍体や本質的に無核に出来る3倍体で残ってしまう特性のを使っているのが原因ではないか?ちなみにデラもショットベリー状態のは出来るが、全く肥大しないため普通は残らないし、まともな房だとそんなのは発生しない気がする。恐らく開花前の飛び玉で駄目なのは落ちているのだろう。
  改めて見ると、クシをかけて着粒制限をしてあるとショットベリーの着粒はとても少ない。これはジベ処理による差はさほど無いように思う。制限により生育が早まりジベ感度が上がって普通に着粒するのと、樹勢が適度に強く着粒させられる状況があるのだろうと思われる。弱樹勢や着粒数過多だと粒が養分を奪い合ってショットベリー状態のしいなが増えるのではないだろうか?実際長い房は多い印象がある。また、強樹勢すぎて振るう状況のもショットベリーは発生していない。生殖成長に振れている奴で樹勢が足りないという物、若木に出るのではないだろうか?
Posted at 2017/06/24 20:23:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「二回目ジベ処理終了・猫逃げる・梅雨も逃げる http://cvw.jp/b/217764/40007832/
何シテル?   06/28 20:57
 書く日記がほとんど車関係なのでみんからに登録してみました。少しでも他の役に立つ記事が書ければいいと思います。  車歴はAE100カローラ>CL21Vアルト>...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

 申し訳ありませんが、友達リクエストする前にはなんかコメントください、お願いします。
13 人のお友達がいます
らすかる壱号らすかる壱号 LowStyle102LowStyle102
KOAKOA かずやんですかずやんです
銀トラ銀トラ 迷い犬迷い犬

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
 農機具の整備をここにまとめて置く事にしました。写真はクボタのT7というテーラーです。現 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
 農家の必需品、軽トラです。この年式のも減少中ですが、まだまだ現役で頑張ってもらいます。 ...
三菱 その他 三菱 その他
 ぎゃあ、誤作動でカートと耕耘機が混じった・・・って事で耕耘機の方です。三菱のCT532 ...
ホンダ VT250F ホンダ VT250F
 一桁万円でやってきたVT250F2Hです。VT系最強の43馬力のエンジンとMC15系最 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.