• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

semir@E46のブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

黄昏の怒りを買って炎上しても仕方がない。

雉沢のブログを読んでいて絶句です


PV稼ぎのためならなんでもやるのですね、センセ。
車を頻繁に乗る人なら、赤切符くらい1回か2回は貰っているってね…
全くもって理解不能です。
青切符くらいは貰うことはあるかもしれませんが、常識的な運転をしていれば赤切符なんてそうそう貰わないでしょう。
さすがはトラヴィックでサイドブレーキドリフトして喜んでいた暴走親方ですね(棒


また、いくら規模が小さくても、事故を起こしたら、どんな有名人だって容疑者扱いになるのは仕方のない事でしょう。
木村拓哉さんも、自身の責任を認めているというのに。
こんなくだらない記事を書く奴に、ネタとして利用されている木村拓哉さんも可哀想です。
ところでセンセ、木村拓哉さんの車がバイクに追突して、そのバイクが前を走っていた車に追突したのですが…
センセの記事じゃ、木村拓哉さんがバイクに乗っていて追突したみたいになってません?
また妄想で書いたのですか?

それにしても、車嫌い世代ってなんなんでしょうね。
雉沢にしか分からない言葉を使われても一般な読者には伝わらないのですが。
車嫌い世代の定義とはどういうものなのか?
その辺りをはっきりとさせて欲しいものですね。
Posted at 2017/06/22 14:49:22 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年06月13日 イイね!

東名の事故を巡る国沢の記事、二転三転。茶番です

東名の事故を巡る国沢の記事、二転三転。茶番です某氏から雉沢がまたアホな記事を書いているとの連絡がありましたので、ここにまとめてみようと思います。


タイトルは雉沢のブログを元に





東名で、デミオが対向車線へ飛んで行きバスに激突した事故が起きた当日、かの有名な自動車ヒョンカである国沢光宏(通称 雉沢)が珍論をyahooニュースに掲載した。







〉どんな角度になっても浮かない。極端なことを書くとジャンプ台が必要だ。
情報を探してみたら飛び出した車両側(バスからすれば対向車線)の写真が出てきた。
見ると、様々な部品である。
〉(デミオに)走行中に何らかの衝撃あったことは間違いない。
考えられる可能性としては何らかの原因でエンジン脱落。サブフレーム脱落。
軽くなった車体前半に空気抵抗受けて飛ぶ、という事象だ。
〉重いエンジンや車軸が脱落しながら上にハネれば、追い越し車線の車速なら宙を舞うかもしれない。

雉沢センセ曰く、デミオが飛んだのは走行中に突然エンジンが脱落したためフロントがリフトアップしてしまったからなのだそうです。
流石は雉沢センセ、目の付け所が違いますね(棒
しかし、雉沢センセの自論が本当だとすれば、走行中にエンジンの脱落する車なんか作っているマツダは危ない会社ですね。


その結果、デミオは2chでいじりのネタにされてしまいました…

しかし、走行中にエンジンが脱落したというのは雉沢センセ完全な勘違いでした。
何しろ、エンジンが落ちていたのは雉沢センセの主張とは異なりバスが走っていた車線なのですから。

つまり、バスに激突したはずみで外れてしまっただけなのでした。



勿論、読書の中にその事に気付いた人物が居て(知っている人かなw)、妄想記事と批判されます。

すると雉沢、突然内容を書き換えます。











エンジン脱落の件を綺麗サッパリ消すのでした。
そして、中央分離帯について語り始めます。
そして、事故の原因は中央分離帯の法面が原因だと断定します。


すると、またまたコメントが炎上。

確かにまだ詳細の情報が明らかになって居ない時点で、ドライバーの責任の所在を抜きに、すべての責任を道路に押し付けているのはおかしいですね。

相変わらず雉沢の思考は短絡的というかなんというか…

その後、雉沢は新しい記事を掲載します。












〈東名のバス事故、問題は高速道路の分離帯の構造と書いたら「スピードを出し過ぎたクルマが悪い。道路の問題ではない」と主張する意見が少なからずあり、驚いた。

いや、そりゃね…

コメントのある様に、まだはっきりして居ない状況下で断定するからですよ。

そして、コメントが149件を数えるなど大炎上。
やはり、影響力のあるメディアがよく調べもしないで思い込みで書いちゃだめですよ。可能性の一つとして挙げるぶんには良いですが。


その後、ブログを更新。
警察発表が二転三転するせいで私の記事がウソデタラメになってしまったと書いてましたが




警察発表が二転三転しようとも、少なくとも最初の記事でエンジン脱落というデタラメを書いたのは事実ですよね?
普段からウソばかり書いているのに、こういう時だけ、使えるものを使って自分のミスを他人に押し付けようとして大人気ないと感じてしまいました。


2017年06月12日 イイね!

気分転換

先日BMW tokyo bayで、1シリーズと3シリーズ、4シリーズ クーペを試乗して来ました!
では、各車の大雑把な印象を。

F20 118d(LCI)



スポーツモードで試乗。
古き良きBMWの味が残っている気がした。
電動パワステながらもフィールがきちんと伝わってくる上に適度に手応えのあるステアリングと、軽くて小さなボディのお陰で動きが軽やかなのもあって走っていて単純に楽しい。
安いモデルだから電子制御があまり入っていないのだけど、多分それが良い影響を与えているのだと思う。
新しい車に乗りたいけど、どこのか古典的な機械味のあるBMWに乗りたいというならF20のノーマルモデルが最適


端的に言えば、現代版のE46。

あとディーゼルだから上はガソリン程は伸びないけど、常用域では賢いZF製8HPのおかげもあって粗が出ないから問題無し。
BMWは3シリーズが看板モデルだったけど、今は違う。同じプラットホームを使っているモデルなら、ボディが小さいモデルの方が走りは間違いなく良い。
これで、6気筒NAエンジンが搭載されれて、ステアリングフィールがもう少し繊細なものだったら個人的には100点あげても良いと思う。
(4気筒だからこそ、この軽やかな走りが実現できているのかもしれないが。)
程度の良いE46が全滅したら候補に上がるかもしれない。





F31 320iツーリング M-sport
コンフォートで試乗。全開加速すると若干のターボラグを感じた。また、走行距離8000kmながらシフトショックも出ておりあまり調子が良くなかったかも。
ステアリングは軽く、フィールもあまり伝わってこない。運転は楽ながらBMWに乗っている感じはあまりしないし、私の好きだったBMWはこんな物ではなかった。
動きもE46みたいにはいかない。どこかドッシリした印象がある。
多分、常用域では良さが出てこない車。

F32 420iクーペ




コンフォート、スポーツで試乗。
腰が座っていて、たおやかな動きのシャシーが印象的。
サスペンションがむやみに固められているわけでもないし、ツーリングよりもセッティングが上手なのかも。
それとも気のせいか?
こちらはATがスムーズに変速した。
良い車だと思うけど、私はF20の方が好き。

そんな訳で、私はF20にぞっこんです。
装備の簡素化された一番安いモデルが最も往年のBMWらしさを持っているとは普通の人は思わないでしょうね。
でも考えてみれば往年のBMWは電子制御に頼らずにシャシー性能を磨いており、そこを売りにしていたメーカーですからそれも当然なのかもしれません。



高い車ほど良い車とは限らないという好例でした。
こうして連続して試乗して思ったのですが、身内が言うのもなんですがやはりBMW tokyo bay、車好きにはとても楽しい施設ですね!
今度はG30やM2にも乗りたいですね。
2017年05月29日 イイね!

カーグラフィックの事故

一昨日の浅間ヒルクライムにおいて、カーグラフィック(株)の加藤哲也社長が運転するマクラーレン570sがコースアウトし、崖下に転落するという事故が起こったという。





正直、事故が起こるのは仕方のない事だ。
人間誰しもミスはあるのだし。
(因みに一部界隈では
”加藤哲也、運転下手クソだろ”
なんて声が出ているけど、以前にもランボルギーニを破壊したお方なので今に始まった事ではないです…)

幸い、加藤哲也社長に怪我はなく、午後にはレクサスに乗り込んで喜んでいたとの話もあるくらいなので良かったのですが…
まぁ、レースは一時中断に。

http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/1067049/blog/39848014/

↑は当日参加していた方のブログなのですが、この方はこの日の為に準備してきた事が全てパーになってしまったようですね…

そんな訳で、CGと加藤哲也社長は周囲に迷惑をかけてしまった訳です。
ここで私として引っかかるところが。
というのも先ほどあげたブログによれば、当事者(加藤哲也社長)や運営から、謝罪も連絡も何も無かったそうなのです。

またカーグラの公式Facebookには事故から2日経ったにも関わらず、一切謝罪の言葉は無し。




SNSが発達している現代社会において、アカウントを所持しているのであれば、即刻で謝罪くらいするべきではないでしょうか?
CGという歴史あるブランドを背負った自動車雑誌の社長が引き起こしたともなれば尚更です。
(正直、炎上してCGのブランドに傷が入ってからでは遅いですよ…)
それなのにシラを切る。
不都合な事実は隠蔽するつもりなのでしょうか?(昔と違い、SNSが発達した現代となってはもはや隠せませんが 苦笑)

まぁ、誌面で謝罪すれば良いやという感覚なのかもしれませんね。
かつてのCGは長期テスト車のゴルフが事故にあった時はその事をキッチリ報告したと言います。
さて、加藤社長は今回のマクラーレンの事故についてきちんと報告するのでしょうか?
来月号のCGが楽しみですね。
Posted at 2017/05/29 11:29:15 | コメント(7) | トラックバック(0) | 自動車雑誌について | 日記
2017年05月04日 イイね!

jaguar XJR(X308)

ゴールデンウィーク中、大学のゼミで某所へ見学に出かけた。
その際に、K先輩が愛車である1997年式のjaguarXJRで会場にやって来た

帰り際に、
『semir、よかったらこいつでドライブ行かない?』との誘いが!

以前から一度はjaguarに乗ってみたいと 思っていた私には願っても無いチャンスでした。
K先輩のお言葉に甘えて乗せて頂くことに。


XJRなのでエンジンはV8 4.0ℓ スーパーチャージャーで、確かコスワースの手が入っていたと思います。

スポーツ仕様のXJRでもキチンと古き良き英国車ならではのウッドとコノリーレザーに囲まれた内装。

ナビの配線が雰囲気をスポイルしていたのは残念でしたが(こんな事言っていたらK先輩に失礼ですね(^^;;)我々日本人が思うところのイギリスの世界観が見事に再現されています。
近年のXE


なんかもカッコいいので好きなのですが、そうは言ってもやはりX308やX350等

丸目時代のこの内装こそが私にとっては本来のジャガーですね。


K先輩が『さてsemir、首都高をドライブするぞ』と言いながら首都高入り口へ。
そこで私は『K先輩、辰巳第1PAに連れていって頂けませんか?』と言うと
『良いよ!でも辰巳行った事ないからさ、ナビ宜しく〜』との事。
私は助手席でナビを務め




K先輩のジャガーは辰巳に向かって行きます。

こうして、無事に到着です。


ケツが長くてカッコいい!

すると、見覚えのある青い車が。
ご存知の通り、bigblueさんでした。
私とK先輩、そしてbigblueさんでジャガートーク。
K先輩はここまでジャガートークが弾んで初辰巳を満喫できたとの事でした。
その後、K先輩に
『semir、ジャガー運転してみるか?』と聞かれたので、運転してみることに。

スーパーチャージドV8の快音を響かせながら辰巳を去ります。
回さないと、音が小さくジェントルな佇まいのXJRですが、回すと豹変しますね。
この辺り、同世代のE38 7シリーズにも通じるものがあります。









ステアリングは重すぎず軽すぎず適度で、またステアフィールも濃厚。
切ったら切った分だけ素直に曲がり、また首都高で飛ばしている間はボディが一回りかふた回り程小さく感じて、全長が5mもある車とは思えないほど身軽な動きをします。
やはり、スポーツカーメーカーの出自は隠せない訳ですね。
この車は全長5mもありながらリアシートはE46並みの居住性しか備えておりません。
しかし、新車当時X308は1997年から2003年までの6年間で126,260台も売り上げたと言います。
後任のX350が


2003年から2009年の6年間で83,556台しか売れなかったことを考えるとジャガーとしてはヒット作と捉えていいでしょう。
では何故X308はヒットしたのか?
それは、後席の居住性を犠牲にしてまでして全高を抑えたことによる美しいデザインとドライバー最優先で尚且つスポーツカーのように低いアイポイントのコックピット、そして素直でボディサイズを意識させない操縦性が広く支持されたのだと思います。
その点、X350は若干デザインを犠牲にして居住性の向上に力を入れてしまい、また全高が上がった事でアイポイントはBMW 7シリーズやメルセデスベンツSクラスと同じ様なものになってしまった。
XJにしか無いものが分かりにくくなってしまった事がX350が商業的に失敗した原因だと思います。

そうは言いつつ、私はX350の方が好きなんですけどね。
だってコストの掛かり方がX308までとは桁違いですから。

ところで今回、XJRという事と前オーナーが社外20インチホイールを入れていた事もありジャガー特有の猫足というものは実感出来ませんでした。

足元が重たく、バタつく印象が…
X308だとXJ8 3.2では16インチ、XJRでも18インチなのでやはりオーバースペックなのは否めません。
K先輩も出来れば純正18インチに戻したいとの事。
X308だと、ボディ剛性もあまり高く無い(何しろ、1986年登場のXJ40のスキンチェンジですからね。)のでボディへの負担も心配になりますしね。

さて、そんなことを感じながら辰巳に帰ってくると駐車です。
走っている間は小さい車に感じてしまうのでE46の感覚で駐車を始めるとハンドルが思ったほど切れないのと、ロングテールで結構駐車に難儀しました。
それでも切り返し二回で駐車でき、K先輩には
『semir、初めてのジャガーでこれだけスムースに駐車できるとは、お前運転上手いな〜』
と言われました。

そんなこんなで時間も遅くなり、辰巳閉鎖の情報もあり、撤収したのでした。

それにしても、初ジャガーは私にとって非常に刺激的な経験となりました。
私は一部ではBMWに盲信的な人間だと思われている事があるみたいですがそんな事はありません。
大人になったら一度は丸目のXJ(アルミモノコックである事や信頼性、デザイン、そして土屋圭市氏の評論などからして、私が選ぶならX350のXJRですかね。)

をガレージに納めたいと思わされました。

K先輩、ありがとうございました。
Posted at 2017/05/04 19:43:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車評論家ごっこ(笑 | 日記

プロフィール

「雉沢がまたバカなことを書いている。
車を頻繁に乗る人なら、赤切符くらい1回か2回は貰っているってね…
さすがは暴走親方ですね(棒

そして、車嫌い世代ってなんなんだよ雉沢!
どういう定義なのかはっきりともさせないで自分にしか分からない言葉を使うなよな。
ヒョウロンカならさ。」
何シテル?   06/22 14:36
ドイツ車とalarm fur cobra11が大好きな大学生です。 E46を持っていましたが、ドライブに行きすぎた結果親に売られ、今はたまに親のE46に乗る事...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

BMW M3 セダン ◯ぁさんでよろ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/20 00:38:57
BMW 3シリーズ セダン バイハツ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/20 00:23:55
BMW 3シリーズ セダン  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/20 00:23:17

お友達

自分からお友達登録をお願いしに行く事は、殆どありません。

でも、友達は大募集ですので、こんな僕のブログで宜しければ是非お願いします。
なお、非常識な方(人の愛車を貶すなど)などに関しては、お断りする事がありますので悪しからず。
気の合う方だけお願いします。
55 人のお友達がいます
大熊猫@大熊猫@ * vertinvertin *
ノダックスノダックス * w113w222w113w222 *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 j u k ij u k i *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

その他 自転車 TREK7.3 (その他 自転車)
長距離ドライブ(?)用。 一日で100km走ることも。 総走行距離数 572km (メー ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
1995年式 祖父が乗っていました。 自分がBMW好きになるキッカケになりました。個人的 ...
マツダ デミオ デミオちゃん (マツダ デミオ)
いろいろと初めてのことをした車。 初めて洗車をしたり、初めてキーシリンダーを回してエンジ ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
fuchiさんからお譲り頂いた、2000年式320iです。 最初のマイカーという事で手を ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.