• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

anth0nyのブログ一覧

2014年10月14日 イイね!

パワーウインドーその後とキーレス取り付け。そして車検時のあれこれ。

パワーウインドーを無事?に取り付けて、一応その後の作動も問題ないことで正直ほっとしています。

今、このミニを手放すことなんて考えていませんが、このパワーウインドー、壊れても私しか治せませんよねきっと。ただ、ミニのいいとこですがパーツが安い、また中古パーツも簡単に手に入るということで、元通りの手回しの窓にも簡単に戻せるので、もしも誰かにもらわれていってもその点は安心です。また、使用した汎用パワーウインドーKITも7000円弱と安いので、モーターユニットなんかが壊れても交換しやすいと思います。耐久性は使っていかないとわかりませんが、そんなに複雑な代物ではないのですぐに壊れることはないと思いますが、念のために予備として1セットは買っておこうかなと思ってはいるところです。


さて、前から買ってあったキーレスエントリーのKIT。これも汎用で4ドア用なのでアクチュエータが4つ付いています。(当然2個しか使いませんが) 受信機とサイレンとリモコン2つのセットで、私の買ったものは3~4000円だったと思います。ヤフオクで見ると2000円台からありますが、何でこんなに安いんでしょうか?謎です。ミニ専用品の写真を見たところ主要な部品の見た目は同じようですが。

ミニ用ではないのでちょっと工夫が要りますがホームセンターで売っている程度のもので追加部品の自作はできます。


さて、いざキーレス取り付けの作業を開始しましたが、パワーウインドーで取られた貴重なスペースの余りに、キーレスのアクチュエーターが収まるか?の不安がありましたが、これは特に問題なく入りました。(もうこれ以上の物は入りませんが) それよりもむしろ自作のロックの部分までの仕掛けで調整に手間取りました。途中に支点を設けて、てこの原理で動かしますが微妙な支点の位置(計算せず目測でやったので)を決めるのに結構時間がかかりました。
サイレンは音が気にいらなかったので取り付けませんでした。またアンサーバックはめんどうくさいのでまたの機会にということにしました。

作業のあいだ、すごく狭いところ(ミニのドアの厚みは本当に薄いですし99年式は中に補強用のインパクトバーとして鉄棒が横切っています)に色んな物を工夫して詰め込んでいると、ミニってそもそもこういう作業で作られたんだなあという思いにかられました。ミニマムな大きさの中に無理やり自動車としての機能を構成するパーツを組み込んで、なおかつ居住性も運動性能も犠牲にしないという思想?いや強引な目標を無理やり達成した車だということを改めて感じました。

日本の軽自動車も同じような目標で作られてきたんでしょうが、ミニの場合、意外なほどデザインにこだわっているのを感じます。すべての面にRが付いていて平面はどこにもありません。(サイドのガラスは別にして)これってミニマムな車だからこそ大変な苦労だと思います。それにこれらの曲面がすごくきれいに繋がっています。空冷の911にもフェラーリ308にも同じようなデザインの妙を感じましたが、最近の車では安全対策や設計方法の違いからこういうデザインはできないのでしょうね。とにかく日々、ミニを見直しています。

そんなことを感じながらも何とか1日で作業を終え、なんとかパワーウインド&キーレス付きのローバーミニクーパーになりました。もちろん便利です。けれど普通はどんな車にも付いてる装備ですから.....すごいってもんではありません。付けてから言うのもなんですがビンテージカーとして楽しむなら、こういう装備のないことが値打ちなのかもしれません。ミニに乗っているからこそ非日常的なくるくる回して窓を上げ下げしたりいちいち小さなKeyでドアをロックしたりを楽しめるのかもしれないなとも思いました。とはいえ後悔はしていません。私の場合、ミニを毎日の通勤の友として日常的に使い、できる範囲では快適に乗りたいということと、とりあえず自分でやってみたいという思い。こちらのほうが強いでしょうが、やってみないとわからないからやってみようという動機です。いじるだけいじって最後はオリジナルに戻るかもしれませんし、それはわかりません。

とはいえこの両装備、結構いい感じで使えてます。キーレスはもちろん乗り降りのたびですが、パワーウインドーもスモーカーとしては喫煙のたびに使いますし、クーラーが必要ではない季節になって自然の風をとりいれたいことから頻繁に作動させます。特に助手席の窓の開閉が換気や風の取り入れに結構効きます。まあオートエアコンに慣れている身としてはパワーウインドーがついたからといってまだまだマニュアル感満載ですが。更に駐車場を出るとき。窓を開けて、駐車券を挿入して、お金を入れて、おつりを取って、窓を閉めるという忙しい動作の中でのくるくる回し結構あせった早まわしをしていましたがスイッチ一つの動作で余裕ができました。まあこれも普通は当たり前のことですが。(笑)

あと、車検に関連する報告。
今回の車検ではオイル漏れを修理してもらい(幸運にも重症でなく治りました)、ちょっと排気もれのあったマフラーの交換、交換時期に来ていたフロントのディスクブレーキパッドをダストの出にくいものに交換。(ブレーキディスクの鳴きが出たので結局ディスクも交換)、純正のオーバーフェンダーは5Jのホイールでもまだタイヤよりも出っぱっているので前に5mm、後ろに10mmのスペーサーを装着(後ろは長いハブボルトに交換)も併せて行いました。

マフラー....さてどうでしょう?好みですよねっ、と言ってこれが自分の好みかと言えば良くわかりません。単純に交換するなら同じセンターの1本出しより2本出しに変えようという不純な動機です。音は控えめでしたので良かったと思っています。ぎりぎりバンパーより内側に入っていますがあと3cm奥にひっこんで、3cm高く付いていればいいなと思いますが、そうもいかないのでしょう。

ダスト軽減ブレーキパッド....利きが特に落ちた感じはしませんが何となく踏み加減が硬質な感じはします。ホイールは汚れにくくなりました。(汚れの質も変わり、うっすらと透明感のある汚れで、目立ちにくいです) たまたま急ブレーキに近い場面があったのですが車体が右にふれました。ホイールベースの短いミニ故か、ブレーキのせいかはわかりません。

スペーサーの視覚的効果....微妙に違う感じはします。控えめな寸法ですから効果もあくまで控えめというところです。走りに違いは感じません。(私が鈍感なのかもしれませんが)


以上一気にお知らせいたしましたが、それぞれのその後はまた今後使用しながらお伝えします。
Posted at 2014/10/14 23:04:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月07日 イイね!

ミニのパワーウインドー化 完結編

パワーウインドー化計画 完結編




既に取り付けた助手席のパワーウインドーは順調に作動していますので運転席に関しては同じ作業をするだけ。意を決して9月21-23日の3連休の前半に完成してやろうと予定。最終日の月曜日のお昼には車検の為にshopに入庫することになっていますが2日あれば余裕と思っていました。

ミニに関してはこれまですべて順調にきたので油断していましたが、うーん世の中はそうそういつもうまくいくとは限らないものです。

最初の「あれっ?」は助手席とはレギュレーターの外し方がちょっと違うぞ!でアームの位置は垂直で外れると前は言いましたが、運転席は水平! うーん。もたもたしてたらガラスからガイド(受けの金属 部分)がはずれちゃった。

うー錆だらけ。錆を少し落として、はめようとするもこれが中々はまらない。

やっとはまって次の「あれっ? 」 モーターが助手席と同じ場所に収まらない。やけっぱちで無理やり押し込んだら動力を伝達するチェーンの収まったチューブの付け根がパキッ!

それでも最初は動いたが間も無くパワーウインドーのユニット自体がご臨終。これはもうどうしようもない。 いくら知恵をしぼっても解決策は部品を買いなおすしかありません。ネットですぐに注文。送料込みで7000円ちょっと。

そもそも安すぎることが問題なのかもという疑問も無きにしも非ずですが今はそんなことを考えてる時間はない。 とにかく丸1日が無駄に。それどころか、明後日の昼には元に戻して車検整備に持ってかなきゃいけない。 やっとはめた窓ガラスのガイドがまた外れて手間取ったらどうしよう.....まあとにかく明日考えようとその日は就寝。

翌日は案の定、元に戻すだけで山あり谷あり、結局何とか元に戻せたのは夜でした。かなり落ち込む事件でしたが、これも勉強。ミニの窓の昇降機構や組み付けのコツなどを知ったことは収穫です。それに新しいパワーウインドーのキットが届けば今度は壊さずに取り付けられるでしょうから。

車検は予定通りに入庫。色々と手間取った件もあり、戻ってきたのは10月4日。 車検の機にmodifyしたことの報告は別の機会にするとしまして、5日の日曜日に運転席の作業にとりかかりました。 

最後のひとやま。モーター部分は動力伝達用のチューブが手前に来るようにドアの中に収めなきゃいけないのに....時間があいたからなのか、気があせったのか逆に収めて作動テスト。 降りてきたガラスがチューブを押し付けて....「バキッ!」 オー!また壊してしまった。ユニットは残りひとつ!
もうあとがないので慎重に慎重に。 よく考えて考えて。

オーッ!今度は無事に作動。前回ガイドが外れて困った運転席側でしたが、そのときはめるのに苦労したおかげで動きは助手席よりも更にスムース。

内張りにスイッチのパーツを付け、内張りを留め.....さあ完成。 汎用パワーウインドーは2セット買うことになったし(7000円X2)、試行錯誤で時間もかけましたがとにもかくにも完成しました。

耐久性? わかりません。 使っていかないとわかりません。 すぐに壊れない? わかりません。ただ、本体のモーターは構造シンプルなので、急に壊れるとしたら私の取り付けの問題でしょう。 まあそれも勉強で、対策をすることでより勉強になり耐久性も上がることでしょう。

走ってる途中に壊れたら? まあ雨が降っていれば濡れるのもいいでしょう。帰り着けば何とかなります。 手回しハンドルに戻すことも可能ですし。(運転席は一度それをやっています)

で、見た目はあまり変化なし。メッキのレギュレータハンドルがなくなって寂しい気もしますが、さりげなく付いたスイッチもおつなものです。夜間はスイッチがほのかにグリーンに光っています。(蛍みたい?)

使い勝手は? ガソリンスタンドに入ったとき、駐車場の出入り口、たばこを吸うときの換気などなど、以外に使うことが多い?というより増えました。 便利ですか?といえば普通の車には付いてて当たり前のものなので.....。 あたりまえの普通にするための苦労だった...と言えなくもないですね(苦笑)


ついでに汎用キーレス(2000円台)を付けてしまいたかったのですが、汎用が故にちょっと工夫が必要そうなのとパワーウインドーのモーターがすでに居座ったので収まるところを検討しなきゃいけない等々でまた気持ちのエネルギーを十分に充電してから作業することにしました。
Posted at 2014/10/07 21:44:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月08日 イイね!

miniのパワーウインドー化 その後2

さて、一応計画とパーツの準備が整ったminiのパワーウインドー化ですが、この週末に気合いを入れて先に進めてみました。

まず、用意したパワーウインドーの部品を組み付けた(前回写真で紹介)レギュレーターを助手席ドアに組み付けて動くかどうか試してみる。これで、たとえばminiの昇降機構では重すぎて動かないということであれば、手間だけれど元に戻し、一から検討しなおす。これはやってみないとわからないのでだめでもがっかりしないよう心がけてとりかかりました。

しかし、いやはや一番手間取ったのは今付いているレギュレーターの取り外し。基本は当たって砕けろタイプなので本能の赴くままに取り組みましたがまったくだめ。そこでヘインズの(日本語版)整備本を見てみるとはずし方が載っていました。今度はそのやり方でやってみるもレギュレーターのアームは窓ガラスの下部についているチャンネルのバーからどうやってもはずれない。

どれくらい時間が経ったのか、こんな中途半端なところで(レギュレーターはボルトをはずしてずれた状態)止まってしまったらどうしよう.....そういう邪念を振り払い「理屈で考えるのだ!」と自分に言い聞かせる。

結果、はずれました。ヘインズの本を持っておられる方へ。「レギュレーターのアーム(腕の部分)を水平にして」と書いてあるのは「垂直にして」の間違いです。ひょっとしたら和訳する時に勘違いしたのかも。ただ私はこの為に多くの時間を費やし、心も疲弊しました。 さあ、はずれたら用意していたレギュレーターと付け替えです。もう理屈はわかったので、そう苦労することもなく装着。モーター部分はちょっとぎりぎりでしたがドア下部の内部に押し込めました。本来はボルトで固定すべきでしょうが、きちきちでびくとも動かないのでボルト止めはしませんでした。

さて、バッテリーと直接つないでテスト。おー!!!!動きました。のぼりは若干つらそうですがきちんと動きます。モーターがドア内に収まってくれているので、スイッチはもとのレギュレーターハンドルのあった穴の位置に取り付けました。(穴塞ぎも兼ねて)

電源をとる配線と運転席側スイッチ&モーター配線をし、あとは運転席側のレギュレーターをはずし、そのレギュレーターをちょっと細工してモーターのユニットを取り付け、内張にスイッチをつけてて戻すだけ......。

ただ、今回は配線を終えたところで力尽きました。続きは残念ながらまた今度。運転席側のスイッチユニットはシートの右下に置いてあるので(ころがっているのですが)右手を降ろしてスイッチで助手席の窓を開閉できます。

次の週末には完成させたいですが、とりあえずパワーウインドー化は市販の1万円程度で買える汎用のユニットの一つの部品を加工することで(プラスティックの部品でドリル、ヤスリ等でできること)可能だということの証明はすでにできたと思います。耐久性は今後、長期に使ってみないとわからないのでまた定期的にレポートしようと思います。

助手席の印象ですが、今時の車は付いていてあたり前のものが付いただけで苦労した割に結果は普通すぎて、ちょっと拍子抜けです。逆に言えば付けたからといって外観を含めオリジナル感が損なわれるわけでもなく(目立ちません)あるにこしたことはないものって感じでしょうか。けど希少価値はあるかもdす。










Posted at 2014/09/08 13:11:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月04日 イイね!

夏の終わりの想像遊び

これまでminiは室内中心にいじってきました。もちろんホイールを変えたり、グリルを変えたり、フォグライトをはずしたり、やれた部分の色を塗り直してもらったり、コイルスプリング(ショックも)変えたり、アーシングしたりとやってないわけではありませんが、ごくごく当たり前のことばかりで特筆することはありません。

内部がいい感じに思った方向にきてるような(自己満足ですが)気がしてるし、まだまだアイデアはためていますが外観に関しては自分流の方向が思いつきません。

まあ実現はしないでしょうが思い切って顔を変えたらどうなるんだろうとちょっと画像をいじくって遊んでみました。真剣な企画ではないのであまりきれいな画像ではありませんが、こういうのも結構かわいいし、割に安上がりに実現するかもなんて思ってしまいました。(miniのマニアの先輩たちからの怒りの声が聞こえそうですが)

やらないでしょうけど。。。。捨てがたいんですよね。

(画像いじって作ったもので本物は存在しません)


(画像いじって作ったもので本物は存在しません)

Posted at 2014/09/04 01:50:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月04日 イイね!

miniのパワステについて考える

miniのパワステ? 「いらねえよそんなもん」という声が聞こえますが、ちらほら中古車販売記事で”パワステ付き”とか”パワステKIT 14500円”とかいうのを見かけるようになりました。

車庫入れの時、実際このときだけあってもいいなと思います。写真の様に電動パワステパーツをミニのステアリングシャフトに合体させたものを、元から付いているシャフトと交換し電源をとり、スピドメーターケーブルをセンサー付きのものに交換するだけとシンプルなようですが、構造を考えるとパワスたくテが効くスピード域を設定できるものと想像しています。(確認していませんが)

これをごくごく低速域(5km/h 以下)とかに設定できると、先に述べましたように車庫入れ時等にのみ効き、走行中はこれまでと同じフィーリングでステアリング操作ができて良いではないかと。

そのためだけに15万?って疑問は残りますし、実際これまで乗ってきた車で3倍はステアリングが重い車もありました。

でも今は保留です。今のコンセプトでmyミニをいじっていったら(パアーウインドー付いて。。。。)
最後の最後に悩むかもです。


Posted at 2014/09/04 01:31:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

anth0nyです。 昨年夏からDB9に乗っています。最初は都内のオフィスへの通勤に使っていましたがDB9に道幅の狭い首都高の渋滞は楽ではなかったので通勤用に...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

anth0nyさんのローバー ミニ1.3i 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/14 15:02:28

お友達

2 人のお友達がいます
こだわりこだわり ado16morrisado16morris

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

アストンマーティン DB9 クーペ アストンマーティン DB9 クーペ
アストンマーティン DB9クーペです。
ローバー ミニ ローバー ミニ
ミニクーパー1.3i AT 通勤快速として購入しましたがいじりがいがあってとっても楽しい ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる