• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たまさののブログ一覧

2018年02月18日 イイね!

ビギナーズジムカーナin筑波 2018開幕戦

数日遅れですがハッピーヴァレンタイン!



毎年のように繰り返してますが、やっぱり今年も懲りずにやります。
ここ数年チョコは貰えていないもののBullet For My ValentineのCDは買い続けてるたまさのです。
(別に最近出た新曲というわけでもない)

厳しい寒さもまだまだ続く2月ですが、ビギナーズジムカーナin筑波はシーズン開幕!
昨年度のNF2からクラスを上げて、SF2クラスに挑戦です。

※おさらい ~ビ筑クラス構成~

EX (JAF地区戦入賞以上レベル)
A (競技経験不問、ハンデ無し)
SF (JAF県戦入賞レベル) ←いまここ
NF (JAF戦入賞経験無し)
FM (JAF戦参加経験無し)
はじめて (ガチ初心者、かんたんコース使用)

JAF公式戦なんて出たことも無い自分ですが、こんなところまで辿り着いてしまいました(笑)
一筋縄ではいかない強敵揃いのこのクラスで、どこまで自分の実力と相棒RX-8が通用するか?
2月14日の男子高校生ばりにドキドキソワソワしながら迎えた第1戦前日練習会にZummy Racing Familyが届けてくれたプレゼントはコレでした。



悶絶激辛コース
※はじめてクラスは別コースです


しょっぱなからフルスロットルです(笑)

まぁ、それもこれも「こういうコースで喜ぶエントラントが悪い!」と、某コース委員長に言われた通りなんですけどねw
自分もどちらかと言うと喜んでるサイドの人間なので文句は言えません(´・ω・`)

ただ、コース図で見るとかなり入り組んだ感じに見えますが、実際走ってみると構成がハッキリしているというか、トリッキーな感じでもなく、つづら折れのヘアピン、定常円にスラロームと素直な基礎的要素が詰まった覚えやすいコースだと感じました。
某コース委員長いわく、今年はサイドターンをバリバリさせるだけではなく、ライン取りや立ち上がり等のコース攻略を考えさせるような構成を取っていきたいとのことで、そういった難しさはあるものの、走り甲斐のあるレイアウトだと思います。

以前だったら「なんじゃこりゃぁ!」と文句をいいつつミスコース一直線だった自分も随分と偉そうなことを言うようになったもんです(笑)

前置きはこんなもんで、いざ実走。



(車載はマウント忘れて取り付けられなかったので今回は無し)

暴風注意報出るほどの強風と気温で路面温度はイマイチでしたが、それでもグリップするタイヤと筑波新路面、RX-8の長いホイールベースによる高い安定性と持ち前のコーナリング性能のおかげで、やたら長~い高速セクションは気持ちよく走れました(・∀・)
タイヤを縦に使うとなんか速いらしいという聞きかじった知識を意識して、とにかく踏め踏めの攻めっぷりを見せてみましたが・・・できてんのかなコレ?(よく分かってない)

あとは高速旋回抜けてのスラローム進入(動画56秒くらい)は14番パイロン抜けてからのレイトブレーキングという鬼突っ込みに挑んでみた結果、意外と悪くない感じじゃないかとちょっぴり自画自賛。

ターン周りはまだまだ寄せきれてない部分はありますが、全体的にそこそこ頑張った結果じゃないかと思います。
リザルトとしても同日参加のA2クラス勢に迫るタイムで、新シーズン開幕の手応えを感じられる練習会となりました。



そして挑むは本戦当日。
参加9台といういつもより少ないSF2クラスでしたが、どの方もレギュラー参戦で見たことある人達ばかり。
負けてもしょうがないという言い訳に心を落ち着かせつつ、あわよくば一撃カマしてやろうという感じで、気持ちは思っていたよりリラックスモード(笑)

そんなリラックス感をぶち壊すべく突き出された本戦コース図はこちら。



開幕270度とか随分変えてきましたね・・・(´・ω・`)

いつものビ筑なら7~8割は練習会と同じで、パイロン配置変更とセクション追加くらいだったのが、今回は5割程度?
かなりアレンジされた印象ですが、練習会同様に意地悪な感じはない素直なコース。(←簡単という意味ではない)
高速セクションが減ってしまったのはちょっと残念ですが、見せ場(?)の鬼突っ込みスラロームは健在なので、マシン性能とドライバーの度胸で魅せてやるしかないでしょう!

練習走行はパイロンかすってしまったものの生タイムでは3番手?4番手くらいの結果で、SF2レギュラー陣にも歯が立たないレベルではないことを実感し、自信を持っての本戦1走目。



※ライトが点いてるのは威嚇ではなく(笑)いつもの実況こうちょう先生がお休みということで代理された全日本ジムカーナや全日本ラリーの実況で有名(らしい)阿久津アナの「実況聞いてたら点灯して」というリクエストに応えたからです。

目立ったミスも無く、無事完走!
リザルトは1走目時点で4位と練習走行同様にまずまずの結果。
しかしここは激戦区SF2クラス。たまさのの前後1秒以内にほぼ全メンバーがいるという気の抜けない接戦。
コンマ数秒の差で簡単にリザルトがひっくり返る緊張感は、いくらリラックスモードだと言ったとはいえ、すげーピリピリ来ますw
攻めれば勝てるかもしれない・・・いや、攻めなきゃ一気に転落するかもしれない・・・

本番ならではの葛藤の末・・・選ぶのは当然「攻め」の1手!

行ってみましょう本戦2走目!



多少オーバーアクション気味になりつつも踏め踏めの精神で高速セクションは1本目よりスピードの乗った印象。
が、しかし、ここに来て必殺鬼突っ込みスラローム狙いが仇となり、ブレーキング失敗でパイロン激突・・・
うわぁー・・・ここに来てやらかしたー・・・


その結果、1本目タイムでの勝負とはなったものの・・・



滑り込みで4位ギリギリ入賞!
ドボンに助けられての昇格なので、生タイムでは5位なんですが、十分に満足の行くリザルトでしょう。
3位とは1000分の3秒、2位とは0.2秒、1位とは0.7秒と、決して手が届かないわけではない戦績に手応えも感じられました。
(なまじタイムが近いだけに悔しさもひとしおですが(^-^;))

とにかく順調な滑り出しで始まった2018シリーズ。
次戦の入賞ハンデを考えれば、自分にもまだまだチャンスはある!
今回参加していなかったレギュラー陣が出てきた時に同じだけの自信を持って挑めるかはわかりませんが、初心に返ってチャレンジャーの気持ちで今シーズンも戦い抜いていこうと思います。

まずは初戦でお相手頂いた皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。
そして参加されていなかったSF2レギュラー陣の皆様、次戦以降の戦いを楽しみにしていますよ!

では、またジムカーナ場でお会いしましょう。
Posted at 2018/02/19 00:05:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2018年01月21日 イイね!

新春初走り in ICC

時期的には今更ですが、あけましておめでとうございます。
今年もマイペースにこのブログも更新していくのでどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

今年も「絶対に笑ってはいけない~」を見ていたらいつの間にか年が明けてました。
2018年は絶対にアンダーを出さないスポーツ走行がしたいたまさのです。(タイキック確実)

各地のジムカーナ廃人の方々が正月休み早々に活動開始している中、ちょっと出遅れた感もある自分ですが、裏ビ筑の面々と2018シーズン初走りに茨城中央サーキット、通称イバチュー(またはICC)のフリー走行に行ってきました。



どうでもいいですが個人的にはICCの方がキーボード打つ文字数少ないし語感もカッコいい気がするんですが、イバチューと言う人の方が多いような気がします(´・ω・`)

そんなことはさておき、フリー走行日ということで、今回は練習用タイヤのゼスティノを装備。
くるくるランドで調子に乗ってドリドリしまくったせいで1シーズンでミゾが無くなってしまったリヤ用を更新してのトライです。



同じZestinoタイヤですが、そこそこハイグリップだったGredge 07Rから、それよりも耐久性が高いというAcrova 07Aに銘柄変更。
当然グリップレベルは落ちますが、まぁ練習用と考えればとりあえず長持ちしてくれればそれでいいかな?
値段もGredgeより全然安いので、ICCの攻撃的(?)な路面相手でも気にせず使えるというのは精神衛生的に良いです。
(それなら素直にアジアンタイヤ使えって話ですがw)

初参加となるICCのフリー走行は午前中にA、またはBの固定コース(開催日によって変更)、午後は当日発表のコースという走行ルール。
今回の参加日はBコースでの走行でした。



エンジョイジムカーナ以来約2年ぶりのフィールドとなるICC。
全然グリップしなかったという印象だけは覚えていたので、気温の低さ、グリップレベルを落としたタイヤ(しかも皮むきしてない)・・・と、不安要素山盛りコンディションと合わせて超絶慎重なコースイン。

が、このところハイグリップなタイヤと筑波の新路面で慣れていただけに、滑る路面と傾斜にビビって全然アクセル踏んで行けないわ、荷重乗らずにどアンダー出すわ、だけどテールハッピーだわと、ビビリミッター全開のタイキック走行(?)
壁に刺さったらどうしようとか、崖から落ちたらどうしようとかしょーもない心配で新春初走行はもうひどい有様(笑)
そんな「いつもの元気がない」と心配されるレベルな走りっぷりでしたが、とりあえず全部タイヤのせいにして心の安寧を保ちつつ、ウェット路面に挑むくらいのつもりで少しずつ走りを修正。
こういうとき言い訳できる準備があると精神的に追い込まれなくていいですねw

当然タイヤのせいなんてことは無いので、走りこみで幾分かマシになってきた午前中ラスト。



1速で引っ張りすぎたり、2速で我慢しすぎたりと色々あるものの、ひとまずはビビリミッターを解除してICCを人並みに走れる程度にはなったでしょうか。(アレンジエリアを活用するほどの心の余裕は出せませんでしたがw)
もうちょっと午前コースで走りたいかなーと、名残惜しさもありつつも、お昼休みを挟んでコースレイアウトは午後の部へ変更です。



午前コースよりも中、高速コーナリングが多くなってビビリミッターが再発しそうでしたが、そこは午前の感覚と度胸でカバー。
早めのシフトアップでトラクションを逃がさないように心掛け、今度は言い訳なしのタイム的にもしっかり出せる走りができるように集中してアタック。


車載


mochiwoさん撮影車外。アザーッス!!

ライン取りもう少し工夫すればもうちょい踏んでいけたんじゃないかという気もしつつも、そこそこ満足の行く走りができたと思います。

出だしの出だしでずっコケて一時どうなるものかと思いましたが、結果的にはなんとか今年もやっていけるかなという勢いもついた2018年初走り。
今シーズンは各所参加イベントでクラスを上げるつもりでいるだけに、今まで以上に練習も実戦も頑張っていこうと思います(`・ω・´)

「人生は七転八倒。必ずしも良い時ばかりではない。むしろ逆境にめげず高い理想のもとにひたすらな精進を続けたならば次第に運勢開け成功確実となる」
と、元旦に引いた大吉のおみくじにも書いてあったし、今シーズンの各イベント開幕戦が今から待ち遠しいですね!

皆様今年もよろしくお願いします!
Posted at 2018/01/21 21:41:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年12月29日 イイね!

2017年もお世話になりました

無事に仕事納めも終了。(納まったのか色々疑問はあるけどw)
ここ最近の海外出張ラッシュでもギリギリJALのプレミアメンバーズ的なやつにマイレージが届きませんでした(´・ω・`)
愛車の走行距離は約9万マイル。たまさのです。

いつもなら1年の振り返り的なやつでネタ動画の一発やらマジメな記事やら書くんですが、どうにも今年はやたら忙しかったし、休みも短いしってのでちょっとあっさり目に。
(■ドンパさんとの激闘の歴史を某とうふ屋マンガちっくに書き始めたけど無性に恥ずかしくなってきてボツったってのは内緒w)


とにかく今年は昨年の後半がエンジン修復でほとんど走れてなかったってのもあって、狂ったように走りまくってましたね(笑)

・NoLimit基礎練習会(1回)
・ZummyRacingFamilyジムカーナ練習会(1回)
・ビ筑前日練習会&本戦(第1~6戦+フェスティバル)
・エビスフレンドリーショップ試走会(1回)
・TKGジムカーナ(第1,2戦)
・体感!ジムカーナ練習会(3回)
・もっとお気楽ジムカーナ(第3,4戦)
・コクピット走行会(春・秋)
・アトムサーキットフリー走行(2回)
・Karting Arena @ Bukit Timah(1回)
・くるくるランド自主練(4~5回くらい)

くるくるランド自主練以外は全部記事にしているはずなので、気になった人は過去ログをCheck!
通算すると1ヶ月あたり平均2回とかのサイクルだったでしょうか。
こうやって書き出すと結構やったなぁという気がします。。(俳人と呼ばれる方々には遠く及びませんがw)
わりと掃除するタイプ(だと思ってる)たまさのの家が7月までコタツ片付けてなかったり、心なしか散らかった気がするのもきっとそのせいだ(笑)

残業無双な1年だったこともあり(多分来年も)、走らないとストレスでやってらんなかったというのもありますが、とにかくスポーツ走行が今まで以上に楽しくて仕方ない、ライフスタイルの一部として確実に根付いてしまった年でもあったと思います。


クルマの方も結局なんやかんや手を出し、ボンネットに穴は開くわ、デフはバキバキ言うようになるわ、オーディオの音質良くなるわ(?)と、日常メンテの他にも気が付けば色々やってる始末。
毎年同じこと言ってる気もしますが、まだまだRX-8を降りる気配はありません(笑)

そんな色々やってしまった中でも今年一番変化があったと言えるのはアライメントとデフだったと思います。
コーナリング、ターンで加速させるという走りのイメージを実現させるために、昨年よりもアンダーステア傾向が強くなる方向の調整を入れ、ドライビングスタイルと合わせてエイトと二人三脚でやってきたとも言える今年の春以降。
TKG第1戦、ビ筑第2戦あたりから「走り方が変わった」と言われることも多く、大会のリザルトとしての結果もついてきたことから、間違ってはいない方向にクルマ、人ともに進み始めたと実感できました。

それもこれもたくさんの人から頂いたアドバイスや、会場で見かけた上級者の方々の走り、あと、バイブルとして散々読み込んだ「自動車を物理する」というサイトの情報などなど・・・
多くの刺激があってこそ導き出せた方向性だと思います。
やっぱりクルマ遊びはレジャーじゃなくてスポーツなんだと感じました(笑)

で、そのスポーツマインドを一番に刺激したのは・・・言うまでも無く某黄色いNCロードスターのあの人でしょう(笑)



ビ筑NF2クラスで一緒に戦った皆さんももちろんですが、毎回前日練習会で自分より好タイムを叩き出し、シリーズ優勝したいと言いながらもハンデを消すためにわざと負けるという戦略も取らず、ギリギリの鍔迫り合いを繰り広げたあの人無くして今日の成長は無かったと思います。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
ビ筑最終戦とフェスティバルでは敵いませんでしたが、来年もロドンパさんの悔しがる顔見たさに一層頑張りたいと思います(毒)


来シーズンでモータースポーツ活動も5年目。
あの頃には雲の上の存在だった上級者の方々にも手が届き始めた実感を感じられるようになった今日この頃。
今年以上の走りでさらなる人馬一体を目指して駆け抜けてやろうと思います(`・ω・´)

少し早いですが、皆様良いお年を。
また来年もどこかの戦場でお会いしましょう!

Posted at 2017/12/29 22:58:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2017年12月17日 イイね!

ビギナーズジムカーナフェスティバル2017

2017年も気がつけば残りわずか。
皆様色々とやり残したことは片付けられたでしょうか?

やり残したことがありすぎて会社に行きたくありません。(真顔)
睡眠負債が溜まりすぎて強化人間にされてしまいそうなたまさのです。

強行スケジュールもいよいよ大詰め。
2017年の走り納めはビギナーズジムカーナin筑波 フェスティバル戦です。

シリーズ戦を終えて、年度最後のお祭り騒ぎ。
サーキット系イベントだとあまり聞きなれない感じがしますが、ジムカーナ業界だとこんなイベントが結構あるようで、関東最大級(?)のビギナー向けイベントであるビ筑も例に漏れずお祭り開催です!



「今年もビ筑名物 悶絶コテコテコースが待ってるぞ!」

・・・ビギナーっていう英語の意味を僕は間違って理解しているかもしれませんw

そんなわけで、年の瀬に悶絶したいドM達が目をキラキラさせながら受け取ったクリスマスプレゼントはこんな感じ。



ビ筑2017年シリーズのどこかで出会ったような難関レイアウトが散りばめられ、筑波ジムカーナ場の外周をほぼ一周するという過去最長の高速セクションまでオマケされたロングコース。
シューティングゲーム定番のボスラッシュのような怒涛の攻勢構成で、まさに1年の締めくくりに相応しいレイアウトですね(笑)
(某ドSなコース設計委員長が当日お休みだったおかげでパイロン間隔は少し優しさを感じる広さになりましたがw)

今回参加したのは特設クラスの「裏ビ筑」クラス。
ICCエンジョイジムカーナでは恒例となりつつある、ママっちの、ママっちによる、ママっちのためのクラスがビ筑FMクラスからA2クラスまでの総勢12名を巻き込んでの殴りこみです(笑)



ネタのようなクラスな割には2017年シリーズの戦績を考慮したハンデ設定をマジメにやってて、複数クラス混合でも誰が勝つかわからないアツいクラスになってますw
ライバルのロドンパさんも同じクラスで、与えられたハンデはたまさの同様の+6秒。
お祭りだから勝敗は気にしないとはいえ、否が応でも闘争心を掻き立てられます (`・ω・´)

まずは練習走行。
事前にコース発表もあったおかげで難しいコースながらもミスコース無く無事に完走。
朝一のキンキンに冷えた路面と冷えたタイヤ、走行中にタイヤが温まって変化するグリップ感も第6戦で苦しめられた経験から、なんとかポイントを押さえて大きなミス無く走りきることができました。
それでも高速セクションはまだまだビビり気味・・・踏んで行きたいのは山々なんですが、ガードレールや林に突っ込みかねないラインを全開で行くのはやっぱまだ怖いです(^-^;)
(エイトですら林の手前で2速レッドゾーンだったので、四駆あたりは100km越えてたでしょうね)

実況で「今回はビニールテープ貼ってないの?」とツッコまれ、今回はやるつもり無かったけど無駄にサービス精神を出して本戦に向けたマシンセッティングも完了。



みのー選手率いる4A-Gクラスへのリスペクト(?)も込めて「13B CLASS」と意味不明なコメントを作成。
同じエンジン形式で編成とか羨ましいです(´・ω・`)
いつかホントに13Bクラス編成できたらいいなw




ほぼ昭和車クラスな4A-Gクラスの図。
いい意味で参加車両が多種多様すぎるのもビ筑の良い特徴ですね(笑)


さて、話がミスコースしかけましたが戻って本戦一本目。
練習走行の感覚をブラッシュアップしてアゲていけるか?
いざ出走!



なんか色々考えすぎたのと、想定外に気温上昇でタイヤが食うようになってたおかげでスタート直後のターンはちょっとバタバタな感じに・・・
(ワイドトレッドなエイトで後輪浮かすというひどすぎる操作タイミングw)
途中からはなんとか補正できたものの、中間のおむすびターンでブレーキング失敗してまさかのD1グランプリ開幕(笑)
滑っても誤魔化せる技術が身についたのはいいけど、ちょっとこれはやりすぎな感w
それでも失速を最低限に抑えられたおかげと、その後のミスも無かったおかげで、上位クラス陣相手に生タイム、リザルトは共に2位という上々な結果。

・・・が、ここで1位を押さえていたのは見慣れた黄色いNCロードスター。
やはりそう簡単に勝たせてくれるほど甘くないようです・・・

クラス勝利はこの際置いておいてもロドンパさんにだけは負けたくない!
お祭りだというのに戦闘モード全開で2本目に挑みます。



学ばない男、たまさの。
またしてもスタート直後に引っかかりまくりw
なんか上手くいかないなぁ・・・(´・ω・`)
おむすびターンはしっかりと刻んでいけたけど中間までのタイムは変わらず、後半も追い上げが足りずの結果で、1本目からタイム短縮したもののロドンパさんには0.3秒差で届かず2番手。
うーん悔しい!



それでも普段のSF、Aクラスの上位陣相手に、この悶絶コテコテコースで生タイムで勝てたというのは大きな収穫です。
この結果を来シーズンの本戦でも継続できるように頑張ろう(´・ω・`)


コース走行対決はひとまずここまで。
この後はフェスティバル名物「バトルジムカーナ」です。
2台が同一レイアウトのコースを同時に走行して1対1のバトルで勝負するというイベント。
視界の淵に対戦相手が見える緊張感と、スタートの技術が問われる対戦は、いつもの1台でのタイムアタックとは違った面白さ。
チーム戦かつトーナメント戦でもあるので、仲間のためにもそう簡単に負けられないプレッシャーは相当なものw

今回同一チームとなったのはリスペクトを送った4A-Gクラスの方々。
13Bクラス代表としても頑張らないと!

たまさのの1回戦の対戦相手はA2クラスのトルネオさん。
腕前の差は分かりきっているので、多少無理してでも喰らい付かなければと気合だけはMAX充填。
スタートだけでもFRのアドバンテージを生かすべく、タコメーターの針に集中してカウント待機・・・
そして・・・



見なきゃいけないのタコメーターの針じゃなくてスターターフラッグだから!!

合図を見逃し、スタートで完全に出遅れ。
焦る気持ちからパイロンを引っ掛けるも、相手のミスを信じて最後まで諦めない!
・・・と、結局焦ってることには変わりないので、あちこちのパイロンをふっとばしPT3本で無事死亡(-_-;)
トーナメント1回戦敗退。敗者復活戦も無いので、獲得ポイントは0。。。
うわぁー・・・

ジムカーナがメンタルスポーツだと言われる理由が良くわかる対戦でしたね!
これからはどんなときもCOOLにキメられるジェントルマンになれるよう頑張ります(^-^;)

たまさのが足を引っ張りまくったものの、他のメンバーはバッチリ勝利をもぎ取ってきたおかげで、バトルジムカーナの結果はチーム優勝(・∀・)
おこぼれにあずかって一日で2回も表彰台という上々な結果で走り納めを終えることができました。


この後、丸1日メンタル×だったたまさのに選手代表挨拶なんて無茶振りをされたシリーズ表彰式に続くわけですが、それはまた別の機会にでも。

一先ずこれにて2017年のモータースポーツ活動は終了。
ビ筑、TKG、も気楽にサーキット走行と、たくさんのイベントをこなした今年でしたが、会場でお会いしたエントラントの皆様、各イベント運営の皆様、1年間大変お世話になりました。
来シーズンも楽しいイベント会場で皆様とワイワイ出来ることを期待しています(^-^)

また明日(というかもう今日)から南の国ということでテンションだだ下がり中ですが、また次のモタスポイベントを楽しみに、苦しい仕事もなんとか乗り切っていきたいと思います(笑)

また来シーズンもどこかのサーキットでお会いしましょう!


※おまけ
裏ビ筑クラスのブービー賞として、今回も特選素材をスタンバイ。

前回のTKGで普通なリアクションを貰ってしまったドリアンチョコレート第2弾。
・・・やっぱりこれも普通のリアクションでした・・・

ドリアンネタはこれが最後でいいかなw
伝説のソフトキャンディを見つけた時にはまた再開するかもしれませんw
Posted at 2017/12/18 00:14:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年12月05日 イイね!

体感ジムカーナ練習会 その3

ただいマーライオン(・ω・)
北の町から南の町まで♪
ジャ○ネットたまさのです。

2度の出張から帰ってきて早々、夜便移動での睡眠不足の体もそのままに、今度はドラパレ那須で開催された わんうさレーシング様のTKG練習会その3に行ってきました。
なんか最近こんな強行スケジュールばっかな気がするけどしょうがないですねw



つい前日まで平均気温30℃前後だった所から、一気にマイナス1℃という落差。
ヒートショック試験にかけられているのは自分なんじゃなかろうか(笑)
まだ雪は無いとはいえ、出張前にスタッドレスに交換しておいて正解でした。

そんなフロントガラスもガッツリ凍るような極寒の中から発進した練習会当日ですが、昼前には暖かな陽気の絶好のジムカーナ日和となりました。
那須高原はめっちゃ寒いんじゃないかと身構えてましたが、冬本番はまだ先のようです。


(この写真は15時くらいのやつですけどね)

もともと9月の予定だった練習会が延期となっての開催ということでしたが、結構な人数も集まり、いつも以上に賑やかな感じ。
練習メニューは午前中のパート練習と午後のコース練習で相変わらず、2週間とはいえ車に乗れない日々で鈍った感覚を取り戻すには丁度良い構成です。



今回はビ筑シリーズ戦も終了したし、来シーズンからTKGジムカーナ本戦はEXクラスでの参戦を考えているというのもあって、本番用タイヤを持ち込んでの練習。
出し惜しみ無しの全力アタックで、どれだけ現役EXクラス勢に食らいつけるかの腕試しも兼ねての挑戦です。

今回の練習会に参加された現役EXクラス勢はBRZとAZ-1乗りの2名。
パート練習でもタイム計測されることから、自分の強みと弱みを見比べつつ・・・ひたすらサル走りですw

・・・いやー、なんか順番早く回ってくるからついつい楽しくなっちゃうんだよねw
ウキィwww

コース走行だと一部は成功、一部は失敗みたいな感じでもトータルタイムでは大差ない結果となってしまうので、パート練習だとその成否が一発で分かって良いですね。
当然ここ一番で速いタイムが出せるに越したことはないですが、低確率な改心の一撃に頼るというよりは、基礎攻撃力を上げてコンスタントに戦えるようになりたいって感じでしょうか。
(なんか最近改心の一撃だけで戦ってるような気もしてるのでw)

定常円にスラロームと休む間も惜しんでひたすら走った午前練習。
その成果を持って午後のコース練習に挑みます。



基礎練習レイアウトを繋ぎ合わせたようなコースですが、進入速度や姿勢が変わると雰囲気全然変わりますね。
パート練習ではそこそこの感触を得ていたところも、繋がってくると難しさが段違いです。

とりあえず慣れてきたあたりで撮ってみた車載がこちら。




エキシージ乗りのフラミンゴ+さんから頂いた外撮り。
ありがとうございます!



そこそこ頑張ったつもりだけど、今回はスラロームがすっげぇ難しかった(^-^;)
進入が重要なのはよくあるパターンだけど、今回は全然リズムが作れず、最後まで悩みっぱなし。
スラローム得意だと思ってたけど、そんなことはありませんでした(笑)
その後のターンも釣られて突っ込みすぎたりと、まだまだ練習が必要です。

しかし課題はありつつもEXクラス勢の方々ともそこまで大差をつけられた感じは無く、十分に戦えるはずだという自信も得られました。
あとはひたすら練習あるのみですね(・∀・)
来シーズンはSky悪てぃぶの存在感を存分にアピールしてやりますよw

そんな感じでヘロヘロになるまで走りまくった練習会。
TKGイベントとしては2017年ラストということで、まずまずな結果でシメられました。

そして、半分忘れかけていたTKGジムカーナ2017シリーズのリザルトも発表(個人的に言われただけ?)となり、

TKGジムカーナ2017 グリップ2クラスシリーズチャンピオン獲得しました!
(それもあっての来シーズンEXクラス昇格なのですw)

ビ筑と合わせてまさかの2017シリーズ2冠達成!
大躍進の年となってたまさのドヤ顔ですw

なんかクルマ運を一気に使い果たしたんじゃねーかという不安もありつつも、運じゃなくて実力だよ!と自信を持って言えるように、来シーズンはTKG、ビ筑、その他イベントでもこの結果に恥じない活躍ができるよう頑張りたいと思います(・ω・)
もうね、ミスコースたまさのとか言ってる場合じゃないよ?w


とにかく1年間楽しいイベントを企画してくれたわんうさレーシングの皆様、エントラントの皆様、お疲れ様でした(・∀・)
また来シーズンもよろしくお願いします☆


ぼちぼち年末に向けてシメの空気が漂う今日この頃ですが、走り納めはまだもうちょっと先まで計画済み。
最後まで失速することなく走りぬけますよ!


Photo by フラミンゴ+様




※おまけ
そこそこ顔見知りが増えたTKGイベントということで、今回も出張帰りの厳選素材をスタンバイ。



無難なマーライオンチョコレートにプラスして・・・ドリアンチョコレートを差し入れ。
さて、こちらの皆様は一体どんなリアクションだろうとワクワクしながら開封してみると・・・


ほぼ無臭・・・


前回のドリアンクッキーの攻撃力に比べると大したこと無さ過ぎて肩透かしです・・・
味も普通で「ちょっと変わった味だけど美味い」と悪くない評価。
うーん・・・なんだか悔しい・・・
(むしろ無難だと思ったマーライオンチョコの方が「めっちゃ硬くて歯が折れそう!」という面白いリアクションというね・・・)


だが!たまさのの厳選素材はまだ残されているんだゼ!

厳選素材を食らうことになるかもしれない自覚のある皆様、期待せずにお待ちください(笑)
Posted at 2017/12/05 23:45:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「@やまどん さん。某通販サイトのように「まだ読んでませんが期待を込めて☆5です」ってやつじゃダメですかね?」
何シテル?   02/15 22:40
シルビア(S15 Spec-S)、ミラージュ(CJ4A CYBORG-ZR)と乗り継ぎ、 現在は相棒のRX-8(後期型TypeRS)とともに毎日必死に生きて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

OSL4輪ジムか~な!? 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:36:12
 
わんうさレーシング(TKGジムカーナ) 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:35:18
 
もっと!お気楽ジムカーナ 
カテゴリ:イベント
2017/04/02 00:34:19
 

お友達

クルマ好きはみんな友達!
コメント、メッセージ、友達申請、どれでもお気軽にどうぞ。
49 人のお友達がいます
はやとはやと * てっちん@てっちん@ *
紫エッセ紫エッセ yohei nishinoyohei nishino
TA-MATA-MA オデゆきぶんオデゆきぶん

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-8 SKY悪てぃぶRX-8 (マツダ RX-8)
街へ、山へ、海へ、サーキットへ! どんな所へも気持ち良く走って行ってくれる現在の相棒です ...
日産 シルビア 日産 シルビア
社会人になって初めて買った車。 とあるゲームで使っていて、憧れのようなものもあったS15 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
高速道路で大破してしまったシルビアを引き取りに来てくれたレッカー屋から格安で譲ってもらっ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.