車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日
映画鑑賞 とにかくトイレが心配。
映画鑑賞 とにかくトイレが心配。 「七人の侍」
1954年 日本
3時間27分!
監督 黒澤明
出演 志村喬





2016.10.09(日)
大阪ステーションシティシネマ
(午前10時の映画祭7)


このメシ、おろそかには食わんぞ。



全てがこのセリフに集約されています。


久しぶりの10月10日、正真正銘「体育の日」。
晴れの特異日の期待を裏切ることなく、気持ちの良い天気となりました。
※「体育の日」は10月10日に戻して欲しいと思います。

そんな日に自宅で沈殿。
昨日観て来た映画のお話です。

世界映画史上屈指の名作、日本映画史上不滅の金字塔「七人の侍」。
ざっと3時間半の超大作です。
(と、こう書きながら、矛盾を含んだ感想文となってしまいました。
ご容赦下さい。)

現代のアクション映画を見慣れた人の目には物足りないかも知れません。
当時としては画期的だったマルチカメラによる撮影も今となっては珍しくありません。



わかりやすく言うと、ミュンヘンオリンピックの鉄棒で神技と称された
「月面宙返り」。今では中高生でも出来る基本技になってしまいました。
そんな感じでしょうか…。
(あ〜、この例え自体が時代遅れ…)

お笑い番組でも、ひっきりなしの爆笑が要求されます。
じっくりゆっくりの映画は大変です。
脚本がどう、演出がこう、と言っても…。

また、最大の見せ場が斬り合いです。
フィクションとは言え、殺し合いです。

残念ですが、今の時代、手放しで絶賛することは難しいと感じました。
長年、傑作と信じて疑いませんでしたが、今回久しぶりに観て少し複雑な
気持ちになりました…。

さて、ストーリーはいたって単純。


戦国時代のお話。
収穫期になると、野武士の集団に村を荒らされる山奥の寒村。
困り果てた農民たちは、腕の立つ侍を雇って、野武士を退治してもらうことにした。



雇う、といっても報酬は腹一杯ご飯を食べさせる、それだけ。
気位の高い武士を納得させて、村へ連れて行くことは出来たのか。
そして目論みどおり、野武士を撃退することが出来たのか。

以上をモノクロ映像で、3時間半です。(^^;;


農民はもちろん武士にしても、見た目パッとせん普通のおじさんたちばかりです。


今お読みくださっている方で、真ん中の情けない顔のおじいさんの名前がわかる人、
何人いらっしゃるだろうか…。

日本に生まれ、この映画を母国語で観ることの出来る幸せ。
今を去ること40年前、中学生の時に場末の映画館で初めてこの作品を観ました。

趣味は映画鑑賞です、というのであるのならば、この映画は必見です。



先月ご紹介した、「生きる」の時にも書きましたが、死ぬまでに1度は観て
おきたい映画です。

とは言え、観なくても生きて行く上で何の支障もありません。
観たからといって得もなければ、観ないからといって損もしません。



ただ、ひとことだけ言わせて下さい。
「七人の侍」、これを見ずして映画のこと語らないでね!m(__)m



冒頭に書いたことと重なります。
斬り合い、殺し合いの場面には少々辟易しました。
以前は、野武士がやっつけられると快哉を叫んだものですが…。

もう、いいかな、そんな風にも思いました。
これまで何回も見たのですが、初めてそんな感想を持ちました。

以上!です。

※前夜21:30の座席の予約状況です。

空いているのは141席中、先頭の1つだけ。
念のため、23時に確認しましたら、完売。

3時間半の長丁場、観客の殆どが中高年。
とにかく、トイレが心配。

「休憩」が助かりました!(^-^)/
ブログ一覧 | 映画 | 日記
Posted at 2016/10/10 14:03:07

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/10 14:14:39
こんにちは(^.^)

そうですね、この映画は今更説明は無用ですよね(^.^)
一度は見ておいても損は無いでしょう。

長編作品の観覧はそのような悩み事が有るんですね(・_・;)…
頑張って下さい(ToT)
コメントへの返答
2016/10/10 14:27:06
Aomori Ndさん!
こんにちは。(^_^)

面白い撮影エピソードもたくさんありますね。
合わせて観るとさらに見応えがあると思います。

2時間を超える映画は緊張します。
いつもトイレに行きやすい座席を選ぶようにしてます。(^^;;

コメントありがとうございました!
2016/10/10 18:31:03
♪ズビズバー パパパヤー
 
 ズビズバー パパパヤー
 
 やめてケレ、やめてケレ、やめてケーレ、ゲバゲバ(爆)
コメントへの返答
2016/10/10 18:33:50
たっくん104さん!(^_^)
懐かしゅうございます!
ナイスコメント、ありがとうございました!
2016/10/11 13:45:24
どもです。

あんなに愉快だった小人プロレス。
いつしか誰かの倫理教育の影響を受けて、なんだか遠慮がちになっていたら、、、無くなってしまいましたね。


黒沢監督の生々しい斬り合いの演出も、なんだが遠慮がちになってたら、、、無くなっていくかも知れませんね。


ジェダイの騎士の斬り合いはもっと洗練されてますし。斬られても痛くなさそう。ローグ・ワン。公開が楽しみです。
コメントへの返答
2016/10/11 14:52:24
KARAMELL KUNGENさん!
こんにちは。(^-^)

ありましたね。
僕のおぼろげな記憶では、女子プロレス、国際プロレスなどとセットでポスターが貼ってあったような感じがします。単にゴッチャになっているだけかも知れませんが。^_^;

昔見た時は、何の抵抗もなく、のめり込んでいたのですが、今回はいつまでも終わらない世界紛争と重ね合わせてしまいました。

ドラマの筋運び、撮影技術などにはやはり驚嘆しました。
みなさん、これをお手本にして今の映画があるんだろうなあ、と勝手に思いました。

コメントありがとうございました!
2016/10/11 14:27:30
最近古い映画も観るようになりましたので、いつも参考になります^_^
トイレが近いので90分以上の映画には休憩が欲しいなぁと思ってしまいます笑
コメントへの返答
2016/10/11 14:59:49
たくさん!(^-^)

そうおっしゃっていただくと、一所懸命に書いてよかったと思います。

自分でも信じられませんが、こんな短い記事でも、書いては寝かし、修正しては、寝かしで、投稿するまでにトータルで4時間はかかってます。

「七人の侍」はインターミッション、ということで、最初から休憩が想定されているありがたい映画です。

古い映画、是非たくさんご覧になって下さい!
出来れば映画館で。
まず音響が違います。
要らんものが目に入らないので、集中出来ます。
好みが同じ人たちと、感激を共有出来ます。

コメントありがとうございました!
2016/10/11 18:13:45
オレが生まれる前の封切り映画ですね
でもなぜか知っていてみたこともあるのだから、映画って影響力あります

老人と子供のポルカの「やめてけれ~」と歌ったのが懐かしい(笑)
コメントへの返答
2016/10/11 18:35:05
mimakiさん!(^-^)
とにかくケタ違いの映画ですから。
観客動員数は700万人だったそうです。

しかし、歴代1位の「千と千尋の神隠し」2,350万人には遠く及ばず、崖の上のポニョ、にも負けていたのはガッカリでした。

左卜全さんは天才だと思いました。
この映画で実年齢58歳、僕とあまり変わらないことにビックリ!

ちなみに主演の志村喬さんは、49歳で僕よりずっと下、でビックリ!

コメントありがとうございました!
2016/10/12 00:17:49
初めまして。

ゴジラが出てきた時、拍手喝采でした!
ゴジラと二本立てのもう一本は…

緋牡丹お竜…(笑

田舎の映画館の話でした。
コメントへの返答
2016/10/12 08:39:03
4312BKじゅんぺいさん!
おはようございます。(^-^)

小学生の頃、駅の近所には映画館があって、東宝チャンピオンまつり、東映まんがまつり、という催し物がありました。

お竜さんと二本立てということであれば、また別の企画なんでしょうね。

いずれにしても懐かしいお話ですね。

コメントありがとうございました!
今後とも宜しくお願いします。(^-^)
2016/10/16 14:03:46
世界中で評価が高く、インスパイアされているのは伊達じゃないですよね。
リメイクが作られないのは、オリジナルを越えることが不可能と諦めているのかな。
とにかく、こだわりのすごさでは右に出る人はいないですよね。
コメントへの返答
2016/10/16 16:02:34
SADAさん!(^_^)
やはりとんでもない映画でした。
撮影エピソードを知るとさらに驚きが増します。
これまでは手放しにスゴいと思ってたのですが、今回は少し見方が変わりました…。
コメントありがとうございました!
2016/10/18 21:41:18
よかったら、この記事を読んでみてください。
http://bany.bz/coupe100/entry_149341.php
コメントへの返答
2016/10/18 22:42:15
kotaroさん!(^_^)
大先輩からご訪問いただき、恐縮でございます。
拝読いたしました。
何とも貴重な記事と写真、我々世代には世界のミフネでした。
寝てみたい、ならぬ、乗ってみたい、で締められましたね。(^_^)
コメントありがとうございました!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
かつての「新人類」なれの果て、中年後期の勤め人です。 起きて半畳、寝て一畳、天下とっても二合半、生きてるだけで丸儲け、イイね!つけらりゃつけ返す!(^^;; ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
新時代の大本命(NC1RHT) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/15 14:54:33
うわ~遂にPVが初めて300台になってしまいました(汗)。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/06 09:24:49
sedan考 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/04 10:07:12
お友達
基本的に申請はお受けしておりません。
まことに僭越ながら、やりとりのあった方に、私から申請させていただいております。(^_^)
せっかくのご縁です。
たとえ時々でも、イイね!、コメントなど、お互いの投稿意欲が高まる交流継続を期待します。(^_^)
142 人のお友達がいます
みャア大佐@VF-51みャア大佐@VF-51 * 南三陸のサンバートライ南三陸のサンバートライ *
ハコスカ&AMGハコスカ&AMG * 大根おろし大根おろし *
ますやはんますやはん * ドルフィングレードルフィングレー *
ファン
83 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダNCクーペ (マツダ ロードスター)
マツダNCクーペ (RHTはいわゆるオープンカーではなく、クーペと考えてます) ※みんカ ...
ダイハツ ミライース ダイハツ ミライース
毎日の通勤で一言の文句も言わずによく働いてくれました。 キビキビ走りますし、一般道では何 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ R32 フォルクスワーゲン ゴルフ R32
何よりもV6の排気音が素晴らしかった。 ドッシリとしたボディ、高速での安定感。 どこま ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
初めて買った新車です。 見た目からは想像できない安定感が素晴らしかった。 窓落ち、にはガ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.