車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月16日 イイね!
T・K・G!T・K・G!

前回のフリもこんな感じでしたね。
約1年ぶり、2度目となるTKGジムカーナに参戦です。
ドラパレ那須の入口がまだ良く分からない程度に慣れてないたまさのです。
いや、ホント分かり辛いよあそこ(笑)



いつもの筑波とは違う面々、慣れないフィールド・・・新たなシーズンの幕開けに緊張はしますが、同時にワクワクもしてきますw
今回のコースレイアウトはこちら。



高速セクションからのジムカーナらしいターンセクションを織り交ぜた、基礎連のようなシンプルなレイアウト。
普段コテコテなコースを見慣れていると若干の物足りなさを感じなくも無いですが、いざ走ってみると一つのミスでその後が全部グダるという恐ろしさを孕んだなかなかの曲者コースでございました。。。

今回もエントリーは2輪駆動ジムカーナ走行のグリップ2クラス。
今回は参加多数で早々に満員御礼だったそうで、グリップ2クラスは参加10台の編成。
筑波では見慣れないメンバーにドキドキしながらも、先日のコソ連で掴んだ立ち上がりの加速感をとにかく全力でぶつけていこうと挑みます。

まずは練習走行。
ターゲットはやはり後半セクション・・・と意気込んで裏ストレートをぶっ飛ばしていったら、ブレーキタイミングを誤ってスーパーアンダー祭り(笑)
その後のスラロームもグダって、ようやく体勢を立て直したパドック前側の中速コーナーからのフックのようなターンは荷重溜まりすぎてフルカウンターのなんちゃってドリフト・・・
折り返しの180度でもリヤが出すぎてグダり、その後の8の字でもカウンター当てまくり・・・
アレ?ドラパレってこんなにグリップしなかったっけ?

なんとか2走目からはタイミングを修正してそれっぽく走れるようになったものの、3本目、4本目とタイムは45秒台に収束。。。
練習走行たくさん走れた割には早々にして超えられない壁のようなものにブチ当たり、悪いタイムではないものの、自分の限界をこんなあっという間に迎えてしまったことに若干焦ります・・・

そして迎えた本番。
一応練習走行時点で2番手という好成績ではあるものの、このままでは周りがタイムアップした瞬間に転落するというギリギリのラインで、なんとしてもタイムアップしていきたいところ・・・



練習よりはほんの少しタイムアップしたものの、超えられない45秒の壁・・・
そしてやはりタイムアップして44秒台を叩き出してくるグリップ2クラスのメンバー。
順位は1走目時点で3位。
このままではマズいと、とにかく後半セクションでオーバーアクション気味な挙動を抑えることを意識して2本目にトライ。



またしてもほんのちょっとタイムアップ・・・でも超えられない45秒の壁・・・
やっぱり意識しても後半セクションでカウンターが必要なオーバーアクションになってしまいます・・・
もっと無駄の少ない走りをしないとこの壁は超えられない・・・なんとかしないと!
TKGは3本勝負なので、最後の1走に思いを込めて全力アタック!


※車載のみです


「44秒190!!!いったぁあああーーー!!!!」

本番3走目にしてようやくオーバーアクションを抑えて壁を突破!!
ちょっと8の字のラストでパイロン当てそうになって回避のためにカウンター当てましたが、他は概ねイメージ通りの走りができました(・∀・)!

その結果・・・





グリップ2クラス優勝!
ゴール後の実況を聞いてガッツポーズしたのは内緒(笑)
2位との差はわずか0.1秒というギリギリの戦いでしたが、なんとか制することができました!

ずいぶんと久しぶりの勝利はもちろんのことですが、何よりもイメージ通りの走りができたことが嬉しいですね(^-^)
先日のアライメント調整の効果もあってか、8の字のあたりでエイトが「行けるよ!」と応えてくれたような感触があって、すげー気持ち良く走れました☆
ホント久々に大満足な結果です。

そんなわけでTKG第1戦は無事終了。
まだまだエキスパート勢には及ばないながらも、エイトとの人馬一体感は着実に一歩前に進んだ感じです。

如何に無駄なく、車と一体になって走れるかを競うジムカーナという競技。
だからこそ上手くいったときの感動はひとしおですね。
いや~、こりゃ止められないわw
第1戦エントリー景品としてジムカーナお守りも頂いたので、これを片手にまだまだ戦い続けていこうと思います。





スタッフの皆様、参加された皆様、お疲れ様でした。
また次戦もよろしくおねがいします(・∀・)


※余談
ほどほどに暖かかったといえば暖かかったこの大会ですが、このたった50秒弱の間でもエイトちゃんの水温、油温がアラートになるという状況が発生していました。
うーん・・・もしかしたら新エンジンは発熱量大きいのかな・・・?
オイルクーラー2発&ラジエータファン常時稼動でこんな状況なので、今年の夏場は熱対策しないとマトモに走れないかもしれません・・・
オイルクーラーはもう増やせないので、ラジエータ強化orボンネット穴あけでも考えようかな・・・
さすがにこれ以上エンジン破損はシャレにならんので、何か対策考えようと思います・・・
Posted at 2017/04/17 00:14:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年04月09日 イイね!
新年度も始まり、ドタバタと忙しい時期となりましたね。
桜の開花よりも通勤時に初心者マークをつけた車に出会う機会が増えることに春の訪れを感じるたまさのです。

東北方面も一気に暖かくなり、ようやくスタッドレスから夏タイヤに履き替えました。
ドライ性能はなかなかだと思ってたBRIZZAKでしたが、やはり夏タイヤのシッカリした感触に比べると全然別物ですね。

で、夏タイヤへの履き替えに合わせて・・・というわけではないですが、先日(といっても2月末)の高速道路で走行中のバーストやら、自分の走り方など色々と最近思うところもあり、アライメントの修正とセッティング変更を行ってみました。

バーストでやらかした右後ろはさておき、さすがに1年半前くらいに調整してたので、他の部分はそんなに曲がってはいないだろうとは思っていましたが、測定してみると案外崩れてるものなんですね・・・



もともとのセッティングが

・フロント
 トー:0.0mm
 キャンバー:-2.0°
・リヤ
 トー:0.0mm
 キャンバー:-2.0°

だったので、全体的に左に傾いた感じでしょうか?どういう状況だコレ(笑)
意外にもバーストで吹っ飛んだ右後ろのアライメントはそんなに崩れてなかったので、見た目に分からないようなダメージも負ってなさそうでなにより。

コンディションチェックの次はセッティングの変更。
自分の思うところ・・・というのは、やはり先日のフレンドリーショップ試走会での走りで感じた、ややアンダー方向のほうが踏んでいけるという感触ですかね・・・

もともとのセッティングはリヤのトーを0mmにして、サイドターンとかで後ろを振り回していけるようにと狙ったものだったんですが、最近の乗り方的にそんなにサイドターンでリヤが出ないという状況を感じなくなってきたこと、トーコンキャンセルを入れてトー変化を無くしてしまったこと、そもそも考え方が間違ってるんじゃないかという疑問もあり、とりあえずリヤに再度トーインを付けたくなってきたってのが思うところというやつです。
・・・雪道での安定感の無さも感じてましたしね(笑)

さすがにいきなりガッツリ変更は怖いので純正戻し程度からですが、こういうのって考え始めるとキリが無いので、少しずつ走りながらベストセッティングを探していこうと思います。
足回りのセッティングは奥が深いぜ・・・

とりあえずトーについてはそんな感じで、キャンバーは最近のタイヤ温度の傾向からちょい増し。
新セッティングはこうしてみました。



・フロント
 トー:0.0mm
 キャンバー:-2.2°
・リヤ
 トー:1.2mm
 キャンバー:-2.5°

旋回時に外側後輪に頑張ってもらえるかな的なセッティング。
エビス西で走るならもっとガッツリとキャンバー付けてもいいとアドバイスも貰いましたが、ターゲットはあくまでジムカーナなので、そこはちょっと控え目に。
何が正解なのかは分かりませんが、メンテナンスも兼ねて引き続きあれこれ試しながらやっていこうと思います。


とりあえずそんな感じでセッティング変更ののち、テストとしてエビスサーキットくるくるランドへ出撃。



黙ってたけど実は今年2回目のくるくるランド。
今年はコソ練するって決めたんです(笑)

思惑通り、アライメントの効果は走り始めてすぐに分かるレベルで違いました。
思っていたよりアンダーという感触は無かったものの、なんとなく旋回速度だけでなく、旋回中心が変わった感じ。
ターンの際にリヤが流れすぎてしまうような感触もなく、コントロール領域が広がったような印象。
あ、乗りやすいわコレ(笑)

振り回して色々遊んでたところを某インプの人が撮影してくれてたので、その様子がこちら。



早朝の峠の駐車場で遊ぶ走り屋・・・ではなく、くるくるランドです(笑)
霧が濃くてなんか妙な雰囲気がありましたw

無駄にドリフトごっこしたり、パイロンから遠かったりはしますが、とりあえずは慣れが必要なレベルの悪い違和感も無いので、今シーズンはこの状態で戦っていこうと思います。

このセッティングが吉と出るか凶と出るか・・・
その結果はまずは来週のTKGジムカーナで試してこようと思います(・∀・)
Posted at 2017/04/09 21:27:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | パーツ・メンテ | 日記
2017年04月01日 イイね!
「君は何のフレンズなんだい?」
と、某レジェンドな人にビ筑の際に声を掛けられてポカーンとしましたが、最近ようやく意味が分かりましたw
エビスのフレンズだったたまさのです。

今年も冬の終わりを告げる時期となりました。
エビスフレンドリーショップ試走会に3回目の参戦です。



昨年、一昨年とガラ空きだった日曜開催日を狙って参加しましたが、今年はめちゃめちゃ参加多かったですね。(フレンドリーショップ試走会は土日の二日間開催で参加日を選べます)
ここ2年の日曜日はせいぜい10台前後しかいなかったんですが、今年は40台超らしく、パドックも満員。
土曜開催に参加したメンバーからも40台超くらいだったという情報があり、単純に参加者が増えてるっぽいようです。
たまたま偶然な気もしますが、モタスポ人口が増えてると前向きに受け取りたいですね(笑)

こちらもいつもの某店メンバーに加え、ミラージュ、ノート、アクセラの被害者チームも参戦。
少なくとも自分の周りは確実にモタスポ人口増えてます(・∀・)



フリー走行ということでコースイン・アウトが自由なのはやっぱり便利。
速い人達と一緒に走らなきゃならなかったりとビビっちゃう部分もありますが、お互いに追走し合ってアドバイスしたり撮影したりと色々できるので、練習の機会としてはこういうスタイルのほうがやりやすくて良いですね。



煽ってるわけじゃなくて撮影班です(笑)
1日の間で徐々に走りにキレが出て上手くなっていくのを見るのもそれはそれで楽しいw
なんか上から目線ですが、少なからず自分のほうが多少は経験値あるのでたまには先輩ヅラさせてくださいw

エコカーチームの成長を見守るのも楽しいですが、やっぱり参加したからには自分だって負けていられません。
エンジン交換後初のエビス西ということで、マシン的には嫌でもタイムアップするだろう今回はベスト更新を目指して頑張ります。

とかいいつつタイヤは練習用のゼスティノ(笑)
ジムカーナでは冷間グリップがイマイチで本番使用は難しいかと思えたこのタイヤですが、周回走行ではどうなのか?という疑問を晴らすためにもレッツ実験。

まずは久々のサーキットということで探り探りのコースイン。
冷間はイマイチと言ってもジムカーナでの話なので、周回走行ではあまりそんなネガな雰囲気は無く、コントロール性も高くて全然イケそうな雰囲気。
ドリフト用タイヤという立ち位置のせいか、熱ダレの影響も少ない気がしました。

ただ、たまさの史上過去最太という245と255という組合せと、フロントの径がデカくて車高が若干前上がりになるセットアップもあって多少旋回はダルい感じ。
意図してそうしているものの、若干アンダーな感じはなんだか新鮮(笑)
ジムカーナではそこまで感じませんでしたが、やっぱりスピードレンジが変わると印象も違いますね。
・・・単にフロント荷重作れてないだけか?w

そんなタイヤにほどほど慣れてきたあたりでアタックしてみたのがこちら。



自己ベストを約1秒更新!
完全にエンジンのおかげです本当にありがとうございました。

・・・タイムは短縮できましたがなんともイマイチな感じ(笑)
ベスト出した時の最終シケインは完全にインカットしすぎていてアウトなレベルw
なんつーかやっぱり曲がらない、曲げられていない・・・
スキール音のスの字も感じられないコーナリングはなんか面白みに欠けますねw
でもこのコース怖いんだからしょうがないじゃん!(逆ギレ)

ただ、立ち上がりに関しては早めにアクセル踏んでいけるようになったかなという印象もあり、アンダーなセッティングから学んだ点もありました。
コース攻略も大分慣れてきた部分があって、1コーナーのブレーキングなんかは年々マシになってきてるんじゃないでしょうか。

午後からは雨になってしまって、さらなるタイム短縮は望めなかったものの、久々のサーキットをマイペースに走れて十分に堪能することができました。

被害者チームもたっぷり走れて自己ベストを更新できた様子。
特にノート君はほぼノーマルのノートであれだけ走れれば大したモンだと思います。
さすがに本人達に無許可で動画UPするのはアレなので自粛しますが、走るほどに上達していく姿は
応援したくなりますね。

次にエビスを走るのはおそらく5月のBS走行会となると思いますが、自分も含めて今回見つかった課題を解決しながらさらなるタイムアップができるよう頑張っていこうと思います。
今のエイトの性能なら、ちゃんと乗りこなせればチャレンジBクラストップも夢じゃないはず!

まだまだホームコースと呼ぶには走り足りない気もしますが、もっとドヤれるようなタイムと走りを目指してまだまだ精進していこうと思います。

※追記
ノート君が動画UPしてもいいとのことで追走動画をおまけ



後半セクションはジムカーナ修行の効果もあってか、かなりスムーズでカッコイイんじゃないかと思います。
午前中の動画ですが午後にはもっとイイ感じに。(午後はカメラ回してなかった)
今後に期待できそうですね(・∀・)
Posted at 2017/04/01 23:37:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年03月06日 イイね!
舞い散る黄色い粉、止まらない鼻水、唐突のクシャミ・・・さぁショウタイムだ!(花粉)
花粉症ではなかったはずなのに今回のビ筑からそれっぽい症状が出てきてしまいました(´・ω・`)
たまさのです。

田舎育ちでそういうの鍛えられてきたはずなのにいきなり来るモンなんですね・・・
歳か?w

そんなズビズバな状態で迎えた本戦。
走りのほうはズビズバらないよう頑張っていきましょう。
本戦のコースはこちら。



パイロン配置はほとんど変わらずながら、より一層テクニカルな感じとなった本戦コース。
見た瞬間からミスコースの恐怖を感じるぐるぐる感ですが、今年こそは本戦でMCしないという隠れテーマを実行するべく、朝イチの寝ぼけた頭にコースを叩き込みつつ、慣熟歩行にも本気で挑みます。
(いや、いつも本気なんですけどね)

歩いてみると前日よりも距離としてはえらい長く感じるレイアウトでしたが、踏むところ踏んでいけたら案外あっという間に終わるのかな?という印象。
その分、練習会の時点で感じていた脳内処理のディレイ感をなんとかしてやらないとあっという間に頭の中が真っ白になってしまいそうです。。。

あ、言い忘れてましたが今年もクラスはNF2クラスを継続することにしました。
結局NF2で入賞したこと1回(3位)しか無いですからね・・・(^-^;)
上手い人達が上位クラスに上がってくれた今年こそシーズン狙って行きたいと思いつつ、隙あらば上位クラスに行ってしまったライバルのタイムを超えてやると下からプレッシャーを掛けていく魂胆(笑)
こういうのもタイムアタック競技の醍醐味だと思いますw

まずは練習走行。
全体の出走順でほぼ最初にスタートするNF2クラスは他の出走者の走りがあまり見れないので、コースコンディションの予想もつかない中で走らなきゃいけないというのは毎度の事ながら結構な不安なんですが、某オフィシャルな方から「スタート時点でのホイルスピン具合でタイヤのグリップ感を掴め」というアドバイスを頂いていたこともあり、今回からはセンサー感度高め&練習からも全力で挑むように意識を変更。
もう慣熟走行なんて甘い考えは捨てて一発目から本気です。

・・・と、言っても、そんな上手くいけば苦労はしないんですけどね(笑)
ミスコースは無かったものの、ブレーキのポイント、サイドを引くタイミングなんかはやっぱ実際に走ってみないと慣熟歩行時のイメージだけではまだまだ組立てられません。
ラストの「の」の字ターンで回転が足りず、パイロンとお見合いしそうだったので、咄嗟に逆方向に切って8の字フリーターンでゴールするという妙技を見せたのはそこそこギャラリーにはウケたみたいですが、誤魔化しテクもそこまでいっちゃうとさすがにやりすぎですね(笑)

なんとなく苦手箇所も見えた練習の後・・・苦手箇所が分かったからってどうすりゃええねん感もありながらもまずは本戦1走目。



とりあえず無事完走。
やっぱり前日練習から引き続き6番と13番がムズいのと、最終「の」の字は練習でのミスをビビってややオーバーアクション気味。
それでもそこそこのタイムを出しつつの1走目完走は心理的アドバンテージ感パないですね(笑)
なんか久々だわこの感じ(笑)

ただ、他のエントラントはミスも多かったようで油断は禁物。
2位に着けつつも1走目トップのKPスターレットさんとは既に3秒という大差を付けられている状況だったので、なんとしても2走目はタイム短縮を狙っていかなきゃいけません。

気温も上がって確実に1走目よりも皆タイム縮めてくるだろうことが予想される2走目。
既に付いてしまっている3秒とかいう差をどうやって縮めればいいんだという葛藤・・・
ピリピリ来る緊張感。
うん、やっぱこれぞジムカーナだわ(笑)

緊張に駆られる2走目待機中、アナウンスからはさらに追い討ちをかけるようにAE86さんがトップタイム更新で17秒台を叩き出したという声が・・・
案の定ドボンタイムだったわけですが、おそらく上位クラスのタイム短縮で救済される可能性もあり、1走目から4秒短縮という異次元を狙っていかなきゃいけないプレッシャーはなんかもう絶望的w

※ドボン:ビ筑ルールで上位クラスのトップ+1秒以上のタイム出すと賞典外になるルール

半ば優勝を諦めつつも、奇跡が起きる可能性を信じて、とりあえず持てる技術を出し切るべく全力アタック!



「中間タイムはトップと同タイム!
重いボディのRX-8が軽量なトップ2台に後半セクションでどれだけタイムを縮めて来れるか!?」
白熱する実況に



応えられなかったーwww

まさかのやらかし、最終「の」の字でパイロンとお見合い未遂。
無理やりスライドさせてねじ込んだおかげでパイロンタッチ無くゴールまで辿り着けたものの、結果は届かず賞典外。
うぉぉー悔しいーーー!!

やっぱ勝利を諦めた時点でダメですねw
というか、車両特性的に中間が同タイムレベルではまだまだエイトを乗りこなせていません。
ちなみに重い重いって実況で連呼されてましたが、悔しいことに実際エイトはわりと重いです(笑)
(カタログ重量1350kg 結構ぽっちゃり系なのよねw)
軽量な昭和の車と無駄に重い平成の車が同じステージで戦い合えるジムカーナ競技ってのはそれはそれで面白いものだと思いますが。

そんなこんなで2017シーズン開幕戦。
奮わない結果とはなりましたが・・・とりあえず目標のミスコースはしなかったゼw
少しずつそういった所からもスキルアップを目指しながら頑張っていこうと思います。

せっかく上位陣がクラスアップしてチャンスが来たと思ったら速い人がまた現れる・・・NF2クラスはほんと修羅場です(笑)
でも速い人達が卒業するのを待っててもしょうがないので自分を速くしていく方が手っ取り早い!
この修羅場を今年も戦い抜いてさらなる高みを目指していきます。
シリーズ参戦の皆様、今年もよろしくお願いします!


※余談
最近桶川に遠征できてなかったのもあり、なかなか入手できなかった薄い本が今回のビ筑で販売されてたので買っちゃいました。



絵柄はアレですが中身は割とガチめw
2巻まではいつぞやの桶川で購入していたので、今回は4巻まで。
とりあえず空気圧ネタやらたいむあっぷ小ネタ集はすごく参考になったので次回から実践させていただきます!
Posted at 2017/03/07 01:13:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年03月05日 イイね!
某SNSにて回ってきたテレビのキャプチャ画像・・・



グサァ!(何かが刺さった音)

頭カラッポの方が夢詰め込めると思ってたら、コース図が詰め込めていなかった。
あ、いつものことか!
たまさのです。


前回の基礎練習会からあっという間に2週間が過ぎ、暖かな陽気の中でビ筑第1戦が開幕となりました!
まずは前日練習会。
コース図はこちら。



ビギナーズジムカーナの名にふさわしくとっても簡単・・・じゃない、いつも通りのコテコテコース。
今年も第1戦目からトバしてますね!
前回の練習会レイアウトに似てるように見えつつも、自分的には中、高速セクションが増えて、スピードの乗る進入がムズいと感じるレイアウト。行ったり来たりもあるのでかなり覚え辛いコースだと思いました(苦笑)
なんでか知らないけど某うめてんてーのコース苦手ですw

まぁ練習会だしってことでミスコース祭り(未遂含む)を徐々に収束させて攻略を組み立て始めますが、やっぱり自分の鬼門は高速進入からの高角度ターン6番パイロン。
直前までガッツリ攻めなきゃ!と思うとオーバーランし、しっかり止めなきゃ!と思うと手前で止まりすぎ・・・(そしてちょっとアクセル継ぎ足してグダる)
ターンどうこうの前に自分の車の性能と、コースコンディションの理解が足りてない気がします・・・
なんかスピード乗ってくると脳内イメージが遅れてしまうような感じでしょうか。

後半の低速セクションは比較的その傾向も少なくなるのか割と頑張ってるんじゃね?と思いつつも、13番の高角度ターンは回せない、回ってくれない・・・

決して頭使ってないわけではないつもりですが、まぁムズいもんはムズいよねw

とりあえずあれこれ試した結果がだいたいまとまってきた最終出走の様子がこちら。



途中でこっそりシフトミスしてたり、所々トラクション上手くかけられてなかったりしますが、タイムとしては当日の自己ベスト2位の結果です。
パイロンお触りしてるのは大目に見てください(笑)
さすがに練習全部は動画撮れないからこれしかないんですw

最後の2本巻きはなんとなく滑らせないほうが良さそうな気もするんですが、なんでか某MR2乗りの方からは大絶賛。

「最後の2本巻きってどんな感じで行ってる?」と聞かれ、
「今の自分には流して行くしかできないんで、とりあえず「えーい!」って感じでサイド引いて後はアクセルで合わせていく感じですかね?」

「えーい!で曲がりゃ苦労しねぇんだよ!こちとら「おりゃー!!」なんだから!!www」

なんか怒られた(笑)
自分としてはえーい!だったんですが、何故か「うぇーいww」ってチャラい感じになってるしw
車載見てもそんなサイドブチアゲパリピーな感じはまったく無いんだけどな(^-^;)
本戦でやたら「うぇーいwww」ってサイド引いてる仕草が(一部ですが)流行ってしまったのは私のせいです(笑)

ただ、「うぇーいww」で無いにしても、自分の持てるワザの範囲でベストな走りではなさそうと感じながらもやってしまっている現状ってのはある意味妥協の結果なので、もっと妥協の無いイメージと走りを組み立てられないとマズいっていうのはあるかもしれません。
まぁその妥協の無いイメージが組み立てられないんだけどね。。。
本戦では妥協ありきでもタイム出しにいかないといけないってのもあるし、難しいところです(´・ω・`)


翌日の本戦は妥協マシマシになってしまうのか?
それともキッチリ決められるのか?
毎度のごとく続きます。


※おまけ
なんかうぇーいで思い出した



一昔前にネット上では流行ってたので知ってる人も多いかもしれませんが貼り。
わりと好き目なカンジですw
Posted at 2017/03/06 01:37:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
プロフィール
「@ロドンパ さん。全力で阻止させていただきます( ´∀`)b」
何シテル?   04/26 23:55
シルビア(S15 Spec-S)、ミラージュ(CJ4A CYBORG-ZR)と乗り継ぎ、 現在は相棒のRX-8(後期型TypeRS)とともに毎日必死に生きて...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
OSL4輪ジムか~な!? 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:36:12
 
わんうさレーシング(TKGジムカーナ) 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:35:18
 
もっと!お気楽ジムカーナ 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:34:19
 
お友達
クルマ好きはみんな友達!
コメント、メッセージ、友達申請、どれでもお気軽にどうぞ。
44 人のお友達がいます
よし@はらぺコルトよし@はらぺコルト * 紫エッセ紫エッセ *
むさし屋むさし屋 はやとはやと
ロドンパロドンパ シュン@GRBシュン@GRB
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-8 SKY悪てぃぶRX-8 (マツダ RX-8)
街へ、山へ、海へ、サーキットへ! どんな所へも気持ち良く走って行ってくれる現在の相棒です ...
日産 シルビア 日産 シルビア
社会人になって初めて買った車。 とあるゲームで使っていて、憧れのようなものもあったS15 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
高速道路で大破してしまったシルビアを引き取りに来てくれたレッカー屋から格安で譲ってもらっ ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.