• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jijisurfのブログ一覧

2017年07月24日 イイね!

長野、群馬のプチTRG

東京を出発し上信越を信州中野まで走ります。
手前で降りて北上するより遠方まで走って帰路方向へ気分に任せ山中を走るパターンです
8時過ぎに信州中野ICを降りR292 滋賀草津道路を南下します
曇り空は想定してたけど青空も十分望め、国道最高地点の涼しい高原ドライブは快適そのもの
真夏は交通量も少なく渋峠、白根山を走り抜けます。

志賀高原 平床にて





ここで進路をR466に右折し万座ハイウエーに向かいます・・・ 1,050円いるんですけどね (ーー;)
途中の弦ヶ池にて



つまごいパノラマラインに向かいます
ここ嬬恋村のキャベツ畑は標高およそ1000m以上の高地で、夏でも平均気温は20度程度
高原一帯がキャベツ畑で、気候が適してることに加え都市とつながる道路が出来たことで生産出荷量は日本一

北コースお気に入りのキャベツ畑にて、気温は18℃と涼しく、いい感じの空です







南コースを走り抜けR94に入り、いい雰囲気のうねった直線道路



初めて走る道路ですが、なかなか楽しい道路です


浅間山の麓を気分に任せ走った後でロガーが切断していてルート不明
渋滞を避け早めに帰路につく600km強のプチTRGでした
外気温36.5℃ 高速に乗って直ぐさまPAでクローズです ^^;;
真夏、こう暑くては高原のオープンドライブしか無理かもしれませんね

鈴鹿を走って、車も少しは理解できたのでタイヤが何度か鳴いてました
明らかに走り方が変わった模様 ^^;;;


Posted at 2017/07/24 16:20:17 | コメント(4) | トラックバック(0) | 群馬県をドライブ | 旅行/地域
2017年07月10日 イイね!

蓼科のドライブ

7/6.7日と長野県蓼科エリアをドライブしてきました

ヴィーナスラインの高原道路、新緑が芽吹くこの季節のドライブはいいですね~
白樺湖の遠景です




抜けるような青空に夏雲、富士見高原の夏景色はこれで十分です ^^


オープンカーではないので窓全開ドライブです ^^;;;
Posted at 2017/07/10 22:24:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 長野県をドライブ | クルマ
2017年06月28日 イイね!

鈴鹿レーシングコース体験走行

 
6月の某土曜日、SL&ポルシェ繋がりのお友達「ともジィ」さんの発令で「ポルシェクラブ京都」さん主催によるドライブレッスンと鈴鹿レーシングコース体験走行!!公募に参加させて頂きました。
インストラクター先導による試走といえ鈴鹿を10周近く走れるということで、公募を見るや否や申込させていただきました。

集合場所の甲南PAに向かうと、既に先着のポルシェさん一台
横に停め先ずはご挨拶、直ぐに「ともジィ」さんと分かったけど(笑)
初対面とは思えないような温度で、コーヒーを飲みながらご挨拶など・・・

続々とポルシェ仲間さんが集まってきます
こういう集いも初なら、ポルシェ車ばかり連なって走るのも初の経験
同じ車ばかりで走れば速く走ってるように映るものです(法廷速度内であっても!!)
まっ、一路鈴鹿サーキットへ向かいます ^^;


総勢24台のポルシェカーによるドライビングレッスンの始まりです



お友達のともジィさん CUPカー走ってるだけにとても若々しい ^^



車を制御するための基本的な知識の座学の後、理論を意識しながら反復練習
ブレーキング、パイロンスラローム、スキッドコントロールと熱のこもった指導が続きます
意味を理解しながら運転するんですね・・・ 私的にこれ以外とためになった
いただきものの写真です


但しスキッドコントロールは終始おっかなびっくり (~o~)



鈴鹿サーキット本コース走行
先導車付きといえ、第1,2コーナー、S字カーブ・・・あの鈴鹿コースをバンクに登り下りと
リアルに運転する訳で、興奮しないでと言うほうが無理というもの

これがヘアピンかー
 
スプーンカーブは...こう走るのねー

と、2周近く感激が収まらなかった(笑)

ドライブレコーダーの動画が撮れてなかったというショックな出来事がございましたが (~_~;)
車のポテンシャルの片鱗を垣間見られたことや、運転の基本や実技、鈴鹿サーキットを走るという貴重な体験ができたこと

随分遅れましたが、京都ポルシェクラブさんのイベントに参加させていただいたこと
ご準備、ご尽力いただいた方々に心からお礼を申しあげます <(_ _)>




Posted at 2017/06/28 17:40:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2017年06月08日 イイね!

新型メルセデスSL400の試乗

R231の初期型SL350の車検に出してる間、後期型SL400を代車として出しいただき、試乗の機会をもつことができました。
今回のマイナーチェンジでNAエンジンからツインターボとなったSL400がいかがなものか興味は尽きません。



エクステリア、インテリア共に大きな変更はないものの、前期型のエッジの効いたボンネットから2ラインの押し出しになり、メルセデスが統一化を図っているフロントフェイスに変更されてきました。前期型は網目・・・宜しいんじゃないでしょうか
生産当初から搭載してきた直噴エンジンやロングノーズという出で立ちは当然継承されてます



一番大きな変更点がAMGチューニングによる3.0Lツインターボになったこと
SLのNAエンジンは厚いトルクで、スムーズで速く扱い易いエンジンでしたが、新型ターボエンジンの吹上り方もよく似ていてトルク感が増量され、扱い易さを維持しながらスポーティさを増した設定で好印象です。
コンフォートでは70%の出力に抑えられていても高速クルーズには十分、スポーツにすると十二分




走りのモードは前期型がコンフォート・スポーツ・マニュアルというモードから
コンフォート・スポーツ・スポーツプラス・カスタマイズと設定が増え、マニュアルボタンは独立する形に変化してます。再度マニュアルボタンを押せば変更前のドライブモードに戻るので、ここの操作感は向上しています。
モードの変更ボタンは上記4モード(DYNAMIC SELECT)のループとなっている。
前期型から、このテコ入れは嬉しいところですね~




画面によるモード設定は、もう少し詳細の設定が可能になっていて、例えば電子制御でステアリング切れ角がコンフォートとスポーツの選択ができたり(よい変化ぶり)
類似してサスペンションやエンジン制御、ESPなども個別に設定できるようになっている
その個別設定のモードをメモリー登録できるようになっている らしい・・・やってないが





エンジン音は、走りでシームレスな音色を発し、モードの選択で勇ましく変貌します。
前期型SLでエキゾースト変更を試みたこともあって、今回の変更は願ったりというところ
音色も好み! 始動時はチョイとうるさいのは余分な気がする ^^;

サスペンションをスポーツにしてもゴツゴツせずABCの油圧レベルを上げロールを軽減させている。
新機能のダイナミックカーブをONにすると強制的にドライブモード、サスペンションはコンフォートとなります。速く走らせるための機能ではなくロールを抑え、より快適に走るための機能ということで、ここは車が介入してくる。
この辺はメルセデスがSLはスポーツカーではないと言い切る車造りなのかもしれませんね・・・アリかも オトナだね~と感じる ^^;
ABCの設定も変更したのか、コーナーで負荷をかけてもABCが介入してくる挙動を感じることがなかった。
そもそもSLにスポーツカーに引けを取らないポテンシャルやソリッド感を求めてる訳じゃないので十分なんだけど
元々コントロールのし易さ、ロールのないしなやかな走りに、スポーツ性の高い締まった走りとトルク増は大きな変化で魅力です。
 
車検ではブレーキプレート等々は交換したが費用は発生してないので、現状を年単位で乗り継ぐつもりでいるけど・・・
R231前期型に「欲を言えば」と思うところに改良が加えられ、本格的にスポーティな車に変貌したという印象です

益々「持っていたい車」になって、
欲しいですね~

Posted at 2017/06/08 16:49:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2017年05月26日 イイね!

GW 青森県ドライブの回想

少々仕事が立て込んでて、なかなかnetの時間がもてず・・・

またまた青森県のドライブ
やはり外せないのは津軽半島の竜泊ライン


小泊から続く海岸道路



そして山岳道路
新緑の山がとても綺麗でした





竜泊ラインのアクセスによく使う広域農道、メロンロードと言って防風林の中を、ただただ真っ直ぐ伸びる快適道路で十三湖まで続きます。
変化はないけど走り抜けるのではなく、青森の空気を楽しみながら走りたい道

鯵ヶ沢付近まで帰ってきた頃には天気も回復し菜の花畑越しに岩木山の雄姿が映える
この道を好んで何度も走ってますが、このグッド・コンディションはなかなかお目にかかれない



このメロンロード、R101(大間越街道)を境に南側はリンゴ畑の中を弘前まで伸びていて、やまなみロードと名を変え風景も様変わりします。
岩木山の東麓に沿って走る快走路で、事ある度に走っている(何がある訳じゃないけど)



そして今回、何度か走った八甲田山北側ルートのR40青森田代十和田線
紅葉時期と違い、車も少なく八甲田山の勇姿を見ながら軽快なドライブを楽しむことができます。
田代平高原



R394と交わる4差路をR40に進み大中大牧場付近の風景



紅葉時期も格別だが、新緑芽吹くこの時期はまだ緑は少ないが清々しい空気が心地いい... やはりここも外せない。



私的になんといっても外せないのはR103の十和田ゴールドラインから十和田おいらせラインのブナの原生林ドライブ
八幡平もそうだったが、今年は一気に暖かくなったためか残雪量は少なく、少々寂しい雪の回廊風景だった。
お蔭と言うべきかブナ林の芽吹きは早く、緑の木漏れ日ドライブを大いに楽しめたのはラッキーだった。



SLロードスターで初のロングドライブに選んだ先が、ここ7月の奥入瀬
ブナ林の原生林、緑の木漏れ日の中をマイナスイオンを浴びながら走った清々しさが強烈に印象に残っている
オープンカーの楽しさを奥入瀬で覚え、それから毎年何度か訪れている
なぜ?と聞かれても困るが、どの時期に来ても とても良い
そして十和田湖周辺











八幡平アスピーテライン雪の回廊



下北半島 R338のワインディングも楽しい



田代平高原
坂を走り降りそこねてズッコケ!
手は擦りむきカメラは道路に転がり、痛みもやっと癒えたこの頃 ^^;

Posted at 2017/05/27 00:06:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 青森県をドライブ | 旅行/地域

プロフィール

「高知県西岸~愛媛県愛南町を走る http://cvw.jp/b/2185135/39455025/
何シテル?   03/14 14:14
マリンスポーツをしていたので若い頃から車を活用していましたが、ドライブ目的のカーライフという意味では晩生なデビューだと思います 実用車として活用する車選びから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ パナメーラ ポルシェ パナメーラ
Eクラスからの乗り換えです ポルシェが造るセダンは、走って楽しいばかりでなく上質な乗り心 ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
メルセデスベンツ SL350(R231型) ロードスター 初めて所有するオープンカーで ...
ポルシェ 911 カブリオレ ポルシェ 911 カブリオレ
911カレラS(PDK)カブリオレ (type991.1 カレラSクーペからの乗換えです ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
FIAT500 500 1.2 Pop 家族の車で初のイタ車、なんともお洒落な佇まい ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.