• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月09日

Newエンジン

Newエンジン まだフルブースト全開にはしてないものの、カナリいいです。
慣らしの時に感じた「キてる」感覚は間違ってなかったみたい!




Newエンジンの以前からの変更点は、

 ・ブロックがノーマル(どうせ割れるという事でスリーブ無し)
 
 ・ピストン溶解の為コスワース製へ(重量が以前より軽いとの事 特注で30マソエン・・・)

 ・ヘッドガスケット1.6mm⇒1.2mmになり高圧縮化

 ・メタルを24Uへ変更
 (アペックス2.2ℓKitはGT-R用メタル仕様になっており、N1メタルに変更)


結果、

タイトルこの様なカンジになりました。

ちょくちょく、オフ会などで話すことがある際に、
「4000rpmから下はアイドリング」と表現することがありますが、
実際このグラフを見てもらえれば理解してもらえると思います。

しかし!

ソレでも以前と比べれば全くのベツ物。
圧縮比が上がった影響なのか?
兎に角トルク感があって、NA域でも前に出ようとしてくれます。
タービンは変わってないどころか、そろそろ寿命なのに、
以前と比べて、確実に500rpmは下から使えるようになってます。

ほぼ同仕様の方のグラフと比較しても、
立ち上がりが早く、ピークが長く使えるようになってます。

まだ7000rpmまでしか使ってないけれど、
社長によれば「上も前より伸びる」との事。

計測方法はローラーとダイナで違えど、
実測馬力で60馬力以上落ちてるのに、実際は前より速い!
(SW20はダイノだと超辛口に数字がでるのかな?)
850ccインジェクター全噴射なので、
コレをぶち抜きのサージタンクに交換して、
インジェクターをトップフィードの1000ccに交換すれば、
普通に700ps以上出るとの事だけれど、
トップフィード化だけですごい諭吉が掛かるので
(インタークーラーから全部作り直しになる・・・)
ストリート仕様としては今がベスト!だと思います。
(ゼロヨン9秒台とかさえ狙わなければ・・・w)


多分このエンジン、

乗ってるカンジからすると、
ピークが500~550psのタービンに付け替えたら、
街乗り~周回用エンジンとしてビビる程速くなる雰囲気がある!
多分、3500rpm~8500rpm位まで、
相当ワイドでビンビンにまわる仕様に出来そう。

恐らくその仕様でも、ゼロヨンは11秒前半は狙えそうだし、
ちょっと試しにやってみたいけれど・・・
先立つ物がないのと、
500ps~程度のタービン使用実例が無いため、
人柱になる覚悟が必要というのがツライ!

なので、皆さんのタービン交換の情報、待ってます!w


因みに今、
同じ市に住んでいるSW20 5型NA改ボルトオンターボの方が、
オーバーヒート~燃料漏れを期にエンジンを作ってますが、

VVT-iを残したまま、
エンジン内部は2.2リッター化(フェニックスパワーオリジナルkit)
で、ピストンは私と同様に特注製作、
タービンはT517Z
という仕様で製作が進んでます。


コレ、超珍しい仕様なんで、自分もすごく気になるし、
SW20に乗ってる方は凄く気になる仕様ですよね?
仕上がりどうなるんかなぁ~




【備忘録】
エンジンにおける経験と判断基準

SW20の3Sは、ボアの拡大をしていると?オーバーヒートに弱い。
Ⅱ型エンジン、Ⅲ型エンジン共に、
オーバーヒートによるシリンダブロックのクラックによりブロー。

ヘッドが歪んでガスケットが抜ける前に、ブロックが先に割れる。
(Ⅲ型ブロー時はヘッドに歪み無く、面研せずに使用)

症状は、軽度のガスケット抜けとほぼ同様で非常に判り辛い。

 ・リザーバーからクーラントが戻らない
 ・クーラントにオイル混じりは無い
 ・オイルにクーラント混じりは無い
 ・始動時にマフラーから水が出る(クーラントであるという判断が難しい)
 ・始動性悪化
 ・アイドル領域の不安定化
 ・普通に走る程度では問題ないが、全開にするとリザーバーから溢れる。
 ・上で伸びない。

上記の様な症状が出た場合、
ヒート状態を経験しているなら、ほぼ確実にエンジンブロックにクラック有り。


(応急処置)
 リスローンのヘッドガスケットフィックスなる物を使用すると、
 なんと、ブロックのクラックまで一時的に補修してしまう。
 ラジエーター液が噴水状態レベルまでいかなければ補修可能で、
 競技クラスの全開にさえしなければ普通に乗れてしまう。
 OHする資金が無く、どうにか車も使わなければならない状況であれば、
 使用するのは悪くはないと思う。(ただし、1マソくらいする・・・)

 ちなみに漏れを止める理論は、銅粉と特殊な溶剤で、
 エンジンの熱により銅がクラックに入り溶けて固まり塞ぐというモノらしい。
 コレがダメになったという判断は、
 ラジエーターキャップをあけた際、
 FRP繊維のような塊が浮いてきたりキャップに付着していたなら、
 おそらくソレは塞いでいたものが剥離したもので、
 その時点で効果はなくなっている(もしくは薄くなっている)
 

ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/10/09 10:54:27

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

備忘録は役に立つ!(まとめ有り)
moonSPLさん

今年も大変お世話になりました
ひなともRさん

K6Aのオーバーヒート修理
クレンツェ21さん

これで見納め赤ヘッド
G赤バッヂTさん

エンジン載せましたが~(>_<)
ドリグリN2さん

エンジンのカットモデルを作ろう!!
餃子大名さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@K--5 会社の歓送迎会あるんで遅れるけども後追いで行きます〜」
何シテル?   10/21 14:32
単純記憶が苦手です。 特に、地理関係は無関心なこともあり酷く、 道や場所を覚えるのが辛く、ナビなしでは生きていけません。 車好きですが、乗るセンス...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スバル(純正) TENSR CP SPCHGR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/18 08:15:00
日産 スカイライン GT-R BCNR33  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 00:04:05
久々に動かしてみた&ジャッキ購入 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/19 00:17:25

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ MR2 トヨタ MR2
街のりからサーキットまで、なんでも活躍のフルチューン車両。 BNR32が、スピンの末 ...
スバル R2 スバル R2
エボⅥが事実上の廃車状態となり、 しばらく走りから離れて、親の車を借りて漠然と暮らしてい ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
ニュルエンジンにT78-29Dの600ps仕様。 RB26の回る感覚と音、ウェストゲート ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
中学の時、発表されたFDがあまりにカッコ良くて、 高校卒業するまで欲しくて欲しくて堪らな ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.