• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月21日

滋賀巡りとお線香 その1-2

滋賀巡りとお線香 その1-2 滋賀巡りとお線香 その1-1からの続きです。



所用で滋賀を訪ねたついでに、引き続き観光を兼ね名所を巡ります。

石山寺で酷使した足を、電車に揺られながら束の間休めます。

相変わらず雨は降り続いています。


途中の浜大津駅に到着しました。

ここで乗り換えると、京阪が京都市営地下鉄に乗り入れ、京都市内まで行くことができます。


前から列車がやって来ました。

皆さんお気づきになるでしょうか。


そう、ここから暫くは併用軌道になり、電車が道路を走ります。

大手私鉄と中小私鉄、湖と海の違いはありますが、関東でいう江ノ電に少し似てるでしょうか。


路面電車ではない電車が道路を走ります。

昔はあちこちで見られた光景も、今は貴重です。


暫く走ると、また専用軌道に戻ります。


次の目的地の駅に着きました。

この列車はこの駅が終点です。


この列車、ここから折り返してまた石山寺駅に向かうのですが、退避せず本線上で折り返し待ちをします。

線路配置上の問題かと思いますが、ちょっと驚きました。


そして降り立った駅がこちらです。

表向きは近江神宮にお参りするという目的です。


この駅の改札口。

無人駅でホーム上に券売機と、ICカード用読み取り機があります。


そしてもうひとつの出入り口。

券売機も改札もICカード読み取り機もありません。

言わば乗客の良心に委ねられています。

世知辛い世の中、日本にも大手私鉄でこんな駅が残っている事に対する驚きと、日本人の良識を改めて思い知りました。


この駅に降り立ったもうひとつの目的、それが併設されている車庫の撮影を、思う存分することでした。

勿論、事前に嫁さんにはそのことは言っていません(笑)


今のうちしか撮影できない、新旧塗装の列車のそろい踏み。

この旅の目的のひとつが、京阪最後の砦となっていた旧塗装の天国であるこの地が、全て新塗装に更新されてしまうのに伴い、昔懐かしいこのカラーリングを記録に残しておくことでした。


そして何やら見慣れぬラッピング車。


なんじゃこれ?と思っていたら、なんでもアニメ?マンガ?の「ちはやふる」に因んだラッピング車だそうです。

アニメやマンガに疎い私に、嫁さんが教えてくれました。


そして事前にグーグルのストリートビューで下調べした時に気になっていた車両。

ストリートビューでは一両まるまる残されていた80系ですが、私達が訪れた時はこんな姿になってしまっていました。


雨の中、洗車中の「ちはやふる」号

実はこの車庫で結構な時間撮影をしていたのですが、その画像に関してはまた別の機会にご紹介できればと思います。


あんまり撮り鉄していると、しまいに嫁さんの堪忍袋の緒が切れそうなので、雨の中近江神宮に向かいます。


どこまでも続く参道。

またもやここで不安がよぎります。


長い参道を歩き終えたと思ったらまた階段・・・


やっと階段を登り終えたと思ったのですが何もありません。


暫く歩くと建物が見えてきました。


ここで清めます。


歩き始めるとやな予感が・・・


はい、また階段です。


私のイメージではお寺は山にあったりしても、神宮は平地にあるイメージだったのですが・・・

とか考えているうちに、なんとか登りきりました。


立派な神宮です。


でもまた階段です(^^;


外は大雨の中、厳かに結婚式が行なわれていました。




暫く結婚式の様子を見ていたのですが、神宮内を巡ることにします。




巡路に従って歩きます。


ここも雰囲気があります。


結構大きな敷地です。


百人一首が並んでいました。


ここで更に雨脚が強くなったので、弱まるまで雨宿りをすることにします。


神宮に似つかわしくないものを発見。

またまたなんじゃこれ?と悩んでいたら、嫁さんが「ちはやふる」に出てくる登場人物だと教えてくれました。


画像ではわかりにくいですが、かなり降っています。


暇なのであるものを取り出します。

今日の旅のお供、京阪電鉄大津線の1dayチケットです。

これがあれば1日中何度でも乗り降りできます。

ただデザインがちょっと恥ずかしい(^^;


中はこんな感じです。


有人駅で乗降する際駅員に見せるのですが、その度絵柄が恥ずかしい。

個人的にはキャラクターのないデザインで、全然OKなんですが・・・

因みに乗降の際嫁さんが見せたところ、駅係員さんに「使ったんですか!もったいない。」と言われたそうです。


オマケでついていたクリアファイル。

京阪マニアの方が喜びそうなデザインです。


そう思いながら、ひっくり返してみると・・・

ギャァァァァァ~~~~~

恥ずかしくて私には使えそうにありません(^^;

でもせっかくなので、旅の思い出にとっておきます。


そんなこんなしているなか、雨は益々激しくなります。

もう警報レベルどころじゃないです。

画像でお分かり頂けるでしょうか。


暇つぶしに周囲を見渡してみると・・・

こんなものがあるそうです。

お好きな方は是非どうぞ(^_^)


ピンボケですが。


そんなことをしていると、少し雨が弱まりました。

それでも十分大雨なのですが、埒があかないので駅に向かうことにします。




ここから先、画像はないのですが、いや正確には写真を撮っているような状況ではなかったのですが、駅に向かう途中凄まじい豪雨になりました。

バケツをひっくり返したというようなレベルではありません。

一瞬で傘が全く役に立たないほどずぶ濡れに。

ズボンは洗濯機で洗ったあと、脱水をしないでそのまま履いたような状態です。

もう尋常ではありませんでした。

多分ニュースでも取り上げられたんじゃないかと思うほどの集中豪雨でした。

もうどうにもならないので、開き直って駅まで歩き続けました。



ずぶ濡れの状態で駅に到着した時、ちょうど列車がやって来ました。

少し雨はマシになってきていましたが、画像を拡大してもらえたら、少しはどんな状況だったかお分かり頂けるかと思います。


列車に入った途端、嫁さんが知らない女性に「いったいどうされたんですか?」と声をかけられたくらい、ずぶ濡れでした。

ただ幸いだったのは、お尻は濡れていなかったので、座席に腰掛けることができました。


ホッと一息ついて乗務員室を見ると、運転しているのはリアル鉄道むすめさんでした。




珍道中、その1-3へ続きます。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/09/21 23:33:11

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

京都の楽しみ 鞍馬ー貴船神社
ぴぽたんさん

1月1日2日
まッサンさん

京都と大津にて
無限@YUIさん

「響け!ユーフォニアム」電車に乗っ ...
HNU12/naganoさん

滋賀小旅行〜近江神宮
ハーリーとげまるさん

今日のお休みは、ぶらり石清水八幡宮 ...
MASA//さん

この記事へのコメント

2017/09/22 00:27:44
こんばんは\(^^)/

電車が道路走ってるようで面白いですね(^^)

あの折り返し方初めて見ました💡
ダイヤに余裕がないと出来なさそう(^^;

階段はもう・・・・・・・・・・・・・・・・友達ですよ(笑)

雨粒が見えるくらいの土砂降りですね(´д`|||)
でも天気に翻弄されるのも旅の醍醐味でもあると思いますよ❗
コメントへの返答
2017/09/22 01:04:16
TK714さん、こんばんは(^O^)

昔は日本各地で見られた併用軌道の光景も、今ではすっかり貴重なものになってしまいました。

今回私達が乗車したのは石山坂本線の小型2両編成の車両ですが、京津線の地下鉄と相互乗り入れする大型車両も、堂々と道路を走っていきます。

私も本線上で折り返し待ちする光景は初めて見ました。

デイタイムのダイヤはここまでは1時間あたり8本ですが、ここから先は4本になります。

7~8分後には次の列車が来る計算ですが、過密ダイヤとは言えないまでも、そんなに本数が少ないわけでもないですね。

元気な時であればこれぐらいの階段、どうってことないのですが、今の歩くのもやっとという私の体では結構応えます。

先に訪れた石山寺でかなり足を酷使していたので、よけい応えました。

ただ、この先まだまだドツボにハマるのですが・・・(笑)

雨はもう本当に凄まじかったです。

ここまでの雨はここのところ経験したことがないほどでした。
2017/09/22 06:48:39
おはようございます♪

普通の電車が道路を走ってる姿は迫力が有りますね!
電車の雰囲気もどことなく江ノ電に似てる気がします(*´꒳`*)

近江神宮は素敵な所ですね♪
夏休み滋賀県に行った際に訪れれば良かったと思いました(>_<)

「ちはやふる」私は知ってましたよ(。-∀-)ニヒ♪
映画にもなった漫画ですね♪
ただ…内容は詳しく知りませんけどね(^_^;)
ウチのお兄ちゃんと名前が似てるって事で知ってました(笑)
コメントへの返答
2017/09/22 13:36:10
uuchiさん、こんにちは!

やはり路面電車と違って道路を走るのは迫力がありますね。

仰るように車体も江ノ電と雰囲気が似ているような気がします。

近江神宮は想像以上に壮大で荘厳なところでした。

私達のように駅から歩いていくと少し距離があるのですが、車だとすぐそばに駐車場があります。

次回また機会がありましたら、訪れてみて下さい。

「ちはやふる」ご存知だったんですね。

映画にもなっていたとは驚きました。

私、そっち方面の知識はホントに乏しいです(^^;

uuchiさんのお子さんと、名前が似てるんですね(^_^)
2017/09/22 07:05:50
ちはやふるは漫画ですね。
アニメの一期、二期は配信してたので見ました。
結構面白かったですよ。

実写映画は広瀬すずが主演してたようですね。

BABYMETALのグッズは使えるのに鉄道娘のクリアファイルは使えないとは(笑)
コメントへの返答
2017/09/22 13:41:51
ひろりん@真人間さん、「ちはやふる」っていうマンガがあるんですね。

アニメもあったんですか!

面白いんですね。

実写映画があったっていうのは初めて知りました(^^;

BABYMETALグッズは平気で使えますが、鉄道むすめグッズは恥ずかしくて、使うのを躊躇してしまいます(爆)
2017/09/22 07:47:12
おはようございます☀️😃❗️

京福ですねぇ。😀

ずっと前は路面電車的でしたが、地下鉄東西線が整備されて連結した電車になりましたっけ。最初の頃、路上に出る辺で係員が安全確認で走り回っていましたねぇ。😀
コメントへの返答
2017/09/22 13:48:44
u-pomさん、こんにちは(^O^)

そういえば京都で、京福電鉄が同じように併用軌道を走っている区間がありますね

京福電鉄の車両はもう少し路面電車的ですが・・・

昔は併用軌道を走る電車も多くありましたが、現在京阪電鉄という大手私鉄が併用軌道を走らせているようなところは、もしかしたら全国唯一かもしれません(^_^)
2017/09/22 10:28:11
こんにちは。
「ちはやふる」はなかなか面白かったのですが、近江神宮の境内には似つかわしくありませんね。神宮の外で我慢してもらいたいものです。

まあ、競技かるたの関係者にとっては今がチャンスとばかりに、ブームを願っているのでしょうが。

そこは歴史や情緒を大切に、分別のある取り組みを願いたいですね。

しかし、真っ赤な「桜門」は見事ですね。 (*^_^*)
コメントへの返答
2017/09/22 13:54:12
爬虫綱カメ目さん、こんにちは。

「ちはやふる」面白かったんですね。

どうりで人気があったのか電車の車体にラッピングされたり、神宮の中に登場人物がいたりしたんですね。

私は全く知識がなかったので、見たときに神宮に似つかわしくないなと、戸惑いと違和感を感じてしまいました。

近江神宮自体はとても荘厳でいいところでした(^_^)
2017/09/22 13:29:30
べるぐそんさん、こんにちは〜☀︎

素晴らしい写真見せて頂きました!
私も行ってみたくなりましたが階段の多さに
驚きです。登り切る自信がないかも( ̄▽ ̄;)
当分の間はべるぐそんさんのブログ見て
楽しみたいと思います^_^
コメントへの返答
2017/09/22 14:03:48
紫穂さん、こんにちは~(^O^)

ご覧くださりありがとうございます!

私今こんな体なので大層に綴ってますが、普通に健康な方ならば、それほど苦になるほどの階段ではないと思います(笑)

それに車でしたら、すぐ横に神宮の駐車場があるので、それほど歩くこともなく階段を上がらなくても大丈夫ですよ。

ですのでもし機会がおありでしたら、是非訪れてみて下さい(^_^)

このあとまた、続きのブログも見て頂けたら嬉しいですo(^▽^)o
2017/09/22 14:57:36
こんにちは。(*^_^*)
ちょんぎられた80系の車両…
タンク?とか壁から飛び出して来たような演出があるとイイ観光スポットになりそうですよね。( ̄▽ ̄;)
実際、私には一瞬そう見えたのですが。
ダメかな。(^_^;
コメントへの返答
2017/09/22 16:14:55
grayghost.f23さん、こんにちは(^O^)

Googleのストリートビューでは車庫内に1両まるまる留置されていたので、淡い期待を抱いて行ったのですが、ご覧のような状態になっていました。

まあ先頭部だけでも保存されたのは、ある意味喜ばしいことかもしれません。

仰るように工夫を凝らせば、有名になって人気が出るかもしれませんね。

ただ当たり前のことですが、車庫内は進入禁止なので、できるならば誰もが訪れることができる場所で保存してほしいですね(^_^)
2017/09/23 22:21:59
べるぐそんさん こんばんは。

初コメ失礼いたします。
滋賀県には行ったことはありませんが、たくさんの写真や詳細文章により、まるで自分が旅しているようなブログを拝見しました。

天気が良い日に行ってみたくなりました。
次回投稿を楽しみにしております。
コメントへの返答
2017/09/23 22:56:04
モトじいさん、こんばんは。

ご覧くださり、コメント頂きましてありがとうございます。

滋賀県には行かれたことがないんですね。

私は何度も訪れていたのですが、あまり観光らしい観光をしたことがなかったので、今回いろんな所を訪れてみました。

改めて色々回っていくと、いい所が沢山ありました。

もし機会がおありでしたら、是非訪れてみて下さい。

只今その1-3を編集中ですので、またご覧頂けたら幸いです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@uuchi さん、おはようございます(^o^)

この曲も有名なので、今でもよくかかりますしご存じの方多いと思います🎵

いろんなバージョンの動画があるんですが、この動画がいちばんオモシロイカナと思ってピックアップしました🎶🚗💨🎶

本日も宜しくお願いします(^^)」
何シテル?   11/22 08:36
べるぐそんです。N-ONEに乗っています。 旅行やドライブが好きですが、最近あまり行けていません。 皆さんのを見て行った気になっておきます。(笑) 音楽も...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

COUNTDOWN JAPAN で BABYMETAL 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/30 23:19:46
べる工房 ポッティングチャーム 取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/08 14:51:47
クリスタルアイ N-ONE 3Dホール LEDテール ついに発売開始!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/26 19:46:01

お友達

以前みん友さんで再登録された方、いつもイイね!を付けてくださる方、お会いしてお話しさせて頂いた方、BABYMETALがお好きな方等は、お気軽にご遠慮なくお誘いください(^_^)
948 人のお友達がいます
enchienchi * hiro5150hiro5150 *
わくわくランドわくわくランド * ハヤタハヤタ *
やもめのひろやもめのひろ * real.real. *

ファン

521 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
N-ONEに乗っています。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
ホンダ N-ONEに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.