• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

暇人ぶぅのブログ一覧

2011年10月31日 イイね!

ラチェットレンチ買った

 ・SK11という藤原のラチェットレンチシリーズの、一番スタンダードな1/2インチ差し込み角の。プラ製のと迷った。ぶっちゃけプラ製の方が機能に関しては良いと思う。思いっきり力を加える時はブレーカーバー使うし。ギア送り角度が5度(72枚歯)なので、かなり細かく軽く動くのが良い。でも耐久性はちょっと不安かも。現時点では良さそうだけど。ヘッドは小判型でトルクスネジなので分解出来る構造だし、個体差も感じたから、整備は必要なのかも。

・農機具のオイルの手配で苦労している。大体は分かったのだが、非常に面倒な事態になった。TUO(トラクターユニバーサルオイル)でメーカー純正以外だとコスモノーキ80W(コスモ)・ドナックスTD(シェル)とか。ネットで検索するとオークションだとどっちも8000円前半ぐらいで売られている。しかし、送料と支払いを加えると1万円ぐらいになってしまう。ガススタで買っても似たような値段になってしまう。まあ500円ぐらい安いか・・・微妙だ。
 よく思うのだが、物のデフレは進んだ。それは良い面もあるし悪い面もあるが、通貨価値が下がっているのだから、まあ全体がおなじ経済水準にあればとやかく言うことでもない。しかし許せないのは輸送と金融の手数料はまったく安くなってないことだ。輸送に関しては安くなる要素はあんまり無いので、暴利をむさぼっているという気はないが、金融手数料は一時期の悪逆の限りを尽くしたような値段こそ見られなくなったけど、やっぱり高いと思う。あれか?金融がネットで安く物が取引されるのを阻害してんのか?それに利ざやが大きいよねぇ、小売は。ネットの値段からすると仕入れ値段は多分6000円後半だろうと思うけど、それに4000円乗せるか、フツー。

 ・センチピードグラスのセルトレイ苗の作り方について調査。いろんな資料によると128穴トレーで1gとか、1プラグに3~5粒、1gで1200粒ぐらいと言う。1200/128≒10な気もするが、資料ごとにベースデーターも違うからなぁ。発芽温度は最低15度で、播種から発芽まで20日ほどかかるそうな。直播の場合はだから直後に播種すると枯れた頃に発芽してくると言えるが、苗移植の場合は雑草についた除草剤の影響が出るだろうから、枯れたのを取り除いて植えるよう推奨されている。それもまた他の雑草も発芽してくる競争になりそうな気もするが、除草剤を効かすには葉っぱを取ってしまう訳にもいかず難しい所だ。
 また除草剤は噴霧器というかノズル散布が良いそうだ。如雨露でもまけるが、均一に掛からず濃い目になるので、必要量が噴霧器の2.5倍、キリナシノズルなんかの3倍になるそうな。噴霧器はいくつかあるが、除草剤を使うのは専用にしたい所。恒常的に使う訳ではないのだけれど・・・
  計算だとセンチピードは25g(1パック)で25枚から50枚作れる。2500株から5000株になり、㎡20株前後の密植でも120㎡から200㎡(2畝)植えられる計算になる。これは500gを直蒔きしたのと同じぐらいの面積だ。これだけあれば畦だけでなくブドウ園の棚柱の下や傾斜地にも使えそうだ。でも、タマネギでさえ50本植えるのはかなり手間なので、センチピードを作りすぎると植える時期を逃して大変な事になりそうだな。

 ・ミニキャブは結局オーディオのバックライトは修理出来なかったので組み直して戻した。久々にAMラジオが復活しただけで、ドライブの暇つぶしは出来るように。あとは寒くなって始動時のエンジンの調子が良くなったような感じがする。オートチョークが効き出して燃調が濃い目になったのだろうけど、燃費は悪くなるんだろうなぁ。全体的にはもちろん吸気温度もかなり下がってきたので、ほんと良く回る。やっぱりMJは相当濃くなっているんだろうと思う。
  エンジンは時々良く回してやるとアタリが出て軽く回るようになるのだけれど、ミニキャブでもそうなる。ECUとか無い車種なので学習ではなく、やっぱりエンジンには良いアタリというのがあるんだろうと感じる。今の車はカマがでかいので気にならないだろうけど。その前提条件として、高負荷をじんわりとかけてやれるセッティングになっているかという要素があり、ミニキャブは高速負荷は掛けづらい。
  そうそう、ネットで見るとミニキャブのエンジンは弱いという意見が識者から出されている事がある。でも3G83が他の車で特に弱いという話は聞かない。EN07とかの方が弱いだろ。確かにミニキャブには電装系の不具合があるが、そういう人達が電装系を混同するとも思えず、ミニキャブで3G83にトラブルが出る問題があるようだ。
  で、3G83でまず感じるのは回転型である事、キャブである事から、すんごい引っ張ってオーバーレブしている可能性が一つ。実際地元でもミニキャブ乗ってた人でぶっ壊した人がいるのだが、一緒に走ってみると速い。速いのだけれど、ミニキャブとして許された速さじゃなくて、引っ張りすぎて白煙が出ていた。F6Aみたいに頭を明確に打たない。また電装系の不具合も併発していたから、電化不良で高回転回してデトネとかあるのかも知れない。
 また冷却系も多分弱い。うちのDB51は水冷オイルクーラーついているし、走った後でもモワモワと熱気が上がってくる事はなかったのだが(走っている時は逆に熱かったけど)、U42Tは時々驚くほどエンジン周辺から熱気が出ている時がある。ちょっと冷却に余裕がないんじゃないかと思ったり。キャブセットが濃いのは、冷却系との兼ね合いもあるのかもなぁ。

 ・冬場に向けてベランダとガレージ用のビニールシートも買ってきた。毎度破れて破棄するので毎年買っているのだ。昨年はPO系でやけに青が濃く硬い奴を部分的に使ったら頑丈だったので、それを買ってきた。サイズはやや大きかったけど、値段はびっくりするほど安かったし。支柱も何本か増設しなければならないので買ってきたが、1820mmばっかりなのが困る。
  
Posted at 2011/10/31 21:34:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月28日 イイね!

我思う、ゆれに日記あり

 ・新聞で日記を書くという事がブログ形式になって最初は大変だったという話が載っていた。毎日の話題に事欠くのだが、色々書いていくうちに話題探しが上手くなったという話だ。また別の記事で、「思う」「感じる」「考える」などの言葉を使わないように気をつけて書いているってな話もあった。基本的に新聞メディアは老人向けなので、きっと老人はそういう苦労やスタンスなんだろうと思いつつ、それでも気にしてします中年です。

 ・話題に関しては確かに最初の最初は迷いがあったかも知れない。でも、日記というのはプライベートな物であり、基本的には何を書いてもいいんだし、そう世間に問うような事を考えなくてもいいんじゃないだろうか。そりゃ炎上するような話題は避けるべきだが、基本的にネットの日記ってのはほぼチラ裏で誰も気にしちゃいない。公開しているからと言って読んでいるのはごくわずかだ。
  
 ・だから、そのプライベート日記に「思う」「感じる」「考える」を入れないという、大時代的なポリシーを持ち込む事もまたエッセイ集でも出すつもりで書いている人の意見だろう。それらは読まれる事を前提にしたマナーだろうから。でも、一方で、そういう私的感覚をすべての文章に付与していく事が、いかに無自覚に行われていたのかという問題提起にはなった、少なくとも私には。思わずには文章が書けないと言っていい。

 ・多分、この言葉は公的に読まれる文章の場合には、あまりにも普遍的すぎる事実なので、それをいちいち述べていく事は文章のテンポを緩慢にさせ、私性を強調しすぎるように感じらさせるのであろう。他者に何らかの説得性を持って自説を授けたい時に、軟弱な書き方だと思われるかも知れない。何より、言い換えが少なく、小学生の作文的な型にはまりきってしまう事に嫌悪感を抱かせる。もっと高尚な言い方を大人なら考えるべきだという大人の態度が背景に見え隠れする。

 ・そうは言っても、日記というのは「思う」「感じる」「考える」代物である。一部の言葉を排除してその本質が変わる訳ではないし、そもそも今日の日記が果たしている役割というのは、多くの場合代償行為としての記述ではないだろうか。誰もこんな駄文が後世に文化研究として役立って欲しいと思って書いているのではないのである。一日生活していた確認として、「思った事」「感じた事」「考えた事」を書いて、存在理由みたいな物としているのだ・・・と私は思う。
Posted at 2011/10/28 01:15:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月27日 イイね!

工具箱考

 ・廃棄する予定のスチール机をもらってきたし、工具を整理しておけるような工夫をしているのだが、なかなか難しい。前も書いたと思うけれど、工具は持ち出しする必要があるのでキャスター付きの工具箱かツールカートが欲しいのだが、うちの周囲は未舗装なので、生半可なキャスターでは使えない。という事で、とりあえずは作業スペース周辺だけでも工具を整理する事にした。外にも出すハンドツールと、電動工具類や各種素材などを分ける訳だ。

 ・机はそれ自体に引き出しがついているので、そこにちょっと工具が入る。さらに、よく見る壁面工具収納に挑戦するために、OSB合板を買ってきた。これに工具をかけるように収納するのだ。まあ、あんまり必要性はないのだけれど、一部の部品はそうやって収納した方が良さそうだし、探す手間が省ける。ネットの情報ではあるが、3流メカは整備の大半を工具探しに費やしているのが統計上分かっているそうなので、汚名返上したい。

 ・あとはツールカートだが、キャスター付き工具箱と微妙で迷う。どっちも同じような物で、同じ値段なら工具箱の方が潰しが効くかと思ったりする。これも、実際の所使う工具は手持ち工具箱に入りきる物で、カートにゴイゴイ押し込むのは賢くはないらしいけど。

 ・1/2のラチェットハンドルは以前ぶん殴ったらヘッドがバラバラになってしまった。別に無くても困らなかったが、1/2インチソケットはスピナーハンドル用というのもアレなので、ハンドル探し。昔は1000円ぐらいでゴロゴロと裸で売ってた物だが、そういうのは見つからなかった。ただ1300円ぐらいでSK11という小判ヘッドのハンドルが売られていた。ギアはなめらかだったし、あれ、いいなぁ。首振りヘッドもあったし、エンプラの軽いのもあったし、選べるので迷う。



 ・あと、畑仕事用に軽い防寒服としてMA1タイプのジャンパーを買った。私は昨年はカストロコートを使っていて、そっちはそこそこ寒い時まで対応、真冬はダウンジャケットにしていた。カストロコートも丈夫でいいのだが、ちょっと重く、丈が長いので腰ベルトにかける工具入れは使えない。ま、MA1タイプも一度は使ってみたかったというのが本音か。
  MA1タイプという事で、触った感じはレプリカMA1のようなゴツゴツした感じはない。一言で言えば安っぽい化繊(ポリエステル)だ。ただフライトジャケット系の美点である防風性能の良さと収納の多さはある。素材には防風性能なんか無いのだが、袖口や背中回り、首もとやチャックの裏側など、空気が流れ出る場所はすべてシールされているので、重さの割に暖かいしゴミも入らない。収納は両ポケットがかなり大きい他、肩と内ポケットがある。ポケットが横向きなのがポイント高い。カストロコートのポケットは下向きで低い位置にあるので、ちょっと長い物を入れると中でつっかえてしまう事があったが、これはそれが無さそう。
  ぶっちゃけMA1タイプは土方が着るような服なのだけれど(農家も似たような需要の服を着ているが、MA1タイプ着ている人はあまり見ない。年寄りが多いから大半がカストロコート)、ベースとしてフライトジャケットを使ったのは卓見だった。これほど良く考えられた製品はなかなか無いだろう。じゃあ真冬になったらB3着て農作業するかと言われたらしないけど。
Posted at 2011/10/27 00:30:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月25日 イイね!

脅威のデジタルワールド

 ・使っているデジカメのバッテリーの持ちがイマイチになったのでデジカメ関係を調べたのだが、知らないうちにすごい事になってんな!正直コンパクトデジカメというのは十把一絡げで同じようなのを作っていると思ったら、非常に進化していてさらに安くなっていて驚いた。

 ・例えばHD動画なんかH.264記録のが結構あるし、画角も28㎜から始まるのが増えた。もっと広角な物すらある。さらにマクロ系も顕微鏡並なのが出てきているし、一方で値段も6000円台からそこらへんの機能を積んでいるのが出ている。サイズは最低が人間的に決まってくるので極端に小さくはなっていないが、液晶はかなり大きくなっている。

 ・結構惹かれる機能としては防水タフ系モデル。10m程度の防水と1m以上の耐衝撃、100kgぐらいの耐荷重がある。私はデジカメをそうやってぶっ壊した事はないのだけれど、それが怖くて持ち歩けない事がよくある訳で、中古で使い捨て出来るモデルを探したりしていたのだが、書いたように中古はもはや買う意味を見いだせないほど新品が安くて高性能なので、タフであるに越した事はない。

 ・もう一つ気になるのはGPS機能。これ、出た当初はやっぱりキワモノ扱いだったのだけれど、GPSロガーとしても使えるそうで、一台あると便利なような気がする。まあ、GPSロガー単品で買ってもいいんだろうけどね。GPSロガーはスーパーアップルあたりと組み合わせると簡易ナビにあるみたいだ。スーパーアップルにはルート検索以上の機能がないので、簡易ナビにすぎないけれど、「ノートブック」「GPSレシーバー」「地図ソフト」でナビを作れるなら、滅多に使わない事だし安いかも知れない。つうか、安いナビはWinCE積んでるんだから、PCみたいな機能を積んでてくれればいいのに。
Posted at 2011/10/25 23:34:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月21日 イイね!

オイルサクションガン買った

 ・車の下回りの注油に、これまでは空気圧で送る自作オイル圧送装置とか使っていた訳だが、出先でエア環境がない事もあるし、準備が面倒なので、オイルサクションガンをアストロプロダクツで買った。高粘度の物はシリンジを推奨すると書いてあるが、こっちは1650円、あっちは4600円ぐらいと大きく違う。ほとんど同じような物だけどねぇ。聞いたらサクションガンでも普通の粘度のミッションオイルとかは大丈夫でLSD専用の高粘度のじゃなければ大丈夫との事。

 ・ただ、お店でストロークしていた時から、妙に渋いのが気になっていた。何も入ってないのに、なんでこんな渋いんだろうと。で、早速分解して納得。外の筒には滑り止めにローレットが刻んであるのだが、内側にそのパタンがハッキリ出ていて、そこがきつくて抵抗になっているのだった。こんな明かすぎる失敗を売ってていいのかなぁ?それとも失敗作だからアストロで安く売れるのかなぁ?でも試作すりゃ分かるよなぁ?

 ・あえて意味を探すとすると、そのでこぼこの部分はシール性が特に強いので、サクションガン内部で逆流しそうになっても、そこで止まる、とか?でも、それだったら全体を適切なクリアランスで作ればいいだけの話だよなぁ?あるいはシールの潤滑関係も考えたが、こいつはシールと呼べるような複雑な構造はしてないし、最初はグリスすら入ってなかったし・・・よーわからん。

 ・ガンロッカーの鍵を修理すべくロッカー錠というのを買ってきた。アルファ製で1500円、高いなぁー。鍵業界も寡占による値段の独占が起きてるよね、絶対。中国製が500円で入ってきたらアルファなんか使わないだろうし。で、前の錠とは大まかなサイズは同じだが、キーが出る場所など違うので調整が必要。前のキーは扉にスポット溶接で止めてあるので、その土台を生かしておいて、内臓を取り除き、そこに新しいのを取り付ける。そしてレバーに連動リンクを取り付けてかんぬきが掛かるようにする。書くと簡単だし、実作業もそれほど大変ではなかろうが、きっと読めてない問題は発生するはず。

 ・シートはセコハン店に行ったらZ33の純正が転がっていた。試しに座ったら非常に良く出来ていて、純正も良くなってるんだナーと思ったらパワーシートだった。これじゃ電源コネクターから作らなければいけないので駄目だ。それにしても一時期あれだけ見たフルバケの中古がすっかり無くなってしまったのはどうした事だろうか?
Posted at 2011/10/21 21:39:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「剪定1/3・お客様メーカーが日本を駄目に http://cvw.jp/b/217764/40843640/
何シテル?   12/12 22:25
 書く日記がほとんど車関係なのでみんからに登録してみました。少しでも他の役に立つ記事が書ければいいと思います。  車歴はAE100カローラ>CL21Vアルト>...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

 申し訳ありませんが、友達リクエストする前にはなんかコメントください、お願いします。
12 人のお友達がいます
銀トラ銀トラ KOAKOA
らすかる壱号らすかる壱号 迷い犬迷い犬
かずやんですかずやんです としき@worksとしき@works

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
 農機具の整備をここにまとめて置く事にしました。写真はクボタのT7というテーラーです。現 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
 農家の必需品、軽トラです。この年式のも減少中ですが、まだまだ現役で頑張ってもらいます。 ...
三菱 その他 三菱 その他
 ぎゃあ、誤作動でカートと耕耘機が混じった・・・って事で耕耘機の方です。三菱のCT532 ...
ホンダ VT250F ホンダ VT250F
 一桁万円でやってきたVT250F2Hです。VT系最強の43馬力のエンジンとMC15系最 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる