車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月18日
シンデレラガールズ
こんにちわ。
ライブの感想というか自分の中のシンデレラガールズに関して記事を書きます。
Twitterではライブの感想は散々グチグチ言ってたので、もう見たくない方もいるとは思いますが、自分の考えとしてしっかりまとめておきたいのでここに記しておこうと思います。(昔は個人用のブログとか持ってたんですが今はないもので・・・)
この記事をもって4thライブに関しては触れないように努力しようと思いますので、もしご覧になられる方はこんな私のくだらない記事にお付き合いください。

自分は2年半前のSSAライブをきっかけにモバマスに触れ、そこから1st、2nd、サマフェス、3rd、4thとライブビューイング含めて何だかんだで全部参戦してきました。

1stライブはまだ出演者も曲数も少なくて、昼の部と夜の部に分かれていました。会場も「舞浜アンフィシアター」という小さい箱で、現地のチケットなんて勿論取れませんでしたので、ライブビューイングで参戦しました。SSAの時は765のメンバーと合同のライブを行い、まだ先輩に引っ張られているという状態のライブでしたが、1stで初めて単独ライブを行い、ライブとしてはシンデレラガールズとしてのスタートの一歩を踏み出したんだと感じました。
そしてそこでアニメ化の発表があり、新参の自分も高まっていた記憶があります。

アニメ化を控えた一か月前、2ndライブが行われました。まさか同じ年に二回もライブをやるとは思ってもいませんでした。この時は今ほど意識は高くなく、CD先行を応募し忘れたので、webで申し込んだところ「チケットがご用意」されたので、晴れて現地参戦できました。この時もまだ、今ほど楽曲は多くなく、セットリストも予想しやすいライブでしたが、「ミラクルテレパシー」のサイキックテレポートや、「ましゅまろ☆キッス」の振りなど、ユニークな公演内容で、765からの伝統形式を良い意味でぶち壊してくれました。そして、アニメのテーマソングである「Star」が初めて歌われ、とても高まっていた記憶があります。
ここで初めて、渕上舞さんが歌う「薄荷」を聴き、北条加蓮というキャラクターにかなり引き込まれました。もともとCDも買っていたり、リリイベに応募していたり(外れました)、加蓮というキャラクターを知っていたつもりだったのですが、凄まじい勢いで堕ちましたw

その次の月にあった月末クリスマスガチャで加蓮狙いで引きに行って爆死したり、アクセラを765仕様から加蓮に張り替えたり、我ながらとにかく半端ない行動力で色々やってました。その時引けなかった聖夜加蓮はスタドリ頑張って貯めてお迎えしました。かなり思い入れのあるカードです。
そんな感じで元々765&ミリオン勢だった自分は、完全にモバマス勢になりました。

そして去年の3rdライブ、渕上舞さんはガルパンのイベントで出演できず、舞さんのいないライブでしたが、神谷奈緒役の松井恵理子さんが泣きながら「加蓮にこの景色を見せたい」と言っていたのがとても心に来ました。
担当のいないライブではありましたが、Trancing Pulseの後半でのスクリーンに加蓮が映る粋な演出は、ライブ製作者の加蓮を大切にしている気持ちを感じ取ることができましたし、自分もとてもうれしい気持ちになったことを覚えています。
ライブ構成としては、アニメの最終回が終わったばかりでしたので、2ndのライブにアニメの要素を混ぜ合わせたライブだったと感じました。
2ndから始まったユニークな演出を継承しつつ、アニメの演出も混ざっており、まさに舞踏会といえるライブだったでしょう。
舞さんは残念ながら出演できませんでしたが、舞さんにとってのガルパンは、例えるなら、今井麻美さんにとっての千早と同じですし、とても大切な作品です。ですので、自分は舞さんの気持ちを尊重してほしいですし、次こそはという気持ちでこのライブを終えました。

そして、迎えた4thライブ、さいたまスーパーアリーナ(以下SSA)での公演の2日目に渕上舞さんが出演ということで、意地でも現地に行こうと思い、金なんてない中CD14枚買って応募しました。我ながら馬鹿だなぁと思ってます。
結局自分で積んだ分は外れ、連番者が2日通しを当ててくれたので晴れて参戦することができました。
神戸公演では、新たなるシンデレラストーリーとして始まった「スターライトステージ」をメインとしたライブで、既存ソロ曲や、新ユニット曲も聴くことができ、とても良いライブでした。スターライトステージの3Dモデルを出演者と一緒にステージで踊っていたりする新しい演出もあり、新しい可能性を感じさせる内容だったと思います。

そしてSSA。初日は今までのメインで出演されていた方が出演しない斬新なライブで、セットリストも予想不可能という前代未聞のライブでした。
新しく発売されていた「シンデレラマスター」のソロ曲、既存ソロ曲、スターライトステージのユニット曲、1stから4th神戸までのすべての要素を詰め込ませたライブだと感じました。サプライズゲスト云々もありましたが、総合してそう感じるライブだったと思います。

そして2日目、待ち望んでいたこの日が来ました。この日の為といっても過言ではないですが、アクセラのステッカーを張り替えたり、舞さんへのプレゼントやメッセージを用意したり、舞さんのラジオで自分の車の写真を見てもらえたりと、過去最高に高まっていたと思います。
346という名前でのライブだったのでアニメ要素がメインだと思っていましたが、トライアドが揃ってTrancing Pluseを歌い、ソロ曲も歌うだろうと、薄荷を聴けるだろうと思って参戦しました。
アニメのユニットをメインとしたセットリストで、松井恵理子さんが3rdライブの時に言っていた「加蓮にこの景色を見せたい」は、トライアド3人が揃ってTrancing Pluseを歌い、ついに達成されました。遂に3人揃ったこの曲を単独ライブで聴けたことは、最高でしたし、この目に焼き付けました。そして、サプライズに「こいかぜ」を、これも1stライブぶりに、しかも現地で聴けたことは感無量でした。しかし、この後からライブの終わりが見えてきて、「まさか・・・」という気持ちが芽生えていました。
そして、future castleで、ソロ曲が始まり、安堵していましたが、スターライトマスターをすべて歌い切ったところで最後の曲になり、自分は「えっ」となりました。

346castleというコンセプト上仕方はないところではありますが、加蓮のみならず、すべての公演通してソロ曲を歌っていない方がいたり、今回のライブでは楽曲に関してとても偏りのあるライブだったと感じました。特にこの日は3rdで"やれなかったことをやった"ライブですので、3rdにいなかった出演者の方が、とある劇の1キャラクターというピースの様な形であったことが、自分の中では腑に落ちなかったと思います。シンデレラガールズというコンテンツは"自分が見つけたキャラクターに魔法をかけてシンデレラにする"という事がテーマだと思っています。ですので、"とある劇の1キャラクターというピース"はコンセプトとは異なるのでは?というのが今回の感想ではあります。自分の中ではアイドルのソロ曲はアイドルそのものというくらいの存在ですので、それがないという事は、アイドルを否定しているというように感じてしまい、とてもつらく悲しくなっていました。

あまりのショックで、ライブ後はほとんど知り合いと話すことすらできず、すぐに会場を離脱してしまいました。それなりにシンデレラの変化を見てきたというのもあったせいか、自分の中では相当ショックでした。とはいえ、まだ3年経ってないんですよね。一気に進化したんだなぁ・・・

そのあとTwitterでひたすらグチグチ言っていたことはとても印象に悪かったことですし、反省しています。申し訳ありませんでした。
今後も痛車イベントも控えていますし、自分自身かなりの責任を感じているせいか、ひめたまの主催も大丈夫なのかと感じているところではあります。
まだ、精神的に落ち着いている状態でもないので、しばらくおとなしくはしようかなぁとも思っていたり。

とりあえずこんな長文にお付き合いいただきありがとうございました。

最後の一言

オレって面倒くさいオタクだな
ブログ一覧 | アイマス | 趣味
Posted at 2016/10/18 11:11:33

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/18 11:40:07
取り敢えず4thライブお疲れ様でした。

夢の国は儚く今は現実に戻りリニアレギュレータのお勉強してます(だってエンジニアは頑張り屋ですからね)

リアルでも交流があるので別にみんからのコメントに書くのもアレかなぁと思いますが、少し俺なりの意見も書かせてくださいw


ここ数日間のびるみんさんをはじめとした加蓮Pの方の様子を伺ってましたけど、まぁみなさん同じような状態に陥ってましたね。。

うちのプロメンの加蓮Pの方が言ってました。

「別に自分が1番薄荷を聴きたかったわけではない。加蓮が歌う薄荷という曲をあまり聞いたことがない、プロデューサーに聞いて欲しかった… 」

って。僕も同じ意見でした。代々木での景色をもう一度見たかった…と。

びるみんさんと知り合ってからもう一年以上になりましたねwwww

俺が知り合った時からびるみんさんは"加蓮P"という印象。今回もかなり気合いが入っているなぁと感じてましたし……
今回はキャラクターと渕上舞さんへの思いが強いからこそのものだと感じました。

自分の担当の場合、歌も披露したしお前になんの気持ちがわかるんだよ!

って思うかもしれませんが、おれの意見としては、加蓮をプロデュース(応援)し続ける限り、終わりは来ないのかなぁと。悲観的になっている場合ではありませんよ!!
次はすぐに来てしまいますよ!!

いつか"必ず"渕上舞さんが北条加蓮としてSSAよりも大きな舞台で、そして1人で薄荷という曲を歌う日までまた、プロデュースを頑張っていきましょうよ!!


くっさいこと書きまくってますが、これがいま一番言いたかった事です。

以上アイドルマスターエンジニアガールズのPaPからの戯言でした。


2016/10/18 19:35:54
こんにちは。 ライブお疲れ様でした。
一連のツイートを読ませていただきました。

当方のツイッターのフォロワーさんはどういう訳だか加蓮Pがやたらと多いのですが・・ (昨日もお一人増えました (^^; )

その中でもびるみんさんを含めた数名の加蓮Pさん達がそれぞれに、今回の346キャッスルについてほぼ同じ理由での不満をツイートしておられました。



なんだか律子Pである自分には他人事に思えませんでした・・。
劇場版アニマスを見た直後の心境と似てるんじゃないかと。

「劇場版アニメという大舞台のライブシーンで一人だけハブられる律子」

を見せられた時の、あの何とも言えないモヤモヤした気持ちです。

アニマスの律子はプロデューサーだからステージに立つのはおかしいと理解はできます。
映画全体としては大変すばらしい作品ですし、何回も観に行きました。
何より M@STERPIECE は大のお気に入り曲です。

だからこそ、そのステージに、歌の中に、律子がいないという事実は、それこそ律子というアイドルの存在を否定されたように感じてしまったのです。

・・・と、こんなふうに考えてしまう自分も 「面倒くさいヲタク」 なのでしょうw


びるみんさんをはじめ加蓮Pの皆さんが渕上さんの "薄荷" を聴きたいのと同様に、
自分も若林神がライブステージで 「いっぱいいっぱい」 を歌う姿を見たいのです。
7thライブで見たあの感動を再び・・。


・・・

346キャッスルの最後で武内Pが言ってたように、アイドルマスター シンデレラガールズ はまだまだ続きます。

この先、渕上さんがステージで薄荷を歌う機会は必ずありますよ!
アイマスライブだけがアイマスライブではありませんし!(ん?)


愚にもつかぬことをダラダラと書いてしまいましたが、要するに何を言いたいのかと言うと、

「お互い、その時を待ちましょう」 です。

以上、失礼いたしました m(_ _)m
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「遅ればせながら、誕生日迎えて23歳になりました。今後ともよろしくお願い致します。」
何シテル?   12/11 01:13
TwitterID...Karen_Axela こんにちわ。びるみんと申します。 愛車はアクセラ(BL5FW)です。詳しくは愛車のページをご覧ください。...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
お誕生日おめでとう
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
お友達
痛車乗り、アイマスP関係なくお気軽に友達申請どうぞ!!(プロフに何も書かれていない方などはお断りすることがあります。)
80 人のお友達がいます
あやもあやも * がびがび *
Aoi@FK2Aoi@FK2 * だいずぱぱだいずぱぱ *
コニ-コニ- アインハルト rev.7.23アインハルト rev.7.23
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 北条加蓮 (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2013年9月に自分の元にやってきたアクセラスポーツ15Cになります。 この車との出会い ...
トヨタ イプサム トヨタ イプサム
イプサム20系の240Sになります。 母親の車ですが、自分のアクセラが入院したりする時に ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
親父の軽トラ。確か10年以上は乗ってる気がします。免許取り立ての頃はこいつでよく運転の練 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
妹のデミオ 13S AWD(DJ3AS)になります。 前に乗っていたプレオがアーム類の錆 ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.