• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年04月08日

おめでとうございます

色々と多忙で,なかなかログインもままならなかった今日この頃.
とりあえず本年初のエントリということで,あけましておめでとうございます.


とか言いながら,スノアタにはちゃっかり行ってたりして.諸般の事情で前シーズンの半分ほどしか行けなかったし,残念ながらあんまり良コンディションには当たらなかったけれど.
で,色々あってGDBは長期入院中でドライバーのテンションも上がらなかったのが,やっと今週末に修理から上がってくることに.

クルマが帰ってきたらまず夏仕様に戻すところからだが,今期は新兵器を投入した.



ついに ねんがんの インパクトドライバを てにいれたぞ!


昔のエントリでも書いた通り,力不足な上にバッテリーがヘタッたインパクトドライバは懸案事項だった.
今回買った18V仕様の電動インパクトドライバ(TD148DRFX)の最大トルクは175N・m.これならホイールナットの脱着も捗るはず.インパクトレンチの方(TW281DRMX)なら260N・mだが,ドリル用途と使いまわすのでこちらにした.

さらに家の床がフローリングでちょっとしたゴミも目立つので,ついでにコードレス掃除機(CL182FD)も導入.…というより逆にむしろ,コードレス掃除機を買いたいという話が持ち上がったのが発端.どうせなら前々から電パクトを新調したかったので,バッテリーと充電器を使い回しできるモデルをついでに買ってしまえという話.バッテリー・充電器と本体がそれぞれバラで買えるのも,マキタのいいところ.

この掃除機もなかなかイケていて,フローリングをざっと掃除するぐらいなら十分過ぎる働きをしてくれる.さすがにAC100Vには敵わないがコードレスのイメージを払拭するパワフルさで,今までの掃除機の出番がかなり減ってしまいそう.
タイミングが悪く増税後になってしまったけれど,なかなかいい買い物をしたんじゃないだろうか.


というわけで忙しいのは相変わらずにせよ,徐々にテンションを上げていきたいと思う.
本年もよろしくお願いいたします.
ブログ一覧 | 物欲、買い物 | 日記
Posted at 2014/04/08 23:32:33

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

東京のバイクは終わった・・・ (* ...
エイジングさん

本日新車が納車されました・・・(* ...
ピロリンちゃんさん

🌟 マイちんと愉快な仲間たちオフ ...
naopeiさん

皆んなで投票して盛り上げよう‼︎
メタラーさん

最初で最後のおのろけブログw
マタさん

れぼ吉との3年を振り返る・・・・・ ...
かづをwithれぼ吉さん

この記事へのコメント

2014/04/09 00:33:48
マキタ印のコードレス掃除機があるとは知りませんでした!
コメントへの返答
2014/04/09 12:54:10
色々調べたんですが,業務用としても結構有名らしいですよ!
結構おすすめです.
2014/04/09 01:20:37
私的にはマキタのドリルって、工具というよりコレ用なイメージです…(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=3A-2D5AkE3I
コメントへの返答
2014/04/09 12:56:12
洋楽に詳しくないので知らなかったんですが,調べてみたらMr.Bigとかなり縁が深いみたいですね.
Vo.の人は服の色がマキタっぽいし…(笑)
2014/04/09 06:37:13
おはようございます。

僕はア○トロのインパクト持ってますが、使えねぇ~(#`皿´)根本的に力不足で、ホイールも外せず、結局、いつも人力で外さざるを得ないんです。保証期間内で動かなくなり、一度新品と交換してもらいましたが、ホームセンター行く度に、マキタ良いなぁと眺めておりました。

次は僕もマキタにします!
コメントへの返答
2014/04/09 13:02:40
こんにちは.
メーカー公称の能力って当てにならない時ありますよね.それにニッカドだとどんどんヘタって来ますが,今回のはリチウムイオンだしで信頼できそうです.
使ったらまたインプレしますね.
2014/04/09 08:13:11
あけましておめでとうございます。

富士重工のロビンは「マキタ沼津」に変名して、今はマキタの子会社。。。
エンジン付のハンディ芝刈り機用のエンジンが必要だったから。

「電動工具のマキタ」だったハズなのに。。。
コメントへの返答
2014/04/09 13:10:33
本当に言われると恥ずかしいのでやめてください(笑)

そういう小型エンジンは詳しくないのでホンダの印象が強かったんですが,富士重も作ってたんですね.
気になったので調べてみたら,世界的にはあのマーレーが強いようで.
2014/04/09 10:56:58
> 最大トルクは175N・m…ホイールナットの脱着も捗るはず

一般的なホイールナットの締付けトルクは100N・m前後ですが、その値で締付けたナットを緩める場合には軽い固着等を含めると3倍以上のトルクが必要になります。
その値だと、締め付け直後では緩んだとしても、スポーツ走行後や締付け後から日数が経っている場合では結局、今までと何ら変わらない可能性があります。

差し出がましいようですが…
可能なら即返品処理され、既にお持ちの電動ドライバーのNewバッテリーと400 N・m以上の電動インパクト(マキタなら高速充電(15min)器が付属しているかと思いますが、現地では電源が無い場合がある為、高速でない充電(電池に優しい1h位)器+予備バッテリー付)を新たに購入される事をお薦めします。

私自身、以前に200N・mのマキタ製を使用していましたが、役不足でしたので現在は500 N・m以上の製品を使用しています。

コメントへの返答
2014/04/09 13:14:51
詳しくありがとうございます.

もちろん締め付けトルクで緩むわけではないのは承知しているので,これで緩まない場合があるかも知れないのは分かっています.

ただ経験上は固着で困ったことはあまりないですし,先代モデルでホイールナット用に使っている事例も確認しています.ダメなら素直に一発目は手で緩めます.

汎用品は専用品に劣るのも分かっていますが,本文に書いた通り今回は汎用性を取りました.
2014/04/09 13:24:52
GCインプのGrp.AだったかWRカーだったか、WRC参戦車には「Robin」って書かれてますよ~

ロビンはカートのエンジンや発電機も多いですが、ランマー(※アスファルトを振動で押し固める機械)のエンジンのシェアがデカいイメージです。


マキタは・・・・

HM/HRキッズだったときに、MR.BIGが電動ドリルを演奏に使ってたので憧れたもんです。
コメントへの返答
2014/04/09 23:23:46
あんまりモータースポーツを観ないので知らなかったんですが、「ロビン インプレッサ」とかで画像検索すると出てきますね。
しかしランマーっていう呼称も、ましてエンジンのシェアも知りませんでした…

ちなみにMR.BIGはマキタに感謝して社歌まで作ったそうですね。何やらトリビアネタっぽいのが多いです。
2014/04/10 22:28:00
連コメ失礼致します。

> 経験上は固着で困ったことはあまりない
電動工具のみでの脱着について書込みましたが、手動工具(スピンナーや十字レンチ等)による作業が加わるならば、ハブボルトの破断トルクまで掛ける事が可能ですので、強固な固着によってボルトを捻じ切る事は有っても、緩める事については私も困る事はないかと思います。

> 先代モデルでホイールナット用に使っている事例も確認しています
手動工具による仮緩めの先行作業が加わっての、その後の噛合っている山数分の取外作業が主使用かと思います。

> ダメなら素直に一発目は手で緩めます
それが結構、苦になると言うか、面倒で疲れる要因と感じていましたので、それらを省くには…と言う事でアドバイスさせて頂きました。(^^ゞ
コメントへの返答
2014/04/12 23:27:19
トルク管理やスレッドコンパウンドなどで対策しているためもあってか,最近は固着自体ほぼ無縁なんですよね.

ちなみに検索したら,インパクトドライバーでそのまま緩めている事例はいくつも出てきますよ.今回買ったのはインパクトドライバーではほぼ最強スペックなので,これで駄目ってことはないように思いますが…
2014/04/12 00:16:52
18Vあると、何にでも使えていいですね!

自分も最近パナソニックの18V導入でかなり助かっています。
本緩めをスピンナ使うだけで、あとは早い早い!

ホイール脱着に、クラッチ交換に、3割短縮です~^^
コメントへの返答
2014/04/12 23:41:17
12Vが非力だったので,こいつにはかなり期待しています.…非力ゆえ,締めるときにオーバートルクにならないのは利点?でしたが.

かなりコンパクトにもなったので,狭いところでも色々と役に立ってくれそうです.
2014/04/26 19:16:18
御返答が疑問型だったので再連コメさせて頂きますね。

> トルク管理やスレッドコンパウンドなどで対策しているためもあってか,最近は固着自体ほぼ無縁

ナットが緩まない要因として前書込みで「軽い固着等」と例を上げましたが、固着自体は単に要因の一つに過ぎず、「等」の中に要因の多くが存在します。

私自身も同様の対策を行なっていますが、取扱い次第では設定値よりオーバートルクになってしまい、緩める際には締付け時以上のトルクが必要になってきます。
例えば、トルクレンチは工具というより主は計測器なので、定期的な精度確認や校正を行なっていない、または誤使用(巻きバネ式なら使用後毎の設定の未解除(使用を限定する事での設定保持))等があれば、放置状況によって10%以上の誤差が簡単に発生してしまう事や、新品時に実測データーが添付されていない製品等だと、設定可能範囲内の一部がスペックと「掛け離れた」値だったりします。そして、スレッドコンパウンド等の耐熱潤滑剤では、ボルト山部への塗布し過ぎによるナット締め込み時の摺動(テーパー)面へのハミ出し等です。

また、インパクトツールも、最大トルク値はメーカー毎でテスト条件が異なる為に、参考レベルにはなってもメーカー間比較情報としては使えません。重要なのは、締付けたトルク値ではなく「緩む」トルク値に達するまでの「立上り時間」で、短いモノなら1秒以内、長いものなら十数秒にもなり、使用する上では事実上、最大値に達しない製品も存在します。動作時間が長くなれば、(ハンマー)打撃が繰返される事で電池の消耗も増えますし、ナットやソケットも早期に磨耗(変形)し、その間のガタが増えると、初期接地面積が変化し「トルクの逃げ」も増えますし、ドリルスタンドのような固定治具を使用しない環境下では、そのガタによって打撃の「角度ズレ」も増加する為、更にトルクの逃げが「拡大」し、緩まない原因となります。

あと、「ニッカドだとどんどんヘタって…今回のはリチウムイオン」とも言われていますが、実はメンテナンス面(メモリー効果を考慮した取扱い、充電回数制限や大きさ(重さ)等)を除いた電気的な面(インパクトで重要なトルクの立上り(大電流(数十アンペア)放出))は、内部抵抗の違いによりNi-Cd電池の方が優秀な為、Li-ion電池では、Ni-Cdの特性に出来るだけ近づける様、制御が行なわれいます。
特にLi-ion電池は、大電流放出能力が常温(~10℃)を下廻ると下がり始め、0℃付近では約75%、-10℃だと約50%となってしまい、ツール側の最大トルクもその能力に依存する為、「同様に推移」します。また、安全や性能保持対策の為に高温時は制限(電流カット)を掛けていますが、製品によっては低温時(0℃以下位)にも制限を掛けている場合があり、真冬の屋外作業等ではトルクダウンどころか、動作しない可能性さえあります。

> 検索したら、インパクトドライバーでそのまま緩めている事例はいくつも出てきます
> これで駄目ってことはないように思いますが…

肯定的な内容だけではなく、否定的な内容についても検索されると、更に広い範囲で考察できるかと思います。また、駄目というより、今までは仮緩めの先行作業を加味した作業だったのに対し、先行作業無し状態で緩んだり、上記の理由等で緩まなかったりすると、厄介(余計)な事を発生させ、時間や体力面だけでなく、場合によっては精神面にまで影響します。

例えば、フロアジャッキを使用して前左右輪の取外し作業を行なう際に、仮緩めの先行作業無し状態にて片輪取外し後の残り輪で、緩まない状況が発生してしまうと…
引続き、手動工具にて作業を行なうにはタイヤを固定する必要が出て来ます。しかし、前輪にはサイドブレーキが無い為、固定方法としてそのままジャッキダウンをすると、ジャッキを掛けている状態にもよりますが、タイヤ取外し済側のブレーキ用バックプレートやローターが、地面に接触して変形や傷付いてしまったり、それを回避する為に取外した片輪を再び仮装着した上でのジャッキダウン作業が発生してしまいます。

このような事等を何度か経験すると…

汎用(併用?)性とのトレードオフ、今後の経験で実感して行って頂ければと思います。
内容が長くなってしまい申し訳ありませんでした。

PS:
もし、トルクレンチを一度も校正や精度確認された事がない場合には、東日の営業所(近所だと広島?)だと、無料にて自社製に関わらず、精度確認を自身で行う事が可能です(工具専門店等でもテスターが置いている場合あり)。私の場合、スペックよりも誤差が多く発生しているモノについては確認データーを表にまとめてレンチに貼り付け、その表に基づいて使用しています(笑
コメントへの返答
2014/04/29 01:38:14
再々ありがとうございます.


差し当たってスタッドレスから夏用タイヤへの交換において問題なく緩みましたし,出力的にも余裕がありそうだったので,今のところは不満は感じていません.


トルクレンチでの締め付け時は動摩擦力,緩め時の一発目は静止摩擦力であり,そもそも物理学的には動摩擦力<静止摩擦力であることから,当然締めトルク<緩めトルクですよね.

ちなみにスレッドコンパウンドはホイールナットには恐らく延べ数百回ぐらいは塗布経験がありますが,テーパー面へのはみ出しは今のところ経験上ゼロです.この先もゼロである可能性はゼロではありませんが…


瞬間的な出力においてニッカドの放電特性が優れているのは知っていますが,使用頻度・メモリー効果などにより大きい出力が得られないのであれば絵に描いた餅でしかありません.ニッカドをしばらく使った経験上,私の使い方にはニッカドよりリチウムイオンの方が合うと考えた結果もあり今回の選択となりました.
なお真冬の屋外などでの使用は,ほとんどないシチュエーションなので気にしないことにします.



余談ですがこれでも買う前の下調べはかなり入念に行う方なので,欲しいものがあった場合はまずネガティブな情報を拾うように心掛けています(それはそれでなかなか買うべきものが決まらなかったりして難儀なこともありますが).その結果,個人的に問題となりそうな事例は目に付かなかったので今回の購入となりました.


レンチの校正についてはありがとうございます.参考にさせて頂きます.
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@東京ジョー。 すみません、振っときながらスルーになってました…。私ならば定尺売りのアルミ平棒とかから切り出しちゃうかもですね。アレの質感はあんまり好きじゃないんですが。」
何シテル?   01/28 08:59
最近は忙しく、ほぼ年に一度ぐらい岡山国際サーキットを走れればいいかな?ぐらいです…。冬場は時々雪道を嗜んでいます。軽量化ヲタ。 ベストラップは 岡山国際:1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

アイドルエアコントロールバルブ清掃 (アイドリング安定化) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/12 20:02:15
クリフォード スマートセルフサイレンの電池交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/07 15:25:08
ワンオフのアルミボティ2000GT製作記-1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/26 21:44:30

ファン

64 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
いわゆるアプライドモデルC。 基本的には取り外しを主とした軽量化、吸排気、足回り+パッド ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
いわゆるアプライドモデルC。 基本的には取り外しを主とした軽量化、吸排気、足回り+パッド ...
その他 その他 その他 その他
GT i-drive3.0('00式)。就職したての時に勢いで購入。 生意気にもFブレー ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
嫁号兼ファミリーカー。 納車後半年にして、嫁にサイドステップを擦られる不幸な車。…と思っ ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる