• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

E M Sのブログ一覧

2017年05月11日 イイね!

DALI ZENSOR 3 改良

DALI ZENSOR 3  改良ややブアーンとするタップリした低音にレトロタッチな魅力があり特定の音源に独自の魅力を発揮するので気になる部分へ改良実施







落ちいても拾わない様なショボイ素子

ツィーターと直列にセメント抵抗と電解コンデンサーが使用されている(--)

これじゃいくらエージングしてもカサつきは取れない






無誘導巻き線抵抗とフィルムコンデンサーへ換装

内部配線をQED 79 Strand Speaker Cable に換装







ウーファーのフレームがかなり鳴くのでデットニング実施






今の感覚だと吸音材はやや多めな感じ





ティクティーを追加して潤い感や音像の彫りの深さを強化




改良後1ヶ月以上使用して音がほぼ落着いた模様

スピーカーケーブルにはクセの少ない滑らかな質感をベースにミッドレンジがシッカリ出て比較的高密度な音でQEDらしい温もりと開放感を両立した音のする中抜けしやすい2wayスピーカーとマッチングのいいQED XT40 Speaker Cableを使用



ツィーターの細身でキン付く感じは残るが、しっとり滑らかな質感でコントラストや消え行く残響のリニアリティーが改善されウーファーとの溶け込み感も向上して、手を伸ばして掴みたくなるような音像の出体感も強化

コレならOKレベル

たいしたコストアップではないのに、なぜこの状態まで追い込んでから発売しないのかが不思議


低音のゆったりタップリした感じが40~50年くらいまえのローコストな2WAYフロア型スピーカー的な雰囲気があるのでやはり50~60年代の真性プレートリバーブを使用した響きのリッチなカマボコ形のエネルギーバランスの音源にマッチする感じ

個人的には開放的な音のするデジタルプレーヤーとヨーロッパ系の音作りの小型管をシングルプッシュプル動作で使用した管球プリメインアンプで鳴して常識的な音量で楽しむオールディーズ専用機にして見ようかと計画中



メインスピーカは美麗な艶と熟成されたコクや粘りを付与して高貴な高級感ある雰囲気を醸し出す為に高級箔巻きコンデンサーと内部配線にQEDの Revelation Speaker Cableを使用して改良予定






最新リマスターの悪い面が出てハイキーな粉っぽい白茶けた感じはややするが開放感や伸びやかさとインパクトでの圧力が確保され、手持ちの音源と殆ど被らないこのシリーズはかなりマニアックな出来栄えで素晴らしい

古い音源からリマスターした音源の音質は95年頃以前に発売された余計な事をしていない物が良好な場合が多い




















この位の時期までのパイオニアのCDプレーヤーは開放的で音楽が軽やかに鳴る感じだったが最近は当時の面影まったくなし(--)

今だとベルトドライブのCEC製が無難か?

絶好調なのでまだまだ現役で活躍中




骨董品のLDプレーヤーも問題なく稼働

昔のパイオニア製品はソニーとは違い故障が少ない感じで音作りの傾向もまったく違う



Posted at 2017/05/11 22:37:50 | 日記
2016年12月16日 イイね!

DALI ZENSOR 3

DALI ZENSOR 3AV用途で使用した時にtangent EVO E5のウーファーがあっけなくホップするので、DALI ZENSOR3へ変更してから1年半程度経過しエージングの到達点が見えてきた感じ

価格改定で値上がりしたのでコスパ低下












キャビネットは安っぽく軽量級で価格なりだが響きの調律が良く開放的で音楽に逆らわない響きを創生

ウーファーはなかなかの仕上がりでサイズをはるかに超えた最低域のノビをグリップ良好かつ澄んだ質感で再生








ツィーターは細身で高域のピークに塊がありキン付きや安っぽいシャリ付き感が若干ある

ウーファーとの音色的なつながりはイマイチで中抜け感も若干ある

しなやかでふっくらしたシルキースムーズな音色のツィーターじゃないときびしい

ツィーターの音色に疑問はあるが、クリーンで開放的な音場の創生とリズムセクションの躍動感があるので常識的な音量で管球風味や磁気テープ風味溢れる濃い音のするレトロな音源を再生するとツィーターのネガティブな面を補ってくれて価格を超えた満足感が得られる

パワーハンドリングは小音量から良好で一般家庭の常識的な試聴音量(~95db位)なら問題なし







補正なしのf特

普通に音楽を聴くならコノくらいの帯域が再生出来れば十分

昭和な頃のミニコンポは普通クラスで16cm2WAY上級クラスで20cm3WAY程度のスピーカーを使用していたが、今考えてみると6~8畳間で使うには理にかなったサイズ

欲しいブックシェルフ形小型スピーカーが無いのでGライン配置の20cm3WAYを自作するか考慮中








AVアンプで自動補正実施時のf特

特性は良好だが、聴感上は違和感大 無補正の方が無難な音

測定上30HZまでフラットに伸びた低音再生能力は驚異的で聴感上もシッカリグリップ良く空気の揺らぎ感を再生するがスピーカーの大きさと最低域再生能力とのギャップが気味悪い位

きちんと鳴らすなら強固な床に頑丈なスピーカースタンドを使ってガタツキぐらつきを極力取り払い周囲の空間を確保した状態にして開放感と温もりを両立したスピーカーケーブルを使って欲しい

アンプは10万台の管球かローテルのプリメインアンプが無難か?








B&W  Signature805
今になって思えば割安に感じる

B&Wを含め舶来品は値上がりが激しすぎ

緊張感すら漂う透徹なバッチリピントのあった再現性と潤いやコントラストを両立しているのでモニター用に持っていてもいいかも

800シリーズが日本のメーカーに与えた影響は良くも悪くも大きい


スキの無い音作りのB&Wは几帳面な日本人の感性マッチするのかもしれないが、95年以降のポピュラー系音楽にありがちな安物デジタルアンプをフルボリューム聴く様な粉っぽく平面的な音のするハイコンプレッションスカチャラ音源には合わない

その手の潰れてぺったんこにゆがんだ悲惨な音質の音楽を聴くならラジカセで十分

Posted at 2016/12/16 14:42:23 | 日記
2016年12月04日 イイね!

BURSON Soloist SL MK2

BURSON Soloist SL MK2購入後半年以上経過して完全に安定期に入った模様

比較的エージングに苦労しない機種で24時間ぐらい鳴らしっぱなしにしておけばほぼOK

ウォームアップも特に気にすることなく、とりあえず5~10分くらいで良さそうだが過熱すると失速サウンドになるので真夏のエアコンなしの環境では使用しない方が良さそう

常温なら長時間のフルパワー超爆音運用も問題なし




スカッとした抜けの良い張りのあるレンジ感のHI-FI調の音だが適度なウエット感やラード感と温度感を兼ね備えて細かく分解してくれるので、国内大衆メーカー製品にありがちなドライで薄口な輪郭だけ強調され凝り固まった、くすんだ感じの音にはならない

電源ケーブルや音声ケーブルの差をシビアに反映するだけのクオリティーあり

BURSON Soloist SL MK2とSENNHEISER HD-25の組み合わせで普通に音楽を聴くなら十分な感じで、デジタルプレーヤーとソフトのクオリティーが問われる


仕上げを良くして国内ハイエンドメーカーのロゴを付ければ10数万円で売っても良さそうな雰囲気で、さらに音場感が広くなって磨きぬかれた透明感が備われば20万円クラスと十分に勝負出来そう











オーディオテクニカ ATH-EP700 & ROLAND RH300

ヘッドホンカバーを付けた状態の音調を更に良好にするため、再度リケーブル実施







糸の様に細いノーマルケーブル

篭って細身なベール被った貧血失速サウンドの原因






これならミックスダウンやマスタリング用途に使えそうな帯域バランスの良好な音

メーカーがこの状態まで製品を追い込んでから販売しないのが不思議












新規購入後10ヶ月以上経過して、微妙にあった中高域のパリパリチリチリした感じの付着音はほぼ無くなったが中高域の強調感は若干残ってる感じ

80年代前半の同一音源のソフトでレコードとCDを聞き比べてもかなりイイ勝負の開放感と鮮やかさ伸びやかさでついにCDプレーヤーもここまで来たかと思える仕上がり

小さい音の実在感や漂う気配の描写がレコードと比べるとイマイチだが、PCM音源の限界なのかも知れない

裏ごししたような滑らかさを兼ね備えたコクや厚みと弾力感が加われば最高な感じだが、国内メーカーじゃ無理そう

シンプルなアコースティックソフトを聴くならとりあえずこれで十分

開放感や伸びやかさをスポイルしない方向で中低音域に厚みのある電源ケーブルや音声ケーブルを組み合わせた方がバランスが取れる

プリリンギングが発生しないデジタルフィルターモードで使用中
Posted at 2016/12/04 21:26:56 | 日記
2016年12月01日 イイね!

STAX SRM-007t  007tA 新旧比較

STAX SRM-007t  007tA 新旧比較新規購入後半年以上経過したSTAX SRM-007tA

新品の時は、安物のトラジスタアンプの様な粉っぽい凝り固まったひどい音で「金返せ!」レベルのサウンドだったが、通電時間300時間程度でほぼ落ち着いた感じ

まだ音が若干若い感じがするので2~3年後ぐらいが最高の感じになりそう



ウォームアップは電源トランスの上部天板が暖かくなるまで行わないと細身でそっけない音になるので1時間以上行った方が良


接続する電源及び音声ケーブルの音調はシビアに反映されるので十分加味する必要あり















旧タイプから明らかにクリアでパワフルな明快な音になったが、管球らしい優美な甘さや溶け込み感は後退

個人的には旧タイプの方が好み

新型は甘さやコクを控え込んだ分、管球の響きによるツヤが目立ち特定のイヤースピーカと組み合わせで高域のキンつき感が目立つ恐れあり








独自のサウンドが他を寄せ付けない魅力を放つ十数年熟成させた旧タイプも、まだまだ使用する方向で







旧型はデスクトップ環境で使用中

デスクトップ周りにも分電盤から2系統オーディオ用に電源敷設

分電盤自体をオーディオ用に改造してあるから当然効果抜群でモヤモヤした貧血失速サウンドがクーリンでダイナミックなパワフルサウンドに変化






イヤースピーカー自体も新型発音体の方がメリハリの効いた鳴り方で非常に良く出来たダイナミック型ヘッドホンに近い感じ

イヤースピーカー自体は新型発音体の方が好みに近い








一昔以上前の値段と大して変わらないSTAX製品は良心的価格設定







Posted at 2016/12/01 18:29:44 | 日記
2016年08月03日 イイね!

ヘッドホン改良

ヘッドホン改良











AKG K701

VCT電線風のネズミ色のケーブルが気に入らないのでリケーブル実施

金属性のピンで治具を作ってヘッドホンをバラそうとしたが本体が割れそうな堅さっだたので断念してケーブルにコネクター取り付け

純正ケーブルの芯線は結構太め





仕上がり状況

エジーング後、試聴した結果
曇った抜けの悪いひ弱な感じが軽減されて透明感やパワー感など明らかに向上して持ち前の空間表現の良さがより引き立つ感じ





延長ケーブルを2種類作成

102SSC線材
高域が若干せり上がり緊張感を伴うが、リケーブルした事が分かりやすい傾向





102SSC線材 + 銀メッキOFC線材

個人的には、もうちょい芯の強さが欲しい様な気がするが十分なエージング後は中高域の張り出しや妙な緊張感が無く素直な音質で使いやすい

QEDが最高級ヘッドホンケーブルを作ってくれれば、自然な開放感をベースに円熟した艶・照り・コク・深みとキレを備えた音楽性豊かな物が出来そう





ROLAND RH300
102SSC線材で2度目のリケーブルを実施して更なるポテンシャルアップをしたが
筐体の鳴きが気になって来たのでデットニング実施





効果は絶大で、ライブハウスのステージガブリ付きを超える耳たぶがムズ痒くなる様な超爆音で使用しても喧しく感じない動的SNの良好な静かで力強い音をウエット感や艶を加味しながら達成

中域のクセっぽさは若干残るが40HZ以下の超低音域の伸びの良さや超高音域の伸びの良さが引き立った価格が3倍以上でも良さそうな仕上がり

音楽鑑賞には音が若干ストレートすぎるので
DSDマスタリングをするときのモニター用に使用中










日本でもテレビCMを放送してのってる感じのSENNHEISER製 HD-25

超低音と超高音域のノビはたいした事は無いが、音圧が見た目よりも確保でき小容量の密閉型ウーファーっぽいバネの効いた量感と締りの両立した低音に負けない中高域の抜けとコントラストの濃さがあり動的SNも良好で音場の形状もクセが無く楽しく音楽が聴ける感じ

気楽に音楽を楽しく聴きたい時に使用中

個人的には若干のデットニングの実施はしたいが、ドノーマルでも十分な性能

小型なオンイヤー形状で帯域バランスが良好かつ音楽性豊かな性能はビックリレベル

見た目がショボくて音が良さそうに見えないのが難点


エージングはライトクリップする状態から-10dbぐらいの状態で鳴らして50~100時間で十分実力を発揮する模様

試聴するなら優秀録音の音源を用意してクリーンな電源環境で最低でも最新型の50万円くらいのデジタルプレーヤーと20万円位のヘッドホンアンプの組み合わせで聴いてみて欲しい












Posted at 2016/08/03 20:02:40 | 日記

プロフィール

「コンセント取付工事中」
何シテル?   08/15 14:25
工場の総合保全屋です。 スクランブル ブースト  焼酎25度 1.8L/一晩 (慢性胃炎出血多量の為酎ハイ1Lで我慢中)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

E M Sさんのスズキ エブリーバン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/16 19:41:11
mv-agusta 
カテゴリ:バイク関係
2010/05/24 22:01:26
 
bimota 
カテゴリ:バイク関係
2010/05/24 21:57:12
 

お友達

決して押してはいけません

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エブリイ スズキ エブリイ
仕事用の車です 希少 ターボ 5MT  4WD 仕様 ...
三菱 ランサーエボリューションVIII 真性ランボロ(25万キロオーバー) (三菱 ランサーエボリューションVIII)
苦手な4WDターボ車を使用して地元茂原サーキットでエアコン付きのまま、ラジアル45秒台を ...
アプリリア RS125 アプリリア RS125
aprilia RS125 MY08 地元 茂原サーキットや袖ヶ浦サーキットでのエンジ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.