• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たくぞう@GDBのブログ一覧

2013年11月13日 イイね!

ミシュラン「X-ICE XI3」ロング・ロングモニター 2013-2014シーズン


■昨シーズン装着していたスタッドレスタイヤのメーカーをお答えください (装着していた方のみ)
REVO GZ

■これまでにミシュランのスタッドレスタイヤを履いたことがありますか?
ありません

■その時の印象はどのようなものでしたか? (ウインタードライブでのエピソード等がありましたら、併せてお答えください)
ミシュランのスタッドレスはドライ路面でしっかり走れるとの評判であり、ぜひ試してみたいと思っています。
雪の山道を走る機会も多く、氷雪路でのコントロール性、絶対グリップなども期待しています。


■愛車情報ならびにタイヤサイズをお答えください。
メーカー/車名/年式:スバル/インプレッサWRX STI/2003年式
タイヤサイズ(前):225/45R17
タイヤサイズ(後):225/45R17

■X-ICE XI3を履かせた愛車の使用用途を教えてください。
(ex.通勤、通学、帰省、スキーなどのレジャー)
また、氷雪路面とドライ路面を走行する割り合いをおおまかに教えてください。
(ex.氷雪路面:ドライ路面=3:7)

通勤
スキー
雪山のドライブ

氷雪路面:ドライ路面=2:8

※この記事はミシュラン「X-ICE XI3」ロング・ロングモニター 2013-2014シーズン について書いています。
Posted at 2013/11/13 12:05:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2013年11月08日 イイね!

本日のトラブル

超多忙でまとまった時間が取れないくせに、スペC用E/GオイルクーラーとMTオイルクーラーの装着、ラジエーター交換を控えている今日この頃。ミッション/エンジンオイル、クーラントを全て抜かなければならないちょっと面倒な作業だけに、事前に各所のチェックをしたり前もって作業できる部分はあらかじめ作業しておいたりで本作業の時短を図っている。

とりあえず、オイルクーラー本体とホースは付いた。エンジン側の配管が終わっていないので、今のところは高価なはったりチューンにしかなっていないが…。


一方、下に潜ってみると見たくない部分が見えてしまったりも。
まず、チタンマフラーとメタキャタの接合部。

この画像じゃ分かりにくいけれど、がっつり排気漏れしている模様。チタンマフラーの薄肉のフランジが反ってしまっているようで、メタキャタの錆びも悪さをしているようだ…

さらに、メタキャタの補強ステーの丸棒が折れているのも発見した。

さすがに溶接絡みだと自分では直せないなぁ…

さらに、ネジの回す方向を勘違いして貴重なフローティングマウントをねじ切ってしまう始末。向こう側にあるボルト・ナットの回す方向を勘違いすることはあるけれど、ねじ切ってしまったのは久しぶり。


とりあえず応急的に処置はしたけれど、色々と面倒臭いなぁ…。いまいちテンションが上がらないながら、週末には形にしたいと思う。

…その後チェックしていたら、オイルクーラーから車体側へのホースをイン・アウト逆に組んでしまっていたようだ。

水平のコアなので恐らく実害はないとは思うけれど、気持ち悪いので直す予定。手が入りにいうえにホースが固くて唸りながら嵌めたのに、テンションダダ下がり…。
Posted at 2013/11/08 01:04:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車トラブル | 日記
2013年10月06日 イイね!

地震対策

南海地震が数十年以内ぐらいに起こりそうという話もある中、かねてからの懸案事項だったガレージの棚の地震対策。
危ないし、車に倒れかかったら悲惨なので固定してやった。


新築だろうが容赦はしない。気にせず弄れてこその持ち家である。穴開けが怖くて家が買えるかっ…!
ドリルでガスガスっと穴を空けて、タッピングをぶち込む。


2方向を固定して、確実に止める。

揺らしてもビクともせず、体重を掛けて倒そうと引っ張ってもまったく問題ない。
これでもコケてしまうような地震なら、そもそも棚の一つや二つを気にするレベルじゃないだろう…


それにしても散らかっている。どうにか暇を見付けて片付けたいが。
どこからこんなにモノが湧いてくるんだろう…?


ところで前々から分かっていたことだけれど、電動インパクトドリルのバッテリーが2個ともほぼ死亡しているのを再確認。ニッカドの劣化がひどく、使いたいときにバッテリー残量が無いし容量そのものも減っている。役に立たないので出番が減り、ますます劣化が進むという悪循環である。

もともとホイールナットにも使おうと思って買ったのにトルクが低く、思ったほど役に立っていなかったというのもある。最近はリチウムイオンで170N・mという強力なモデルもあるようなので、一丁奮発するかなぁ。
Posted at 2013/10/06 23:05:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | ガレージ | 日記
2013年10月04日 イイね!

そろそろ終わりにしますよ

長々と引っ張ってきた冷却ネタもそろそろ終わりにしたい。

まずラジエーターは、Gr.N用としても使われるF,G型純正(45119FE020:64155円)にすることにした。気が向けばボロンぐらい吹くかも知れないけど、熱的に厳しそうなミスファイアまで使ってもラリーのSSを走り切れるんだから問題なさそうかな。純正に6万オーバーって高い気もするが、そもそも候補に挙がっていたアルミラジだって6万とか10万とか言ってたんだからまあ仕方ないかと。
MTクーラーは空冷をお勧め頂いたりもしたがまずは水冷で組んでみて、不満が出るようなら空冷コアを追加すればいいかと思っている。水冷でもいったんラインを引いてしまえば、後で変更するのも楽だしね。

E/Gオイルクーラーのコアも色々と悩んだ。
横に長いコアだと設置場所に制約ができてしまうが、セトラブは同じ容量なら横を短くしようとすると価格が上がってしまう。またセトラブのコアを使ってもフィッティング込みで考えると、スペCコアと比べても実質的にあまり価格差がない。下手すれば逆転もあり得る。
一方、スペCコアはGr.N用のコアと同等品のようなので容量に不満が出ることはあまり考えなくて良さそうなことなどから、今のところはスペCコアで考えている。設置もボルトオンで楽だし、そのままでラバーフローティングマウントだしね。

E/Gオイルクーラーの配管は社外のホースで組むことで多少は節約できそうだが、さあどうしようかというところ。ホース1本だとすっきりはするけれど、思わぬトラブルを拾うことになるのも嫌だしなぁ…。

E/Gオイルクーラーのコアと配管だけは未発注だが、決まってみればあんまり面白味のない選択となってしまった(苦笑)。
あと細かいネタを言うと、オイル回りでは配管抜けトラブルも散見されているようだが、バンドはABAというところのものが定評があるようなのでそれで組もうかと思っている。

今のところは以上です。
Posted at 2013/10/04 00:43:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | 冷却系を考える | 日記
2013年10月02日 イイね!

続々続・冷却系を考える

ここまで引っ張るとは思っていなかったこのシリーズ。
今回はなるべく手短にまとめたいが。

まずマルシェさんのボロンコーティングラジエーターについて。また電凸してみたら(度々すみません)、コアは最強と目されるF,G型純正のカルソニックのものではないとのこと。素のままのコアの性能としてはE型以前には勝ることをコアメーカーに要求して実際にも確認しているが、F,G型の純正には負けるらしい。そこにボロンコートを加えているので、E型以前なら確実に性能はアップすると。F,G型の純正との比較だと負ける可能性はあるのかも知れない(そこは敢えて突っ込まずにおいた)。商品化した後にF,G型の純正ラジが出たので、ちょっと苦しいところではあったらしい。

なおラジエーターはアッパー・ロアタンクなしのコアのみでもパーツとして注文できるものもあるが、カルソニック製はGDB用のコアのみの注文はできないらしい。そのあたりも絡んで、カルソニックコアの商品化はできなかった模様。これは石原ラジエーター製作所に聞いた時にも言われた情報。
というわけで、今のところはF,G型の純正に傾いている。今までにもMTオイルクーラー用の配管やスペックC用のオイルブロック他など結構な金額の発注をかけているので、この際スバルカードを作ってしまうのもいいかも?という斜め上の展開に。年会費は要るが純正部品も5%offで、オイル交換も(純正オイルだろうが)1回は無料になるらしい。


オイルクーラーの方は割安なセトラブで考えていたが、他社のコアとスペックを比較していたら、セトラブのコアは大きさの割にカタログスペックでの放熱量が大きいという特徴があるようだ。言い換えれば、冷却性能を「盛ってる」のかも知れない。…名誉のために申し添えておくと、測定条件も色々だろうからまあそこはそれ。

とは言え色々と調べると、カタログスペックを当てにして他メーカーのコアからセトラブに交換したら冷えなくなったというインプレを発見してしまった。…まあサイズと性能がある程度は比例するのは当たり前の話で、そのあたりはカタログスペックを割り引かざるを得ないのだろう。

というわけで、コア選定もけっこう微妙な状況になってしまった。スペC用でサル走りして問題なければそれで構わないのだが、そうとも限らないという話もあるようだ。そこで「スペC純正よりちょい上」の性能を狙いたいが、果たしてどう選んだものか。スペC純正のコアサイズも冷却能力も不明なのが辛い…。GDB用のキットに使われているコアを使えばいいのかも知れないが、考えてみればほとんどのキットは純正水冷O/Cは外さない設定。もしかすると、その分も大きめに見積もっておく必要もあるのかも。


以上、まとめると「優柔不断」の4文字に尽きる…。
Posted at 2013/10/02 23:04:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | 冷却系を考える | 日記

プロフィール

「@東京ジョー。 すみません、振っときながらスルーになってました…。私ならば定尺売りのアルミ平棒とかから切り出しちゃうかもですね。アレの質感はあんまり好きじゃないんですが。」
何シテル?   01/28 08:59
最近は忙しく、ほぼ年に一度ぐらい岡山国際サーキットを走れればいいかな?ぐらいです…。冬場は時々雪道を嗜んでいます。軽量化ヲタ。 ベストラップは 岡山国際:1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

アイドルエアコントロールバルブ清掃 (アイドリング安定化) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/12 20:02:15
クリフォード スマートセルフサイレンの電池交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/07 15:25:08
ワンオフのアルミボティ2000GT製作記-1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/26 21:44:30

お友達

さあ、どうぞ!
80 人のお友達がいます
モツだんごモツだんご * mistbahnmistbahn
七星黒衝撃七星黒衝撃 だ いだ い
なべ管理人っす!なべ管理人っす! RallyeRallye

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
いわゆるアプライドモデルC。 基本的には取り外しを主とした軽量化、吸排気、足回り+パッド ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
いわゆるアプライドモデルC。 基本的には取り外しを主とした軽量化、吸排気、足回り+パッド ...
その他 その他 その他 その他
GT i-drive3.0('00式)。就職したての時に勢いで購入。 生意気にもFブレー ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
嫁号兼ファミリーカー。 納車後半年にして、嫁にサイドステップを擦られる不幸な車。…と思っ ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.