車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月25日 イイね!
先日のアニメの話の続きです。
前回はロボットアニメの話のみ書きましたが、もちろんロボットもの以外にも好きなアニメはたくさんあります。




たとえば「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「ルパン三世シリーズ」「ガッチャマン等のタツノコアニメ」「初期のジブリ宮崎アニメ」等々。(この辺の懐かしアニメを語り始めるときりが無いので、今回はスルーでw)

ただ、そんなアニメ好きの自分でも、最近のいわゆる「萌え系、美少女系」アニメには若干抵抗がありまして(汗)
たぶん自分と同年代の方には、多いと思うのですが、女の子のキャラクタの目が大きすぎたり、声優さんの声が「どっから声出してんだよ」って感じの声だったり、正直どうも好きになれませんでした。





そんな時に知り合いが「そう言わずに見てくださいよ」と貸してくれたのが「涼宮ハルヒの憂鬱」っていうアニメでした。
見てみると以外に(失礼)ちゃんとしたSF的なストーリーでなかなか面白かったです。





それがきっかけで、キャラクターが少女マンガのキャラみたいで敬遠していた「機動戦士ガンダムSEED」も見てみると、ファーストガンダムへのオマージュが色んなところにちりばめられていて、これも思ってた以上に面白かったです。

その後「食わず嫌いはいかんなあ」と反省しまして、最近はキャラクターにかかわらず、ちょっと面白そうなら何でも見るようになりました。(それでも、まだ苦手な作品はありますけどねw)


そういったことも踏まえまして??
最近見て、なかなかよかったなあ、と思ったカワイイ女の子が出てくるアニメを何本かご紹介。





まずは「響け!ユーフォニアム」つい先月第2期が終了したばかりのアニメです。
高校の吹奏楽部を舞台にした話で、主人公の女の子が吹奏楽コンクールの全国大会を目指す、というモノです。

「けいおん」で有名な京都アニメーション制作で、絵柄も、背景も、ストーリーも、非常に丁寧で素晴らしいアニメです。

演奏の上手い下手でコンクール出場組と補欠組に振り分けられたり、上手い1年生に3年生がソロパートを取られたり、吹奏楽部ネタ満載で、特に吹奏楽経験者は涙無しでは見られないと思います(笑)





続いて「ヤマノススメ」1期は5分アニメ、2期は15分に出世、2014年に放送したアニメです。
主人公はインドア派の高校1年生で、友達にすすめられて登山を始め、だんだん山の魅力にはまっていく、というお話しです。

もちろん昨年自分が登山を始めたのがきっかけで見てみましたw。シーズン1は高尾山に登るまで、シーズン2では色々登って最後は谷川岳で朝日を見るまで。

全体は軽いタッチですが、登山に関しては以外にガチで、高山病で泣く泣く下山したりするエピソードもあります。
このアニメの通り登山してみても面白いかも?と思いました。





次は「ばくおん!!」昨年春放送したアニメで、主人公はやはり高校1年生の女の子、バイクに興味を持ち、学校にバイク部を作り、仲間と免許を取ったり、バイクを買ったり、ツーリングに行ったりする話です。

5人の女の子は、それぞれバイクメーカー由来の名前で、各メーカーのバイクに乗ってます(笑)
「ヤマノススメ」と違ってこちらはギャグタッチですが、スズキのバイクデザインをこきおろしたり、ちょっと辛口のギャグも魅力?です





最後は「ガールズ&パンツァー」ご存じ?「ガルパン」です。

この作品世界では「乙女のたしなみ」として華道や茶道などとともに「戦車道」があり、学校対抗の全国大会が行われていて、主人公は「戦車道」家元の娘、乗る戦車はドイツ軍のⅣ号戦車、というとんでも設定ですが、戦車戦が見ていてとにかく楽しいです。いろいろツッコミどころはありますが難しいこと考えたら負けです(笑)

テレビ版は2012年放送、一昨年劇場版が公開され、今年最終章が作られるそうなので、これからでもまだ間に合いますよ。

なんか全て女子高生が主人公ですが、別に意識したわけじゃ無いですよ(汗)
どれもDVDとかBDが出てますので、興味がありましたら、食わず嫌いせずにぜひ見てみてください。
Posted at 2017/02/25 23:27:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月22日 イイね!
突然ですが、トヨタの新型パッソMODAって新型スイフトに似てませんか?




いや、そっくりっていうわけじゃなくて、デザインの方向性みたいなのが。




六角形のグリルの下に、凹形の黒い部品、その左右に丸いフォグランプ、ブラックアウトしたAピラー、黒い樹脂部品をはめたCピラー、四角いテールランプ。

初めて見た時、なんか雰囲気似てるなあ、と思ったんですよね。

まあ、よく見れば全然違うし、同じコンパクトカーでも性格は違いますけどね(笑)
なんとなく思いついたので。
Posted at 2017/02/22 09:56:01 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月18日 イイね!
前回のブログの最後で予告した通り、アニメについてちょっと書きたいと思います。
まずはロボットアニメの話。




自分は、今でも週に1〜2本はアニメを見ているので、歳の割にはかなり見てる方ですよね。
いろんなジャンルのアニメを見ますが、やっぱりロボットとかメカっぽいのが出てくるのが一番好きです。
子供の頃、最初に見て夢中になったのが「マジンガーZ」だったので、その影響ですかね?






「マジンガーZ」「グレートマジンガー」「グレンダイザー」「ゲッターロボ」「コンバトラーV」「ボルテスV」「勇者ライデイーン」あたりは小学生から中学生の頃好きで見てましたね。




そして、自分が中学3年のとき「機動戦士ガンダム」の放送が始まりました。
このころ同級生達は年齢的に皆アニメをあまり見なくなり、自分が「今度始まったガンダムっていうの、面白いよ!絶対見た方がいいよ」とすすめても「おまえ、まだマンガ見てんのかよw」(この頃アニメという言い方はまだ一般化してませんでした)と、バカにされる始末でした(笑)




しかし自分は、このリアルな戦争を描いたロボットアニメにすっかり夢中になってしまいました。
「ガンダム」については、いろいろなところで、いろいろな方が語られてるので今更自分が語ることも無いのですが、あえて言うと、特に好きなのは前半のストーリー部分ですね。
正規兵がほとんど死んでしまって、少年兵と一般人だけで戦艦と試作モビルスーツを運用して、敵の追っ手から必死で逃れる。このドキドキするストーリーに毎週引き込まれたのを覚えてます。

今でこそ、モビルスーツのバリエーションとか、アムロやシャアのキャラクターだとか、そういう観点で語られることが多いような気がしますが、初回放送時はそういう所にはあまり目がいっていませんでした。

まさに「君は生き残ることができるか?」これこそが、ガンダムの面白さの原点のような気がします。




また正直に言うと、後半、特にララアが出てきて、ニュータイプ云々の話になってからのストーリーは、あまり好きではありません。まあ、最終回最後のシーンは好きですけどね。






ご存知の通り、ガンダム以降「リアルロボットもの」と言われるジャンルのアニメがたくさん作られました。
「ザブングル」「ダンバイン」「エルガイム」「イデオン」「Zガンダム」などガンダムの富野監督の作品。




戦闘機がロボットに変形するというバルキリーが非常に魅力的だった「超時空要塞マクロス」




子供達だけで宇宙船とロボットを動かす、という点がガンダム初期と似ていて結構好きだった「銀河漂流バイファム」

などなどガンダムの再来を期待して、ほとんどの作品見ましたが、ガンダムほどのドキドキは残念ながらなかったですね。






でもそんな中で、自分が結構好きだったのが、高橋良輔監督の一連の作品群「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」「機甲界ガリアン」「蒼き流星SPTレイズナー」です。




特に好きだったのが「装甲騎兵ボトムズ」です。
主人公キリコが無口で笑わないのが渋いし、ストーリーも骨太のSF小説みたいだし。




しかし何と言っても主役ATの「スコープドッグ」がいい!
大きさは4m程度、色はモスグリーン(オリーブドラブ?)主役の機体が、言ってみればザクみたいな量産機。
主人公個人の機体は無く、壊れたら違う機体に即乗り換え(笑)これぞ究極のリアルロボットでしょう!





ちなみに航空自衛隊でも、戦闘機パイロットには自分の機体というのは無くて、整備の都合で午前と午後で違う機体に乗ることもあるそうですよ。
そのかわり整備責任者の「機付長」っていう人は、ずーっと同じ機体を担当するそうです。
なので戦闘機のコクピットにはパイロットでなく「機付長」の名前が書いてあるんですね。
話が脱線しました(笑)




「ボトムズ」のあと「レイズナー」くらいまで見て、自分も就職やら結婚やら忙しくなってアニメとは一時遠ざかる生活をしていました。

そんな自分を、またロボットアニメの世界に連れ戻したのが、ご存知「新世紀エヴァンゲリオン」です。
(まあ、その前にパトレイバーも見てましたけどねw)
本屋で立ち読みしていた雑誌にたまたま「新番組」として「エヴァ」が紹介されていて、そのデザインを見たとたん「これは見ないとダメだ!」とロボットアニメファンの血が騒ぎました(笑)




これまでテレビ版、劇場版すべての「エヴァンゲリオン」を見ていますが、自分の感想はガンダムとほぼ同じです。前半はワクワクして本当に楽しいのですが、中盤謎が多すぎてダレてきて、最後はダメダメです。
新劇場版も「序」「破」はいいとして「Q」はねえ、ちょっとアレですよね(汗)
これも色々な意見がありましょうが、あくまで自分の感想です。

なんか、ものすごい長文になってしまったので、最近の作品や、萌え系、美少女系アニメに対する自分の考えなどは、また別の機会に書きたいと思います。
長文、駄文お読み頂きありがとうございました。


オマケ



愛車とスコープドッグ
Posted at 2017/02/18 02:09:09 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月13日 イイね!
「楽器」に続いて、これまであまりブログに載せてこなかったモノを紹介します。

子供の頃や若い頃はプラモデルが好きでよく作ったんですが、最近は老眼がきつくてあんまり作らなくなりました。
そんなわけで、今ウチにある模型をいくつか紹介します。
まずはF1のプラモデル、大昔に自分で作ったモノです。





タミヤの1/20ロータスフォード102Dです。
昔のF1に詳しい方ならご存知と思いますが、1992年のF1マシンで、ミカ・ハッキネンとジョニー・ハーバートがドライブしました。
これはゼッケン11なのでハッキネンのマシンですね。




後ろに見えてるのは、作りかけのベネトンB192、これも同じ1992年のミハエル・シューマッハのマシンです。
色まで塗ったのですがシール貼るのがめんどくさくなって20年間放置してました(笑)

他にも当時はいろいろと作ったはずなんですが、残ってるのはこの2台だけでした。





変わって、大好きなF4ファントムの模型。
これも自分で作った‥‥、と言いたいところですが、コレはディアゴスティーニの「自衛隊モデルコレクション」の完成品です。

ハセガワの1/72のファントムを何機か作ったことあるんですが、捨ててしまったようで出てこないです(笑)





やっぱりファントムは後ろからが一番カッコいいですね。
下がった尾翼と、先端が上がった主翼のコントラストが何とも言えません(笑)






同じく、ディアゴスティーニの「第二次世界大戦傑作機」シリーズの零戦と紫電改です。
こちらは現在まだ続いてるシリーズなので、陸軍機も「飛燕」と「屠龍」が出たら欲しいですね。

あと、このシリーズは「プラ」でなく「ダイキャスト」なのでびっくりするくらい重いです。





最後に昨年自分で作った唯一のプラモ。
現在放映中の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」から主人公機の「ガンダムバルバトス」です。
いわゆるガンプラを何十年ぶりかで作ってみましたが、いやあ今のプラモは組みやすいです、しかも色分けがスゴい!
コレ、塗装してないんですよ。ガンダムマーカーでちょっとアクセント入れただけで、この完成度です。

と、いうわけで模型の話でした。
次回はガンダムつながりで「アニメ」のことでも書こうかな?(笑)


Posted at 2017/02/13 00:44:17 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月04日 イイね!
昨日は筑波山に登ってきました。
ロープウェイ、ケーブルカー使って山頂までは何度も行っていますが、下から歩いて登るのは今回が初めてです。





朝10時、筑波山神社にクルマを停めて登山開始。
いつもは左に曲がってケーブルカーにのるところ、今日は右に曲がって「白雲橋登山道」にむかいます。




とにかく石段、木段がひたすら続きます。




木の間から山頂が見えました、まだ遠いなあ(汗)





山頂に近づくとごろっとした大きな岩が増えてきます。




有名な「弁慶七戻り」。





ようやく山頂に着きました。
昼までには登れるかな?と思ったんですが12時半をすぎてました(笑)
でも天気がよくて景色は最高!




いつも登ってる「宝篋山」の山頂がはるか下に見えます。




ちなみに、これが前回宝筐山山頂から見た筑波山。
宝篋山は標高461m、筑波山は877mですから約2倍近いですもんね、疲れるわけだ(笑)




男体山のケーブルカー駅の近くまで歩いて昼食、その後下山します。




「御幸ヶ原登山道」から下山しましたが、これが行きにも増して、木段地獄(笑)
ひたすら階段が続きます。




途中ケーブルカーの線路が見えました。
ああ、コレに乗れば10分で降りれたのに(泣)




巨木を超えて、さらにしばらく歩くと、ようやく筑波山神社が見えてきました。




結局、登り3時間弱、下り2時間弱もかかりました(汗)
駐車場についたら4時近く、すっかり陽も傾いてます。

結論。
「筑波山侮りがたし!」運動不足の人はロープウェイにしておいたほうが無難です。
自分は今日ものすごい筋肉痛です(笑)
Posted at 2017/02/04 16:42:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@ととε さん、公式サイト見てきましたけど、動画で動いてるの見ると意外といいです!」
何シテル?   12/27 13:55
あつし0です。 2012年7月にスイフトRSを購入しました。 ほとんどノーマルですが、よろしくお願いします。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
唯一無二の車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 17:45:51
車内静音化計画❗️第3弾(タイヤハウス)❗️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/20 18:58:06
貨物だけどスペシャリティ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/20 11:17:46
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフトRS スズキ スイフトRS
スズキ スイフトRS CVT車に乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.