• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

koichifunのブログ一覧

2017年08月20日 イイね!

8月最初の星撮り。

8月最初の星撮り。8月16日の夜、下弦の月の翌日の晩、今月最初のまともな(?)星撮り
に行って来ました。
天山の山頂辺りに雲がかかっていたので、登山口駐車場は諦めて、
久しぶりにダム横に行きます。標高が低い分、気温が高く蚊がいては
厄介と思い虫除けを用意しましたが、現地に到着すると風もあって
結構涼しくなっていました。幸いにも蚊はおらず、虫除けの出番なしでした。

色々と撮りたい天体があるのですが、1時前に月が昇ってくるので
1機材で1カット(2時間くらい)でしょうか。

まず最初に中型赤道儀を設置して屈折鏡を載せます。
7月以降、夜露と風を警戒して太いのは持ち出していませんね。
まだ低いところには雲が残っていて、北の山の上にも雲があったので
天頂に近い天体を導入しました。
この望遠鏡にAPS-Cのカメラでは初めての亜鈴状星雲(M27)です。
1200光年の距離にある惑星状星雲で、太陽の最期もこんな星雲になると考えられています。
透明感のある青に赤い縁取りがある綺麗な星雲です。



これと並行して、干潟に行った時に雲がかかってまともに撮れなかった天の川でも撮ろうと、ポタ赤に15mmレンズを付けた
D5200を載せます。レンズを付ける時にえらく固い感じがして、いつもより力を入れてマウントにねじ込みました。
前回、D810Aで干潟の風景を撮った時はこんなことはなかったのですが。
撮った時は気づかずに、翌日合成している時に片ボケしていることを見つけました。下の画像では、上の方でフォーカスが
合っていません。この画像はボツにするところですが、記録として残しておきます。
D810Aで撮った風景では片ボケが無かったので、センサーの小さなD5200では余計に考えにくいのですが、カメラのマウントに
問題があるのかもしれません。フルサイズ機で要チェックですね。


天の川の中の星雲も撮りたいものがあり、この夜は南の空に雲があって諦めていたところ、上の亜鈴状星雲が終わるころ、
雲が薄くなったので望遠鏡を南の空に向けました。天の川はかなり西に傾いていて、時間も少なかったのですが、
何とか三裂星雲(M20)を撮ることができました。「三裂」という名ですが、よく見ると赤い星雲は4つに見えます。
M20_2017.08.16


小型赤道儀では、最初から1つの星雲をずっと追っかけていました。
焦点距離450mmの屈折鏡(F5.3)にD810Aを付けて、前回7月31日にも撮ったはくちょう座の網状星雲を撮っていました。
その時は途中で曇って来て星雲が隠れてしまいましたが、今回は3時間近く撮り続けることができました。
1500光年の彼方で起こった超新星爆発の残骸が作り出している星雲ですので、上の三裂星雲に比べるとずっと暗い天体です。
前回より透過バンドが狭いフィルタを使うので露出時間長めにし、ISO800、SS=600sを16枚撮って合成。
C33_C34_2017.08.16


最後に、M20を撮っている時に西に傾いた天の川とA45を入れて。望遠鏡がかなり低いところを向いています。



昨夜は予報では夜晴れると出ていたのですが、雲が残っていて出動しませんでした。
今が新月期なので、この1週間のうちに天気次第で行きたいと思っています。
Posted at 2017/08/20 16:01:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 星・月 | 趣味
2017年08月19日 イイね!

今朝のサイクリング --- 朝は涼しく。

今朝のサイクリング --- 朝は涼しく。今朝は短めのサイクリングでした。
あの台風の翌週から次第に朝晩は涼しくなり、ようやく熱帯夜でない
夜を過ごすことができました。
今朝は雲が出ていたものの晴れていて日差しがありましたが、
朝の空気は涼しく走って心地よく感じます。

2週続けて天山に登ったので今日は別の峠を通ります。

登りに入ったところの田んぼの脇でナツズイセンが咲いていました。
ヒガンバナ科の花で、キツネノカミソリのように花弁が太く直線的で
ユリのような形をしています。
タイトル画像は、その田んぼを入れて撮ったものです。

寄ってみるとユリに似ています。
ナツズイセン

この花の近くに、小型のヒマワリが植えられていました。
みんカラのブログではまだ拝見するヒマワリですが市内はとっくに終わっていたので、久しぶりに生で見ます。
ヒマワリ-1

微妙に形が違います。
ヒマワリ-2

この後は峠まで一気に登ります。
天山の登山口より標高が200mほど低いのですが、ここでも十分に涼しくなっています。
霞んでいます

小休止をの後、林道に入ると日陰が多く、時折吹く風が快い道です。
道端にはこれまでご紹介して来た野草と、今回初めて見たミズヒキが咲いていました。
デジイチとマクロレンズほどではありませんが、RX100M3の玉ボケはコンデジとしては良い感じです。
ミズヒキ

こんな道をアップダウンを繰り返しながら走っていきます。
夏の林道


本日は寄り道をせずこの後は下りました。国道を南下している時に、すれ違ったサイクリストがこれまでより多く、
気温が下がって来て走りに出る人が増えたようです。
ボチボチ距離を伸ばしていきたいですね。
Posted at 2017/08/19 16:35:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域
2017年08月17日 イイね!

連休最終日。

連休最終日。前のブログの棚田巡りの後、夕方から古い知人4人と夜中まで
しこたま飲んで、翌日の日曜日はゆっくり寝ていようと思っていた
のですが、いつものように早く目が覚めてしまいました。

前日のように涼しい朝で、出かけるには良い気候でした。
7月31日にキツネノカミソリを見に行った時に、行きがけに寄った
樫原湿原でサギソウが咲き始めていたことを思い出し、2週ぶりに
行くことにしました。
タイトル画像は、湿原で見たキキョウのつぼみです。
独特の幾何学的な形をしています。


まずは、市内の神野公園に寄ります。
堀端のハスはほとんど終わっていますが、ここはもう少し見られそうです。
ハス@神野公園

トンボは種類も数もめっきり少なくなってしまいました。
あれだけたくさん舞っていたチョウトンボも2、3匹だけです。
チョウトンボ@神野公園

イトトンボの仲間もベニーさんだけです。
ベニイトトンボ@神野公園

奥の池の周りも散歩して見ましたが、ヤンマの類も減っていました。


お盆だからかいつもより交通量の少ない中を樫原湿原まで移動します。
こちらは結構、見物客がいて駐車場では県外ナンバーの車も見かけます。
湿原の入口近くに、神野公園では見られなくなったアオモンイトトンボがいました。
アオモンイトトンボ

咲いている花も、2週ぶりに来ると新しいメンバーが現れています。
今シーズン初のサワギキョウ。キキョウに似ているのは色だけですね。
サワギキョウ

まだ数が多かったキイトトンボ。
キイトトンボ

ユリ科の花が多く咲いていて、小ぶりで紫色のコバギボウシ。
コバギボウシ

大型で夕方から咲くユウスゲ。
ユウスゲ

こちらにもいましたベニイトトンボ。
ベニイトトンボ

オミナエシの花がたくさん咲いていて、夏も後半であることを知らせます。
その花に蜜を吸いに来ていたツマグロヒョウモンと。
ツマグロヒョウモンとオミナエシ

そしてお目当のサギソウ。
前回咲いている花は4つだけでしたが、今回は湿原のここかしこで咲いていました。
サギソウ-2

寄ってみるとラン科らしい花の形をしています。
サギソウ-1

最後に、まだまだ数は少ないですが開いていたキキョウの花を。
キキョウ


湿原に吹く風も心地よくなり、咲いている花も夏終盤のものが見られるようになって来ました。
市内の昼間は相変わらず暑いのですが、見られるトンボや花の種類に夏が終盤であることを感じました。
Posted at 2017/08/17 20:08:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山歩き | 旅行/地域
2017年08月15日 イイね!

夏の棚田巡り。

夏の棚田巡り。8/11のサイクリングの時に最後に寄った棚田の稲穂が色づいて
いたので、ここより田植えの早かった海沿いの棚田を見ようと12日
の朝からLEADで出かけて来ました。
夕方から古い知人達が佐賀に集まって来て飲む約束があるので、
昼過ぎには帰って来ようと早めのスタートです。

前日も北風が強く、この時期としては涼しく感じました。
行き先は佐賀県北部の玄海町と肥前町にある棚田です。
天気は雲が多めながら晴れていて、遠くも霞んでおらず、風景の
写真を撮るには良いコンディションでした。

今回のブログは写真が多いのでご注意ください。


まずはマイナーな棚田から。
海沿いではありませんが、その棚田に行く途中の山あいにあります。
台風の影響でしょうか、かなり倒れた稲が目立ちます。
座川内の棚田


次がメインの浜野浦です。ここは田植え前後の水が張った時期の夕暮れの風景が有名なところです。
今年は天気と自分の都合が合わずに夕景の写真を撮りに来ませんでしたが、また機会があれば来たい場所です。
去年の夕暮れの写真は、こちらのブログにあります。
夏の浜野浦-2

いつも思いますが、この電線が邪魔なんですよね。
電線を入れない寄った構図で。
夏の浜野浦-3

LEADできたのも、この棚田をぐるりと回る狭い農道を通るためです。
上の写真に見える橋のところまで降りて来ます。


そこから展望所の方を見るとこんな感じで、結構奥行きがあります。
浜野浦の海側から

海側はこんな感じ。
浜野浦の入江

ここから棚田の北側の狭い農道を登って行きます。木々の緑と、色づいた稲穂、青空と青い海が印象的でした。
海に続く棚田

棚田のうちの何枚かは稲刈りが終わっていました。
早くも収穫


次に向かったのは、ここから北西の位置にある肥前町の入野の棚田です。ここも海に面していて夕日が綺麗な場所です。
残念ながら稲刈りがかなり進んでいて、一部は野焼きされていました。
入野の棚田-1

青い海を広めに入れて。
入野の棚田-3


この後は肥前町を南下します。まず去年初めて来た白糸の滝に寄ります。
バイクで行けるところまで行って、そこから狭い歩道を歩くと突き当たりに柱状節理の崖に滝があります。
白糸の滝-1

最近は雨が少なかったので水量が少なめですね。
白糸の滝-3

滝の手前に座っているお地蔵さん。
滝の前の地蔵さん


滝で涼んだ後はさらに南下していろは島展望台へ行きます。
サイクリングでも良く来る場所ですが、ここ何回かは遠くが霞んでいて今ひとつだったので、今回は期待できました。
まず24mmで。
いろは島展望台から

左端にある砂浜は国民宿舎の横にあり、家族づれで賑わっています。中央奥は伊万里湾です。
34mmで3枚撮ってパノラマにしました。
いろは島展望台からパノラマ

右手の奥は、お隣長崎県に属する福島です。伊万里の手前に橋がかかっています。
そこに見える棚田を200mmで。
福島の棚田


最後は近くの大浦の棚田です。
展望台から下る道の途中から棚田の全景を。
大浦の棚田-1

上の写真の左側に見えている道を登って棚田を見下ろせる場所から。
大浦の棚田-2

こちらもかなり稲刈りが進んでいて大半は終わっていますね。


全体的に8月第1週くらいに来た方が良さそうでしたが、猛暑と台風でこの時期になってしまいました。
棚田は今ひつとだったものの、空はクリアで青い海と広々とした風景を満喫できました。
Posted at 2017/08/15 11:32:22 | コメント(4) | トラックバック(0) | バイクツーリング | 旅行/地域
2017年08月14日 イイね!

月が出るまでの速攻。

月が出るまでの速攻。8月に入ってから月が明るいし天気が悪いので星撮りの出動は
無しでした。8月11日は午前中にサイクリングしたときは雲が多くて
とても星が見られそうもなかったのですが、夕方近くになって晴れて
きて、しかも北風が強く涼しく感じたので、干潟に行って久しぶりに
天の川でも撮ろうかと夕食後に出かけて来ました。

準備をしながら暦を確認。
この日の日没は19:09で、月のでは21:23でした。日没から1時間は
空が明るく星空撮影はできないので、夕暮れの風景でも撮りつつ
準備をするかと19時すこし前に家を出ました。
雲が消えてしまえば新しい15rmmを使い、雲が残って入れば35mmを
使うことにして、この2本の単焦点レンズとD810Aをバッグに入れて、
小型赤道儀をLEADのリヤボックスに、三脚をシート下に収納します。

車がほとんどん来ない堤防の西の奥まで行って、まず三脚を設置。
15mmを付けて日が沈んだばかりの方向を撮ります。
干潟の夕暮れ-西側

干潮の後、これから満ちる時間帯です。この後2時間後に月が出ますので。
カメラを南の方角に向けます。有明海の干潟の奥に雲仙が霞んで見えます。15mmなのでかなり遠くに感じます。
干潟の夕暮れ-南側

天の川はこの雲仙のすこし右くらい、20時過ぎには上の画像の中央くらいに立ってくるはずですが、まだ雲が残っています。
15mmで星空を撮りたかったのですが、撮影に取れる時間は1時間くらいなので15mmは諦めて35mmに付け替えます。

19:30を過ぎてかなり暗くなって来ましたが、まだ西の方は明るく北極星も見えていませんでした。
低空に雲があったため、夕焼けと濃い青空のグラデーションが見られました。
空、海、山

この後10分ほどで北極星が見えて来たので極軸を合わせます。
赤道儀の赤経軸周りのバランスを取って、撮影の準備を終えて暗くなるのを待っているときに北東の方角に花火が上がるのが
見えました。また南東でも上がっていて、こちらは大牟田のあたりでしょうか。
長いレンズを持って来ればよかったのですが、35mmしかないので、赤道儀に載せたまま雲台で構図を決めて撮ってみました。
SS=30sにするためにF8 (ISO200)まで絞っていますが、星が写っています。


等倍に切り出すとこんな感じです。


花火は続いていましたが、20:15頃から十分暗くなってさそり座が見えて来たのでそちらにレンズを向けます。
タイトル画像はその1枚ですが、雲が出て来て、特に右下に濃い雲がありました。

ISO400、F3.5、SS=180sで撮った20枚を合成して、なんとか画像処理してみました。
Scorpio_2017.08.11

撮影の間は、2方向の遠くに見える花火を見ながら時間を潰し、その後どちらも21時頃には終了して、静かで暗い空に戻ります。

9:23に月の出ですが、低空に雲がかかっていたので暗いまま、その10分後で次の画像のように赤く暗い月でした。



今日は朝から雨で、この先1週間も天気が優れません。
明日が下弦の月で、その先、新月を挟んで2週間が星撮りのチャンスなのでなんとか晴れて欲しいですね。
Posted at 2017/08/14 12:11:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 星・月 | 趣味

プロフィール

ここ数年、年間走行距離が、自転車>オートバイ>自動車(>>徒歩)、となっています。 高齢になって、少しずつ割合が変わりつつありますが、健康にバイクや車に乗れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ヘッダーを2段にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:15:07
PIAA 【欧州車 車種専用設定】SILENCIO X TRM SILICONE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:34
PIAA 輸入車対応超強力シリコート ワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:19

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
19年近く乗ったWRX-STIからの乗換えです。小型、高出力、AWDで気に入る車が出るの ...
ヤマハ YZ250FX ヤマハ YZ250FX
レーサーを認定登録です。保安部品を装着し、リヤサスのリンク変更でシート高をさげました。減 ...
ホンダ リード125 ホンダ リード125
山歩きや日帰りツーリングに使っています。燃費もよく積載量が多くて便利です。
スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX
スバル インプレッサ SW WRX STi Ver.IIIに18年と8ヶ月乗りました。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.