車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月16日
ツインスパークエンジンって?(後編)
ツインスパークエンジンって?(後編)














アルファロメオの「ツインスパークエンジン」を大まかに振り返るこのシリーズ記事、前編中編とお付き合い頂いておりますが、今回はようやっと後編であります。ノンビリペースでお恥ずかしい限りです。


1954年に誕生したアルファツインカムエンジンは、フィアット買収の翌1987年に近代化改修(8バルブツインプラグ化)を実施。

アルファロメオの車種ラインナップにおいて、上位モデルはV型6気筒、中位モデルは8バルブツインプラグヘッドの直列4気筒、下位モデルはスッド系の水平対向4気筒と住み分けがなされます。

と、大雑把な書き方をしていますが、実際のところ各エンジンモデルごとに細かい仕様の違い・省略などもあるようで、その辺りはGGVKさんのサイトをご覧頂くことを強くオススメ致します。


さて、始まりがあれば終わりがある。
戦後アルファロメオ社のほぼ全ての車種(ノルド系だけですが)に搭載されたアルファツインカムエンジンは、1995年に行われた155フェイスリフトを以ってまずは2,000ccモデルが退役。翌年1996年には1,800ccモデルも生産終了となり、42年間に渡った現役生活を終えます。この年数は、大メーカー トヨタを支えたA型エンジンの34年間を上回るロングライフであり、おそらく量産エンジンとして屈指の長寿命を誇ることかと思います。


量産メーカーの屋台骨を担うミドルレンジの直列4気筒エンジンをこのまま空けておくハズはありません。この跡を継いだのは、親会社フィアット製の最新鋭エンジン「The Fiat Pratola Serra modular engines」でした。

この鋳鉄ブロックに、アルファロメオ独自の16バルブツインスパークヘッドが組み合わされました。

つまり、155後期・GTV/Spider以降に搭載された「16バルブのツインスパークエンジン」とは、正しく表現するならば「アルファロメオ製16バルブツインプラグヘッドを載せた、フィアット製Pratola Serra modular engine」と言う訳です。


ここで関連するエンジンのブロック/ヘッドを時系列で整理し直すと下記の通り。


[A期]1954年〜1986年
 通称:   アルファツインカムエンジン
 ブロック: アルファ製アルミ合金ブロック
 ヘッド:  アルファ製アルミ合金

[B期]1987年〜1995年
 通称:   ツインスパークエンジン(8V)
 ブロック: アルファ製アルミ合金ブロック
 ヘッド:  アルファ製アルミ合金 8バルブツインプラグ

[C期]1995年〜2010年
 通称:   ツインスパークエンジン(16V)
 ブロック: フィアット製Pratola Serra modular engineブロック
 ヘッド:  アルファ製アルミ合金 16バルブツインプラグ


A期〜B期はアルファツインカムエンジンとその近代化改修ver、C期はフィアット製エンジンのアルファロメオローカライズver。これを指して「16Vのツインスパーク(C期)はアルファ純血に非ず」と揶揄する声が当時から有りましたが、これは流石に忘恩の誹りを受けても仕方ない言い掛かりでありましょう。

経営破綻しつつあったアルファロメオを、1986年に17.5億ドルの資金投下で買収して再生させたのは紛れもなくフィアットの力であり、あのままフォードに組み込まれていたら今とは全く違ったブランドになっていたハズです(まぁ、結局またグダグダになっちゃってますが……)。






さてさて、「夏休みの宿題」レベルの拙いブログ記事をお届けしてまいりました。ここまでお付き合いを頂きありがとうございました。RB26DETTとか13B-REWのようにエンジン型式が明示的であれば非常に理解しやすいのですが、アルファロメオはどうもそうした切り口で語られる事が少なく、搭載車種・搭載グレードで語らざるを得ない点が色々とストレスに感じますね。この辺り、GGVKさんのサイトではかなり細かく紹介されていまして、どんな資料で把握されてらっしゃるのか興味をそそられます。


なお、前編で言い訳的に前置きしておりますが、しょせんはWikipedia英語版の情報をベースで書いておりますので、情報の正確さについては100%の信頼がおけるものではないこと、改めて申し添えておきます。

とは言え、あれやこれやと調べるのは非常に楽しいものでして、16バルブのツインスパークに使われたエンジンブロックに一つの疑問が持ち上がりました。これは日を改めて記事にできればと考えております。
ブログ一覧 | アルファロメオ | クルマ
Posted at 2016/10/16 20:57:34

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/17 10:03:36
お疲れ様でした!
Tスパークって23年も製造されたんですね。
僕の乗っていたのが96年にコーンズで買った916スパイダーなのでFIATブロック初期ということになります。
6万キロくらい乗りましたがエンジントラブルは1度も無かったですね。
コメントへの返答
2016/10/17 10:10:28
ちなみにMiToのディーゼルモデルには、このPratola Serra modular engineが使われておりますよー。

あ、4Cやジュリエッタの1750TBもそうみたい。
ヘェ〜って感じですよね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@Hahn 残念、その時間は自宅でふぐちり食ってました(笑)🐡」
何シテル?   12/04 22:43
一介のイタリア車乗り。 旧ければ旧いほど尊いです。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
308見てきた話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 11:43:34
アルミなやつ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/02 20:16:53
純正ダンパーの減衰特性の変更 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/02 08:56:27
お友達
ファン
23 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ SZ / RZ アルファロメオ SZ / RZ
最終期生産の971号車。 前オーナーさんが社外マフラーに交換した以外ドノーマル。定番の ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
それまで乗っていたアルファロメオ164 Super 24V(E-168B)のATトラブル ...
アルファロメオ 164 アルファロメオ 164
ちょっとした経緯が有って、学生時代に乗っていたクルマ。 初めてのイタ車で不安先行だったも ...
アルファロメオ 164 アルファロメオ 164
初代164が忘れられずに改めて手に入れた164。 ただしDOHC化されたモデルだったのが ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.