• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

暇人ぶぅのブログ一覧

2013年06月30日 イイね!

アニソンどうなってんだ?

 ・ゆゆ式OPの「せーの!」のオフオケ版を聞いてみたのだが、思っていた事ではあるんだけど、すげえ音いじってんるなー。あとテンポが聞いてみると食い気味でびっくりした。オケではリズムが打ってるので違和感全く無かったのだけれど、それが無いと一瞬間違えているのではないかと思ってしまう。でも、おそらくこれも計算のうちで、あのアップテンポな感じや発声の遅れの演出のためにやってるんだろうね。これらが全部歌手の技量でやってるとしたらいいのだが、現実問題声優さんが声優の技能だけでなく歌手の技能をここまで高められるのだろうか?という疑問も出てくる。いや、ハルヒのDVDの特典映像で彼らが歌でも相当高いレベルを要求されているのは分かる。ただ、あれはかなり部分録りしての加工ベースって感じはするので、やっぱりいじってはいるのだろう。それが今の音楽業界の一般事情という話しも聞くので、加工してアレな今のアイドルソングとかどうなんだろうねぇ。正直、こういう加工を前提とするなら、アニソンの方がレベル高いよねぇ。
  あと、ハモりは、もう音程調整入れなきゃ無理だろうな、ほとんど音声合成ソフト状態だ。それが気持ちいいので否定する気は全く無いけど。声は津田さんの声がたまらんね、なんだあの独特の刺さり方は。宝塚でもやってたのか?声優としては大久保さんの芸が本編では目立っていたけど、歌だと津田さん気に入った。
  他の歌ってみたでも感じるのだけれど、ボーカロイドの影響もちょっと感じる。ボカロって音程は正確だけれど表現力不足や違和感は残る。調教である程度解消する場合もあるけれど、多いのはアフターイフェクトで加工してしまうケースだ。あれで分かる事は「加工すると元歌がわからん」って事だよな。ボカロに慣れると、素の歌で聞けるのが錦織健さんとかサブちゃんとか美空ひばりだけになっちまう。

 ・他のアニメだとレールガンSは面白い切り取り口だとは思う。そもそもインデックスのスピンオフがレールガンで、Sは1期のさらに前という位置づけで、主人公の葛藤がより細かく分かる。というか、1だけ見ていると分からない点の補足要素もある。ただ、1と同じ場面が記憶と食い違うので、それでいいのか?って気がしないでもないし、正直地味になったなー、と思う。これが普通にSからやって無印に行くならパワーアップ感になるのだが、1見てS見ると、先を急ぐことばかりが良くはないにせよ、ドキドキ感などが薄れて感じられる。あるいは、原作もこういう順序で展開していて、仕方なかったりするのだろうか?

 ・仕事は朝は巨峰の房作り、全然進まない。一日でもMAX2列ちょっとだろうな。1時間やってまだ列の半分ぐらいだとうんざりする。明後日は中学校の体験学習でデラの笠かけがあるので、乗用草刈機とビーバーで草刈、他の畑もちょっとやったので、一日それで終わった。山羊が置いてある畑では、隣の土建屋が棚のこっちのアンカー際まで掘って測量杭倒していたので、地主に連絡して土建屋に盛り土戻させるように交渉してもらっていたのだが、結局地主は言いくるめられて逃げてきたらしい。そんな事俺に報告してどうする気なんだか。
  こっから愚痴になるんだが、正直ここの一帯の園を再生しようという気が失せつつある。最大の理由は地主の愚昧さとか薄情さだ。荒廃状態で再生する時にはありがたがって見せても、他に再開発の話しが出れば手のひらを返したように追い出そうとするし、それが立ち消えになったら、また当然のように地主面して出てくる。大元は彼らはもう水田の軽い兼業か、完全離農していて農地への愛着なんてこれっぽちもない事と、狭い地域の古くからの家の凝り固まった狭い血縁での固定化された矮小な思考形態だ。つまり、農業やってないのも問題だけど、農家だったオヤジ世代も教育や人格育成なんてろくすっぽしてなかったという事で、今回の問題だって、農地の真横を土建屋に売るとか下らない事して、しかも土建屋が土砂取ってるのを注意出来なかった無関心がある。薄情な方の地主も同じで、まあ詐欺にあったとは言うけれど、ヤクザに土地取られてるから、どうせろくでもない事やったんだろ。同じ血縁で固まって住んでて、牢名主みたいなのに依存してる。結局荒廃度が高い農地は再生一歩手前でまた倒木騒ぎで荒廃したのだが、木を倒した側への交渉をしっかりしなかったので、倒壊した棚や伐採木の粗朶が起きっぱなしで再生はさらに遠くなった。
  ここを再生するメリットは一応「大きい面積が集中した畑が出来る」「周囲に他の栽培者が少ないので、栽培品目などが自由」ってのが大きかったんだが、地元で栽培を続けると、こっちでも条件が良い所でどんどん空いた園や遊休農地が出てくるので、敢えて遠くの急傾斜地を再生する意味が分からなくなってきた。しかも、こっち(地元)は悪い噂の人は事前に把握出来るし、いい人からは連鎖的に声をかけてもらえるので、不良農地を掴まされる恐れが少ない。農業委員などとも面識があるので、急な開発話しとかも無い。ワイナリーに出す時に地区外の問題がなくなるのもある。
  逆にデメリットとしては、大規模化を補助金の前提としているので、そのスケジュールが遅延する事と、市街地が多いので、非農家との軋轢が往々にしてある事。そんな下じゃなきゃいいが。また、地区に住み続けるので、実家と距離を取りづらい点もまあデメリット。そして山羊を飼っておけるような場所は今の借地周辺には無い。一応同級生などのツテで古民家のような農業しやすい家は探しているが、意外と無いんだよなぁ、ほとんど壊しちゃってるし、元はそれほど大百姓が生まれる地域でもないし。
Posted at 2013/06/30 21:14:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月29日 イイね!

ゆゆ式

 ・未チェックで最終回みて後悔、これは見逃したわ-。正直、あっかりーんとか、女学生内輪ネタはあんまり面白いとは思えないというか、奇抜すぎる設定を持ってこないとダメなんだけど、ゆゆ式は・・・やっぱり奇抜か。てかOP曲が良かった。数回聞いて「どこかでこのノリは聞いた気がする」と思って脳内フォルダーを開いたら、「ビビッドレッドオペレーション」だわ。あっちもOPは良かったが、最後に向けてどんどん話しが矮小化してしまった欠点がった。1期でまとめるのは元々無理があるんだろうけど、じゃあ長くやるとプリキュアみたいに(見てません、ほんと)全体のストーリーラインがなくなって一話完結話しになるんだろうな。

 ・食品がよく腐るので困る。嫌な季節だ。今年は猫がよく身の回りにいるので、ついついナデナデしてしまう。

 ・動画コメもらって、「ああ、そう言えば」と思ったのがバイクの通称。ペットネームなんて言ったりして、メーカーが最初から付けているのもあれば、ユーザーの間での隠語のような物もあるし、メーカーが付けていてもユーザーが認めてないってのもある。例えばNINJA,今はカワサキのフルカウルのほとんどに付いているペットネームだが、オリジナルはご存じのようにGPz900Rだ。この形と全く同じで排気量が750のGPz750Rというのもあったが(私は好きです)、こっちにはNINJAの愛称は与えられてなかったので、NINJAではない。一方、GPz400RなんかにはNINJAとカウルに書いてあるのもあったりで、まちまち。スズキだとカタナがビッグネームで、GSX1100SやレプリカのGSX400S,250Sはもちろんだが、原付スクーターにもカタナというのがあったし、GSX750Fも北米ではカタナと名乗っていた。他にもGS650Eだったか、他の4ストも軒並みウルトラマンカラーにしてカタナを名乗らせていた時期もある。実際、GSX1100Sもオリジナルデザインではスクリーンが無くて、見ようによっては他のマシンもカタナっぽかったりもしたけれど、NINJA以上にデザインアイデンティティーが高いマシンなので、そんな売り方は続かなかったけれど。
  通称だとGSX250Eや400Eはザリ(タンクがザリガニっぽいとかなんとか)、Tはゴキ(多分黒いのでゴキブリ?)、サバなんてのもあった。この後、スズキはデザインモチーフに魚類や海生生物を使う事が増えて、RFはエイ、GSX750Fはクジラなんて呼ばれる物も。もっとも、クジラは他のバイクでも言われたりもする。
  VTは3型(FG、F2H)はイルカと呼ばれていた。もちろん形状がそうなのもあるし、限定色のパールエクセランスブルーの影響もあったかも知れない。現物は私は一度も見た事ないけど。ハトサブレよりずっとマシな通称だ。知ってるか?イルカって愛称ある顔してるけど、実は結構凶暴な口持ってるんだぜ?
Posted at 2013/06/29 21:59:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月28日 イイね!

身近な物ほど完成している

 ・ふっと思ったのだけれど、多くの「技能・技術」というのは時代とともに陳腐化して、かつての最先端が急に見向きもされなくなったりもする。人間がそれに対応出来るのが精々30前半までなのに、世間はどんどん今を過去に押しやって、不適合者を産み出していく。では、何か、変わらない物はないのだろうか?と考えて見たのだが、人間の根本的な営みに関する項目ってのは、案外昔から変わってないなーと思った。具体的には料理。確かに電子レンジや減圧調理とか圧力鍋とかは無かっただろうけど、これらは純粋の作業を便利にしてくれるだけで、非対応とかあり得ないし、別に使わなくてもいい。一度完成されたら、その技能はずっと役に立つ。へんな話し、地元には名物料理屋が何件もあって、食べてみるともう時代遅れな味だったりもするけれど、変わらない事が価値になっている。

 ・料理というのは、大きく分けると「包丁担当」と「鍋担当」に分かれるらしい。今は肉は精肉され、ヘタするとスライスして売ってるし、魚さって尾頭付きを買う事は希になった。それでも包丁がない台所はないし、包丁の根本的な使い方というのは砥石があってはじめて成立する。そして研ぎというのは、多くの下らない発明品があるにも関わらず、結局人間が手でやるしかない(まあ、ご家庭に直径1mの回転砥石があるんなら話しは別だが)。多分私が生きている間は、ここらへんは変わらないだろうな。

 ・鍋の方は割と効率化していて、昔は落としぶた程度で延々と煮炊きしてきたが、今は圧力鍋と保温調理器で大抵の調理はすごい楽になった。あとはIH化も大きい。正直、ガスの方がいい場面も多いのだけれど、基本料金が高すぎるので、100Vの小型IH一個とカセットコンロで暮らしているが、まあ無ければ無いなりに食事は出来ているかな。

 ・もう一つ、使ってない人が居たらその便利さを教えたいのが食器洗浄機。確かに大物が入らない、油っぽいのは下洗いが必要、洗うのに20分ぐらい掛かる、温水がないと遅いなどの問題はある。でも、風呂入ってボイラーの残り湯回せば、あっと言う間だし、人間の手がとにかく掛からなくなるし、ひどい油物や大物は食洗機の排水でも綺麗になるので、これは必需品だと思う。確かに取れない物も時々あるけどね。

 ・ミニキャブはSUNOCOの10W40に交換後はエンジンは好調で、多少はオイルも出ているけど、煙になるほどではない。不思議なのはシフトで、すごい軽く、ちょいちょいと入る時と、そうでない時がある。ミッションそのものに機嫌があるとは思えないので、エンジンの回転の方なんだろうと思うけれど、アクセルと上手くリンクして抵抗もなくゲートに入る時は嬉しくなる。

 ・ニコニコ動画で「アイドルマスター×ツーリング」の車載で、あずささんとタンデムでナイトクルーズというショートストーリー仕立てのを見て血涙。なんだよ、あの甘い世界は!バイクってのはなー、一人で乗る物なんだよー、後席ってのはなー、荷物置き場なんだよー、仮にタンデムしても何言ってるかわっかんねえんだよー、危ないから野郎した乗せたことないんだよ-。あと免許取得後1年はタンデム禁止、これ豆な。お前が彼女とタンデムツーリングしたかったら、免許はその1年前に準備しなければならない。大丈夫、その間に彼女と別れてるから。
  それはともかく、地元組織のツーリング計画は、GL400の人がOBにも声かけしてくださるそうで、乗り気だそうなので、参加者が案外いるかも知れない。てかGL400という渋すぎるバイクに乗っているわりに上手いナー、と思って見ていたのだが(発進して曲がって加速していくだけだけど)、昔(28年前)GPz400Rに乗っていて2年ほど膝に鉄板貼って峠を攻めていて、そっから24年以上ぶりに復活したそうだ。GPZ400Rは1985年からあるので、なるほどそこらへんだわ。
 ルートは皆がワインディング大好きなら、ピラタスを通る小海町のルートがいいし、逆に平坦な道をたんたんと走りたければ、多少迂回するが望月町の方を通ればいい。どのみちビーナスラインを走るとお腹いっぱいになるけどな。あと、復路なりエマージェンシールートとしては19号も決して悪い道じゃない。あるいは19号で茅野まで行って、蓼科から清里に入るのもいい。
Posted at 2013/06/28 23:11:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月27日 イイね!

ばくおん3巻補足

 ・新キャラが最後でちょろっと出てくるが、「バイクは公道で乗らない」発言や、パーカーがジャックウルフスキン風だったり、公式が今年の八耐でKTMと組むらしい事などから推察するに、KTMではないかと想像。てか、KTMってオフ車ってイメージが強かったけど、最近はモタード経由でロードにも出てきているし、ニコ動では一般人のシリーズを公式にしてたりと、一番元気でオタクなメーカーかも知れないな。

 ・3MAの噂。先日書いた「秘密のガレージ、空母赤城(零戦のタイヤがあったから)」で聞いた話だが、3MAは確かに評判悪く、当時吊るし状態で走っても140kmぐらいしか出なかったそうな。もうMC08のVTとか、今ならニンジャらへんと一緒である。で、インマニ周辺を組み直したら180kmだったかいくつか忘れたが、ともかく非常にパワフルで速くなったと。という事で、3MAの不評の原因の一つは、組み立てミスがインマニ周辺であったのではないか?と話していた。
  これ、知らない人は「そんな馬鹿なww」って所なんだろうけど、「ヤマハ」の「インマニ」と言うのは、「壊れてる」ってのと同義の三段論法が可能な程評判悪いパーツなんだよ。ホンダのレギュレーター、カワサキのヘッドパッキン、スズキのサビとかと一緒なので、そう言われるとそうなんだろうなとも思う。

 ・行きつけのパン屋の店先にGB250が転がっていたので「乗り換えるの?」と聞いたら、ガス欠だから置かせてくれと言って知らない人が置いていったらしい。ガス欠だったらすぐガソリン持ってくればいいだけの話しなんだが、一日経っても来ないそうで、ナンバーも足立区の物なので、何なんだろうね?状態。足立区からソロツーで来てトラブって、とりあえずバス停前に置いて帰宅したのかな?こんな雨の中だと、どのみち乗りたくはないだろうけど。ぱっと見、黒いので「初期型」だと思ったのだが、調べたら最終型とその手前でも黒はあった。初期型はツインの強制キャブだからCBXの250cc版みたいな物だ。これ、当時を知っているとCBX250RSのバリエーションモデルなんだが、RSのエンジンは元はXR350というオフのボアダウンなので、もしかしたら350ccに出来るのかも知れない。ヘッドはRFVC化しているので、まあ順当な進化だわな。これっも97年頃まで売っていたそうな。
  
 ・そう考えるとホンダのエンジンも意外と小改良で使ってきたんだなーと思う。250クラスは当時はRSの空冷シングルと、ホーク系の空冷パラツインがあった。次ぎのステップとして水冷化が高性能化の手段としてあり、ホンダはVツインのME08に進み、カワサキはパラツインに進み、スズキは何を考えたかGFのマルチに進み、ヤマハは4ストは全然進化させなかった(ビラーゴ・ルネッサ・SRVの空冷Vツイン)。これは非常に興味深い棲み分けで、RZ売ってるヤマハは4ストの高性能化には興味がなかったんだろうね。次ぎに地味なのがパラツインのカワサキで、それだけ手堅い設計だったとも言える。評価すべきは水冷化とVツイン化をしたホンダ、そしてマルチ化をしたスズキだろう。両方とも水冷化のメリットと、水冷にする事で可能になるさらなるシリンダーレイアウトを探っている。というのは、空冷だとVでは後ろバンクが、マルチでは中央二気筒の冷却が難しくなるので、水冷化しないと高性能化出来ない。が、結果としては振動がスムースで回転馬力が稼ぎやすく排気音がつながるマルチにばっかり人気が集中、GFやフェザーはメカフェチだけが気にしていた程度だが、ホンダのME14系マルチの投入やFZRシリーズの展開、GSXやZXRの投入で「250ccだけれど大柄で見栄えがするバイク」が増えてしまった。悪く言えば250ccマルチは400マルチのレプリカでもあった事に気づかされる。400ccぐらいになるとマルチ化のメリットが大きくなるから分かるけどね。この中で最初に脱落したのはFZR系かな?GSXの方が先に消えたけど、バンディットやカタナで使われ続けたし(でもストロークは違ったはず)、ZXRはバリウスだから、かなり長命。もちろんME14は名機中の名機で最後はホーネットに使われていた。こう見るとヤマハのエンジン関係の節操の無さが目立つ気もする。

 ・巨峰の房作り進行中、まあまあ楽しい。巨峰は目安で33~40粒残して500gを狙う。一粒12~15gらへん狙いか。今年は着粒が非常に良かったので、結構大変。昨年は少なすぎて380gを半数は切ったので、出荷数が房数の半分になってしまった(2L規格=2房で410gだったか)。今年は一房パックメインを狙う。今年は房への蛾の産卵も出ていて、サムコルを使わなかった影響だろうが、発見は楽なので摘粒で調整すりゃいいような気も。







Posted at 2013/06/27 21:20:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月26日 イイね!

ばくおん3巻売ってない→買いました

 ・昔から長野県は中央からは外れていて、テレビ番組が一週遅れで放送されたり、七夕が一月遅れだったりと、格差を付けられてきたのだけれど、この時代でもコミックが発売されてないってどういう事なの・・・ツタヤでも2巻までしか売ってないし。知人から「ここのネタはどういう事なの?」と質問受けたが、見られないから分からない。ハッ、彼はどこでコミック3巻を手に入れたのだろうか!もしかして私にばくおん!を読ませまいという機関の陰謀か?

 ・今日も天気予報が外れて雨です。気象レーダー予報で「あ、こりゃダメだ」ってレベルなので、素直に休んでます。てか、先日まで30%だったのがいきなり80%って外しすぎだろ。一瞬、気象庁の予報でハンター×ハンターのパリストンとチードルの戦いを思い出した。「気象庁は天気予報を当てようと思ってない。それが強みなんです。」「国民が嫌がるようなちゃちゃを入れるのが面白いんです」なんに対して強いのかワカランが、とりあえず気象庁の中がパリストンに見えてきた点は認識が一歩進んだと思う。ナニカ、気象庁を消せ!アイ

 ・雨なので勝手な話しでも。16羅漢の中の一人は、かつて釈迦に使えた「しゅりはんどく」という人だった。兄の「まかはんどく」に誘われて仏門に入ったが、賢い兄と違い経文を全く覚えられなかったため、兄に還俗するように言われてしまう。しかし釈迦は「しゅりはんどく」に「塵を払わん 垢を除かん」と言って祇園精舎を清掃する事を命じて彼を仏門に残された。「しゅりはんどく」は一心にそれを続けて、やがて尊者、阿羅漢になったのだそうだ。素敵なエピソードに蛇足的考察を加えるのは無粋なので、そのまんま。、ちょっと思った事などを。というか、このエピソードをどこで読んだのか思い出せないのが困った。大抵、この手の話しは本で得ており、ネットでの物ではないと思う。とすれば、おそらく「理化学工業」関係の本で障害者雇用の分野で知ったのだろうか?
  
 ・ばくおん!3巻やっと購入。いやー、笑った笑った。これって萌え漫画の顔して、内容はすっごい古くさいというか、これ心底笑えるの最低でも30過ぎのオッサンばっかりだろw。そして引用の改変具合がまた笑える。「クレージーマックス」とか「汚い英雄」とか「押し掛け大将」とか「サル顔ピアス」とか。そして来夢先輩がもうチートすぎて笑える。マッハⅢにマッハ乗りとか、事故での無表情な転び方とか最高だな。じゃあ、ちょこっと知ってる事補足。

 「MVX250Fという嫌がらせ専用2ストバイク」
 ホンダというとNSRで2ストも強いイメージもあるが、実際はGPでもNRっつう4ストレーサーで挑戦して、結局勝てなくてNS系を開発したので歴史は浅い。で、NS系で成果を出したが市販車だとRZにはVTをぶつけており、γなどでレプリカブームが来たら最初MVXという三気筒のマシンをぶつけてきていた。これはGP500のNSの形式に似ているが、バンクの分割がレーサーとは逆だった上、三気筒という変則的なレイアウトで回転バランスが取りづらいので、リアバンク1気筒とフロントバンク2気筒でバランスするというへんな設計で、開発時から焼き付きが頻発した。一説にはクランクベアリングのクリアランスがおかしかったとか、ピストンとシリンダーのマッチング不良とかも聞くけれど。で、ホンダは対処療法的にオイルの供給量を増やしてリリースしたのだが、販売店で「こりゃ壊れてるだろ」と普通のバイク並にオイルポンプを絞ったので焼き付きが頻発した・・・とウィキにはある。
  しかし、販売店がそんな丁寧にオイルポンプ調整をしたとは思えない。今だってバイク屋はタイヤのエア圧だってろくに見てないぐらいだからな。と考えると、メーカーの責任を販売店に押しつけて作られたデマではないか?と想像出来る。他にはホンダがMVXには混合ガスを入れて寄越したとか、プラグ熱価が特殊でデリケートだったとか言う話しもあり、ちゃんと慣らしくれたMVXは良かったという発言も無い訳ではないが、どのみちオイルを大量にまき散らさないと走らせられない駄作、という事実は動かしがたいかな。

 「GPZ250R」
  酷い言われようで泣いたが、当時は(今も)カワサキの黒歴史、てか、黒歴史で出来てるようなメーカーだから、白歴史って言うのかな?伝説の一台である。でも、当時、このバイクのハンドリングとか出来とかはすごい評価高かったんだよ!直接的にホンダのVTのライバルの原型であり、フロント16インチに4ストツインで40馬力、45馬力と進歩しており、お前らが大好きな現行のNINJA250だって、元をたどればここにたどり着く。白ピンクは、多分ビモータとかに憧れてたんじゃないかな?あと、カラーオーダーシステムの悪口はVTRさんもいるからやめといて!どっかのメーカーは左右のカウルの色まで変えられるくっそ面白いオーダーシステムというか、「それ事故車ニコイチやろ」みたいなのをやっていたとかいなかったとか。

 「クラウザー」
 早川と聖が乗っていた三輪車、確かエンジンはBMWだっけか?サイドカーはパッセンジャーとの協力によってアクティブサス的な働きをするので、実はコーナリング速度はバイクや車より高くする事が出来る。レーサーはニーラーと呼ぶ。タイヤが真四角なのが細かい所。逆に最初のコーナーのようにパッセンジャーが外側に傾くのはやってはいけない間違った乗り方。

 「なめ猫」
 来夢先輩の免許証。あれも一時期流行ったなぁ。あの子猫たちもいろんな噂を聞いたが・・・

 「フェイス・フラッシュ」
 来夢先輩が素顔をさらしてバイクを復活させたシーン。キン肉マンネタですね。

 「エプシロン」
 こっちのがカワサキの黒歴史であるスズキのスカブのOE。かわりにスズキはGSFをやめてバリウスをGSX250FXって名前で相互OEしてた。スクーターに手を出してなかったカワサキブランドでのスクーターになったが、当然今は提携解消で売ってない。てかカワサキから買う意味あったのか?ちなみに、カワサキに原付が無かったという事ではない。KS・KSRやAV、ARがあるし、KSR110は自動遠心クラッチなので、クラッチレスがなかった訳でもない。

 
Posted at 2013/06/26 17:42:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「”烈風”を追え! http://cvw.jp/b/217764/40831624/
何シテル?   12/10 21:25
 書く日記がほとんど車関係なのでみんからに登録してみました。少しでも他の役に立つ記事が書ければいいと思います。  車歴はAE100カローラ>CL21Vアルト>...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

 申し訳ありませんが、友達リクエストする前にはなんかコメントください、お願いします。
12 人のお友達がいます
KOAKOA * らすかる壱号らすかる壱号
迷い犬迷い犬 銀トラ銀トラ
かずやんですかずやんです としき@worksとしき@works

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
 農機具の整備をここにまとめて置く事にしました。写真はクボタのT7というテーラーです。現 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
 農家の必需品、軽トラです。この年式のも減少中ですが、まだまだ現役で頑張ってもらいます。 ...
三菱 その他 三菱 その他
 ぎゃあ、誤作動でカートと耕耘機が混じった・・・って事で耕耘機の方です。三菱のCT532 ...
ホンダ VT250F ホンダ VT250F
 一桁万円でやってきたVT250F2Hです。VT系最強の43馬力のエンジンとMC15系最 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.