車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月19日 イイね!
御殿場と富士霊園でお花見なかなか咲かずにイライラさせられていた今年の花見も、そろそろ最終段階になりました。
今週になったら暑い日が続いたためか、例年遅い地域も急速に追い上げて、あっちもこっちも満開で、大いに焦らされることになりました。

うちの近所では、御殿場は標高が400m程度なので三島より10日遅れ、富士霊園はさらに1週間遅れと思っているのですが、一気に加速して満開情報が飛び込んできました。

そこで昨日(4月19日(水))は、御殿場方面各所を順番に回りました。



行った先は、
 ①国立駿河療養所
 ②御殿場高原ホテル
 ③秩父宮記念公園
 ④東山湖(ひがしやまこ)
 ⑤御殿場平和公園
 ⑥富士霊園
もう怒濤の攻めです。

①国立駿河療養所

供養塔の山
国立駿河療養所は御殿場にあるハンセン病の療養所で、世間から隔絶された暗い歴史がありました。
桜があるこの山にも、ここで亡くなられた方の供養塔があります。
私も中に入ったのは、今回が初めてです。


見事に咲いた療養園の桜

②御殿場高原ホテル
駿河療養園を出てから、次にサッカーの合宿で有名な御殿場高原ホテル 時之栖(ときのすみか)を覗いてみます。

御殿場高原ホテル
バブル華やかな頃には、東京のお客様を呼んで最上階のクラブでご接待を大いに喜んでいただいたものです。
花はもう終わっていたので早々に退散して、次に向かいます。

③秩父宮記念公園

秩父宮記念公園
昭和16年から約10年間、秩父宮殿下(昭和天皇の一歳下の弟)と勢津子妃殿下が実際に住まわれたご別邸で、後に御殿場市に寄贈されたもの。(ガイドから抜粋)

入口から鬱蒼とした森を抜けると秩父宮メモリアルガーデンに進みます。

広さ約5千㎡ある自然豊かなガーデンには多くの草花が咲き誇っています


春らしい景色が溢れています


秩父宮様がお住まいになった母屋


母屋から眺める富士山
ここで療養されたそうですが、まことにうらやましい環境です。

④東山湖(ひがしやまこ)
秩父宮記念公園を出てから、そのまま歩いて東山湖に向かいます。
国道138号のバイパスを渡ると、そこが東山湖
箱根登り口のすぐ横にある桜の名所ですが、みなさんあまり気づかないで走り抜けていきます。


東山湖畔からの富士山


枝垂れ桜とともに

家を出るときには天気はいまひとつで、富士山のことはまったく期待していませんでした。しかし、大風が雲を吹き飛ばしてしまい、くっきり富士山が現れました。超ラッキーです。

今回は、のんびり走って、ぼんやり花を惜しむという趣向でしたが、富士山が出てきてしまっては、そうもいかなくなりました。

⑤御殿場平和公園
富士山が出たのでは、ここに行かない訳にはいきません。。

「これぞ日本の春!」という、外人さんが喜ぶ景色が待っています


日本が凝縮されたような絵ができました






どこを見ても外国人観光客ばっかり。日本人はどこにも見当たりません。

⑥富士霊園
最後は富士スピードウェイのお隣「富士霊園」。
超有名なお花見スポットです。


富士霊園
平日なのにたくさんの車が来ています。それでも霊園の中でクルマが動いているだけ、まだしも良いのでしょう。

風に舞う花びら

御殿場は既に終わりかけていましたが、富士霊園はいまが真っ盛り。
それでもハラハラ散るという風情ではなく、ゴォーという風の音とともに、大量の花びらが吹き荒れて大騒ぎです。
こんな勢いで散っていては、数時間で花びらが無くなりそうでした。
恐らく、今日あたりで終わるのでしょう。

9時頃家を出てから、途切れなく花見を続けていたので、すっかり昼過ぎになっており、空腹を抱えていました。

昼食は、国道246号の菅沼交差点の手前に新しくできた「小山茶寮」に行ってみます。
御殿場を拠点に人気のとんかつ屋「かつ栄」グループが作った新しいお店で、いままでは「駿富苑」という地元のお店があった場所です。


ひれかつ定食
因みにご飯とキャベツはお替わり自由なので、キャベツはもう一杯いただきました。「かつ栄」のとんかつはとても美味しくて好物にしています。


ここの特徴ですが、とんかつが来る前にすり鉢とすりこぎが運ばれてきます。
胡麻を入れて、しっかりゴマをすってソースを絡めます。
ゴマをするといい香りがしてきて、気に入っています。

贅沢なことに、花見にもう疲れていましたので、今回は軽く現状を眺めて名残を惜しむだけのつもりでしたが、気がついたら、すっかりのめり込んでいました。

今回も予想を上回った良い花見でした。
あと残るのは河口湖くらいかな~。
Posted at 2017/04/20 11:41:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 富士山 | クルマ
2017年04月17日 イイね!
伊東大室山 さくらの里に恒例の花見昨日(4月17日(日))は、アスパラ家で毎年定番にしている、伊東大室山「さくらの里」と「伊豆高原」に花見にでかけました。
いささか出遅れ感がありますが、夫婦揃ってのスケジュールが調整できなかったので、仕方がありません。

朝食は、近所のコメ工房にておにぎりを食べて、朝8時に出発しました。
伊豆中央道にさえ入らず、ひたすら国道136号下田街道を南下、修善寺駅前から冷川、中伊豆バイパスを経由して、大室山「さくらの里」に9時到着。
ボランティアさんが誘導してくれて無事に駐車場確保。


大室山の麓のさくらの里


枝振りが気に入って1枚


花見にご満足のアスパラ奥様です。
全体的には盛りを過ぎていましたが、種類が豊富なのでまだまだ楽しめる桜も十分ありました。

続いてもうひとつの定番、「伊豆高原」に行きましたが、

伊豆高原

こちらは、昨日大風が吹いてしまったとのことで、もう痛んでいます。クルマから眺めるだけとなりました。

花見を終えてからは、奥様御用達の「伊豆高原ローズテラス」でお買い物。

伊豆高原ローズテラス

別荘族を相手に洒落た小物を扱っているお店で、時々覗きに行くのがアスパラ奥様の楽しみです。たくさん買い物されたようで、お店で紅茶をごちそうになってしまいました。

さて帰り道ですが、ここまで来たなら、これまた定番にしている伊豆稲取の金目鯛を食べることにしました。

伊豆稲取 網元 徳造丸 漁庵


徳造丸 漁庵のメニュー

今回頼んだのは、⑦金目鯛焼き魚と刺身膳

刺身
左から、桜えび、いか、金目鯛、天使の海老(ニューカレドニア産)の4点。
特にいかがうまかったです。


金目鯛の塩焼き
金目鯛は煮付けがポピュラーですが、塩焼きにこだわっています。
これを食べたくて、時々稲取まで出かけて来るのです。

ここからの帰り道は河津に出てから天城峠越えなので、しっかり走りも楽しめました。

Posted at 2017/04/17 23:03:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 伊豆 | クルマ
2017年04月17日 イイね!
大石寺にて今年一番の花見!先週はたいへん忙しい一週間だったので、すっかりご無沙汰いたしました。
何が忙しいかと言えば、もちろん花見です。

大雨が続いている中で、いままで「咲き始め」程度だった静岡県の桜情報は、各地とも「三分咲き」「五分咲き」を通り過ぎて、一気に「満開」に変わりました。
週の前半は天気が大荒れで、花見どころではなかったですが、木曜日はやっと天気になりました。
これはたいへんと緊急出動ですが、残念なことにアスパラ奥様はお稽古ごとで東京にお出かけの予定があり、「一人で遊んでおいで」と突き放されました。

どこに行くかと悩み、ここは確実なところで、富士宮市の「日蓮正宗総本山大石寺(たいせきじ)」に狙いをつけ、大好きな富士南麓道路(国道469号)を走り抜けて行きました。


日蓮正宗総本山大石寺 奉安堂

ものすごいスケールの建物です。
しかしそれ以上にすごいのは、

塔頭参道
大石寺の中には塔頭(たっちゅう=小寺院)が建ち並び、見事な桜並木になっています。


塔頭寺院 南之坊


塔頭寺院 本境坊
それぞれの塔頭が、しっかりと意匠を凝らして、見事な姿で見応え十分です。

富士山は、ほとんどの時間雲の中に隠れていましたが、時々瞬間的に姿を見せてくれます。

三門付近から桜と富士山


法祥園からの富士山

法祥園へ行ったときには、富士山は雲の中にまったく隠れていたのですが、プロカメラマンらしき方が、あと5分で出てくると予言するのを信じて待ってみたら、ホントに5分経って姿を見せました。びっくりです。

この日は桜に集中しようと決めていたはずなのに、富士山を見てしまうとついついそちらに惹かれてしまいます。
富士山の持つ恐ろしい力です。

大石寺は、ものすご~く広い境内で、いたるところに桜があり、それがどれも満開で、喜び勇んで写真を撮り続けましたが、あまりに恵まれた環境に、最後はもうヘトヘトになりました。

大石寺というところは、駐車料金も入場料もまったく取りません。
一方で写真を撮っていると、きれいな女性が「どういう風にしたら、いい写真が撮れますか」なんて声をかけてきます。とても親しくお話をしていると、そのうちに日蓮正宗のパンフレットを出して熱心に説明し始めます。どうやら信者さんが勧誘しているようで、気が付くとあちらこちらで声掛けをしています。
この日、私は6人くらいの女性から声をかけられました。

とうとうあるお寺さんで、寺男さんに誘われて庭を拝見し、そのあと本堂にまで招き入れられると、そこにご住職が現れて、一時間以上もご説明をいただいてしまいました。
名前と住所、電話番号を教えましたので、今後しっかり勧誘されそうです。

富士南麓道路の往復もすこぶる快適で、文句なく今年一番のお花見となりました。
Posted at 2017/04/17 20:36:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 富士山 | クルマ
2017年04月11日 イイね!
雨の合間に近所で花見なんでこんなに雨が続くのでしょう。
今日の降り方なんか、尋常ではありませんからね。
水不足を心配しないで済むのは喜ばしいとはいえ、もうなんとかならないものでしょうか。

そんな中で昨日(4/10(月))は雨がやんで、久しぶりに外で活動できた1日でした。お天道様がしっかり顔を出すというほどではありませんが、贅沢は言えません。

午前中はテニスに興じて、年上のお姉様に囲まれて、老人パワー全開の集まりでした。
数日間のブランクをものともせず、みなさんとしっかり体を動かすことができて、きわめて爽快です。

天気が崩れると予報されていましたので、この期を逃さぬようにと、もうかなり咲きそろっている近所の花を見に、午後は出かけました。アスパラ奥様は友人達と前から約束したお食事会とのことでおつき合いいただけなくて、今回はカメラ片手の単独行です。

タイトル画は三島市桜堤です。区画整理で新しくできた桜の名所であり、晴れの合間にみなさんお出ましです。


曇り空なので、空を入れずにアップで撮っています

この後は、今後に備えて伊豆高原を偵察しようかと思って、伊豆縦貫道を南下し始めましたが、三島玉沢ICが近づいてくると、玉沢の名に惹かれて素通りできず、ここで下りてしまいました。

行ったところは、玉澤妙法華寺
山の中に佇む雰囲気のあるお寺さんです。


立て札がちょっと邪魔ですが、山のお寺の雰囲気を


鐘撞き堂に山桜


「上人様が花咲かす」とタイトルをつけました

続いてお向かいの別のお寺に

覚林院 (三島市玉沢)


覚林院の裏山


本堂の屋根とともに

天気に恵まれたらもっと良いのでしょうが、曇り空の中でもそれなりに桜を楽しんできました。

しかし、今日もまた雨です。
Posted at 2017/04/11 15:47:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 三島 | クルマ
2017年04月09日 イイね!
「高野山・熊野三山巡り」の計画を始めました高野山は、こどもの頃から頭の中にいつも入っている永遠の憧れの地です。
いつかはと思いながら、未だに実現していない、「行ってみたいところリスト」最上位にある私の聖地です。

みん友のみなさん方が、高野山、紀伊半島の旅行記を載せられていらっしゃるので、それに刺激されて今年こそはと強く念じていました。
機は熟しました。後は行動あるのみです。

まずはアスパラ奥様と相談して、お互いのスケジュールを調整。これが結構難しいです。
どうやら6月上旬なら良さそうです。

その次は、とにかく宿を確保してしまいましょう。
年寄り二人の旅では、最近特に宿の占めるウェイトが大きくなっています。
いろいろ見て回っても疲れるので、早く宿に行き、ゆっくり風呂に入り、ゆっくり食事を楽しみたいと、強く思うようになりました。普段は食い違ってばかりの夫婦ですが、これだけはめずらしく意見が一致しています。

そうすると、だいぶ贅沢になってしまうのですが、旅館でさらに部屋食ができるところを探すことになります。しかし部屋食は、宿の方が嫌うようになってきました。かなりの高級旅館でさえ、対応しないところが多くなりました。

その難しい旅館探しですが、ツールはこちら。

一休.comの「温泉・旅館 予約」を使っています。
ここでは「部屋食」にチェックを入れられますが、例えば今度の和歌山県では、チェックを入れなければ19軒あったものが、チェックを入れると7軒と検索結果が半分以下になりました。

このような手順を踏んで、やっと「高野山の宿坊」と「那智勝浦の旅館」を予約できました。まだ、計画変更もありそうだし、宿泊日の4日前まで無料でキャンセルできるというのは、ありがたいことです。

宿が押さえられたので、次は行程になります。
この検討には、「YAHOO!カーナビ」を使ってみましたが、これはとても便利なツールです。


出発地、目的地(必要ならば経由地3カ所まで)と出発時間を入れると、コースと所要時間、到着時間が返ってきます。
上図は自宅→室生寺までの例です。
6:30に出発すると入力したら、室生寺に10:26に到着すると表示されました。


次は室生寺→高野山ですが、今度は高野山の到着時刻を宿のチェックイン時刻である15:00と入力すると、逆算して室生寺の出発時刻が12:47と指示されます。
使い込むと、いろいろなシミュレーションができ、たいへん重宝しています。

今回の訪問地は
 
左:室生寺 右:高野山

  
左:熊野本宮大社 中:熊野速玉大社 右:熊野那智大社
(いずれもWikipediaから転載)

一応の計画がまとまりましたが、行くからにはそれなりに勉強をしておこうと、Wikipediaを活用しまくりました。

検索内容を利用して、コピペの連続で「高野山と熊野三山巡りの旅」ガイドブックをでっち上げました。
意外にまめな性格でしょう。単に時間が余っているだけかもしれませんが。

このガイドをアスパラ奥様に渡し、事前勉強してもらいます。
同行者は、いまどこに向かっているのか、これから何をするのかがわからないと、旅行中に不安になるようです。このガイドが情報共有化の一助になればと期待しています。

いまは高野山の滞在時間を悩んでおります。

高野山ガイドマップ (HPより転載)

高野山は思っていたより広く、見るべき場所が多くて、初回であれば6時間程度欲しいというガイドばかりです。いまの計画では、15時到着、9時出発ですが、その間の見物時間は3時間程度になりそうで、いささか少ないようです。

他の場所を割愛してでも、高野山の時間を増やすべきではないかと、思い始めているところです。
情報をお持ちの方々、いかがでしょうか。
Posted at 2017/04/09 22:56:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | 高野山への旅 | クルマ
プロフィール
「@福六 さん インプレのブログアップを期待します。」
何シテル?   04/25 16:47
アクティブアスパラです。よろしくお願いします。 ここ数年、仕事に追いまくられて、楽しくドライブする機会がほとんどありませんでしたが、やっと時間に余裕ができるよ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
人気シリーズの復活 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/01 22:36:11
「マクドナルド」の本当の発音。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/23 07:59:54
ファン
16 人のファンがいます
愛車一覧
BMW アクティブハイブリッド 3 AH3 (BMW アクティブハイブリッド 3)
2014年9月26日大安吉日に納車されました。 6気筒とハイブリッドにこだわった結果、と ...
トヨタ ヴィッツ ピースケ (トヨタ ヴィッツ)
通勤用に使っていますが、会社が近くて距離が伸びません。 イスの作りの良さを気に入ってI' ...
トヨタ アリスト (チカラ)アリスケ (トヨタ アリスト)
トヨタ アリストには14年18万5千キロ乗りました。49歳~63歳でしたが、思い出深く充 ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.