• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もっきーさんのブログ一覧

2017年06月17日 イイね!

パーツのいい話

パーツのいい話いわゆる車イジリには疎遠な私ですが、ダンパーが抜けたまま走るなんてのは許せないので、時期が来ればそういったパーツも交換しますし、それは純正とは限りません。

別にスポーツ仕様にする訳でも、いわんやローダウンを狙っての社外品では無いので・・・純正より「ダンパーとして良いもの」があったら選択肢に入るというだけですが。
具体的には前回、ゴルフIIIのダンパーが抜けた時に入れたSACHSがとても調子が良いので、今回、10万kmを越えたカングーIにもSACHSを注文しました。
前置きはここまで。

今週の森慶太FMOメルマガ Vol.239 のQ&Aコーナーに読者から「SACHSって何がそんなに良いの?」という質問が来ていました。答えは詳しくはメルマガを読んでいただくとして、その中の一文

「ツインチューブダンパーのひとつひとつの部品の設計のダメなところや足りないところをぜーんぶ、つぶす。ちゃんとする。そうするとねモリさん。そのダンパーは、SACHSになるんですよ(笑)」(國政)

ああ、なんていい話でしょう。
以上です。


え? おわり? ええ特にオチとか無いですよ。いい話じゃないですか!
だってオレ、SACHS注文してるんですよ(^o^)/


冗談はさておき、こんな話がもっと読んでみたい方、ぜひメルマガもチェックしてみてください。「四輪の書」の元になった記事が(現在も進行中で)連載されているという例のアレです。

森慶太FMO メルマガhttps://www.motorjournal-wl.jp/森慶太fmo/
Posted at 2017/06/18 02:11:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本の紹介等 | クルマ
2017年06月17日 イイね!

遥か昔のサーキットでの出来事

遥か昔のサーキットでの出来事十数年前、私たちは筑波サーキットコース1000を貸し切って走行会をしておりました。
そんなある日、つてを頼って國政さんをゲストにお招きした時の話です。

恐れ多くも國政さんに「自分の車を運転して下さい!」と頼み込んで助手席に乗り込みました。コース上では十数台のドライバーが入り乱れて所狭しと走っております。自分の車はインプレッサのスペックCでしたので、國政さんが本気で走ればあっという間に前走車に追いついてクリアラップを取るのは難しいだろう・・・という状況。

サーキットに通った方はご存知だと思いますが、前が詰まってクリアラップが取れないとイライラしますよね(金返せって言う人もいるくらいw)。それが「お手本見せて下さい」って頼まれて、ひとついいところ見せないとって時に素人が前ふさいで全開にできないんじゃ・・・。こりゃもう怒涛の追い抜き祭りでもするしかないのか?と。

そしたら國政さん「ふつー」に走ってるんです、ゆったり高速を流すようなリラックスムードですよ。速くも遅くもない、全体の平均くらいのペース。そんで、後ろから速い車が追いついてきたら流れるように前に行かせます。あからさまに遅かったり不自然な動きは無いのですが、気がつくといい所で抜かせている、空気のような存在です。追い抜いていった車はタイムダウン無いはずです、邪魔になっていませんから。そうして他車を次々と前に行かせながら周回を重ねます。(その間、車内は和やかな会話で、とてもサーキット走行中という感じではありませんw 正直、手を抜いてるのか?と思った程)

何周かしたところで、気がつくと前に車がいません(「スペースを作った」ということなんでしょうね)。ペースアップして何事もなく一周クリアラップを取ってパドックに帰りました。(*1)
あの混走の中、どこにそんなスペースが? あの空気のような抜かせ方も普通にやってたけど・・・、空から見てたの?

当時、がむしゃらに走っていた私には想像外の展開で、おもわず「後ろにも目がついてて、コース上にいるクルマの動きが全て分かってるかのような運転でした」と感想を言った記憶があります。それに対して國政さんは言いました。

「普段運転する時、周りの車の動きを予測しつつ走るでしょう? それに比べたらサーキットなんかシンプルだから簡単なものですよ」、と。(いやーそう言うのは簡単ですけど・・・)


・・・時は流れて、手元に「四輪の書」があります。その最初の章は交通ルールの話(!)です(皆さんちゃんと飛ばさずに読みましたか?)。公道において他車と交わる事の意味が説明されています。タイトル画像はその1ページ、「周りのクルマを予測して走りましょう」ってお話です。

「知ってるよ、その位やってるよ」
と読み流した方、少なくないのでは?と想像します。

でも、私は、あの日のことを思い出す訳です。サーキットのアレが簡単に出来るほどのレベルで普段からやる話だと想像した人がどれだけいるだろう?と。よく見ると「サッカー選手のように」とそれを想像させる一文が入っています。でも、「オレ知ってる、やってる」と思って読む人にその真意がどこまで伝わっているか?

自分には「運転が上手いって、こういうことか!」と心底思って意識が変わった話ですが、「出来てる」と思って流しちゃう人もいる訳です。書いてあっても容易には伝わらない、だから難しい。

どうしても自分の知識、体験に照らして読むしか無いので、難しい部分はあります。でも、「交通ルールの話」をサラっと読み流してしまった方、「この章は飛ばしてもいい」と思った方には、この話がヒントになるんじゃないかと思うんですよ。

つまり、運転を学ぶ上では自分の想像を越えたことが沢山あると言う事。一度読んでピンと来なくても、アタマに柔らかく留めておいて、上手い人の助手席に乗せてもらったり、自分で試したりしながら、また読み返すことで「これか!」と理解が進み、正解に近づいていく、そういうものだと思います。

「自分なりに解釈して終わり」ではもったいないです。世界が広がりません。

あせらず、こういった気付きのプロセスも含めて楽しむのが上達の秘訣かなと思います。運転に限らない話かと思います(^^)

*1 中途半端なプロなら、素人の車なんか邪魔だオラオラで追い越して、追い越して、最後までクリアが取れないで「こいつら邪魔だからムリだわ」とか言いそうな所です。
Posted at 2017/06/17 03:13:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本の紹介等 | クルマ
2017年06月12日 イイね!

お金の使いみち

お金の使いみちG-BowlアプリにAndroid版が無いから(iPhone本体も買う必要があるから)買うのを諦めるという話は時々聞きます。

気持ちは分からないでもないですが、言ってしまえば、運転が上手くなるのに「中古iPhone5S+0SIM」の2万円で済むなら安いもんだと思うんですよ。おまけにデータロガー専用機と違ってiPhoneとしても使えるんですよ(笑)

でも、何にお金をかけるかは結局、本人の興味の優先順位なんですよね。興味が無いものは100円でも高いし、クルマのドレスアップパーツには万札出したい気マンマンの人、多いでしょう? みんカラ的には。

でも、当たり前ですけど、ドレスアップパーツなんか買うより運転が上手くなる方が運転楽しくなりますよ。テニス初心者がラケットケースを買い換えるのと、サーブがキマるようになるのどっちが楽しいかって話ですよ。もう全然楽しさの質から違うでしょ?

運転が他のスポーツとチョット違うのは、(少なくとも普段の運転においては)自分はもう初心者じゃないと思ってる人が多いって事でしょうか? 普段の街乗りでそんな上手くなる楽しさはもう無いと思ってませんか? それでパーツ買う方に行っちゃってません?

運転が上手い=「サーキットや峠で飛ばす」というイメージの人は多いです。また、車や運転は好きだけど、サーキットや峠に行ってまで飛ばそうとは思わない人も多いです。つまり、日常走るフィールドにおいて運転技術は足りていると思っている人が大半であって、今更そこを練習をして「サーブ入るようになった!」ような感動があるとは思ってない人が多いのではないか?と思います、普段の運転の話ですよ。

そんな皆さんに「ああ、自分はゆっくり街乗り運転でもこんなに下手だったのか!」とプライドを傷つけずに自覚させてくれて、よっしゃ練習するぞ!というやる気がふつふつと湧いてくるアプリ、普段の街乗りでもこんなに車を操るのが難しくも楽しいのか!と気づかせてくれるアプリ、気がつけば家族からも「運転上手くなったね!」と言ってもらえるアプリ(*1)、それがG-Bowlアプリです。
興味が湧いてきた方はぜひどうぞ。

ああ、前置きが長かった、セサミンか青汁のCMかと思ったよ(笑)

*1 そう言われる頃には「サーキットとか峠飛ばしてる人達、意外とヘタな人多いな」と気づいたり、久しぶりにドライブで峠道通ると「ペース上げても昔みたいにコワイ感じ無いな」と思ったり、結局、車を速く走らせるのに「峠で何台か廃車にした武勇伝」なんか要らないんだ(笑)ということが実感できると思います。
Posted at 2017/06/12 10:51:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | G-Bowlアプリ | クルマ
2017年05月27日 イイね!

上手くなるまで読み続けられる本

上手くなるまで読み続けられる本先日、國政ブログに「クルマのトリセツ」という記事がアップされました。内容はリンク先を読んでいただくとして、コメント欄に以下のように書かれています。

運転を伝える⋯⋯しかも活字で。
とても難しいことだと認識しています。
読者にどれくらい理解してもらえるか心配なところですがこればかりは仕方ありません。
なので濃い内容にしました。


購入された皆さん、どこまで読み進められたでしょうか? 私は全然進んでないです、濃すぎて進めません(笑)

私の場合は本以前に著者から繰り返しお話を伺う機会がありましたので、知っている内容なので読み急いでいないという事もありますが、ある程度理解しているが故に、1行の文章に引っかかっては「ああ、これはあの話だ。分かった気でいたけど、実は分かって無くて、何度か認識を改めたんだよな」と。自分の運転が進歩する度に「ああ、これのことだったんだ! 理解が浅かった!」って気づく事の繰り返しだったことを思い出します。

そういう体験があるから、あらため現在の運転を振り返って「自分はこの言葉の真意に達しているかな?」と考えると、気を引き締めてトライしなければいけない事だらけ・・・ちょっと読み進めるだけお腹いっぱい、とても先に読み進めようという気になりません。
「あーこれ以上はアタマに留めおけないから、今日はここまで!」って。

「営業バン」の本は読み物なので、一気に読んで「そうなのかぁ」でいいのだけど、こっちはトリセツですから書いて有ることが実際にやれて初めて価値が出て来る訳です。読んだだけでどうなるものでもありません(ゴルフの本読んですぐ出来るか?ってのと同じ)。著者が「どれくらい理解してもらえるか心配」と言っている意図をどこまでモノに出来るか?
そのためには、本から何かを得て自分の運転を変えていこうという気持ちが大事かと思います、今の運転に縛られなければ、知らなかった世界が開けます。自分の成長とともに時々読み返して「上手くなるまで読み続けられる本」だと思います。

自分の運転を変える気が無い人、「自分は知ってる、分かってる」って答え合わせ、一気に読んで「だいたい自分の考えてる通りだった」と思って安心したい。そんな気持ちで読んでも「自分の運転に当てはまるように解釈するだけ」で得るものは無いでしょう。運転を活字で伝えるのは元々難しいのですから・・・
Posted at 2017/05/28 02:56:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 本の紹介等 | クルマ
2017年05月20日 イイね!

G-Bowlは運転の入り口

G-Bowlは運転の入り口タイトル画像、良いツイートを見たのでこの場を借りて紹介します(ご本人の許可は得てます)。

道具があると、どうしても道具の攻略にばかり目が行くという事があります。アプリだったら採点モードの点数にこだわる、グラフの数値がピッタリを目指す、リアルG-Bowlだったらあえて揺れが大きいピンポン球の攻略にこだわる・・・等々。

多くの人にとって「G-Bowlを通して運転を捉える」事は光明になると思います。でも、G-Bowlが見せるのはあくまで運転の一面を切り取ったものであって「運転そのものではない」のは忘れてはいけません。分かりやすさのためにあえて切り捨てている面もあります。だから、G-Bowlさえコントロール出来れば運転が成る訳ではないし、G-Bowlのハードルを上げていく事が達人への道でもありません。(國政さんをそれを「ゲーム的になっている」と言います、決してイイ顔はしてませんw)

國政さんは「G-Bowlは運転の入り口」と言います(アプリは違う使い方もできますがそりゃまた別の話)。万人を「入り口」に導くのが一番の目的です。Gが理屈で分かる人なら紙に書いて終わりですが、それではほとんどの人に伝わらないから実物を作ったのです。実物が人間の感性に訴える力、その点でアプリは遠く及びません。このシンプルさがリアルG-Bowlの真髄であって、「Gを知り、それを整えようという意識が持てたら」その役割は半分以上終えてます(残りは練習を続けて「どこを走ってもボールを落とさない(*1)」自信が着いたらOK、長くても半年以内でしょう)。入り口の先にやるべき事は沢山あるし、この道具だけを極めようとするのは作者の狙いとも外れます。

だから、G-BowlでG感覚が身についたら土台が出来た状態、”それは始まり”とも言えるんですよね。以前はこれに続く指南書が無かったのですが、幸い「四輪の書」という本も出ました。読んですぐ分かるかどうかは別としても、そこに書いてある訳です、深掘りするならそっちでしょう。

道具を通して運転を知る事は助けになりますが、道具を通した運転だけ見ていてはそれはゲームになってしまいます。
道具の良い面を理解して上手にお付き合い頂ければと思います。

*1 オイルボールまたは毛玉で落とさなければ十分です。「ピンポン球は敏感過ぎてドライバーの操作に関係ない揺れ(路面や車両の影響)で落ちる、そこを気にしてもしょうがない。もし使うなら0.2G未満(雪道など)だろう(國政談)」との事です。
Posted at 2017/05/20 22:44:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | G-Bowlアプリ | クルマ

プロフィール

「雑誌に載った関係か最近G-Bowlを使い始めた方が増えている(ありがとうございます!)ようなので、昔のブログ記事「最初に練習すること」を紹介しときますね → http://minkara.carview.co.jp/userid/2226876/blog/39395887/
何シテル?   06/22 00:59
G-Bowlアプリの中の人です。 こちらでは製品サポートは行っておりません。不具合、ご要望等につきましては公式サイトの「FAQ」をご確認の上、改善されない場合...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

G-Bowl & i-DM 富士山麓にて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/27 10:58:51

お友達

どなたでも歓迎です、遠慮なく申請下さい。
82 人のお友達がいます
ヴィラなべおヴィラなべお * 赤褐色の記録員赤褐色の記録員 *
よっちゃん@CX-5よっちゃん@CX-5 * who#522who#522 *
たつND5RCたつND5RC * tomosatotomosato *

ファン

65 人のファンがいます

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.