車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月05日 イイね!
12月5日土曜日、天気もいいので、また筑波山となりの「宝筐山」に登ってきました。
もうこの山登るの、今年7回目くらいです(笑)




なんでこの山ばっかり、こんなに登るのかというと…、

1、家から登山口までクルマで1時間半くらいで近い。
2、さらに1時間半くらいで山頂まで登れる。(最初は2時間かかりました。)
3、登山口、山頂にテーブル、ベンチ、トイレなど施設が揃ってる。
4、その割に見晴らしが良かったり、滝があったり、景色が良い。

と、まあ手軽なんで、しょっちゅう行ってます。





でも、皆さん同じ考えなのか、山頂はいつも大混雑です。
先月テレビで紹介されてから、よりいっそう人が増えました。
特に年配の方が多いですね(自分らも含めてw)




麓のコンビニから見た筑波山です。
何回も行ってるけど今回が一番天気がいいかも?




いつも柏のイオンによって、食事と買い物してから帰ります。
そんな代わり映えしない週末でした(笑)
Posted at 2016/12/05 17:19:01 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
今週木曜日は、こちらにしては、めずらしく雪が降りました。





柏市内でお昼頃の様子です。




ポルシェにも雪はつもります。




自分のクルマも1時間ほど走ったら、こんな感じに。


土曜日は航空自衛隊百里基地祭の予行でブルーインパルスが飛ぶので、茨城に行ってきました。
百里基地から一番近い愛宕山に登れば、ブルーが見れると同時に山登りも楽しめるか、と行って見ましたが、




展望台付近は前々日の雪が思いっきり残ってます。





でも、見上げると木々は、まだ紅葉してたりして、不思議な風景です。





肝心のブルーインパルスは、ちょっと遠すぎました(笑)




やっぱり茨城空港へ行くべきだったか。




ちょいと失敗しましたね。
Posted at 2016/11/27 22:49:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月20日 イイね!
今日は暖かかったので、市川の「じゅん菜池緑地」という公園まで散歩してきました。
歩きなのでクルマの写真はありません。






公園に入ってすぐのモミジが良い感じに紅葉してました。





「じゅん菜池緑地」というくらいだから池がありますよ。





銀杏もキレイに色づいてます。






公園から少し歩くと「木内ギャラリー」という市川市の施設がありました。
古い洋館を活用したギャラリーです。






最後のは南天かな?


いつものおまけ



必死に写真を撮るおっさん(笑)
Posted at 2016/11/20 23:37:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月14日 イイね!
11月12日土曜日、teamKT-2!の会長、kacchinnさんが諸事情によりスイフトを降りられる、ということで最後のお見送りに行ってきました。

その報告の前にkacchinnさんと「かっちん号」の思い出について少し書きたいと思います。






(1)大洗でお迎え
kacchinnさんと「かっちん号」に初めて会ったのは、2014年の7月、大洗のフェリーターミナルでした。
kacchinnさんの本家ブログで知り合い、北海道ロングドライブの帰りにお迎えに行く事になり、そのためにみんカラにも登録しました。
みんともさんどころか、ネットで知り合った方と直接会うのも初めてでとても緊張したのを覚えてます(笑)
かっちん号はこのオフの直前にアルミを入れているので、ほぼ現在の形に完成してますね。






(2)群馬オフ会
2014年9月、自分とkacchinnさんと上越方面のみんともさん3人とでオフ会しようという話になり、間をとって?群馬の榛名山周辺でオフ会をしました。
この時はめずらしくRSのプレミアムシルバーが3台そろいました。




そして、こんな霧の中でも会長はクルマを拭いてます(笑)








(3)長野コテージオフ会
2015年6月、群馬オフのメンバープラスJACK55さんとで、長野県でコテージ&バーベキューオフをしました。
1泊のオフはこれが初めてだったので新鮮で楽しかったです。それに泊まりでお酒飲んで、じっくり話をするとすごく親しくなれますね。

ビーナスラインも楽しかったけど、道路の舗装が荒れてたのと、駐車場が未舗装だったのがちょっと残念でした。






(4)柏SABプチオフ
2015年11月、雨の中、自分と会長とすいとみさんとで柏のオートバックスでプチオフをしました。
すいとみさんはこの時がお初で、自分ともどもteamKT-2!に誘って頂き、ステッカーをいただきました。

あと、すいとみ号のシルバーと、かっちん号のプレミアムシルバーは思った以上に色が違いました。






(5)teamKT-2!春の1泊オフ会
2016年5月、長野県の飯田方面で1泊オフ、とにかくよく走ったオフでした(笑)
かっちん号の真後ろを、かなり長時間走って会長の走りをじっくり拝見いたしました(笑)、そんなに飛ばさないけど、とてもスムーズな運転で感心しました。クルマがいいのかなあ?







(6)teamKT-2!秋の1泊オフ会
先月のブルーインパルスオフ、じゃなくて浜松の1泊オフ。
これが「かっちん号」見納めかな、と思って写真撮りまくったのですが、まさかもう一回見られるとは(笑)






(7)かっちん号を送る会(勝手に命名w)
そして、先週土曜日、秋の1泊オフに仕事で参加できなかったsjorGさんから「最後にかっちん号を囲んで写真を撮ろう」とお誘いがあり、箱根ターンパイクに行ってきました。





こうやって振り返って見ると、2年半で7回もオフでお会いしてました。
自分やsjorGさんを始め、kacchinnさんのブログでかっちん号を見て、スイフトRSの購入を決めた人もおり、弄りにおいても常に自分たちの1歩先をいくクルマでもありました。
そういう特別なスイフトRSなので、今日で最後と思うとちょっと寂しいモノがありますね。





これがホントの最後の姿、このあと業者に引き渡したそうです、ドナドナ(泣)

まあ、会長自身は今後も奥様のクルマか、2輪で参加されるとのことなので、引き続きよろしくお願いします(笑)




みっくんさん、今回もおいしいアップルパイありがとうございました!
こちらもまた、ぜひよろしくお願いします(笑)
Posted at 2016/11/14 23:30:05 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月05日 イイね!
現行スイフトに続いて、エスクード2.4(旧型エスクード)も生産終了のようですね。
いよいよ次期スイフト発表が秒読み段階になってきましたが、ちょっと気になる記事を見つけたのでご紹介。

と、言っても8月の記事なんで、すでに読まれた方も多いと思いますが、responseの
【スズキ バレーノ 800km試乗】スイフト で描いた欧州コンパクトの“夢”は消えた…井元康一郎
という記事です。





この記事の最後の方で、スイフト開発に携わった「小野浩孝」さんという方について触れられています。
自分は不勉強で存じ上げなかったのですが有名な方だったのでしょうか?
ちょっと長いですが該当箇所を抜粋引用しますね。


かつて、スズキの次代を担う男として注目された小野浩孝という男がいた。現在の鈴木修会長の娘婿で、通産省(現・経産省)のキャリア官僚だったが、修氏に乞われて2001年にスズキに入社。小野氏は文系官僚だったが、スズキを商品面で夢ある会社にしたいという考えを持っており、サブコンパクトカーのスイフトを安物ではなく、欧州市場でも通用するベーシックカーにしようとした。デザインを改革し、アピアランスでユーザーを惹きつける。また、走りを知り尽くした欧州拠点の現地スタッフに心ゆくまでチューニングをやらせ、欧州メーカーのサブコンパクトに走り負けないためのクルマづくりを進めた。その結果出来上がったのが、マッシブなスタイリングを持つ2代目スイフトだった。

修氏はスズキ社内で鉄壁の権力者であったが、その頃、「僕みたいな年寄りがクルマづくりに口を出してもロクなことにはならない。もうそろそろ若手が全部やってもいいんじゃないかな」と、唐突に口にしたことがある。低いブランドイメージゆえ先進国市場での苦戦は続いていたが、ハードウェア面ではスイフト、スプラッシュをはじめ、スズキのクルマがおしなべて、コンパクトの本場である欧州市場でもきわめて高い評価を受け始めていたのに目を細めていたのだろう。そして、ほどなく小野氏に社長をやらせ、自分はスズキの経営の第一線から退いてもいいと考えていた気配すらあった。このように全幅の信頼を置いていた小野氏が07年、膵臓がんのため急逝。それから間もない頃、修氏は一転、生涯現役を口にしはじめた。

現行の3代目スイフトもまた、国産サブコンパクト離れした素晴らしい走り味を持っているが、それはまさに、この世を去った小野氏が描いた、先進国でも輝きを放つようなクルマづくりでスズキのブランドを一流にするという夢が受け継がれたものと言えよう。が、バレーノはそのスイフトの良さとはまったく異なる方向を目指したクルマとなった。小野氏の夢は今、終わったのだ。

バレーノのプラットフォームに今後、どのくらいのカスタマイズの余地が残されているのかは現時点では不明だが、世界戦略車である次期スイフトも基本的に同じものが使われるという話をきく。
次期スイフトをスズキの開発陣がどういう思いを込めて作り、どういう味を実現させるかによって、スズキが単なる安物メーカーを志向するのか、価格帯は低くてもユーザーの注目を集める輝きのあるブランドになろうとするのか、方向性がある程度見えてくるのではないか。






正直この記事読むと、次期スイフトに不安しかわいてこないんですが(汗)

自分の不安を吹き飛ばすような新型スイフトが出てくることに期待したいと思います。
Posted at 2016/11/05 15:20:48 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「[パーツ] #スイフトRS ぬりぬりガラコ ハヤデキ http://minkara.carview.co.jp/userid/2220695/car/1722855/8114729/parts.aspx
何シテル?   12/01 23:51
あつし0です。 2012年7月にスイフトRSを購入しました。 ほとんどノーマルですが、よろしくお願いします。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
唯一無二の車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 17:45:51
車内静音化計画❗️第3弾(タイヤハウス)❗️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/20 18:58:06
貨物だけどスペシャリティ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/20 11:17:46
お友達
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフトRS スズキ スイフトRS
スズキ スイフトRS CVT車に乗っています。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.