• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アクティブアスパラのブログ一覧

2017年12月12日 イイね!

久し振りの映画鑑賞

久し振りの映画鑑賞久し振りに映画を見に行きました。
急に思い立ってアスパラ奥様との映画デートです。
二人で映画を見るのは、我が家の恒例行事のはずでしたが、ふと気がついたら、なんと今年はまだ一度も行っていません。
このまま年を越すのもなんだと思い、急に思い立った映画鑑賞です。

行くのは、ご近所サントムーン柿田川に威容を誇るシネプラザサントムーンです。我が家ご愛用のいわゆるシネマコンプレックスで、なんと12ものスクリーンが用意されています。
ありがたいことにはシニア割引対象なので、二人とも通常料金¥1,800-のところを¥1,100-にと、大幅に割引いてもらえます。


見た作品は「DESTINY 鎌倉ものがたり」(パンフレットより)
アスパラは未だに本籍地を鎌倉に残していますが、最近はいささか縁遠くなっています。それでも、やはり育ったところであり親しみは感じます。作品はどちらかと言えばアスパラ奥様好みのファンタジーで、正直言うと私はあまり期待していませんでしたが、さにあらずホンワカとした空気に鎌倉の雰囲気が漂って、なかなか楽しかったです。


いつものように映画鑑賞のお供は、ポップコーンとフライドポテト。
飲み物は私がホットコーヒー、奥様がロイヤルミルクティーです。

ところが今日は大失敗をしでかしました。席に着くやいなやポップコーンをひっくり返して床にぶちまけたのです。ほうきを借りに行ったら、すぐに係員が飛んできて、床を掃除してくれるは、あたらしいポップコーンを持ってきてくれるはと、至れり尽くせりのサービスです。これは助かりました。


開演10分前の館内
平日の午前中ですから、エラく空いています。330席のところにせいぜい10数人しか入らず、誠にゆったりと鑑賞できます。

久しぶりの映画鑑賞でしたが、今後の予告編をいくつも見せられると、また来てみようかなという気持ちになりました。
Posted at 2017/12/12 23:58:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記帳 | クルマ
2017年12月07日 イイね!

3シリーズの車種別生産工場

3シリーズの車種別生産工場昨日ご報告したように「リコール届出一覧表」を分析してみると、何かが見えてくるような気がしてきて、いまちょっと嵌まっています。

昨日の「届出番号:外-2552 」は、BMWが10月23日に国交省に届け出た「タカタ製エアバッグのリコール等情報 」ですが、対象車の製造期間は2013.1.4~2017.7.30、3シリーズで言えばF30系となります。せっかくのデータベースを作ったので、今度は3シリーズについて眺めてみました。

今回のリコール対象は 3シリーズでは14,182台です。日本国内での3シリーズ販売台数は、2016年で11,947台(日本自動車輸入組合公表)ですから、該当期間4年半で5万台くらいだとして、リコールに該当しているのは24%くらいでしょう。対象となったエアバッグのインフレータ(膨張装置)は数社から調達しているのでしょうが、車種ごとに大きな偏りがないと決めつけて、このデータを使って傾向を見てみます。

車種ごと、工場ごとに分類してみましょう。

「届出番号:外-2552 」(製作期間:2013.1.4~2017.7.30)

最多販売車種は320dで5,309台、実に37%を占めています。ディーゼルの人気は承知していましたが、正直ここまでとは思いませんでした。

一方、工場別ではミュンヘン工場が半分を占めていることに驚いています。日本に来る3シリーズは、ほとんど南ア ロスリン工場製だと聞いていたのと全然違いますが、このサンプル固有の偏りがあるのでしょうか。

どうにもしっくりこないなぁ~と考えているうちに、他のリコール情報も確認したらどうだろうか思い立ちました。
昨日も書いた「タカタ製エアバッグのリコール等情報 」には、すでに届けられているリコール情報も載っているのです。

すると昨年9月9日に届出された「届出番号:外-2374 」がありました。こちらは、2004.2.27~2012.12.22製作に関わるもので、リコール対象はなんと109,718台もあり、3シリーズに限っても43,364台入っています。

同様に、車種ごと、工場ごとに分類してみましょう。

「届出番号:外-2374 」(製作期間:2004.2.27~2012.12.22)

なるほど、こちらでは南ア ロスリン工場が半分を占めています。特にセダンは圧倒的にロスリン製という、誠に分かり易い構成です。ただし、ディーゼルがまったく入ってません。リコールの対象外なようです。

F30系になってから、日本市場へのロスリン工場の比率は下がったように見えるのですが、実際はどうなんでしょう。私のActiveHybrid3は、当然南ア製だと思っていたのに届いたらミュンヘン製で驚きましたが、実はミュンヘンでしか作っていなかったようです。生産工場を、BMWがどうやって決めるのかまったくわかりませんが、いろいろ考えながら変化させているのでしょうね。

まったく怪しげな資料ですが、なにかの参考になればうれしいです。
Posted at 2017/12/07 16:12:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMW | クルマ
2017年12月06日 イイね!

BMWの車種別生産工場

BMWの車種別生産工場久し振りにBMWからはがきが届きました。
何か楽しいご案内ではないかと期待して開いてみたら、「リコールについてのご案内とお詫び」でした。

例のタカタ製エアバッグに関することですが、やはりここまで影響は広がるのですね。たいへんです。もう1台のトヨタヴィッツは、すでに2回も対応していますが、BMWからのご連絡いただくのは今回が初めてです。


BMW車では異常報告はないが、インフレーター容器に破損の恐れがあるので交換させていただきますとのことです。「ただちに安全性に問題があるとは考えていないので、対策部品をお待ちいただく間も、安心して車を使用いただけるものと考えております。」と書いてありますが、かなり無理を感じる説明ではありますが、まあ仕方がないでしょう。対策部品が準備できるのをお待ちしましょう。

詳細の説明はBMWのHPにあるリコール情報から「タカタ製エアバッグのリコール等情報 」を見るようにと案内があったので、さっそく覗いてみました。

そこから飛んで、2017年10月23日に国交省に届出された「届出番号:外-2552 」の詳細内容を見てみます。

これが1頁目でこのあと延々12頁に及ぶ内容ですが、PDFで見られます。リコール対象は日本国内で登録された106型式、93車種、84,509台とのことです。ことし7月までの4年半に生産されたものですが、日本国内販売台数が年間5万台程度のBMWにしては、かなりの割合です。

さて、ここからが今日の本題で、このリコール内容の資料を見て目を惹いたのが「リコール対象の車台番号」です。
既にご存知かもしれませんが、この車台番号(VIN CODE)の11桁目で生産工場を識別することができます。

BMWの場合は11桁目が
A/F/K: Munchen(ミュンヘン)
E/J/P: Regensburg(レーゲンスブルク)
B/C/D/G: Dingolfing(ディンゴルフィン)
V: Leipzig(ライプチヒ)
W: Graz (オーストリア グラーツ)
L/M: Spartanburg (U.S.A. スパルタンバーグ)
H/N: Rosslyn(南ア ロスリン) 
S: Shenyang (中国 瀋陽)
T: Oxford(U.K. オックスフォード) 
U: Goodwood (U.K. グッドウッド)
X/Y/Z: Berlin(ベルリン)
となります。

8万台のBMWの生産工場がわかるのですから、これは俄然興味が湧きます。12頁にわたる資料をエクセルに打ち込んで整理すれば、今回リコール対象車の車種別生産工場が整理できるはずです。

ヒマ人の恐ろしさで、やってみました。
う~ん、いろいろ見えてきます。

①まず今回のリコールですが、7シリーズは含まれていないものの、BMWのほぼ全車種、全工場に及んでいます。

②該当台数の多い順(生産台数の多い順?)では、1位がライプチヒ、2位がディンゴルフィン、3位がミュンヘンです。ライプチヒは2シリーズとXシリーズに集中していて、ディンゴルフィンはその他の車種を満遍なく作っているのがわかります。

③日本にやってくる3シリーズ(右ハンドル車)は、大半が南アフリカで製造されているものと思っていたのですが、意外にもドイツのミュンヘンやディンゴルフィンでもたくさん作っています。あるいは、南アフリカ製はタカタのエアバッグの使用比率が低くて、数字が出なかったということかもしれませんが。

③今回の範囲で見ると、BMWの中で2シリーズFF(21,026台)とXシリーズ(15,891台)が、それぞれ24.9%、18.8%と高い割合になっています。「FFなんかBMWらしくない」なんてことは、もう言っていられませんね。

④中国 瀋陽製のBMWは、Xシリーズで812台、X5M,X6Mで69台が、既に日本に入っていました。

⑤さすがにMシリーズは、X5M,X6Mを除けば、すべてドイツ本国生産です。

今回のリコール対象車のリストを使っての分析であり、BMW車全体とは違うかもしれませんが、普段はつかめない車種別販売実績とか、工場ごとの生産車種とかが、傾向としてかなり見えた気がします。

どうぞ、みなさんにもご覧いただいて、気がついたことがありましたら教えて下さい。
Posted at 2017/12/06 20:06:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW | クルマ
2017年11月30日 イイね!

年賀状準備できました!

年賀状準備できました!昨年と同じく、ひまな意地悪爺さんが、性格の悪さを発揮して、お忙しいみなさんにプレッシャーを与えようと、「年賀状用意できたよ~」と威張っています。昨年も同じ手口を使いましたが、今年はさらに1週間早まって、本日11月末日に、文面と宛名の印刷を全部完了しています。ハエェ~でしょう。

今日の午後は時間ができたので、よ~し年賀状の写真でも選ぼうかというくらいで作業を始めましたが、なんだか勢いに乗ってやりきってしまいました。もちろん、これから1枚1枚、相手の顔を思い浮かべながら一言コメントを書くという大作業はありますが、最悪の場合は、このまま投函することも可能です。

最近では、年賀状という風習は廃れてきましたが、年に1回年賀状だけで安否を確認しあう方も多くて、アスパラは未だに相当な枚数を送っています。いただく賀状にも、ありきたりの「本年も、よろしくお願いします」だけではなく、できれば近況報告、最近思うことなど書いていただくとうれしくなりますね。そういう意味では、写真が加わると情報量はぐっと増えて、しっかり様子が伝わります。

隠居したので枚数が減るかと思いましたが、新しいおつき合いが増えて、枚数は逆に増えました。まあ喜ばしいことでしょう。

Posted at 2017/11/30 19:48:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記帳 | クルマ
2017年11月29日 イイね!

えっ、もうクリスマス

えっ、もうクリスマス
今年の大相撲も終わってしまい、もうすぐ師走を迎える時期となり、年の瀬が近づきました。
それでも現役のみなさんは、まだまだ年内に片付ける仕事が山のようで、さぞご苦労されていることだろうと拝察いたします。

それなのに、アスパラ家はもうすっかりクリスマス・モードになっております。
そうなんです。アスパラ奥様による恒例の行事ですが、家中にサンタクロース、トナカイ、雪だるまがあふれています。出すのも仕舞うのも、さぞたいへんなことだろうと思うのですが、飾り終わったので今年のバージョンをしっかり写真に撮ってくださいとご下命いただき、苦労の末にやっと撮り終えました。

お忙しい皆様には、まだ場違いでしょうが、せっかくなので、どうぞ楽しんで下さい。



サンタが何人いるのかは、私も知りません。

Posted at 2017/11/29 22:59:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記帳 | クルマ

プロフィール

「@チョコ父さん だいぶ進みましたね。
もう、本州最北端ですか。
今度は向きを変えて、日本海側縦断になりますが、体調維持に気をつけて、元気に進軍してください。」
何シテル?   06/02 14:28
アクティブアスパラです。よろしくお願いします。 ここ数年、仕事に追いまくられて、楽しくドライブする機会がほとんどありませんでしたが、やっと時間に余裕ができるよ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

人気シリーズの復活 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/01 22:36:11
「マクドナルド」の本当の発音。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/23 07:59:54

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

BMW アクティブハイブリッド 3 AH3 (BMW アクティブハイブリッド 3)
2014年9月26日大安吉日に納車されました。 6気筒とハイブリッドにこだわった結果、と ...
トヨタ ヴィッツ ピースケ (トヨタ ヴィッツ)
通勤用に使っていますが、会社が近くて距離が伸びません。 イスの作りの良さを気に入ってI' ...
トヨタ アリスト (チカラ)アリスケ (トヨタ アリスト)
トヨタ アリストには14年18万5千キロ乗りました。49歳~63歳でしたが、思い出深く充 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる