車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月06日 イイね!
舞い散る黄色い粉、止まらない鼻水、唐突のクシャミ・・・さぁショウタイムだ!(花粉)
花粉症ではなかったはずなのに今回のビ筑からそれっぽい症状が出てきてしまいました(´・ω・`)
たまさのです。

田舎育ちでそういうの鍛えられてきたはずなのにいきなり来るモンなんですね・・・
歳か?w

そんなズビズバな状態で迎えた本戦。
走りのほうはズビズバらないよう頑張っていきましょう。
本戦のコースはこちら。



パイロン配置はほとんど変わらずながら、より一層テクニカルな感じとなった本戦コース。
見た瞬間からミスコースの恐怖を感じるぐるぐる感ですが、今年こそは本戦でMCしないという隠れテーマを実行するべく、朝イチの寝ぼけた頭にコースを叩き込みつつ、慣熟歩行にも本気で挑みます。
(いや、いつも本気なんですけどね)

歩いてみると前日よりも距離としてはえらい長く感じるレイアウトでしたが、踏むところ踏んでいけたら案外あっという間に終わるのかな?という印象。
その分、練習会の時点で感じていた脳内処理のディレイ感をなんとかしてやらないとあっという間に頭の中が真っ白になってしまいそうです。。。

あ、言い忘れてましたが今年もクラスはNF2クラスを継続することにしました。
結局NF2で入賞したこと1回(3位)しか無いですからね・・・(^-^;)
上手い人達が上位クラスに上がってくれた今年こそシーズン狙って行きたいと思いつつ、隙あらば上位クラスに行ってしまったライバルのタイムを超えてやると下からプレッシャーを掛けていく魂胆(笑)
こういうのもタイムアタック競技の醍醐味だと思いますw

まずは練習走行。
全体の出走順でほぼ最初にスタートするNF2クラスは他の出走者の走りがあまり見れないので、コースコンディションの予想もつかない中で走らなきゃいけないというのは毎度の事ながら結構な不安なんですが、某オフィシャルな方から「スタート時点でのホイルスピン具合でタイヤのグリップ感を掴め」というアドバイスを頂いていたこともあり、今回からはセンサー感度高め&練習からも全力で挑むように意識を変更。
もう慣熟走行なんて甘い考えは捨てて一発目から本気です。

・・・と、言っても、そんな上手くいけば苦労はしないんですけどね(笑)
ミスコースは無かったものの、ブレーキのポイント、サイドを引くタイミングなんかはやっぱ実際に走ってみないと慣熟歩行時のイメージだけではまだまだ組立てられません。
ラストの「の」の字ターンで回転が足りず、パイロンとお見合いしそうだったので、咄嗟に逆方向に切って8の字フリーターンでゴールするという妙技を見せたのはそこそこギャラリーにはウケたみたいですが、誤魔化しテクもそこまでいっちゃうとさすがにやりすぎですね(笑)

なんとなく苦手箇所も見えた練習の後・・・苦手箇所が分かったからってどうすりゃええねん感もありながらもまずは本戦1走目。



とりあえず無事完走。
やっぱり前日練習から引き続き6番と13番がムズいのと、最終「の」の字は練習でのミスをビビってややオーバーアクション気味。
それでもそこそこのタイムを出しつつの1走目完走は心理的アドバンテージ感パないですね(笑)
なんか久々だわこの感じ(笑)

ただ、他のエントラントはミスも多かったようで油断は禁物。
2位に着けつつも1走目トップのKPスターレットさんとは既に3秒という大差を付けられている状況だったので、なんとしても2走目はタイム短縮を狙っていかなきゃいけません。

気温も上がって確実に1走目よりも皆タイム縮めてくるだろうことが予想される2走目。
既に付いてしまっている3秒とかいう差をどうやって縮めればいいんだという葛藤・・・
ピリピリ来る緊張感。
うん、やっぱこれぞジムカーナだわ(笑)

緊張に駆られる2走目待機中、アナウンスからはさらに追い討ちをかけるようにAE86さんがトップタイム更新で17秒台を叩き出したという声が・・・
案の定ドボンタイムだったわけですが、おそらく上位クラスのタイム短縮で救済される可能性もあり、1走目から4秒短縮という異次元を狙っていかなきゃいけないプレッシャーはなんかもう絶望的w

※ドボン:ビ筑ルールで上位クラスのトップ+1秒以上のタイム出すと賞典外になるルール

半ば優勝を諦めつつも、奇跡が起きる可能性を信じて、とりあえず持てる技術を出し切るべく全力アタック!



「中間タイムはトップと同タイム!
重いボディのRX-8が軽量なトップ2台に後半セクションでどれだけタイムを縮めて来れるか!?」
白熱する実況に



応えられなかったーwww

まさかのやらかし、最終「の」の字でパイロンとお見合い未遂。
無理やりスライドさせてねじ込んだおかげでパイロンタッチ無くゴールまで辿り着けたものの、結果は届かず賞典外。
うぉぉー悔しいーーー!!

やっぱ勝利を諦めた時点でダメですねw
というか、車両特性的に中間が同タイムレベルではまだまだエイトを乗りこなせていません。
ちなみに重い重いって実況で連呼されてましたが、悔しいことに実際エイトはわりと重いです(笑)
(カタログ重量1350kg 結構ぽっちゃり系なのよねw)
軽量な昭和の車と無駄に重い平成の車が同じステージで戦い合えるジムカーナ競技ってのはそれはそれで面白いものだと思いますが。

そんなこんなで2017シーズン開幕戦。
奮わない結果とはなりましたが・・・とりあえず目標のミスコースはしなかったゼw
少しずつそういった所からもスキルアップを目指しながら頑張っていこうと思います。

せっかく上位陣がクラスアップしてチャンスが来たと思ったら速い人がまた現れる・・・NF2クラスはほんと修羅場です(笑)
でも速い人達が卒業するのを待っててもしょうがないので自分を速くしていく方が手っ取り早い!
この修羅場を今年も戦い抜いてさらなる高みを目指していきます。
シリーズ参戦の皆様、今年もよろしくお願いします!


※余談
最近桶川に遠征できてなかったのもあり、なかなか入手できなかった薄い本が今回のビ筑で販売されてたので買っちゃいました。



絵柄はアレですが中身は割とガチめw
2巻まではいつぞやの桶川で購入していたので、今回は4巻まで。
とりあえず空気圧ネタやらたいむあっぷ小ネタ集はすごく参考になったので次回から実践させていただきます!
Posted at 2017/03/07 01:13:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年03月05日 イイね!
某SNSにて回ってきたテレビのキャプチャ画像・・・



グサァ!(何かが刺さった音)

頭カラッポの方が夢詰め込めると思ってたら、コース図が詰め込めていなかった。
あ、いつものことか!
たまさのです。


前回の基礎練習会からあっという間に2週間が過ぎ、暖かな陽気の中でビ筑第1戦が開幕となりました!
まずは前日練習会。
コース図はこちら。



ビギナーズジムカーナの名にふさわしくとっても簡単・・・じゃない、いつも通りのコテコテコース。
今年も第1戦目からトバしてますね!
前回の練習会レイアウトに似てるように見えつつも、自分的には中、高速セクションが増えて、スピードの乗る進入がムズいと感じるレイアウト。行ったり来たりもあるのでかなり覚え辛いコースだと思いました(苦笑)
なんでか知らないけど某うめてんてーのコース苦手ですw

まぁ練習会だしってことでミスコース祭り(未遂含む)を徐々に収束させて攻略を組み立て始めますが、やっぱり自分の鬼門は高速進入からの高角度ターン6番パイロン。
直前までガッツリ攻めなきゃ!と思うとオーバーランし、しっかり止めなきゃ!と思うと手前で止まりすぎ・・・(そしてちょっとアクセル継ぎ足してグダる)
ターンどうこうの前に自分の車の性能と、コースコンディションの理解が足りてない気がします・・・
なんかスピード乗ってくると脳内イメージが遅れてしまうような感じでしょうか。

後半の低速セクションは比較的その傾向も少なくなるのか割と頑張ってるんじゃね?と思いつつも、13番の高角度ターンは回せない、回ってくれない・・・

決して頭使ってないわけではないつもりですが、まぁムズいもんはムズいよねw

とりあえずあれこれ試した結果がだいたいまとまってきた最終出走の様子がこちら。



途中でこっそりシフトミスしてたり、所々トラクション上手くかけられてなかったりしますが、タイムとしては当日の自己ベスト2位の結果です。
パイロンお触りしてるのは大目に見てください(笑)
さすがに練習全部は動画撮れないからこれしかないんですw

最後の2本巻きはなんとなく滑らせないほうが良さそうな気もするんですが、なんでか某MR2乗りの方からは大絶賛。

「最後の2本巻きってどんな感じで行ってる?」と聞かれ、
「今の自分には流して行くしかできないんで、とりあえず「えーい!」って感じでサイド引いて後はアクセルで合わせていく感じですかね?」

「えーい!で曲がりゃ苦労しねぇんだよ!こちとら「おりゃー!!」なんだから!!www」

なんか怒られた(笑)
自分としてはえーい!だったんですが、何故か「うぇーいww」ってチャラい感じになってるしw
車載見てもそんなサイドブチアゲパリピーな感じはまったく無いんだけどな(^-^;)
本戦でやたら「うぇーいwww」ってサイド引いてる仕草が(一部ですが)流行ってしまったのは私のせいです(笑)

ただ、「うぇーいww」で無いにしても、自分の持てるワザの範囲でベストな走りではなさそうと感じながらもやってしまっている現状ってのはある意味妥協の結果なので、もっと妥協の無いイメージと走りを組み立てられないとマズいっていうのはあるかもしれません。
まぁその妥協の無いイメージが組み立てられないんだけどね。。。
本戦では妥協ありきでもタイム出しにいかないといけないってのもあるし、難しいところです(´・ω・`)


翌日の本戦は妥協マシマシになってしまうのか?
それともキッチリ決められるのか?
毎度のごとく続きます。


※おまけ
なんかうぇーいで思い出した



一昔前にネット上では流行ってたので知ってる人も多いかもしれませんが貼り。
わりと好き目なカンジですw
Posted at 2017/03/06 01:37:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年02月19日 イイね!
基礎練習の後はコテコテ練習会。
飲んだ後にはこってりしたラーメンが欲しくなるアレと一緒ですね(違)
家系ラーメンに最近ハマっているたまさのです。

先週のNoLimit基礎練習会とは打って変わって、サイドをガンガン使うジムカーナ走りの修行のための練習会。くるくるランド的なスペースで基礎練習を重視するグループと、コース走行を重視するレギュラーグループに分かれてのZummy Racing Famili主催の練習イベントに、レギュラーグループとして参加してきました。

まずは午前中の走行のお話・・・の前に・・・
会場にいた人にはお話しましたが、今回は会場に辿り着く前からハプニング発生。
まさかの移動中にタイヤがバーストしてしまうという事件がありました。



東北道を南下中にいきなり「バン!」って音がしたと思ったらリヤに違和感が・・・
直後にバタンバタンという大きな音が鳴り始め、挙動がふらついたので路側帯に緊急停車。
車から降りて確認したら右後ろのタイヤが写真のような状態になってました・・・
うわぁ・・・危ねぇー・・・

幸いスピンやらタイヤが吹っ飛んでいったりやら他車を巻き込むような被害は無くて済んだものの、完全に走行不能・・・
山間部で照明もない午前5時前に高速道路でこのシチュエーションはわりと絶望感を感じました。
・・・が、そうも言ってられないので、緊急タイヤ交換。
ちゃんと三角板出してたとはいえ、真っ暗な中で高速走行する車を傍目にタイヤ交換はおっかなかった・・・

不幸中の幸い、マシンダメージは大したことなく、暴れたタイヤがぶつかってリヤバンパーとサイドステップが外れたくらいで、ブレーキとかはノーダメージ。雪も降っていなかったおかげでその後は自走で会場まで辿り着けました。

ちなみに翌日いつものお店で点検したところ、ホイールもノーダメージ。(たぶんビードが左右ガッツリ残ってたので、それで走ってた模様)
流石だぜ純正ホイール!

しかし原因は不明。
トレッド面にはクギやらの異物、ダメージの跡は一切無し。
空気圧は先週チェック済み。
ぶっ飛ばしてたわけもなく、むしろ早く着き過ぎると思ってダラダラ走ってたくらい(タイヤ交換とかしておきながらもゲートオープン10分後くらいに着いちゃうほど余裕取りすぎたペース(^^;))
タイヤは新品購入の2シーズン目なので劣化っていうほどの時期でもなし・・・

なんだか分からないけど、とりあえず最近流行りの毒針でも打ち込まれたということにしておこう・・・


そんなエクストリームな出来事からの幸先悪いスタートでしたが、来たからには走らないと勿体無いということで、めげずに練習開始。



まずは午前Aコース。
スラロームを基本として高角度ターンを織り交ぜたようなザ・ジムカーナといった感じのコース。
練習会なので色々試してみて欲しいという開会時のお話を受けて、サイドのタイミングやシフトチェンジ、走行ラインなどを色々試行錯誤。
振り返しを利用した「Yぶんターン」(勝手に命名)なんかもトライしてみましたが・・・まぁそう簡単に上手くいきません(笑)

・・・というか、全般的になんか上手くいかない・・・
特にスタート直後の270°右上の270°高速進入からの中央上の270°・・・このへんが全然ダメ。
いや、他もダメというかしっくりこないんですが、なんていうか車が全然曲がってくれない。
練習用のゼスティノさんが先週と違ってインターバル挟んで冷えてしまうというのもあるかもしれませんが、それにしたって高角度ターンが安定しません。
直前の規制パイロンが絶妙なおかげで進入姿勢が落ち着いてないのかな・・・?
とにかくすげぇ難しいレイアウトだと感じました。

悩みに悩んで結局手応えも感じられず終えてしまった午前中。
レイアウトはそのままで、コースは午後のBコースに変更。



最後のセクションが8の字になった以外は全部一緒なんですがね。
おかげで苦悩は引き続き継続(笑)
以前からターンセクションはノーズターン気味だったし、ここは一度しっかり減速してドアターンを意識してやってみるか!と心機一転挑んでみますが・・・やっぱりダメだぁ・・・
タイム的にはそんなに悪くは無いような気もするけど、なんか納得がいかない走り。
あーでもないこーでもないとやっているうちにあっという間に午後も最終出走。
シメの本番形式の時間となってしまいました。

本番形式ということで、とりあえずノーズターンでも構わないから今できるスキルでタイム狙いにいってみようと走ってみたのがこちら。



アクセル煽って回転不足を誤魔化そうとしても回ってくれない&前に進んでくれない高角度ターン。
内輪めっちゃ空転してるしデフのせいにしていい?と思いつつも、最終セクションはそんなに悪くない感触。
やっぱり進入姿勢なのかなぁ?

とにかくサイドがんがんなテクニカルコースでの走行は楽しく、練習にもなりましたが、悩みのタネはてんこ盛り(笑)
Zummy Racing Family主催のイベントということは、当然似たようなレイアウトがビ筑にも出てくる可能性はあるわけで、テクニックの方はともかく、なんとか少しでも脳内イメージだけは納得いく回答を出しておかないとと感じました。
うん。こりゃ宿題だな(苦笑)


そうそう、今回は朝のドラミで某組長さんが言ってた台詞が割と印象深かったんですよ。
確かこんな感じ。

「ロガーによると僕のターンのボトムスピードは約15km/hくらいなんです。これを秒速に換算すると大体4m/s。パイロンから20cm離れたところを180°ターンすると往復40cm。つまり、ターンに0.1秒かかってしまうことなります。と、いうことはパイロンに20cm寄れればそこ一箇所だけで0.1秒速くなれるんです」

組長・・・理系だなぁ(笑)
(そしてボトムスピードちょっと速すぎんだろw)
と、思いつつも、これこそがジムカーナの真理な気がしました。

ゴールまでにたくさんのパイロンを抜けていく必要のあるジムカーナ。
1cmでも1mmでもパイロンに近く。1m/sでも速く。その積み重ねが数秒単位でガッツリ離されてしまっている上級者と自分の差なんだなぁと、改めて数字で出されて痛感しました。
突き詰めればきっと距離と速度はトレードオフな関係になってきて、どちらを取るべきか悩むようになるのかもしれませんが、多分自分はまだどちらも両方詰められるくらいの位置にいるような気がします。

いきなり一本のパイロンをガッツリ寄せることはできなくても、数cm、数mmくらいならまだまだいけるはず!
練習も、パイロンとの距離も、何事も積み重ねが大事(笑)
もっと速く走れるように、人馬一体の領域まで、まだまだ頑張っていこうと思います。

本番のビ筑はいよいよ再来週が開幕戦。
今年こそは・・・やってやるぞ!
Posted at 2017/02/20 00:22:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年02月12日 イイね!
溜まりに溜まってたパーツレビューを大放出して一週間。
たくさんのイイネを頂いて嬉しい限りですが、やはりというかエンジンの人気っぷりは凄いですね。
皆さんもきっとエンジンを載せかえるつもりなんでしょう(違)
色々やってしまった以上はまだまだ乗り続けなきゃイカンと謎の使命感に燃えるたまさのです。

そんなわけで相棒との2017年シーズンスタートを切るべく、NoLimitの基礎練習会に走り初めに行って来ました。



暖かな陽気で絶好の走り初め日和となった筑波ジムカーナ場。
ここで2017シーズンから使おうと隠していた(わけではない)練習用の秘密兵器を実戦投入。



昨年頃から市場流通が始まった(らしい)新興タイヤメーカーZESTINOのスポーツタイヤGredge 07Rを練習用タイヤとして使用開始です。
もともと使用していたRE11はもう溝がなくなってしまったので、次期練習用タイヤをどうするか悩んでいたところNoLimit内の会話にて情報入手。なにやらD1で実績を上げているドリフト向けのタイヤなようで、コントロール性能を重視した設計と、そこそこの耐久性ということから、サーキットユーザーの間でも少しずつ噂が広まっている注目のメーカーなようです。
設計は日本で行いながらも生産は中国ということで、お値段も控えめ。
同じタイヤパターンでトレッドウェアが違う数種類のラインナップがあるというのも魅力的。

今回はその中からGredgeシリーズの一番耐久性の高い07Rを選択しました。
在庫の都合からサイズは一回り幅広の245/40と255/35になってしまいましたが、ホイール的には適正サイズなのでまぁ良しとしましょう。
ホントは前後同幅、同径のほうがいいとは思いますが、ホイール新調する余裕も無いのでまだしばらくはこのフォーメーションでやっていこうと思います。

ロクに皮むきもせず持ってきたおかげで朝イチはヘンな挙動におっかなびっくりでしたが、8の字セクションでホイルスピンさせてたらイイ感じになってきて、皮むきって意外と重要なんだと認識させられました(^-^;)
まぁ細かい話はまたレビューにでも。

で、準備が整ってきたところでAMレイアウト。
今回はジムカーナ屋でも満足できるようにとのはからいで、サーキット向きの中速基礎コースとタイトコーナーを織り交ぜたコースとなっています。



後半のテクニカルセクションはサイド必須ってわけでもなく、どんな走りの人でも結構丁度イイ塩梅になるんじゃないかなと感じました。
たまさの的には絶妙にコーナー間距離があって、2速に上げるべきかどうか悩まされるいやらしいレイアウトだと思いましたが、そこはある意味いつものことか(笑)
あと右上の小さい円・・・最近のビ筑でも苦しめられたパイロン3本巻きくらいのサイズの、低速ってほどでも中速ってわけでもないサイズの定常円・・・コレやっぱ苦手ですw
高回転エンジン使いとしては回転数を落とさずになんとか抜けたいところなんですが、今のところ上手くやれる術もなく、我慢して次の進入が苦しくならない程度に早めにアクセル開けるくらいしか打つ手なしって状態です(´・ω・`)

そんな悩みに悩まされて最適解が見つからずに迎えてしまったAMコースラストラン。



前半セクションはそこそこアクセル開けていけたような気もしますが、後半は突っ込み過ぎないようにと意識したらサイド早めに引きすぎてカウンターが必要なビミョーな感じに・・・
アクセルもガバっと開け過ぎて、あーもー繋いでいっちゃえ!と誤魔化そうとしたらそのまま回るという酷いオチとなりました(-_-;)
練習不足を痛感します・・・

続く午後はレイアウト変更。
⑦のあたりのパイロンがちょっと移動しますが、基本的には変わりません。



午前より高速な感じになり、ぶっ飛ばして行くには気持ちいいレイアウト。
テクニカルセクションは桶川を髣髴とさせるオフセットしたスラロームで・・・またもや苦手なタイプw
サイド使うならチョン引き・・・でもグリップでも行けそう・・・と、スケベ心をくすぐられるいやらしい感じですw
脱出ラインが厳しくなくなったおかげで右上は多少苦しまなくなったものの、やっぱりこのサイズ感は苦手だ・・・
とりあえずアクセルは可能な限り開けまくるという最近のマイブームを継続しつつ頑張ってみたPMラストランがこちら。



たろーさんから携帯のデータいただきました。あざす!

高速セクションでシフトアップの時に雑にアクセル踏みすぎて滑りかけるも、ゼスティノさんに助けられてなんとか持ちこたえた感じでしょうか(^^;)
後半スラロームは一発目の進入で相変わらずサイド引くの早すぎ・・・突っ込み過ぎないようにを意識すると手前になり、手前を意識すると今度は突っ込みすぎるという繰り返しはなんとかしないとアカンですね・・・
それ以外でも後半グダってるのは全部スラローム一発目の進入のせいにしておこう・・・


まぁとにもかくにも久々のスポーツ走行。
ブランク払拭は多少なりともできたものの、まだまだ練習不足は否めません・・・
せっかく練習用タイヤも新調したので、今年は真剣にくるくるランド通いでもしてみようと思います。

そんなわけで動き始めた2017シーズン。
今年はビ筑以外にもTKGがシリーズ戦となったようなので、また色々なイベントに顔を出しつつ、精進していければと思います。

さぁ今年も張り切っていきましょう!



photo by むさし屋さん
Posted at 2017/02/12 22:14:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年01月08日 イイね!
遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。

気がついたら年末年始アレコレやってる間に2017年を迎えてしまってもう1週間・・・
ほとんど自宅にいなかったのもあって、つい昨日になって年賀状の返信を出しました(苦笑)
今年もこんな感じでいいかげんに生きていきます。たまさのです。


今年の年賀状

技術そんなでもねーくせに手作りデザインにこだわる私。
なんだか黒ベースに赤という配色にしたせいで夜のお店感のあるビミョーな感じになってしまいました(笑)
さらに紙に印刷するとコントラスト落ちて不幸の手紙感すらあるという・・・
印刷したやつ乾かすのに並べたらなかなかにカオスな絵面でしたが気にせずそのまま出しましたw
作った本人に悪意は無いので許してくださいw

ホントは年が明ける前に2016年のまとめやらパーツレビューやら片付けておきたかったんですが、年末ギリギリまで海外出張だわ、ホテルのインターネットにPCだけ繋がらないわ、休日返上でお仕事だわと師走の文字に恥じない生活っぷりだったのでやる気も起きず、今更ですが2016年のまとめとか色々上げますかね。

まずは2016年のまとめから恒例のアレで。



元ネタはこちら

過去1作目
過去2作目

いいかげんエスコンネタも尽きてきたのでこれが最後でしょうか。
自分的には5がシリーズで一番好きです。

それはさておき、とにかく2016年はある意味激動の年でした。

新規イベント開拓ということで、今までのビ筑、OSLに加えて、お気楽ジムカーナやTKGジムカーナ、ICCなんかにも参加するようになり、サーキットの方もLINKサーキットを初走行。
新入社員のエコカー軍団を引き連れてのイベント参加なんてのもやってみたり(笑)
裏ビ筑なんて悪い方々にも巻き込まれて顔見知りも増え、色々と広がりを感じた年でした。

また、エイトのほうもついに来てしまったエンジンの寿命からオーバーホールという大手術。
それ以外にも新規タイヤ・ホイールセットの導入や、実はこっそり変えていたスタビリンクやタイロッドエンドの効果もあってか、車両セットアップとしては第三者的にもなかなかの仕上がりとなったようです。
(デフについてはまだぼちぼちツッコミ入れられてますが)

走りとしては某元全日本チャンプの人との邂逅以来なんか変わったと言われることもちらほら・・・
ミスコースっぷりは相変わらずですが、アクセル開けていられる時間は延びてきているような感触もあり、年度初めには苦戦していたハイグリップなタイヤのコントロールも少しずつモノにできているような気がします。
大会の結果としては出せていないものの、着実に上達はしている・・・はず!

とにかくエイトとモータースポーツを通じて、短くは語れないような多くのストーリーが昨年も積み重なっていったのは事実です。


2017年の今年はそれらのストーリーをさらに深く、濃いものとしていければと思います。
とりあえずはお気楽ジムカーナとTKGにもっと参加して東北エリアの勢力拡大(?)を目指すところから始めましょうか(笑)
あと、某ユニコーンモードの人からICCフリー走行の割引券も貰ったので、そっちにも行くようにしたいと思います。

車両のほうは・・・壊れるものは全部壊した感もあるので今年はあんまりいじらなくてもいいかな?
でも一応オルタネータの交換とハブボルト打ち換えくらいは予防保全としてやりたいところ・・・
あ、でもテールランプの水没っぷりにいい加減嫌気がさしてきたので、雨宮さんとこのやつに変えるとかも・・・あとスピーカーも音質悪いし・・・それといい加減覚悟を決めてフルバケ導入なんかも・・・
・・・結局その辺はまた気分とお財布との相談でぼちぼちやっていくことになりそうです(笑)
エンジン変えてしまった以上、あと数年はこのクルマと付き合っていかないとですからね(・ω・)

なにはともあれこのクルマ遊びという趣味については未だに飽きが来ることは無さそうです。
冬が明けるまではしばらくシーズンオフとなりそうですが、今年も各地に遊びに行きますのでお会いした際には構ってやってください。


それでは皆様今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
Posted at 2017/01/08 18:35:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
プロフィール
「今日はエビス西(・∀・)!」
何シテル?   03/26 09:17
シルビア(S15 Spec-S)、ミラージュ(CJ4A CYBORG-ZR)と乗り継ぎ、 現在は相棒のRX-8(後期型TypeRS)とともに毎日必死に生きて...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
LEG MOTOR SPORT スーパーリアメンバーロック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/25 18:04:55
エンジン圧縮が回復! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/18 15:26:46
スーパーナウエンジニアリング メンバーカラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/11 15:39:28
お友達
クルマ好きはみんな友達!
コメント、メッセージ、友達申請、どれでもお気軽にどうぞ。
43 人のお友達がいます
はやとはやと * シュン@GRBシュン@GRB *
やまいち555やまいち555 * 紫エッセ紫エッセ
Bob The NailerBob The Nailer DDHDDH
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-8 SKY悪てぃぶRX-8 (マツダ RX-8)
街へ、山へ、海へ、サーキットへ! どんな所へも気持ち良く走って行ってくれる現在の相棒です ...
日産 シルビア 日産 シルビア
社会人になって初めて買った車。 とあるゲームで使っていて、憧れのようなものもあったS15 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
高速道路で大破してしまったシルビアを引き取りに来てくれたレッカー屋から格安で譲ってもらっ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.