車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
みん友になれば、激安商品も手に入りますよ~☆
ウルトラキャパシタや電解コンデンサーもお買い得!   ホーム&カーオーディオパーツのフルテック社家の便利アイテム~カーパーツまで豊富 pb欧州取り付けキット 「ステレオサウンド」や「Audio Accessory」誌で有名なナノテック・システムズ社 DIYパーツが豊富だよ~♪  ハイエンド商品 
カーオーディオ&ロードノイズ対策は当店にお任せください☆

新発売!20.0ファラッドEDLCキャパシタ―
CS-HYPER20FA カーオーディオ専用 (店頭価格: 税抜き86,000円)


新発売!20.0ファラッドEDLCキャパシタ―
CS-HYPER20FE 車両電装チューン用 (店頭価格:税抜き81,000円)
2016年11月29日 イイね!
フリードスパイクGB3のロードノイズ対策篇!CS.ARROWSフリードスパイクGB3のオーディオセットアップ篇のつづき













まずフロントホイールハウス周りの対策から・




クリップが外れ難い場合にはシリコンスプレーを隙間から塗布してください。





アンダーコート樹脂層を剥離して鋼板をむき出しにします。






次にアクリル系制振材のレアルシルトをエアーの噛み込みが無いように丁寧に貼っていきます。
エアーの噛み込み部分が多いと気温の上昇変化などにより膨張し、広範囲に密着性制が損なわれて剥がれの原因、及び制振効果の低下に繋がるので注意してください。







樹脂層を剥離しきれない部分にはブチル系制振材のSTP Gold Aero制振シートを貼ります。




アッパーメンバーorフロントピラーとフェンダーパネル間に遮音材のCSDB-30SFを貼り、隙間が広い部分にはCSDB-20SFを追加しています。







注意!カウルトップ、並びにフロントピラーから滴り落ちる雨水などの排水路を塞がないようにしてください。






ライナーにCSDB-5Mを貼って遮音対策をおこないます。






フェンダー裏にはアクリル系のレアルシルトを少量貼りますが、ブチル系制振材の余りなどがあれば それをお使いください。
フェンダーの制振にはあまり気を使わなくても結構です。




次にリアホイールハウス内の対策篇。
このフリードスパイクGB3にはフェンダーライナーが装着されていないのでスプレー式制振材のノイズレデューサーを塗布します。
脱脂剤のシリコンオフは小分け販売もしていますのでお問合せください。





ノイズレデューサーを片側に2本分を塗布します。
参考:「天気晴れ、気温?、湿度?」

①足付け塗装
・1時間乾燥
③10cm離してベタ塗り
・4時間乾燥
⑤15cm離して重ね塗り
・17時間乾燥
⑦15cm離して重ね塗り
・完了
ノイズレデューサーをあまり離して塗布すると比重が大きいとはいえ、周りへ舞い散るでご注意ください。(20cm以内の距離から塗布するのがベスト!)






マフラーの遮熱板は2本のボルトを外すだけで隙間からカーボンウールを挿入できます。




次にカウルトップ周りの対策篇。











今回はダッシュパネル側にかけて全面にブチル系制振材のSTP Gold Aero制振シートを貼り詰めます。




制振材の表面がアルミ箔で覆われている場合、その上から他の物を貼る時には必ず脱脂を忘れずにしてください。




次に遮音材のCSDB-20SFを貼ります。







完成~ タイヤの騒音も激減して もう別世界!






このシリーズはどうでしたか?他の車両にも応用できるので参考にしてください。


年末のお買い物はお早めにお願い致します。(_ _


Posted at 2016/11/29 13:33:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その3 | イベント・キャンペーン
2016年11月24日 イイね!
フリードスパイクGB3のオーディオセットアップ篇!CS.ARROWSフリードスパイクGB3のオーディオセットアップ篇


「ロードノイズ対策メニュー」
・フロントドア
・スライドドア
・フロントホイールハウス周り
・リアホイールハウス内
・カウルトップ


「オーディオ関連メニュー」
・ナビ:カロッツェリア AVIC-RZ99
・バックカメラユニット: ND-BC8-2
・ステアリングリモコンケーブル:ホンダ車用 KJ-H101SC
・USB接続ケーブル:CD-U420
・ビーコンユニット:ND-B6
・ナビ電源改善:デッキ/ナビ用電源バッ直キットSY01R
・スピーカー: EL-Comp6.2
・バッフルボード:スターウッド+MDF
・スピーカーケーブル:SHARKWIRE/S17102R
・サテライトスピーカー&バッフルボード:アルパイン




フロントドアから・
既存のコアキシャルスピーカーは後部のサテライトスピーカーとして使います。




アウターパネル側はレアルシルトだけで制振調整をおこないます。




吸音対策は30mmプロファイル加工ウレタンフォームを全面に貼ります。
いつも言うようにドアの上下部から5cm以上離して貼るようにしてください。(この時、エアーの嚙みこみに注意!)




運転席側はご覧のように外側のハーネスを引き抜いて通します。






助手席側は室内側のカプラーを外すだけで簡単に配線が通ります。





スピーカー配線を通し終えたら、最後に遮音材で蓋をしておけばフロントピラー内の反響音が抑えられます。




次にバッフルボードの取り付け
最初に18mm厚で作りましたが、スピーカーのマグネットがガラスレールに当たりそうなので後で9mm厚を貼り合わせて27mm厚としました。 固定はシーラント鬼目ナット&ボルトで固定します。





インナーバッフルボードの取り付けについて。
このフリードに限らず国産車によくみられる構造となっており、インナーパネルには段差があるのでバッフルボードの取り付けにはご注意ください!




まず、バッフルボードの取り付けにはシリコンシーラントをご覧のように線状に塗って面固定すれば段差が埋まると共にエアー漏れを防げます。




次にバッフルボードの裏側からボルトを四点へ捻じ込めば上記の面固定+点固定となり、バッフルボードが歪むことなくインナーパネルと一体化します。
つまり点固定だけでは得られない強固で理想的なバッフルボードの完成という訳です。
ちょっと大げさに言うとバッフルボードが歪んだ状態にスピーカーを取り付けるとスピーカーバスケット(フレーム)及びエッジが捩れるためスピーカーコーンの前後ストロークに乱れが起き、ボイスコイルがヨークに触れて音に歪が発生すると共に最悪はボイスコイルが焼けます。
注意!インナーパネルには段差があるので各ボルトのトルクを変えて締め付けてください。
更に高度なバッフルボードの取り付け方法についてはお問い合わせください。




スピーカー後部の雨除けにはSRBシートを使っています。




次にインナーパネル側の補強増し&制振調整。
大概の車両の場合にはサービスホールに制振材を貼って雨水の侵入を防ぐだけでもロードノイズ対策としては完璧であり、カーオーディオの音質改善対策としても十分と言えるでしょう。




当店では比重の大きいブチル系制振材を使っていますが、配線を またぐ為に切込みを入れる部分などへはCSDB-5R(エプトシーラーに似たもの・)やシーラーなどで防水処理をしています。
CSDB-5Rは30×30cm角から切り売りをしていますのでお問い合わせください。





パッシブネットワークの土台にもアルミパンチングメタルを使っております。





バッフルボードが27mm厚もあるのでトリム側のスピーカーフェース枠をギリギリまで削ります。




トリムのデッドニング調整篇
まずはブチル系制振材のSTP Gold Aero制振シートで比重調整をおこないます。




次にCSDB-5Rで吸音対策をすれば完璧!




このフリードスパイクGB3の場合、ツィーターをAピラーに埋め込んだ方が理想的なステージングが作れるとおもいますが、今回は費用の割り振りの問題でドアトリムへ取り付け、ツィーターの減衰量はミッドウーファーの音圧レベルに合わせています。




ウーファーの音離れ及び音抜けも完璧!






リアのサテライトスピーカーはフロントに使われていたアルパインを移設しています。





ナビの取り付け篇






電源改善には、デッキ/ナビ用電源バッ直キットSY01R(ヒューズ/リレー付)を使っております。 配線をまとめるには9mm幅のテサテープが便利です。






バックカメラはこんな感じ~



お安いオーディオユニットでも工夫次第で120%のパフォーマンスを発揮するので、DIYで悩んだら遠慮なくご相談ください。



ロードノイズ対策篇へつづく



Posted at 2016/11/24 12:02:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | カーオーディオ取り付け その4 | イベント・キャンペーン
2016年11月18日 イイね!
アウディS3のロードノイズ対策ホイールハウス&ボンネット周り篇! CS.ARROWSアウディS3のロードノイズ対策トランク周り篇のつづき












フロントホイールハウス周りの対策から・




ぶ厚いアンダーコート樹脂を綺麗に剥がし、鋼板をむき出しにしてから制振作業に入ります。




制振対策にはSTP Gold Aero制振シートレアルシルトを使います。






最後に制振スプレーのノイズレデューサーを重ね塗りして完了です。




フェンダーライナー側ですが、ブチル系制振で比重調整をして振れを抑えます。




次にCSDB-5Mで遮音対策をおこなえば完璧です。





リアホイールハウス周り篇




ホイールハウス内の鋼板部分はアクリル系のレアルシルトだけで共振ポイントを抑えます。






リアフェンダーライナーは、不織布で形成されていますが、裏面がコーティング剤によりツルツル仕上げになっているのでサンドペーパーで足付けをしてからプライマーを塗布します。




表面(タイヤ側)はコーティング剤仕上げになっていないのでノイズレデューサーを染み込ませるように塗布するだけで完了です。




上記の作業が完了したら裏面にブチル系制振材を貼って調整します。




最後にCSDB-5Mで遮音対策をおこなってリア側の対策は完了となります。







ボンネット(フード)篇!
レアルシルトで概ねの調整をおこなってからインナーとアウター間の隙間内へカーボンウールを詰め込みます。






こんな感じになります。




ライナーは、裏側にカーボンウールを乗せて戻すだけです。





これでエンジン回りの熱がアウターパネルへ伝わる度合いが減ると共に騒音も激減します。




電装チューンとしては電解コンデンサ+コアでライトチューンをして全ての対策が完了となります。





------------ オーナーさんからのインプレその1--------------------


お疲れ様です。

社長、今回は色々と有難うございました^_^

早速インプレッションですが、 ロードノイズ対策の方はスピードを上げると比例してうるさくなってましたが、 "今回の対策のお陰でオブラートに包まれた感じの音"みたいになっていました^_^

後ろ座席付近は、特にノイズが抑えられてる感じでした^_^
又、走った瞬間にハンドルのセンターが、以前より確実に良くなっていて、高速でも安定した直進性とクイック感が出ていて驚きました^_^

キャパシタの方は低速より中速のアクセルの付きが良くなった感じでした。
又音響の方は全然だなぁと思ってましたが、ボリュームを上げた途端音クリア!になってます^_^

素人の私でもわかるくらいです、本当に効果あるんですね!
色んな施工店のブログから、CSアローズさんに決めて本当に良かったと思います^_^

又宜しくお願いします。
パパの車うるさいと言っていた嫁、子供を早く乗せてあげて、結果を聞きたいです





------------ オーナーさんからのインプレその2 --------------------


お疲れ様です。

嫁と子供をやっとS3に乗せることができました。
高速道路での感想は"今までうるさかった音が少し遠くに聞こえるようになってる"でした^_^


有難うございました



--------以上がオーナーさんの感想です。---------------







Posted at 2016/11/18 13:01:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その3 | イベント・キャンペーン
2016年11月12日 イイね!
アウディS3のロードノイズ対策トランク周り篇! CS.ARROWSアウディS3のロードノイズ対策トランク周り篇

大阪からご来店のS3です、オーナーさんがDIY施工したトランクフロアの手直しをしてからロードノイズ対策の基本である車外周りの対策をおこないます。







既にトランクフロアに発泡ウレタン系のシートが貼ってありましたが、ブチル系のCSDBシリーズとは違い、比重が小さく軽いシートなので遮音効果がまるで無いので後で綺麗に剝がします。 ※剥がすのがメチャ大変でした(^^;




さて、サイドのガーニッシュ類から外していきますが、必ずバッテリーのマイナス端子を外し、5分程度経ってから作業を始めてください。
必ず画像順にバラシてください。









リアシートのフック




サイドエアーバックのハーネスが短いのですが無理に引っ張らないでくださいね。





クォータートリムを外す前に、必ずトランクリッドヒンジを養生してから作業に入ってください。







ホイールハウスインナー部に貼ってある既存の制振材は圧着されていないのでローラー掛けをして密着させてあげます。これで本来の性能を発揮するでしょう。





既存の吸音材を一旦外しておき、対策後に戻します。




制振調整には、ブチル系のSTP Gold Aero制振シートとアクリル系のレアルシルトを使います。





吸音調整にはカーボンウールを使います。






デッドニング調整が済んだら既存の遮音材とナビ機器等を戻します。





STP Gold Aero制振シートとレアルシルトで制振調整を行います。
これ以上 制振材を貼ってもただ車が重くなるだけ。。




吸音対策はクリアランスの問題もあり、シンサレートをご覧のように敷くだけ・





リアトレイのサブウーファーがブーミーな鳴りっぷりなので外したいぐらいですが、そうもいかないのでスピーカーのバスケット周りにGold Aero制振シートを貼って鳴き止めをしてから周りのパネルを制振調整をすれば見違えるほどスッキリした音になり、フロントスピーカーとの繋がりも改善されます。




車室内側のホイールハウスインナー側の対策




CSDB-5Mで遮音してから既存の遮音材を戻して完了です。
CSDB-5Mは30cm×100cmの物も販売しています。




トランク周りの対策はこれで全て完了!





※S3の天井(ルーフ)のデッドニング調整篇は愛車紹介ページをご覧ください。




その2へつづく



Posted at 2016/11/12 12:47:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その3 | イベント・キャンペーン
2016年11月02日 イイね!
恒例の大セール開催!!! ネットショップARROW














業販の場合には、更に10~15%OFFとなります。(ケーブル類はロール販売です)



■本日からキャンペーン&セールを開催いたしますのでよろしくお願いします♪

↓↓↓クリックしてね



取り付けなどのご依頼もお待ちしております♪
Posted at 2016/11/02 10:52:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットショップARROWその4 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「年末のお買い物はお早めにお願い致します。(_ _) https://e-arrow.ocnk.net/contact
何シテル?   12/03 11:11
言わずと知れたCS.ARROWSの和智です! DIYの皆様は何でもお気軽にご相談ください、無駄のない商品選びや施工方法等をお教えします。 主力のカーオーディ...
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
☆当店近隣の宿泊施設 
カテゴリ:おすすめの・
2011/08/31 12:07:15
 
■弊社ネットショップARROW 
カテゴリ:当店
2009/10/15 21:09:15
 
■オフィシャルサイト CS.ARROWS 
カテゴリ:当店
2009/02/05 02:30:21
 
お友達
過去記事を読んで、僕に共感した人なら誰でもOK!
※めんどっくさい人はお断りします(笑

お友達特典:お買い物時に「ハンドルネーム」を備考欄に明記していただければ値引きされます。
※中には値引きできない商品ありですf(^^;
304 人のお友達がいます
カーコーティング専門店Y’sカーコーティング専門店Y’s *みんカラ公認 フーさまフーさま *
無い物ねだり無い物ねだり * セルスター工業セルスター工業 *みんカラ公認
FKパサバリFKパサバリ * ホットロードホットロード *みんカラ公認
ファン
528 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
■カーオーディオシステム 純正ナビを使いFull Digital Soundシステムを組 ...
スズキ マイティボーイ スズキ マイティボーイ
CS電装チューニングは凄いです。 自画自賛。。。
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
【お客さんの1.4TSIハイライン】ナビを核としたオーディオシステム/アーシング/プラシ ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
【愛知県のお客さんのクルマ】メニュー:ロードノイズ対策!このクルマのデッドニング調整はコ ...
みんカラ+リンク
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.