• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

biosのブログ一覧

2017年10月22日 イイね!

リチウムポリマーバッテリーだぜ!

やぁやぁ。 雨が続くと改造が捗る?Biosです。( ;∀;)ノ コンチャ

  台風とかね。。。もぅヤメテ。。。Orz


さて。

このクソ重たいZX-14Rに。  雀の涙程ではあるが。 軽量化をしてやろうと言う事で。


  LEDに次ぐ新世代?アイテム!  リポバッテリーです。


 つかね。  メーカーさんが、安全率や法規の中で頑張って軽く作ってるんで。 


              他に軽く出来る所が少ないの。 ( ˘•ω•˘ )



まぁ。定番のマフラーで重量が軽くなってる筈なんだけど
 他の部分と言えば。。。


 フルカーボンボディ?  とか。。。高値過ぎて現実味が無い。


と言う事で。大よそ出揃った感があるリチウムポリマーバッテリー。




早速投入です。



リポに対する信頼度と言うか。扱いはそれなりに慣れてます。

 と言うのも。。。




空モノのラジコンやってましたので。  もちろんエンジン機も有りましたよ(^◇^)


この小さなバッテリーに(3.7Vの5セルで18.5V  70A を焚いてたので1300Wですね)
 恐ろしい負荷を与えて飛ばしてました。

あれから十数年。  進化してるでしょう。


つか。。。当時から ボディ色。 青白が多いのな。( ゚Д゚) 


今回のバッテリーは、何処生産か判りませんw  安かったので、気にせず投入。


バッテリー名は PERFECT POWER 

 バランス充電は非対応。  ばらつきが出たら買い替えでしょうか。

 とはいっても。鉛バッテリーもバランス充電は出来ませんし。一緒です。





さて。バイクから降ろし、比較です。


 サイズは互換品を買いましたので、同等です。



そして本命の重量は。  
 
 カタログスペックで見ると。
   PERFECT POWER  は  1,8Kg

   一方 GSユアサの YTX14-BS は  4,6Kg




              ぅん!  微妙www   ( ゚Д゚)



2,8Kg減を、どう捉えるか・・・   

深く考えるのは止そう。


そして、このバッテリーは。



電圧計が付いてたりします。 スイッチで常時点灯か消灯かを選べますが。


装着すると。




完全に見えません。  よって、消灯を選びます。



そして、途中で付けるべきモノを忘れてたので、一旦外し。





再装着。   ケーブルが増えてます。 外部充電コードです。 




とまぁ。  バッテリー交換を済ませました。 



 実は。このユアサ。 交換して丁度1年です。 まだまだ元気です。

  交換理由はただ一つ。


浮いた YTX14-BS のバッテリーを。。。 セルボに移植する計画です。


大丈夫!  1441ccのエンジンを起動出来るバッテリーだぜ?


               いけるっしょ!    ・・・・・    多分。。。
Posted at 2017/10/22 10:08:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月15日 イイね!

タコ足~

やぁやぁ。  梅雨も台風も大嫌いだが。この雨もなんか嫌い。なBiosです( ;∀;)コンバンワ


 さて。


この頃 ZX-14R ネタが多い訳ですが。

 それには理由が有りまして。

私が乗る車体には絶対しておきたい事が多々ある訳ですが、
 スカイウェイブやセルボ、中々出て来ないCRM250rrはその道を通り
 大体の完成を遂げたんですが、ZX-14Rは、まだ途中です。  だから偏るんです。


そして今回は。





全ての車体には付いてるのに。ZX-14Rには付いて無い物。




たこ足です。   ( ˘•。•˘ ) ←タコ


こちらは、バイク業界では有名な アクラポヴィッチ 製です。

とは言えど、フルエキを買う根性が無いので、
       スリップオンのオプションヘッダと言われるモノをチョイス。

スリップオンを付けた人が
 途中でフルエキに変更したい! と言う願いを叶えてくれる、夢の様なパーツです。

 つまり純正のタコ足に付くスリップオンマフラーに取り付く様に作られたたこ足ですので
 他社のスリップオンも付いてしまう、まさに合理的かつ。痒い所を全力で掻く様な部品。

  さすが。アクラポさんです。


さて。 まずは。 
純正のたこ足に付ける様に設計された、現在付けてるデルケヴィッチ。
吊り金具が無いんです。
強靭な純正タコ足の強度を間借りして、有るべき筈の吊り金具が元々無いんです。
これはデルケヴィッチに限らずツーブラザーズにも無かったんですが。


と言う事で。プチュっと取り付け。  自前溶接は嫌いです。( ;∀;)汚いです。 Orz




さて。 このクラスの車体の皮むきは。超メンドイ。 が。。。剝かないと・・・






何時やっても面倒である。 

そして剝き身になった14Rから、タコ足を取り外す。




そして恒例の比較


うむ。 重さは30%減て所かな。 純正が思ったより軽い。

  まぁこんなのは、重さ性能よりも排気効率なので、軽さが全てでは無いんですけどね。



そして純正チェック。






こちら、 1-2  3-4 と柱が繋がってましたが。



よく見ると。







穴が空いてます。
  つまり、排気用のバイパスではなく。 強度を持たせるだけの柱でしょうか。

そして、マフラー側から覗くと。。





表向きは4-1-2集合のマフラーですが、中に壁が有りました。

 つまり。 4-2-1-2集合なんですね。


今回付けるアクラポヴィッチも 4-2-1-2 です。が。 それはもう。綺麗な集合です。








そんなこんなでサクサク組み上げて。

(エンジン側のフランジに掛けるバネが。。。超苦労したので、写真が無いです。)














ぅん。頑張った! 俺偉い! ( ;∀;)




さて。乗った感触は。


 良く回る。 ひたすらよく回る。 

 なんだろ。  エンジンの頑張ってる感が無くなった。

振動と唸り音が「俺!頑張ってるよ!」と訴えかける様な雰囲気だったのが。


スコーンと回ってそのままレブにぶち当たる。 その間、振動、唸りナシ。


子供が「うんしょ!うんしょ!」と引っ張ってる大きな物を

 テラマッチョなアニキが顔色変えずにスッと持ち上げる様な。

如何せん、エンジンの頑張ってる感が消えたので、パワーアップの実感は無いけど
 あっという間に到来するレブリミット。
  そして、低回転域の少しの非力感。 最大出力は上がってる様です。


    もぅ解らない領域ですが。。。



そして、  アクラポヴィッチのヘッダー(タコ足)と。 デルケヴィッチのマフラー。

 消音する気の無い夢のコラボ。  私はこれを  「ヴィッチ管」と名付けましたとさ。 
Posted at 2017/10/16 00:07:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月07日 イイね!

燃料コントローラー

やぁやぁ。 DIY&中古で出費を減らすBiosです( ゚Д゚)ノ コンチャ



 さて。  近年の乗り物のエンジンは、低燃費が全面的に支配し。
 
   いくらパワーが有っても燃費を無視出来ない仕様へと変貌しつつ有ります。

 本来はトレードオフの関係な筈なんですけどね。


私の所有する最大排気量 1441ccの ZX-14Rも例に漏れず。( ˘•ω•˘ )


 さて。 昔の(規制前)のエンジンと、今のエンジンを比較すると。


 やはり、燃料を相当絞ってるのか、押し出し感に欠ける気がします。
  
  高々、マフラー交換した程度で、出力が落ちてしまう程の希釈燃料ぶり。

まぁ。優等生と言えば優等生なんですけどね。


つぅ事で。

 14Rにも 「燃料コントローラー」「インジェクションコントローラー」なるモノを。

             投入しようではないか。( ^ω^ )



ま。例に漏れず。


中古を探します。  そして。 使い勝手の良い機種を。 更には安く。

 私は過去にも色々使って来ましたし、
  回転域の制御も出来るコントローラーも使ってましたが、
   コントローラー自体に当たり外れが有り、中々苦労させられた事も有りまして。

アペックスの スーパーAFC (初期型のダイヤル5個並んだヤツ)  あれは良かった。
 武○ のインジェクションコントローラーは。。。苦労させられた。


そんなこんなで。  今回も。   





I-con mini です(/ω\)


 今回は程度が良かったのか、中古でもちょっと高かった。 まぁいい。

毎回世話になってます( ^ω^ ) 

取り付けは、 スロットルボディに付いてるスロポジセンサに介入させました。

 と言っても、そこまで配線を伸ばすのは面倒なので
   ECUの根本のカプラから直接取り、コントローラーをECUの近所に設置。

 防水の意味を込めて、車載工具箱内に付けました。




ハーネスは箱に穴を開けて、外へ。  この箱の下に ECUが居ます。

 右に見えてるコネクタは リレーユニット。  その下ですね。





さて。

    「FOR SCOOTER」 とか 「UNDER 250cc」 とか書いてますけど・・・

実際この通り使ってるのは。。。

 スカイウェイブだけw



4輪のセルボにも付いちゃってますし。



今回は 大排気量のフラッグシップモデル ZX-14Rですし。





もぅ適当ですw


まぁ。ハーネスの解析、センサーの仕様を見れば、何とでもなるんですけどね~



  一応お約束の。 真似される方は自己責任で。   
Posted at 2017/10/07 15:36:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月26日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【GIGA】

Q1. 現在ヘッドライトで使用しているバルブメーカー(ブランド)は?
1,GIGA 2,PIAA 3,IPF 4,純正 5,その他(メーカー名: )
回答:4 と 5(ナイトアイ?)

Q2. S6000の良いと感じた点は?
1,バルブ1個あたり3000ルーメン 2,H.I.D.に迫る明るさ 3,放熱性能と配光 4,夜間の死角が少なくなる 5,その他( )
回答:3 今使ってるファンレスとファン付きの違いが気になるカナー


この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【GIGA】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/09/26 05:47:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年09月16日 イイね!

Delkevic その後 (インプレ

やぁやぁ。 週末の台風直撃に涙を流すBiosです( ;∀;) コンバンワ


さて。 とりあえずストレスMAXな日常の栄養剤として週末は2輪でお出かけが
  マイライフな訳ですが。

                来週の一週間はストレスオーバーフロー


まぁ仕方ないけどね。   台風だし。。


  近所ではイナズマロックが開催してる模様。  大変ですね。


さて。
 雨の合間を見て走ってみました。


比較は ツーブラザーズ。    純正棍棒マフラーは1時間しか乗って無いので判らない。


 1年近く ツーブラで乗ってますので、 違い程度は解るかと。。







まずはね。 


 走り出しだが。   明らかにトルクフル。   エンジンの押し出し感が強いです。

 中回転域も同様。  エンジンの唸る音とリンクして加速してる感覚です。

 だが。レブ手前はね。  ちょっとしんどそう。( ゚Д゚) 


  まぁ。 パイプ径の影響が モロ出てる感じです。

 しかもデルケの方は50.8mmのパイプ径だけど。

  サイレンサーの方はもぅ少し小さい。

 インナーサイレンサーの受け(暴れ止め)として、パンチングパイプに
   押し出しの山が有りますので、径は少し縮んでると同義になります。





MAXパワー追求型なんでしょうね。 ツーブラは。
 スリップオンの枠内で出来る最大を狙って行ってるような気がします。

と言う位デルケが従順でした。



そして音ですが。






                 思いの外小さい。( ゚Д゚)





多分ね。これはね。。。。。  14Rだからだと思います。


 いぁ、この年式のカワサキ車だったからと言うべきか。



そう。 14Rは。   集合部分に キャタライザー(触媒)が入っております。
 今のカワサキ車は集合部分にキャタライザーを入れてる事が多い気がします。


これがね。 規制前の車両だと。  大爆音待ったナシなんでしょうけど。


 ぶっちゃけツーブラの方が、音が大きく感じます。 音域的な意味で。

  (両方ともバッフル等は入って無いですよ。)



さて。 今回の大御所!   音質ですが。


70点位でしょうか。

 期待していたのは、キャブ車のネイキッドの様な「カーン」とフケあがる音質。

だけどね。。。


 なんだろ。   2Weyスピーカーのツイーターを取った時の様な。

 CD音源をMD(MP3)に圧縮した様な。  近い音はしてるんだけど。

      煮え切らない( ˘•ω•˘ )


これは多分。。。  触媒で超高音の音域が、全て遮断されちゃってる感じかな。


  高音が出る条件を満たしてる筈だが、触媒が一部の音域を遮断しているので
   どうも中音止まりな感じです。


まぁ。 たぶんだけど。  触媒の無い集合を付けたら。大爆音なんだろうな。とか思う訳で。

  もう少し長めのサイレンサーに 触媒の無い集合管が理想かも知れません。

   音的にはね。   それ規制前の車体に集合管付けただけ。と言う事になりますね。




どぅどぅどぅ~~~~  ぼぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!!!!!    から


 ブフォブフォブフォ~~~~  くぅぉぉぉぉぉぉぉぉぉぁぁぁぁぁん!!!てな音に

なったので。  まぁ良しとしましょうか。



まぁ音質なんて。  新品のデルケサイレンサーと。  
  中古で買った、どれだけ使用されたか解らないマフラーと比較するのはナンセンス。


ウールが飛んでから?考えましょうか。。。



ぁ。あと、これは私の感覚ですので、 静かとは言いません。


 なんせ規制が存在しなかった頃の直管ハーレーとか
   ウールが焼け飛んで消音してない様なサイレンサーが付いてるSSとかの
   音量も込みの感覚なので。 

 感じ方は人それぞれですので、 音量を保証するモノでは有りません。悪しからず。


まぁ。軽さとトルク感は。  安い割にはしっかり考えられてるな。と思いました。
Posted at 2017/09/16 20:38:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「LEDとやらを。 http://cvw.jp/b/2229815/39546800/
何シテル?   04/01 21:13
biosです。よろしくお願いします。 ヤフーブログから引っ越してきた感じになりました。 http://blogs.yahoo.co.jp/bios_r

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

BLR i-con Ⅲ 取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/16 05:03:42
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/19 00:40:30
スズキ純正 純正サーモスタット(78℃開弁) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/05 20:55:05

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ セルボ せるも (スズキ セルボ)
セルモタン カワイイヨ セルモタン ハァハァ
スズキ スカイウェイブ250 タイプS すかぷ (スズキ スカイウェイブ250 タイプS)
ツーリング用。 改造は全て自分で行っており ショップに出した事は一度も有りませんw 何 ...
ホンダ CRM250R ホンダ CRM250R
林道用 気持ちいい加速が味わえる最後の砦 ただ、林道やガレ場ではフルパワーは使えない。 ...
カワサキ ZX-14R ニンジャタン (カワサキ ZX-14R)
カワイイヨ ニンジャタン カワイイヨ ハァハァ ※鈴菌末期症状の為。カワサキワクチン ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.