• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cloud5のブログ一覧

2017年10月22日 イイね!

『紅葉の深山幽谷を駆け抜ける秘湯ツーリング』その1

『紅葉の深山幽谷を駆け抜ける秘湯ツーリング』その1台風21号が列島を掛け抜ける最中、奥只見の深山幽谷を駆け抜けて参りました。天気が悪いことは判っておりましたが、半年前から予定を組んでいたので行ってみて考える、パターンで決行して来たのでありました。







ゴルフやツーリングに出掛ける時は当然ながら早起きとなるのですが、今年になって目覚ましアラームの音を聞いてません。大体目覚ましの1時間前には目が覚めるのでそのまま起きてしまします。
ということで、この日も2時半に起きて集合場所へ向かったのでありました♪


第1日目ツーリング



金曜日の夕方に一縷の望みを懸けて洗車をしたのですが、深夜に目覚めた時は雨💦関越道もしっかり雨が降っておりましたが、関越トンネルを抜けた新潟県はピンポイント予報通りの薄曇り(^^)/ 集合場所は雨の降った形跡もありません♪





遠征となった静岡組の第一集合時間は何とAM2時であったとか(@_@;) その甲斐もあってかご挨拶早々にドライの路面をスタートです!




しかし、K50へ合流する際に出遅れてしまった後ろ4台が逸れてしまい、携帯で連絡を取って待ち合せることに...。出足で30分ほどロスしてしまいましたが、時間はたっぷりあるのでしばし休憩タイム。




さて全車合流したところでリスタート!奥只見の深山幽谷R352を軽快に駆け抜けて行くクルマ達。因みに「深山幽谷」とは、ほとんど人跡未踏のような奥深い自然の地を云うそうであり、峠好き以外はツーリングに行こうとは思わないでしょうね。道幅は3M弱であり、対向車が来るとちょっと面倒な感じです。前を行く46M3サイズだとピッタシ回せるタイトコーナー、92M3だとブレーキングに注意が必要、82M4だと車幅があっていっぱいいっぱいでありました💦






人里離れた僻地に上ると雲海がお出ましに♪ この絶景は記憶に収めないともったいないので、暫し休憩&撮影タイム。






尾瀬沼の北側、会津の西側の樹海ラインを颯爽と駆け抜けます。
魚沼市のマップを凝視するベンプリ僕さん、皆もそうですが自分達が一体何処にいるのかグルグル走ってると判らなくなるんですよね(笑)






適度に隊列を替えてこれから正に深山幽谷というのが相応しい山岳道路に臨みます。路面は必ずしも綺麗ではありませんし、直線上の思わぬギャップで跳ねたりします。さらに悪いのは山から流れ出す湧水が道路を横断するように川になっていて、時速5km以下に緊急ペースダウンをして斜めカウンターしてもリップを3回ほどガリガリしてしまいました(/o\)。




しかし、写真には残念ながら収められませんでしたが、手元に置いた無線機から各車の「ここは凄いっ!」「キレイ!」とか紅葉を絶賛する声が飛んでおりました。何方かも言っておられましたが、秘境には必ずご褒美があるものです(^^♪






暫く紅葉の中を駆け抜けて小休止。そろそろ時間になったので次はランチの蕎麦屋を目指します。




ALPINA B3S × 2台(Atsushi B3Sさん・Yagiちゃんさん) がランデブーするシーンはここでは当たり前になってますが、国内ではここでしか見れないレアなシーンです!パッと見ではどちらがどちらか判別つきません(笑)




お店のオープン時間と共にやって来た1人/1台の迷惑なお客さんが軒先の駐車スペースを占有します"(-""-)" 後から来たお客様は路駐となってしまい大変ご迷惑をお掛けしましたm(__)m。



お店の中は古民家風  (女将さんのイントネーションが聞き取り辛かったのはナイショです)。


お店に着くまでのロードサイドは蕎麦畑、その穂は全て刈り取った痕があったので聞いて見るとやはり新蕎麦。maharinaさん曰く「蕎麦の香りがする」とのことでしたが、風邪気味であったので香りは解らず(^^; お腹も空いていたので普通に美味しく頂きました。




蕎麦を食べ終わって表に出てみると、ちとせ☆さんのM3と我がM4のリップ車両はスロープに弱いのが良~く判りますね(笑)



さて、一行は次なる目的地を目指すのですが、長くなってきたので続きは次回に m(__)m 


Posted at 2017/10/22 22:06:58 | コメント(10) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2017年10月08日 イイね!

初秋の西伊豆スカをツーリング♪

初秋の西伊豆スカをツーリング♪世の中 3連休の中日、関東は昨日の雨模様と打って変わっての晴天。少し汗ばむ位ないいお天気に恵まれましたね!(^^)/秋のツーリングシーズンのウォーミングアップに西伊豆スカまで走りに行って参りました♪




いつものように招集時間はAM6:00時。但し今回の集合場所は伊豆のだるま山レストハウスP。昨晩ナビ設定を行った際の到着必要時間は約3時間。いくらなんでもそんなには掛からないにしても、12時に寝て2時半に起きで向かったのでありました。
さて、集合場所に着くと普段は見慣れないカラーのクルマが1台。



はい、先週箱替えされたkaz♪さんのM4-コンペティションPKG(シルバーストーン)でありました!
maharinaさんのB4を交え、これで4シリーズ・クーペトリオが結成されたのであります(笑)。
このカラーは海外サイトではよく目にしますが、国内ではあまり見掛けないので個性があっていいですね(^^♪ カーボンパーツとの相性もいいと思います。既に発注済みのパーツが待ち遠しいでしょうね!



そして3ヶ月の時を要して仕上がったAtsushiさんのGT4のワンオフ・サス。ダンパーの最終調整はまだこれからとの事ですが、純正よりソフトなグリップ感で粘る感じになってるとのこと。ここに来るまでにいつもの伊豆スカで検証した来たそうですが、フロントのアンダーグリルに何か違和感...。
聞けば「猪の行進」に出くわしてしまったとのことですが、被害が僅かで済んだのは不幸中の幸いかと.....ww。




さて、ご挨拶もひと段落してK18~K127西伊豆スカへ出発! M4のランデブーは初めてであったので、感慨深く後ろから追走(^^♪ 微妙に違う排気音やコーナリング中のクルマの挙動を何気なくチェックさせて頂きました。




朝陽を浴びて走り出すも太平洋を臨む景色には雲海が出現。展望スペースで暫し撮影に小休止。
愛車を眺めるオッサン二人のシルエットはサマになってますね(^^♪




フロントタイヤ幅はB4が245、M4が255、M4コンペが265と10mmずつ幅広になってるようです。リアタイヤもそれに応じて各々265、275、285。




肉眼では後ろに雲海が拡がっていたのですが、コンデジだと上手く表現出来てませんねww。




さて、小休止を経て一行はK127を舩原峠~仁科峠を経由していつもの西天城の牧場の家までを快走します。ただ晴天ではあったのですが、昨晩雨が降ったのか所々ハーフウェットな路面があり、今ひとつスカッとはアクセルを踏み込めず。日陰のコーナーだけがウェットになってしまうので、そこが厄介でありました。



駿河湾の向こうには静岡の市内が見える晴天。朝のちょっとヒンヤリした空気を吸い込むと清々しい気分に浸れるお山はいつ来ても気持ちがいいです(^^♪











当初の予定ではK127~K411を逆走もう1本だったのですが、所々のハーフウェットが懸念。センターラインを踏むとかなりの確率でリアが流れることが多かったので、ここは路面がドライに回復するのを待つために早めのブランチ、というか朝食にいつもの民芸茶房さんへ。




前回来た時は団体さんがいたためにお預けだったミックスフライ定食。ここの衣のサクサク感は都内でもなかなか食べられない逸品。相変わらずの美味しさでありました♪




食後は期待通りに路面はドライに回復!早朝は見掛けなかったライダー達も気持ち良さそうに駆け抜けています。






食後のデザートはいつものソフトクリーム。昨日と違って気温も高かったのでアイスが良く合いましたが、デッキテラスは全面改装工事中で外の風を浴びることは出来ず....。




走る事も勿論楽しいのですが、青空の下の見るからに気持ちいい道と景色、マイナスイオンたっぷりだと思われる風を浴びるのがもっと続いて欲しい、と脳裏をよぎるのでありました。




東名上りの渋滞が始まる前に解散。K127~K17経由で沼津ICより東名に入りましたが、上りはマズマズのペース。但し、アクセルを少しばかり踏み込まないと眠くなってしまい、一時記憶がない瞬間も出て来たので港北PAでぼっち小休止を経て帰宅。それでも2時半過ぎには帰宅出来、約11時間/400kmのツーリングはとても楽しかった!という感じであります(^^♪



さて交換したFタイヤ=ミシュランPS4Sのグリップは素晴らしいですね!PSSより数段感触がいいと思った次第です。こりゃリアも早く交換せねば!と強く思ったのでありました(^^;。









Posted at 2017/10/08 21:23:44 | コメント(16) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2017年09月18日 イイね!

【ハイスペックドライビングレコーダーGDR E560 モニターレポート】

【ハイスペックドライビングレコーダーGDR E560 モニターレポート】自分に非がない事故発生時、若しくは過失割合の主張の客観的証拠としてドイブ・レコーダーの必要性を感じていました。先日もみん友さんが停車中に原チャリに突っ込まれ際、ドラレコ映像により過失0:100の証拠となった事例を聞き、購入を検討していた矢先にラッキーにも「GDR E560」のモニター抽選に当選してしまいました(^^)/





先ず今回製品を提供して頂いた’Garmin’さんでありますが、申し訳ないですが全く社名を知りませんでした。企業情報を拝見すると’ドラレコ’だけでなく、GPSモジュール基盤を得意とするグローバルな企業でありました。ドラレコとは別に個人的に興味深いと思ったのはGOLF用のGPSウォッチ等のアウトドア・スポーツ用品も手掛けているようです。


前置きはさておき、製品の特長は以下の内容となります。

・コンパクトサイズである
・画像が思いのほかキレイである
・得意のGPS機能を使い、レーダー等のお知らせをしてくれる
・Wi-Fi機能で録画した静止画または動画をスマホに転送出来る


装着



装着はいつもお世話になっているショップで行いました。RHD車の助手席側のAピラーのカバーを外し配線、作業そのものは順調に終わりましたが、言語設定、録画・録音設定、画質設定、Gセンサー設定、パーキング設定、GPSアラート設定、ショートムービー設定、Wi-Fi設定などに施行錯誤。
実際に試運転して録画検証まで終えるのに慣れていないためか約3時間ほど掛かってしまいました。




ルームミラー左側に付属していた両面テープで固定しましたが、コンパクトで運転中の視界の邪魔にはなりません。但し、ドラレコ単体で見ると美しいレンズ周りのブロンズカラーは外から見て結構目立ちますね。好みの問題かも知れませんが、個人的にはオール・ブラックの方がしっくりきます。




録画・再生




Wi-Fi機能を使ってスマホに動画・静止画を送ることが可能です。「P」と表示されているのはパーキングモード、非表示が走行録画モードになります。




スマホに表示された映像はD/Lする事が出来、スマホのピクチャーフォルダに保存されます。
D/Lされた動画もキレイです。解像度は720dpi~1,440dpiですが、保存画像は720dpiに設定。Micro-SDカードが16GB対応なので長時間記録出来るように解像度は落しています。
※画像一番下にタイムスタンプが表示されます。
※スピードも設定により表示可能です。




ドラレコの右下のボタンを押すことにより静止画撮影も可能。走行中にコンデジを取り出して電源入れてピントを合わせる必要もなく、瞬間的に撮影することも可能なようです。

以上、まだ少ししか触ってませんが、色んなシーンで活躍しそうです。有事の際ではなく、ツーリング等の記録としも使えるので楽しそうです(^^)/。






Posted at 2017/09/18 11:02:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月10日 イイね!

お披露目されに大黒へ

お披露目されに大黒へ今年2月に発表されたNew5シリーズ(G30系)。
街中でも普通に見掛けるようになりましたね。完成度の高かったF10からのモデルチェンジであったため、エクステリアの変更は非常にコンサバ。新旧両ユーザーも受け入れ易い、いかにもBMWの「5」であることが一目で解るデザインですね。



大黒に佇むアルピンな530iM-Sportはお友達のsam.さんが本日午後に納車されたピカピカの新車(走行距離:28km)であります(^^♪ 
前回5月に「朝ごはんオフ」でお会いした時、「F系もいいなぁ♪」と思われた帰り道にオーダーしてしまったという衝動買いだそうです(@_@;)!



全体的にロー&ワイドになったNew5シリーズ。軽量化&ゴージャス化がポイントでしょうか、F90M5も早く目にしたいものですね(^^♪

G30の横で鼻先を覗かせているのはシルバーなF10。
実車を初めて拝見させて頂くのはマル運さんのALPINA_D5。シルバーボディ×シルバーなALPINAデコライン、さり気無い処が素敵です!




F82の右側のアルピンな3はFさんのF80M3。こちらも納車から間もなくであり、走行距離は慣らし中の1,800km。こちらも「朝ごはんオフ」でのM4(黒)×M4(白)が90M3から箱替えのキッカケになったそうです(^^♪ (知らず知らずの内にBMWのセールスに貢献しているようであります(^^;;。)

LCI後のヘキサゴナルなライトはやはり精悍ですね!



このメンバーが一堂に会したのは8年振り位でしょうか。
昔話に華が咲いたお披露目オフでありました♪ 次回はまたランチ・オフでも開催したいところであります(^^v


Posted at 2017/09/10 20:41:36 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月03日 イイね!

久し振りの大人の休日ツーリング

久し振りの大人の休日ツーリング関東地方は台風一過で久し振りにいいお天気でしたね!
本日は久し振りのおとツーで北関東方面をひとっ走りして来ました(^^♪




いつものように集合はAM6:00ですが埼玉最北のSA。最近は早く起きようと思うと目覚ましが鳴る1時間以上前に目が覚めてしまうので、例によって2時間睡眠💦 いつでも何処でも寝られる人が羨ましい限りです(^^;。

第一集合場所から第二集合場所へ関越道を北上します。前を行くのはM3復活のT-CARさん。V8の低温サウンドを響かせながら高速道はクルージング・モードで移動。




北関東道を下りて第二集合場所へ。
ここで初めましての つくばの松さん(ALPINA_B3)にご挨拶。「あ、ゴルフのcloud5さんね♪」と行動パターンを既にご存知のようでありました(笑)。
その他はいつものmaharinaさん(ALPINA_B4)、Atsushiさん(ALPINA_B3S)、ちとせ☆さん(92M3)、T-CARさん(92M3)、C;羊さん(BSではなく本日はAE82)、ベンプリ僕さん(981Boxster-S)、cloud5(82M4)の8台のほどよい台数。




ICを下りてK16のクネクネ道で赤城山へ上ろうとしましたが、入口で<土砂崩れ・通行止め>の標識が....。それでも偶に通れることもあるので途中まで1.5車線をそこそこのペースで走って行きましたが途中で通行止めのゲートがっ!敢え無くUターンしてK4上毛三山パノラマ街道で大沼方面へ上ることに。ここは予想はしていましたが、ペースカー&ロードバイカーで先を阻まれスロー走行を余儀なくされてしまいました。




予定より45分遅れで休憩ポイントで小休止。




K251~K267を進みますが、ペースカーが多くここもスローペースを余儀なくされます。余りに遅いと寝不足もあったので睡魔との闘いに...(笑)




眠気覚ましの第2休憩ポイントで背後に見えるのは男体山。ここから日光方面へ向かいますが、殆ど快適なペースでは走れず終いww。







観光には興味を一切示さないのがおとツー。
奥日光を一気に走って中禅寺湖を右手に駆け抜け、いろは坂を下ります。コーナーの高低差がキツいので最近着けたリップを擦らないか心配で大外周り💦




本日の目的地は日帰り温泉「前日光つつじの湯交流館」。
実はここの至るまでの林道が本日のメインイベント。0.8~1.0~2.0車線を気持ちいいペースで駆け抜けることが出来、ようやく走った気分になれたのでありました(^^♪。
先週のアライメント調整の効果も検証出来、今朝フロントの減衰を集合場所で1段階上げた甲斐もあってストレスも不安もなく峠道を下れたのは収穫でありました(笑)






500円の入湯料を払って青空の下の露天風呂!(イメージ画像をWebから拝借)
爽やかな空気に包まれてのオッサン達のクルマ談義は楽しいものです(^^v。




露天風呂に浸かった後に付随する施設で蕎麦を頂いたのですが写真は撮り忘れ...。
ランチを食べたらいつものように解散なので、12時半には前日光を後にしたのでありました。
ご参加の皆さん、お疲れ様でした<(_ _)>。


Posted at 2017/09/03 17:37:14 | コメント(13) | トラックバック(0) | ツーリング | 趣味

プロフィール

「『紅葉の深山幽谷を駆け抜ける秘湯ツーリング』その1 http://cvw.jp/b/2240786/40611601/
何シテル?   10/22 22:06
平均2,000km/月の走行距離の半分はGOLF EXPRESS。 残り半分は首都高とお山で遊んでます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

原則お会いした方、コメントのやり取りを交わした方、若しくは同じ匂いをブログ記事で感じる方とさせて頂きますm(__)m。
93 人のお友達がいます
ともひろ@赤/白ノーズともひろ@赤/白ノーズ * まあちゃ5518まあちゃ5518 *
ヤクヤミヤクヤミ * ☆アル君☆アル君 *
maharinamaharina * C:羊C:羊 *

ファン

94 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M4 クーペ BMW M4 クーペ
F10M5からF82M4へダウンサイジングしました。お山を走る上では車重340kg減はタ ...
BMW M5 BMW M5
初代E28 M535に憧れてから”いつかはM5”と思っておりましたが、E39はLHDしか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.