車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月18日 イイね!

こんにちは!

昨晩は強い暴風雨に見舞われましたが、大切なお車、大切なお家に被害はありませんか?

今回は、X5から離れて丸10ヶ月が経とうとしているタイミング...でもあるんですが、先日330iを洗車場に連れて行った際にE70 X5が自分の横を通り過ぎて思わずポカーンとしてしまった自分がいるので、その思いのルーツはどこにあるのかを探るべく常にX5がいた11年間を改めて振り返ってみたいと思います。

改めて、我が家の愛車(BMW)遍歴を振り返っていただくと
2001.03〜2005.06→E46 330i M Sport
2005.06〜2011.09→E53 X5 3.0i Sport Package
2011.09〜2016.06→E70 X5 xDrive35i M Sport
2016.06〜F48 X1 xDrive25i M Sport

私の学歴は
2002.04〜2008.03→小学校
2008.04〜2011.03→中学校
2011.04〜2014.03→高等学校
2014.04〜2018.03→大学

つまり、小学校4年生から大学3年生の約11年間、「家のクルマといえばX5」、「X5といえば家のクルマ」という事になります。学生時代の中でも特に心持ちや容姿の変化が大きい年頃ですね。あまり反抗期はありませんでしたが、なんと言っても中学受験のストレスでニキビがそれなりにあった小学校高学年、クラスメートに恵まれ充実した日々を過ごした中学時代、部活のメンバーとほぼ毎日一緒に過ごした高校時代。旅行行きまくりの高校部活引退後と現在に至る大学時代。遊び方が大きく変わりましたね笑

父がX5を検討するようになったのはスキーに行くようになった2002年頃でした。330i Mスポの低い車高ではとても対応しきれない奥志賀高原の雪道。本当に苦労していました。当時泊まっていた父の会社の寮の宿の前の坂が登れず、わざわざ牽引してもらったなんて経験もあります。
この頃のスキー場は、今と違いほとんどがスバルのレガシーといった状態でした。我が家も、初めてスキーにクルマで行ったときは近所にあったニッポンレンタカーでレガシーを借りていった覚えがあります。
年に数回ほどしか行かないスキーにならこれで十分なのかもしれないですが、やはり都内から長野まではそれなりの距離があり、やはり年数回の事を思ってもBMWがいい、四輪駆動のSUVの方が良いと思ったのでしょう。
よく、都内に住む人が四輪駆動を選ぶなんてバカらしいなんて言われがちですが、当時は父も若く大きいクルマへの憧れもあったみたいです。

BMWに限らず、当時はSUVの選択肢がかなり少ない状態。X1、GLA、Q3なんてとてもない時代です。四駆のSUVといえばほぼ大きいのを選ぶしかない時代でした。

そんな中、候補にあったのは
・トヨタ ハリアー ハイブリッド
・フォルクスワーゲン トゥアレグ V6
・E83 BMW X3 3.0i
・E53 BMW X5 3.0i

一応全て試乗しました。
元々、X3が出るという噂をかぎつけており、本命はX3だったようです(こう考えるとこの時の商談はかなり長かったんですね...)。
しかし、X3を試乗してみてイマイチしっくりこなかったようで、他の3台に絞られました。
どういう紆余曲折を経てたのかはハッキリ覚えていないのですが、ハリアーとトゥアレグはやがて候補から外れ、X5で決めることに。恐らく即納車でドンピシャな個体があったのかもしれませんね。

最終的な仕様は
グレード:3.0i Sport Package
ボディーカラー:ブラックサファイヤ(希望)
シート:ダコタレザーブラック(元々希望ではなかったのでこの分は値引き)
インテリアカラー:ブラック
インテリアトリム:スモークグレーウッドトリム(希望?)

オプション装備
・スポーツパッケージ(希望)
・メタリックペイント(希望)
・レザーパッケージ(元々希望ではなかったのでこの分は値引き)
・6連奏CDオートチェンジャー(ディーラーオプション)
・ウッドトリム(希望?)

元々3.0iはクロスシートが標準だったのですが、在庫にレザー装備車しかなかったようでこうなったようです。現在市場に出ているE53は実際ほとんどがレザーですしね。


桜と撮った写真でしょうか?2006年頃です。


X5といえば、テールゲートが上下分割式なので下側を倒せばレジャーシート代わりに使える点。この写真は2008年頃にスキーに行ったときの写真です。


このX5から、スタッドレスを履く際はホイールごと変えることになりました。当時律儀に家へ持ち帰っていた我が家ですが、こうして履き替えの度に私が綺麗に洗っておりました笑


千葉の御宿周辺で撮った写真です。現在は活動を再開している、以前逮捕された女優さんの別荘の近くです。


偶然Z4と並んだので撮ってみました。


6年3ヶ月という我が家としては長い所有期間となりました。
このX5に乗っていたのは小学校4年生から高校1年生まで。一番変化が大きい年頃に乗っていたのです。正直未だに、家のクルマと言えばE70 X5を差し置いてこのイメージが強いです。
第一志望の中学の二次試験の合格発表に、これに乗って行った記憶があります。正直、面接は落ちたと思っていたのでかなりブルーな気持ちで行きは乗っていた記憶があります。


当時、初めて購入したカーナビです。こうして見ると小さいですね笑


2年間ぐらい、当時のガラケーの待ち受け画面に設定していた写真です。


車検でこんな代車が来たこともありました。確か中学1年生の頃だったと思います。当時は土曜日も学校があったので、父に学校まで送ってもらうこともよくあり、この車で行った記憶もあります。


この経験が、現在のE70に対する思い入れの強さに繋がっているのでしょうか?笑


雪道では大活躍でした。本当にどこへでも行けちゃいます。
雪道を走っていると譲られることが多くなりました笑

・X5乗り換えによる弊害
どういうわけか左ハンドル慣れしていた母がほとんど運転しなくなりました。まぁハンドルの問題はどうにかなるとして、幅が130mmも大きくなったので感覚がなかなか掴めなかったのでしょう。なんと言っても家の前が、ミラーを開いて30cmぐらいしかスペースが出来ない道幅しかないため、まず家の前から出るのも一苦労でした。これはE70への乗り換えでますます深刻な問題になりますが、これは後ほど触れます。

・X5乗り換えへ
6年目の12ヶ月点検を終えた2011年の6月、当時出たばかりのF25 X3 xDrive35i M Sportに乗り換えようという話が舞い上がってきました。

X5がアメリカ市場と3列シートの追加を想定したE70へのフルモデルチェンジで大幅にサイズが大きくなり、更にE84 X1の登場で実質玉突き現象的な流れで、X3はF25へのフルモデルチェンジを機にE53 X5と同じぐらいのサイズになり、E53 X5からの乗り換えにはちょうど良いのではという考えがあったからです。なのでE70は全く想定しておらず、即納在庫車が見つかり次第といったところまで話は進んでいました。

ところが、私の軽いひと言で方針が大きく変わってきます。
「出たばっかりのX3より、マイナーチェンジしてから少し経っているX5の方がお得なのでは?」
父もうなずき、E70 X5を試乗してみることに。当時はまだディーゼルモデルが出ていなかったため、選択肢はMを除くと35iか50iのどちらかでした。もちろん選んだのは35i。いくらF25 X3がE53 X5にサイズが近くなったとはいえ、全高は大きく差があるので実はX3では物足りない感があったらしく、X5に惹かれていったようです。

当時のX3 35iの価格は694万円。これにMスポとサンルーフ追加で約740万円ぐらいになります。
一方、X5 35iになると798万円。これにMスポとサンルーフ追加で約880万円ぐらいになります。
前述の通り、X3の場合は値引きが即納在庫車でも頑張って30万円程度。
これがX5となると同じく即納在庫車で130万円程度まで膨れ上がりました。
値引きで以てその全ての価格差を埋めることは出来ませんが、装備の充実度を考えると十分以上にお得な話でした。
契約が成立し、決まった車両の仕様は以下の通り。

グレード:xDrive35i M Sport
ボディーカラー:アルピンホワイトⅢ
シート:ネバダレザーブラック
インテリアカラー:ブラック
インテリアトリム:バールウォールナットウッドトリム

オプション装備
・Mスポーツパッケージ
・パノラマサンルーフ
・ウッドトリム

今回は、妥協した装備も逆に吊しの装備もなく完全希望通りの仕様となりました。


ディーラーへ向けて出発前の最後の写真です。


1枚撮ってもらいました。


奥にびみょーに新しいX5が写っています(写っている方は担当氏ではありません)。








新たにやってきたX5。ピッカピカです。


しばらくして、徒歩でディーラーの前を通りかかったときの写真です笑






ドライブで長野へ行ったときの写真です。

新たなX5に乗り換えた感想。
初のターボエンジン。同じ排気量でパワーもトルクも、そして変速機の段数も30パーセント以上アップしました。これにより、高速巡航時の回転数が抑えられ燃費向上に繋がります。
またステアリングもアクティブステアリングとなり、多少不自然感は否めませんがスッと曲がれるようになり、逆に高速ではびしっと安定するようになりました。
E46とE53は同じM54B30エンジンだったので、10年ぶりのエンジンの進化に驚かされた記憶があります。






高級感の増した車内は実に快適でした。元々アルミトリム、クロスシートなどスポーティーな内装が好きだった私がハイライン内装を好きになったきっかけのクルマといっても過言ではありません。


雪道にもよく行きました。




まだまだまだまだこれから感のある距離数。

・幅が大幅に大きくなったことによる弊害

は、こんなところでも表れていました。
こちら、海外へ行くときに成田近辺でいつも停めている屋根付きの完全固定式駐車場なんですが、本当にギリッギリ笑
そしてこの車、なんと言ってもオーバーフェンダーがこれでもかというくらい大きく、そのおかげで車幅が2010mmととんでもない数値になっておりました。現行のF15でさえMスポでも1985mmなので、いかに大きいフェンダーだったことか...

・富士スピードウェイ







「富士マラソンフェスタ」という人間が富士スピードウェイを走るマラソン大会に家族3人で出場し、その後に自らのクルマを走らせる事が出来るというイベントに参加したときの写真です。

・免許取得&狭路の練習

これはまだ免許取得前(つまり仮免状態)の時に、通っている教習所までX5を父に持ち込んでもらい、練習したときの写真です。初っ端ウインカーレバーを間違えたのをよく覚えています笑
このときの走行距離は、既に2年9ヶ月経っていたのにまだ20,000kmにも到達していませんでした。免許取り立ての頃はとにかく怖かったことや、任意保険の対象に自分が含まれていなかったこともあり、なかなか自分からも乗ろうと出来ませんでしたが、契約を変えて自らの特約が追加された2014年12月頃から私が頻繁に乗るようになり、グイグイと走行距離が伸びていきます。


これは確か取得してまだ2ヶ月ぐらいの頃かな?車幅感覚がうまく掴めず、ついつい右にばかり寄ってしまっておりました。


学校まで行ってみたときの写真です。このときもとにかく緊張しっぱなしでした。
確か7月ぐらいだったかな?右後ろのオーバフェンダーを大胆に擦りあげて大目玉を食らいました。一度はやるだろう...なんて言われ、返す言葉が見つからず超ブルーな気持ちになったのを覚えています。


年間7,000kmペースだった走行距離ですが、半年足らずで6000kmを超し、2015年の年明け早々に25,000kmを達成しました。
この頃には車幅感覚も掴めるようになり、家の前のとてつもなく狭い道でもスイスイ進めるようになっていました。この頃の初心者が初心者に似つかわしくない道で初心者に似つかわしくないクルマを運転した経験が、とても良い狭路の練習になったのではないかなと思っています。


更に積極的に乗るようになり、ドライブが徐々に趣味となりつつありました。


さすがに初心者の間は雪道は運転させてもらえませんでした。










とりあえず洗車を何度もしておりました笑


N55B30Aエンジン。M54に比べるとやや控えめな音ですが、これはこれで好きです。


なんといっても、この広い室内は友人との旅行&ドライブ時に大きく役立ってくれました。




5人乗っても後ろは十分快適だったようです。SUVといえばこの広い室内が魅力の一つです。
でも、友達を全員降ろすと何だかもの凄い寂しい気分になります笑


徐々にクルマのメンテナンスも任されるようになりました。
タイヤ交換の行き来、ディーラーに点検へ出すときのやりとりなどなど...


一時期名古屋に単身赴任していた父を訪ねてはるばる350km近い距離を駆けぬけたこともありました。


まぁどうでも良いんですが、写真が致命的に下手くそで...いまでもとても上手とは言えませんが...


2回目の名古屋の行きに光り物を光らせ、レーダー探知機をつけるようになりました。
また、ガン療養中だった祖父の送り迎えをX5で何度もしていた記憶もあります。
そんなこんなで2015年1月に25,000kmを記録したにもかかわらず、そのたった2ヶ月後に30,000km達成となりました。ちなみに、40,000km達成は確か2016年の2月でした。

・X5乗り換えへ。11年間のX5生活に幕が下ろされる。

私が頻繁に運転するようになってしばらくした頃から、父が「もう大きいクルマは疲れたナァ...」なんてこぼすようになりました。気になっていたのはX1。でもE84には無関心で、次期モデル登場待ちといった感じでした。
2015年10月にF48 X1が登場。初めて試乗したときは乗り換えを一切考えていなかったようですが、急に話が進んだのが2016年の5月。まだ私の免停が明けて間もない頃でした。

突如X1に乗り換えると言いだし、見積書を持って帰ってきたのです!
慌てた私は、両親が同窓会で留守にする土日を使って一人で勝浦に遊びに行きました。当時既に330iはありましたが、最後の機会であろうということでX5を拝借。父もこのときは珍しく快諾してくれ、X5の余韻に浸ることに。契約書に判を押した2016年6月初旬でした。


この時はとにかくクルマに乗る時間を沢山作りました。このときの貴重な時間は一生忘れられません。

X1の希望グレードはxDrive25i M Sport。元々狙っていたサンルーフにレザーシートというフル装備状態の即納在庫車がキープ一斉解除で他に取られてしまい、残されたのはOPレスのxDrive25i M Sport 1台のみ。即納在庫車がほとんど18i(70%)か20i(25%)、更に全グレード通してMスポがほとんどないという状況の中、これを逃すと本国注文せざるを得なくなりそうだったので、とんとん拍子に話が決まりました。元々X5の下取りが高くついていたこと、値引きも登場したてのモデルだったにもかかわらずE70 X5の時とほぼ同じくらいの値引きをしていただいたこともあり、下取り充当分より現金で払う額の方が少ないという結果になりました。付き合い17年の担当氏にはとにかく感謝です。




乗り換え前日の6月24日、ベイブリッジスカイウォーク前へ連れて行きました。あいにくの天気だったこと、まだミラーレス一眼を購入していなかったので綺麗な写真が撮れていないこと、本当に悔しいです。


家出発前の最後の一枚。わざわざ330iを手前に出しました笑






同じ白のMスポですが、グリルの色も正反対になり全く違うキャラになりました。こうして見ると、どうしてもE70が若干古く見えてしまいますね^^;


お馴染みの駐車スペースに鎮座しておりました。

とんでもなく長くなりましたが、それだけX5に対する思い出が多く、思い入れの強さがわかっていただけたかと思います。ここで「なぜX5なのか?」改めて考えてみました。

・見た目の威圧感
→SUVならではですね。4875×2010×1775というスリーサイズは未だに頭に入っています(一方でX1と330iの数値は未だに微妙です笑)
・車高が高い
→車幅はそれなりにありますが、見晴らしが良いので案外運転しやすいです。
・室内の広さ
→5人乗っても全然余裕です。
・ラゲッジスペースの広さ
→5人分の荷物もしっかり載りました。
・四輪駆動ならではの安心感
→雪道、ちょっと複雑な道。どこへでも行けちゃいます。
・セダンと同じ...とまではいかないが、サルーン系BMWとほぼ同等の走りが出来る
→これがSUVにとどまらずX5だからこその魅力だと思います。

一方で、フルサイズSUVだからこその弊害もあります
・車幅が大きすぎるので駐車スペースや通れる道は限られる
→複雑な都心部に限った話。都心部は電車で行けば解決。
・峠道をギャンギャン回して飛ばすのには向かない
→こればかりは仕方ありません笑。というより、最近峠道も飽きてきました笑
・燃費
→これも仕方ありません笑

つい最近まで、330iの次はF10 535i M Sportを狙い、引き続きセダンに乗ろうと思っておりました。
しかし、このモデル非常に希少なのでなかなか値段が下がらない上に、なんといってもX5への思いが強すぎてあっという間に候補から外れてしまいました。
F15とE70。もちろん多くの面でF15の方が優れていますが、F15もF15でなかなか値段が下がらないので、ひとまずE70からX5の魅力にどっぷりハマり、徐々にステップアップしていこうという結論に至りました。余裕があったらF15にいってしまうかもしれませんが、そこはまだわかりません。
来年の330iの車検は通し、その次の12ヶ月点検(つまり2019年1月)を迎える前ぐらいには社会人になって少しはお金の余裕も出てくると思うので、その時に購入に踏み切れたらと思っております。この頃にはF15も前倒しでG07にフルモデルチェンジされているでしょうね。
希望モデルはxDrive35i M Sport。また父と同じ車種でバカにされそうですがもう気にしません笑
サンルーフとウッドトリム、そしてUSBオーディオインターフェイスはiPodを接続したいので絶対欲しいです。
更に、F15から標準となった電動テールゲートやACCはE70でもオプションとして設定されていたので、出来れば欲しい装備です(特にACCはかなりレアなのでほぼ厳しい状態です)。
こうやって次のクルマのことを考えるのって本当に楽しいです笑
これから約2年足らずの目標となりますが、とりあえず目の前の就活を必ず成功させて、しっかり働いて貯金をしていきたいと思います。貯金のために、330iにかけるカスタム費用も抑えていく必要がありますね。

ここまで読んで下さった方(ほとんどいらっしゃらないでしょうが笑)、これがX5に対する思いの全てです。長文駄文にもかかわらず最後までお目通し頂きましてありがとうございました!
Posted at 2017/04/19 01:05:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月14日 イイね!

こんばんは!
相変わらず就活真っ只中の私で御座います。

就活のことを考えて早め早めに大学の単位を取っていたので、4年生になった今年度の登校日はゼミがある月曜日だけです。バイトも上手く調整して、授業もバイトもない日を金土日に設けました。ってことで今日は就活系のイベントも何も無かったので330iではなくX1を拝借して走らせてきました。

ってことで、今回はX1がメインテーマとなります。

<偶然の一致!?>


左からF31 320d Luxury Touring→E46 330i M Sport→E91 320i M Sport
私以外はツーリングですが、偶然にも3世代の3シリーズが一堂に会する結果となりました笑

<BMW Group Tokyo Bayにて最新車種を体感♪>


左上より
G30 523d M Sport→G30 540i M Sport
F15 X5 xDrive35d M Sport→F82 M4 Coupe
土日は確実に予約が取れないので、空いている平日を狙ってG30とF15を予約。F15を乗り終えた時点でF82 M4が空いていたので結果4台の試乗となりました。

まずはG30。ロードノイズ、風切り音、エンジン音、エンジンノイズほぼ全てがシャットアウトされて静かと言うより無音といった感じでした笑
ハンドルは軽くなりましたが乗っていて楽しい感触は健在。
でも、ディーゼルエンジンの走りはイマイチしっくり来ず、買うお金あるなら540iだろうなといった感じです。
なお、ウインカーレバーがついにE46, E39, E38以前のようないわゆる左右に固定されたままの状態になるレバーに回帰いたしました。市場調査をして、こちらの方が良いという声が大きかったらしくこのようなカタチとなったようです。

次にX5。正直、E70とF15の間に劇的な差は無いので、ちょっとばかり懐かしい気分になりました。車高が高いので、上から見下ろす感がたまりません♪笑
今回はディーゼルエンジンでしたが、やはり音含めてガソリンエンジンの走りの方が好みなようで。買うとしたら35iだと思います。

最後にM4。終始ステアリングとエンジンフィールを一番過激な設定にしていました。やはりMモデルだなぁ…と笑

試乗コースなのでどのクルマも思いっきり踏めていませんが、機会があったら高速でも走らせてみたいですね♪

<仲良しのお友達とプチオフ>

E60 525i。実は私の330iとラインオフの日付がたったの一日違いという奇跡の組み合わせ。こちらのオーナーさんは私の一つ下の歳ですが、内装の好み、3と5に対する思いも非常に似ており、ここ最近交流を深めています!

<恒例の品川埠頭>











もはや説明不要のシリーズです笑

<330i@辰巳第一PA>













4月6日。
たくさんの46が集まるかと思いきや、非常に空いていたので、以上のようなカタチで撮影が出来ました!

<BMW×SAKURAを追い求めて♪>

以下、下田市にて




以下、箱根ターンパイクにて










今日は
東京IC→(東名高速&西湖バイパス)→石橋IC→(国道135号線)→竜宮公園→(国道135号線)→赤沢温泉→(国道135号線)→(伊豆スカイライン&箱根ターンパイク)→小田原西IC→(小田原厚木道路&東名高速)→東京IC

走行時間:7時間30分
走行距離:373km
平均燃費:12.9km/l
平均速度:55.1km/h

以上のコース&データのドライブでした!
そういえばこの7時間以上もの間、トイレには何度か行きましたが水分も食事も一切取っていませんでした笑
自分の好きな事をしていると、食欲まで抑えられちゃうんですね♪笑

高速と海沿いの一般道はECO PROモードとACCを積極的に活用し、ペダル操作と燃料消費をなるべく抑制しておりました。
高速はやはり快適ですね!シートが固いのであまり長時間は乗っていられませんが、スゥーっと駆けぬける感じはサルーン系のBMWと同じ感触があります。
ACCについて、やはり少し間隔を詰めても良いんじゃないかな…というのが1つ。一番距離を詰める設定にしても高確率で横入りされるので、最近のドライビングアシスタントプラスでは改善されていることを望みます。
あと、上級モデルのミリ波レーダーではなくカメラで前車を検知しているのが影響しているのか、暗所でのエラーが大きいです。夜走る分には問題ないのですが、明るい時間にトンネルに入って急に暗くなるとACCがエラーを起こし、使えなくなることが多いです。ここも要改善ですね。

7時間も走っていたので、さすがに一度も眠くならなかったといったら嘘になりますが、330iを運転するときに比べてかなり疲労は抑えられていると思います。

峠ではかなり飛ばしておりました。でも、やはり前輪駆動ベース駆動方式とタイヤの細さが影響しているのか、330iと比べて踏ん張りが効かずかなり落とさないと曲がれないケースが良くありました。ちょくちょくケツも滑っており、キュルキュル音がしておりました。まぁ元々こういったところで走らせるクルマではないのでやむを得ないですね。峠道だと25iのパワーを十分に生かしきれません笑
いずれにしても、峠をかなり飛ばしたのに「12.9」という燃費値はかなり優秀なのではないでしょうか?

(私の中では)330iより先にX1がターンパイクデビューしましたが、いずれ330iも走らせてみたいですね。
Posted at 2017/04/14 21:53:08 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年03月14日 イイね!

こんにちは~!

諸々先を越されて「しまった...先を越された...」と僅かに嫉妬している笑、絶賛就活中のHirotoです(・∀・)

解禁されて早くも2週間経ちますが...まぁ辛いです笑
普段服装がグチャグチャな私がスーツを着ようもんなら、まぁ身体が悲鳴を上げて疲れるんですよね。

それでも、車をモチベにして何とかやっていけております。


はい、またイタリア街へ行きました!笑


車検ステッカー貼って良かったです。ますます日本っぽくなりました。


そういえば、ここって昼間はどんな感じなんでしょうね?一応「汐留西公園(?)」という名前があったはずなんで、公園なのかな?


安定の、ステアリングを切るスタイルです。


MICHELINのPilot Sport 3。まもなく1年経ちますが、結構すり減ってきたかな?

クルマ好きだと、どうしても辰巳や大黒のイメージが強いですが、私はどちらかといえば下道の随所にある撮影スポット巡りの方が好きだったり。

ということで一眼レフも買ったので、みん友のふちさんに「撮影に行きませんか?」とお誘いしてみたんですよ。
そしたら、Aoさんがプチオフを開催されるとのことで私も就活の合間の気分転換にお邪魔させて頂くことになりました。









!!!!!

ほぼE46が揃う形となりました。
ここに写っていない強者含めて出場選手を紹介すると、
E46 318ci Coupe
E46 318ci Coupe
E46 330i M Sport
E46 M3 Coupe
E46 M3 Coupe
E86 Z4M Coupe





何よりも印象的だったのは、皆さんホイールを換えたぐらいで、どのクルマもほぼ純正の姿が保たれているところ。
E46といえば、エアロをびっちし換装したクルマが多い中、このような姿もまた味があって圧巻でした(かく言う私の330iは近日プチ変化します笑)。

もう既出の情報が多いので大方割愛しますが、最初の「道の駅まくらがの里こが」から「渡良瀬川遊水池」まではふちさんの318ciを運転させてもらいました。


実用域でしっかりトルクが出ているので、街中でも非常に乗りやすいなと感じたのが一点。もう一点は、足回りが過剰に固くないので細かなゴツゴツを拾わず快適に乗れる点ですね(^^)
私は6台中3番目に出発しましたが、どこで何が起こったのか、前を走っていた330iと318ciをどこかで抜かして渡良瀬川には一番に到着致しました笑

到着後、ちょこちょこ試乗会が執り行われつつ、私は良い撮影スポットを求めて公園内をうろちょろしておりました。


川沿いということで、こういった眺めの良い場所や


異国情緒溢れたスポットもありました。


また同じアングルだぁ笑


こんな限りなくまっすぐな道もありました。


少し下のアングル。


だんだん...


近付く笑


SASさんの318ciに抜かれる図です笑


ちゃんと後ろからも撮りました。


似たようなアングルが...


あった気が...笑


Z4MのAoさんが、「場違い感満載」などと仰っていましたが、実はこれ私のことだったり笑


まず、M Sportモデルは私だけです。


純正状態から一切ホイールが変わっていないのも私だけです。


確かに顔は違いますが、


E85/86のZ4ってベースはE46と確か同じなんですよね。


そんな中でも、セダンで4枚ドアがあるのも私だけです。


今回Mモデルには試乗できませんでしたが、


「皆違ってみんないい」 金子みすゞ


ひとえにE46と言っても、製造年次の違い、ボディー形状の違い、Mスポの有無の違いで顔は何十通りも存在します。


過去の3シリーズの中でも、E46は前後期で顔の変化が一番大きいモデルだと思っているので、尚更それが目で感じ取れるんですよね。


あっ、後ろの顔も私だけちょっと違いました笑


この3段テールは、気に入っているディテールでもあるので、このままを保ちたいと思います!


オフ会終了後、辰巳に少しお邪魔させてもらいました。
知識がにわかな私はなかなかお三方の話についていけませんでしたが笑、フランス国旗の勇姿を終始眺めておりました笑

辰巳離脱後、せっかくなので品川埠頭にも行きました。










徹頭徹尾、充実した1日を過ごすことが出来ました。一緒にお話し下さった皆さんありがとうございました!

ただの写真ギャラリーのような投稿となりましたが、より詳細を知りたい方は、他の参加者のブログをご覧になって下さい笑
Posted at 2017/03/14 16:04:10 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年03月06日 イイね!

こんばんは!

3月1日より18卒の就活が解禁され、プレエントリーを済ませた企業のエントリーシートを打ち込む日々が続いております。
明日からは、毎年恒例のスキー出発の22日まで怒濤の説明会ラッシュが続く模様です。

この、試験や面接を受けて合否が出る感覚。
中学受験を終えて以来、実に10年ぶりの感覚なのでめっちゃ緊張してます笑
今度は、この先40年が決まるといっても過言ではないので、しっかり自分の満足できる結果を残したいと思います。


新年明けて早々に注文したこちらのOLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ。絶賛活躍中でございます♪

自宅のすぐ近くの車が通らない生活道路で、330iとX1を並べて撮影してみました。






まん丸のイカリングと、上下がカットされたイカリング。こうして比べてみると、随分と印象が違うモノなんですね。

私は一眼レフカメラを買うまで、実に大きな勘違いをしておりました。
カメラ好きの方々なら当たり前のようにご存じのことかと思いますが、ある一つの大きなモノ(車とか)を一地点から写真を撮るとして、その一地点から少し離れてズームするのとでは、枠内のモノの大きさは同じでも、写り方が全然違うんですね。
(↑文章ヘタですが伝わってますか?笑)
よく考えたら当然のことでした。車をすぐ近くで撮るとどうしてもかっこよく上手く撮れない...とずっと悩んでいたのですが、こういうことだったんですね。
でも、これまでずっと被写体になるべく近付くことだけ考えていたのには訳があります。それは、コンデジやスマホはサイズの制約上基本的にデジタルズームの為、ズームすると劣化してしまうということを念頭に置いていたからです。


こちらはスマホで撮った写真ですが、なるべく遠くから撮って少しズームしたので少しばかりの劣化が見られます。

一眼並びにミラーレス一眼の場合は、レンズが移動することによって焦点距離が変わる光学ズームの為、画像の劣化が基本的に無いんですよね。

これを知って以来ズームを多用し、ピント調節機能も使いながら...




より味のある写真が撮れるようになりました!
2枚目の写真に写っているステッカーは、アメリカ ハワイ州の車検期限のステッカーレプリカです笑
ハワイナンバーと相まってよりハワイアンな雰囲気が増しました♪












夜景も、取り込める光の量がスマホとは段違いなのでノイズはほとんどありません。スマホでも、Galaxy S7 edgeはだいぶ夜景に強い方ですが、スマホと一眼とでは越えられない壁があるんだなと改めて実感致しました。

ミラーレス一眼を買ってから、色々なスポットに行くのが好きになりました!これからも、どんどん新しいスポットを開拓して、良い写真を撮り続けたいです!
Posted at 2017/03/06 22:40:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月12日 イイね!

こんばんは♪
今日のことですが、


キリ番ゲット♪
ODOメーターだけならそうでもないですが、トリップメーターまで考慮するとなると本当にチャンスは一瞬です。
次の目標は「088888 888.8」ですかね?

納車後1年以上経ち、年明け早々にかなりの費用を掛けてリフレッシュしたので、快適そのものです。パワステオイルも今のところは大丈夫そうです。

最近なかなか撮りに行けていないのですが、写真と共に1年間クルマを所有してきて気付いたこと、「330iについて」と「カーライフそのものについて」の2つの側面から見てみたいと思います。

①E46の良いところ Part.1

まずは何といっても素直なハンドリングでしょうか?今どきのクルマはサーボトロニック等のアシストが入ってしまうので楽々曲がれてしまう。E70 X5はアクティブステアリングが、F48 X1はバリアブルスポーツステアリングが装備されているので尚更です(25i Mスポのみ)。
これは、街乗りでは楽に運転できちゃいますし高速ではカッチリしてくれるので便利ではあります。普通に乗るならこっちの方が絶対良いです。
しかしながらよりクルマと一体になれるというか、いわゆる「運転してる感」が濃厚なのは間違いなくE46の素のパワステなんですよね。E46は特に重たくて疲れちゃうんですけどね^^;

②E46の良いところ Part.2

次はベストなサイズ感でしょうか?
免許取得から2年間、X5で鍛えられてきたのであまり気になる点ではありませんが、どこへでもスイスイ行けちゃう、もう少し大きいクルマだと躊躇しちゃう道でも入ろうと思えるのはこのサイズあってこそです。
そのくせ、トランクにはソコソコ荷物入りますし、少し苦しいですが5人何とか乗って移動できちゃいます。旅行でレンタカー代を心配しなくて良いってのは結構大きいんです。

③E46の良いところ Part.3

「整備のしやすさ」です。
まだ本格的にコンピューターが入る前の時代のクルマであることもあり、色々自分で簡単にいじれちゃいます。ライト周りもすぐ手が入れやすいようになっているので(ヘッドライト周りはだいぶキツいですが)いつの間にか納車時のライトバルブが内外全部置き換わっちゃいました。
このクルマで色々自分でいじっていく楽しみを覚え、かつ自分は「あまりガチガチにはいじらず、純正色をしっかり残し生かしたいじり方の方が好きである」ということに気づきました。

④E46の良いところ Part.4

古臭さ皆無なデザイン。
いつまで見てても飽きないんです。リアビューも同様。ブラック樹脂のモールが良い味を出しているんですかね?
クルマに詳しくない友人に「これ十数年前のクルマだよ」なんて話すとビックリされます。
特に後期モデルは、現代のモデルに通じるシャープでプチイカツい面も兼ね備えているので尚更古臭く見えないんでしょうかね?
前期のデザインも可愛くて好きです。330iを購入するという夢を持った当初は後期より前期好みでしたし。

⑤E46のここが... Part.1

足回りがガッチガチに固いんです。元々固い足回りは好きですが、E46はだいぶ過剰なぐらい...まぁこれはMスポに限った話でしょうが、見た目を優先してしまうとトレードオフになってしまう部分です。
新東名など、最近出来た道なら問題ないですが、都内走っているとガタガタな部分があるので結構気になってしまう部分です。
足回りを変えれば済む話ですが、一生乗っていく車にするつもりはないので、手放すまでこのままいくと思います。

⑥E46のここが... Part.2

エンジン音が少し大きすぎるんです。
マフラーを替えたときのバリバリ音ではなく、地響きするようなグォングォンって感じのド低音です。
これは私の330iに限った話なのかもしれません。直6NAエンジンの奏でる音は本当に素晴らしいのですが、長時間乗っているとだんだん疲れてきて、帰宅後はぐったりです。
運転席なら、自分で音が大きくなるタイミングが分かるのでそこまで気になりませんでしたが、今回助手席に座ってみて結構気になっちゃいました。アイドリング時なら6ぐらいで良いオーディオの音量を、高速でぶん回す時は10位にしないと聴こえません笑
同じクルマに乗っていた父も「こんなにはエンジンうるさくなかったぞ?」と指摘。原因は何となく分かります。ボンネット裏にインシュレーターが無いんです。
インシュレーターの効果については色々な意見があるのでこれまで購入を躊躇ってきましたが、少し余裕が出てきたのでポチっちゃいました。少しでも効果が出てくれることを期待しています。

⑦E46のここが... Part.3

この写真じゃ伝わりませんが、スイッチの配置がやたら奇妙なんですよ。
普通は運転席ドアにある各面のウィンドウスイッチがセンターコンソールに、センターパネルにあるハザードスイッチやドアロックスイッチがアームレスト前にあるという...
最近はこっちに慣れてしまいましたが、普通の配置のクルマに戻ったとき手先であっちゃこっちゃ探る事になってしまいます笑
まぁここは「慣れ」でカバーするしかないですね笑

⑧E46のここが... Part.4

これは年代物なので致し方ない面もあると思いますが、結構壊れやすい&パーツの劣化が早いです。父の330iは新車でしたが、よく色んな所が壊れていた記憶があります。そもそも「定番どころの修理ポイントがある」という時点であんまりよろしくないですよね笑
これでも、私の330iは最終モデルという事もあってか、これまであまり大きなトラブルは発生していません (点検で治したところもいわゆる「劣化」によるものがほとんどなんですよね)。
最近のBMWは本当に壊れにくいと思います。実際、E53→E70→F48と12年間ノートラブルです。

以上、E46のあれこれをかなり自分勝手に指摘してきましたが、どれも決して致命的な弱点ではないと思います。「慣れ」と「こまめなメンテ」で8割方カバーできる部分です。その分お金はかかりますが...
少し贅沢かもしれませんが、「学生時代に乗る初の愛車」としてE46は決して間違った選択肢ではなかったと思います。

⑨カーライフについて Part.1

車専用のTwitterのアカウントを作るまで、僕と同じような年代で輸入車を所有出来るのは本当に限られた人のみだと思っていました。
僕自身BMWには強いこだわりがあったので、最初っからBMWに乗りたいと思っていましたが、決して叶わぬ夢だと思っていたのです。でも現実は違いました。初めてお邪魔した2015年末のE46オフ会、そこにいたのは僕と同年代の人ばかりでした。しかも社会人ばかりではなく同じ大学生も何人もいる。
日本中の道路を見渡しても7割方が国産車であるという現実がある中、この光景は衝撃的でした。

⑩カーライフについて Part.2

このみんカラという車専用のSNSに参加なさっている方々ならお解りになる思います。
クルマにお金を注ぎ込んでいる分、他の部分をある程度、場合によってはすべて犠牲にしているんですよね。
もちろん重要な生活費までは圧迫できませんが、色々切り詰めて何とかクルマに回せるお金を工面されている方がほとんどだと思います。

よく「あらまぁ外車にお乗りなの。お金持ってらっしゃるのね」なんて言われることがあります。確かに、学生時代にクルマを所有する、ましてやそれが輸入車の場合は余計にお金がかかってくるのは間違いないんですが、多くの大学生がお金を回す服や音楽ライブといったところにはほとんどお金をつぎ込めていない、つぎ込めなかった分クルマにお金をつぎ込めているというのが現実なんです。その分、最近の音楽事情には疎いですし、服装も似たような服ばっかりなんですが...笑 飲み会もそんな頻繁には行けないですし。わたくし、大学のサークルには入っていないのですが、サークル活動でかかるはずだったお金をクルマに使っている感じですかね?
それに、車を持っていれば旅行はガソリン代やETC代だけで済みます。これもだいぶ大きいです。

どのぐらいのお金を維持するためのメンテナンスに注ぎ込むか、部品代を抑えるためにオークションや個人的なコネを活用したり、中古品やOEM品で我慢したり、工賃抑えるために自分で出来るところは自分でやったり...余ったお金でどこまでカスタムに使うか?次のクルマのお金としていくら貯金するか?こうやって色々考えていると、自ずとお金の使い方が上手くなってくる。クルマのことにだって詳しくなってくる。今の時代は、クルマのあれこれを簡単に共有することが出来る。カーライフってそういうことなんだなってこの1年でよく分かりました。

⑪次のクルマについて

こんなこと書いたら330iの調子が悪くなりそうですが、来年は社会人になるのを見据えて少しずつ次のクルマのことを考えています。
現在セダン所有中ですが、未だにデカいSUV好きなのは変わりません。なので、最終的に乗り継いで乗っていきたいのはX5です。
そのX5を次のターンでゲットしてしまうか、もう少しセダン乗ってみるか、はたまた少し冒険してクーペを乗ってみるか...大きく悩んでいます。
E70X5の写真を時々見返していますが、やっぱりカッコいいなぁと...F15に比べて少しだけ背が高く、ボンネットもよりボッコリしているE70。デカい図体なのに、ハンドルは不自然なぐらい激軽です。もう1回乗ってみたい気持ちが出てきています。
しかし、色々装備が充実したF15も捨てきれません。ボンネットは少しシャープになりましたが、押し出し感はF15の方が強いです。
候補1:E70 X5 xDrive35i M Sport
候補2:F15 X5 xDrive35i M Sport

G30が出てきましたが、未だに色褪せていないF10。5シリーズはどのモデルも色褪せていないですが、F10はE60のイカツさとE39のジェントルさと両方兼ね備えており、最近減ってきたグリルとヘッドライトが繋がっていない系のBMWでは最も完成されているデザインだと思っています。X5のN55エンジン、低回転から大トルクを発揮し、2.2tのボディーでも余裕でした。これを今度はF10のX5より少し軽くなったボディーで乗ってみたいものです。
候補3:F10 535i M Sport

どれもかなり贅沢な選択になりますが、しっかり就職決めて、しっかり貯金して夢を現実として叶える努力をしていくしかありませんね。
Posted at 2017/02/13 00:29:44 | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール
「X5と共に過ごした11年間 http://cvw.jp/b/2193250/39634088/
何シテル?   04/19 01:05
ほぼBMWにしか興味がない、とことん一途な大学生です。純正のカッコ良さを生かし、ほどほどに弄って乗るのが好きです。 2016年1月に成人を迎え、初のマイカーと...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
以下の方、特にお待ちしています。

・BMW好き
以下特に
→E46好き
→Xシリーズ好き

・SUV好き
16 人のお友達がいます
わこうだいすきわこうだいすき * モッツァモッツァ
Fuchi11Fuchi11 ao-A30-ao-A30-
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 semir@E46semir@E46
ファン
7 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 3シリーズ セダン 330i M Sport (BMW 3シリーズ セダン)
初のマイカーである、2004年式 BMW 330i M Sport (E46)です。 ...
BMW X1 X1 xDrive25i M Sport (BMW X1)
父にとっては4台目のBMWである、2016年式 BMW X1 xDrive25i M S ...
BMW X5 X5 xDrive35i M Sport (BMW X5)
父にとっては3台目のBMWである、BMW X5 xDrive35i M Sport (E ...
BMW X5 X5 3.0i Sport PKG (BMW X5)
家族車のBMW X5 3.0i Sport PKG(E53)です。2005年6月にBMW ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.