車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月22日 イイね!
タイトル違いますが、検査からの続きです。

前回の検査でもっと手間がかかると思って近場の検査場を選んだのですが、ここは所轄の登録場ではないため、ナンバーもらうためには所轄までいかなければなりません。2回(実質1回)で取れるんであれば、所轄で検査すればよかったな、と少し後悔。でも、最後の事務官以外、検査官さん達はみないい人たちで楽しい一時でした。

さて、車庫証明を取りに行って所轄まで行く時間があるのだろうか?自信がありません。道もわからないし。直接行って、車庫証明は電車で往復するか?ということで、出発。時刻は12:30。朝にお世話になったテスター屋さんを脇に進みます。途中はあまり混雑の無い広い道だったので、安心して運転できました。あ!いつでもハザード出す用意だけはしています。途中1カ所踏切がありますが、ここも無事に通過でき40分程で到着。クリームパンに連絡するも不達。「しょうがない、電車で戻ろう」と、バスそして電車に乗ります。途中クリームパンから連絡があり、取りに行ってくれるとの事。

登録場にとんぼ返りです。ここで14:30位。事務棟でウロウロしていると、事務官さんに「どうしました?」と声をかけられます。

(私)「予備検査通ったのでナンバー欲しいのですが...」
(事務官)「書類見せて。うんうん、だったら別棟で用紙を購入して来て。それと、本人さん?だったら印鑑証明とその印鑑。」
(私) 「(ゲッ!実印いるんだ!何も準備していない!)」
(私) 「税金は?」
(事) 「それは後でいいです。」

検査のやり方をコールセンターで尋ねた時は予備検査ではいらないと言っていましたが、登録時には必要な様です。これは大失敗。今日は諦めました。ここでクリームパンに連絡を入れ、登録事務所に来るのを止めます。

今日は、必要書類一式を事前に入手しておく事にします。これは検査の時と同じ、もっと昔にはe-TYPEのナンバー返した時と同じなので、迷わず向かいます。別棟で目的を述べると、OCRと納付用紙、重量税関係の紙をもらいます。20円也。ついでに重量税の価格を教えてもらい、次回「税金払えないからナンバーもらえない!」という珍事にならないようにします。「自動車税は?」と、私が尋ねると「隣です。」とのこと。隣で用紙と税額をゲットしました。その後事務棟に戻り、書けそうなところを記載し、帰宅しました。

帰宅とほぼ同時にクリームパンが帰ってきたので、市役所に印鑑証明を取りに行ったのは言う間でもありません。

こんな感じでナンバー取得の旅が始まりました。

つづく
Posted at 2016/11/26 09:36:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mini | クルマ
2016年11月22日 イイね!
検査2回目 -- 測定編続きです。

検査の後、場内を一周して今度は1番レーンに並びます。ここは待ち台数が少ないためすぐに順番が来ます。担当官はまた前回の検査官さん。やっぱり面が割れてる。

前回同様にまたメジャーを手にするかと思いきや、もう一人の検査官さんが登場し、二人で勝手に測っていきます。今回は楽チン。測定が終わった後、重量測定と写真撮影をするそうで、途中の測定器を全部飛ばして進みます。

指定の位置に停めると、トランクの重量物を出すように言われたので、予備タイヤや工具、補充用ラジエター液等を横に置いて控え室に入ります。しばらくすると、後輪を指定の位置に停めるよう指示されます。すべての測定が終わった後、退場を命じられます。場外に車を出し、次は何をするのだろう?とその辺でしばらく待つも、次の車が出て行き、その次の車が最後の検査・測定をしています。

よろよろと元に戻ると、別の検査官さんに呼び込まれます。先の控え室に入ると、担当検査官さんより書類一式を返してもらい、また検査後の検査官さんのところに提出し、全行程完了。

事務棟に戻ると12:00を少し過ぎたところ。ほとんどすべての窓口に昼休みの札がかかっていましたが、検査終了の受付だけは開いている模様です。書類を担当事務官に手渡すと、「抹消登録と譲渡証のコピーがない」と言われました。コピーを車に入れっぱなしだったので取りに行く旨を伝えると、何かめんどくさそうに番号札を渡されます。先週からさっきまでこちらが恐縮するような対応をしていただいていたのですが、ここで私がよく知る『公務員』登場。変わってないところは変わってないんだな。

書類の完成をテレビの津波警報を見て待ちます。5年半前の津波よりは小さいようですが、被害が出ませんようにと思いながら見ていました。10分程で番号を呼ばれ、写真のような合格の証書をいただけました。

続く
Posted at 2016/11/26 09:03:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mini | クルマ
2016年11月22日 イイね!
今日は先週のリベンジです。

2回目なので、検査場への経路もだいぶ慣れました。途中、車庫証明を取らずに来ていた事に気が付きますが、今戻ったら、検査後に所轄の登録場に間に合わないかも。車庫証明は後で考える事にしました。

前回、不合格の後立ち寄ったテスター屋さんに向かいます。時刻9:00をちょっと過ぎたころに到着します。快く迎えていただき、まずはサイドスリップの調整から。サイドスリップの調整棒にレンチがかかるところが無いとのことでしばし苦戦しましたが、何とか無事調整終了。

次のヘッドライトで問題発生です。右側がパカパカしています。これでは調整不可能とのことで、お釜とライトの間をウレタンで1-2cm程埋めてもらい、無事調整終了。お金を支払い、「もし何かあったらまたおいで」と言われて送り出されます。

検査場には10:30頃に着きました。午後からの予約だったのだけど、駄目元で聞いてみるとOKとのこと。書類は前回のを使うらしく、印紙と台紙を購入し、受付に提出して検査レーンに並びます。前回の教訓で、停まっている時はエンジンを切る事にしました。う〜ん、静か。

検査場の横にはたくさんの若い検査官さん達がいて、最右列のレーンは二人一組でライトなどの検査をしています。新人検査官さんの研修でしょうか?もうtwo decades以上前のことなのですが、自分もこうだったのだろうか?なんて考えていたら、先週の検査官さんが来ました。「先週の方ですね」と、面が割れている。

エンジン型式、車台番号を確認し、ライト、ワイパーとウォッシャー、ウィンカー、ブレーキランプ、バックランプと確認して行きます。ワイパーとウォッシャーの検査で、間違えて左の棒を押してしまい、盛大にクラクションを鳴らします。まだ慣れないな、この車。

最後に騒音測定器でマフラーを測り(88db)合格。

シニアな検査官さんに検査場内に誘導されます。「ラジエター液吹き出した方ですね。」また、面が割れてる。

最初の測定器ではたくさんあるボタンの最右を押して入ります。これはライトをハイビームで検査する宣言だそうです。「ゆっくりと落ち着いて入って下さいね」と声をかけられながら進みます。結果は「緑○」。をを!通った。朝の一時間の成果です。

次に1両分位進み、ローラーの上に誘導されます。またデカい目玉がでてきました。地面がゴチョゴチョ動いているのがわかります。「40km/hでパッシングしてください。3速位でいいでしょう。」加速して行きパッシング。「緑○」。

次はブレーキ。デカい目玉が一旦引っ込みます。上の指示灯に「ブレーキをゆっくり踏む」→ぎゅーっと踏む→緑○、「駐車ブレーキをかける」→目一杯レバーを引っ張る→緑○。

最後にライト、Hi-beamを点灯します。またデカい目玉が現れ、じーっと何かを覗いています。左右を「じーっと」覗かれて去って行きます。結果、緑○。以上で前回落ちたところはすべて通りました。

次は排ガス検査です。Cのボタンを押し、検査棒を排気管に差し込みしばし待つと、掲示板には「緑○」。

最後のライン検査は下回りです。

検査台の嵌め具に前輪を載せ、いつもの通りサイドブレーキを引きます。「ハンドルから手を離す」と掲示板に出たので離すと、下からガシガシ車体を揺らされます。次に「ブレーキ踏む」「ブレーキ離す」「駐車ブレーキかける」え?すでにかかってるんですが...。駐車するとサイドブレーキをかける癖があるので間違えてしまいました。特にお咎め無く終了。

建物から出たところまで車を出し、書類一式を検査官さんに渡します。判子をたくさんもらい「検査終了です。次は1番レーンに」と言われます。

続く
Posted at 2016/11/26 09:43:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mini | 日記
2016年11月19日 イイね!
来週火曜日に前回NGだった光軸とサイドスリップを修正してもらい、再度受験の予定です。その前に予てより指摘されていた電動ファン。予備検査中にLLCを沸騰させたので、復活させることにしました。

あ!今回は写真を撮る余裕が無かったため、画像無しです。

パーツは
・ケーブル(2sq)
・ギボシ端子オス
・平形250端子メス
・10Aヒューズとソケット(耐電流30A)
・スイッチ(15A)
・スイッチステー(後日きちんと配線した後で付けます)

消費電流がわからないため、10A位あればよいだろうと推測してチョイスしましたが、後で書くようにオーバースペックでイロイロ困ることになりました。ちなみにうちのファンの実測値は、立ち上がり5A強、定常3A強でした。

まずファンのギボシ(メス)に取り付けるギボシ(オス)を圧着します。ケーブル先端の皮剥いて半田でまとめ、端子に挿し込み圧着します。うまくできたら先端に半田ロウを流して確実に取り付けます。

反対側はスイッチに付ける平形端子を、同様に取り付けます。

ショート防止に途中にフューズソケットを付けようとしましたが、先に使った端子はどちらも細すぎました。30Aケーブルは太すぎるようです。今回はケーブル同士を直接半田で接合させました。接合部は熱収縮するチューブで保護しておきました。これも細いのしかなかったため、急遽購入。

ワイヤーを直接付けるのはとても不安なので、後日細いワイヤーのフューズソケットに取り替えましょう。

フューズとスイッチを挿し込み、テスターで抵抗値を計ると、on/offに応じて0Ωと∞を示します。一応完成。

車内配線は、みん友さんの記事(後でURIを入れる)を参考にしました。

車内からファイヤーウォールの中央の穴にギボシ側を通してファンに付けます。

スイッチonで無事ファンが回りました。

これでLLC沸騰しなくなるといいな。
Posted at 2016/11/20 00:56:13 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月14日 イイね!
前回の続きです

中に入ると、別の係官の方が着いてくれます。ちなみにここから先の順番は全く覚えていないので、よくご存じの方は組み立て直してお読みください。

「ここが付いたら押してくださいね。ハイビームで検査しますので。後あっちはCを押して下さい。」
「ここで待ってた方がいいですか?」
「前の車がいるので、車の中でいいですよ」

でも、何か落ち着かないので、ボタンの横で起立して待ってました。

このローラーに乗れと言われるも、どこがローラーなのかよくわかりません。「は~い、もう少し。よ~し」みたいに誘導されると、機械が車の前に現れます。

「スピードメーターが40km/hでライト付けて下さいね。」

いつどういうタイミングで変速していいのか全くわかりません。だって加速感無いんだもん。行きすぎて戻ってを繰り返し、「よし、ここ!」「合格!」

同じ位置で「は~い、ハイビームにしてください。」前にいる大きな目玉の機械が車体を横切り、左×右×。不合格。

「ハンドル切らずに真っ直ぐ進んで下さい」と言われ、「はは~ん、これが噂に聞くサイドスリップというやつだな」と思いながら進むも、電光掲示板には赤字でサイドスリップ×。不合格。

最初に説明を受けたCのボタンのある機械に来ました。「回転高いけど大丈夫かな?」と、言われます。ハイ、さっきからタコメーター段々上がって、今や1500rpmとかぬかしてやがります。フードの隙間からフロントガラスに湯気を視認したのもこの頃。

「これC押すんですよね」
「そうそう。そしたらこれをここに入れて。ズボンに付けないで下さいね」
「何処まで入れるんですか?」
「その(フレキ一杯)くらいでいいですよ」

入れたらほっておくだけです。こりゃ簡単。結果は緑○。

次は、またローラーみたいなところに乗せられブレーキのテスト。緑○

次は下回り検査。ここで大問題発生。冷却液を漏らしているようです。場外に連れ出され、このあと取りうる内容の説明を受けます。

4:00の検査終了までにダメだったところを直して再検査できる。今回は構造変更があるため、一部合格とかは無く、次回は最初からやり直し。この時点で3:30。絶対に間に合わないと思い、エンジン冷ましたあとに残りの車体測定と下回り検査を体験することにしました。この段階で今日は不合格決定。

車体測定は、私がメジャーの端を持って測る、なんじゃこりゃな測定でした。きちんと測る際には、きちんとした道具を使うのですかね?

その後係官さんに「サイドスリップもダメだったんですね。もう一回計りましょう」てなことを言われて測ります。一回目はNG。バックして「ハンドル真っ直ぐでお願いします」と言われるもやはりNG。

下回り検査ではハンドルを左右に回して、ブレーキ踏んで、サイドブレーキかけて終了です。

結果は、ライトが上向き過ぎなのと、サイドスリップ20cmインだそうな。

帰りにテスター屋さんに立ち寄って、NG部分の整備の相談をして帰宅しました。

今日の反省。

午前中にテスター屋さんで直しておけば合格だった。忘れ物や朝に整備とかやらないように。

待ち時間にアイドリングしていたが、現状アイドリングでは冷やしきれてないようだ。やはり電動ファンを回さないとダメっぽい。尚、暖房は帰り際には結構熱かったのだが、しばらく走っているとぬるくなった。

今日はいい経験をしました。
Posted at 2016/11/17 06:33:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@ジャガーに真空管アンプ 幸い私の会社は影響無さそうですが、アメリカに依存度の高い国なので、私も大なり小なりあると思います。」
何シテル?   11/11 00:43
ジャムパンです。よろしくお願いします。 2001年にターボ車規制のため無くなると聞いたため、ER34 25GTTを3月に購入して以来、早13年経ってしまい...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ダッシュパネルのビビリ音対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 20:39:54
フロント右側ハブベアリング オーバーホール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/25 08:39:39
タイロッドエンド交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/25 08:34:23
お友達
自動車整備に詳しい方、ご教授お願いします。
旧車乗りの方、ER34乗りの方、それらにご興味のある方お待ちしております。
9 人のお友達がいます
パパンダパパンダ * みやまち2000みやまち2000 *
z50zz50z * みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
太巻き太巻き ジャガーに真空管アンプジャガーに真空管アンプ
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン 日産 スカイライン
日産スカイラインER34に乗っています。 昨年のさる事情による任意保険料率のリセット、今 ...
ローバー ミニ ローバー ミニ
ヤフオクにて購入 8/30に購入元出荷 9/5無事到着 11/22 予備検査合格 12/ ...
日産 サニー 日産 サニー
当時新人で入ってきた同僚が車を買うとのことで欲しくなりました。二輪に乗っていたせいか、ど ...
ヤマハ セロー ヤマハ セロー
しばらく乗らないでいたら盗まれてしまいましたが... 書類が無いので、所有期間はおおよそ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.