車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月24日 イイね!
大久野島うさぎ名鑑








いつの間にか・・
無心で(笑)撮ったうさぎ画像が沢山。


珍しくクルマ画像のないブログである(笑)。















































































































じーっと見てるとやはり性格も千差万別。

個性が見えて面白い(笑)。
Posted at 2017/05/24 18:06:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 長距離ツーリング | 日記
2017年05月23日 イイね!
3泊4日1265km下道で行く中国ツーリング「尾道~大久野島~竹原町並み保存地区








3日目の朝、本日はここ東広島から程近い「尾道」界隈の散策とした。

前日の食べ残しを摘みながら外を見ると、予報通り崩れてきそう。



軽く洗車して、ガラスを拭いて、さて!尾道へ!(らーめん・・ラーメン・・涎)




ホテルで朝食券ってのをいただき、
提携するコンビニで好きなものを買って食べるシステムだそう。


なるほど、なにか新鮮な感じ。面白い。

今日はかあちゃん(嫁)の運転。
一般道をわたしより・・ぶっ飛ばす(涙)ので、オッカナイゾ・・。



高速のような2号から、辺りは情緒ある街並みへと変わってきた。




「ん?」

「あ~お城だ~」
と写真を撮っていると、なにやらこちらを見ている女の子たち。
「あ~そうかそうか!ナイスミドルなわたしを見・・・・・・」
「む!・・・MINIのこと見てるんかああ・・・・・」



「ガッ!」


「ガッ!」


「おいっ!マフラー打ちよーぞッ!」

「え~っ!運転変わってよっ!」

「こんなときは、この角度でっ!」

「よしっ!」

なんとも鋭角なスロープのある立体駐車場の、頂上へ(汗)。


「お~あれが尾道の街並みかあ~」
「人まだ少ないね!」
「よし!雨も降りそうやし、早めに散策しとこう!」



いつも京都なんかに遊びにいくときの通過点で、
なかなか寄る機会のなかった尾道。

フリーの観光マップを見て、わくわくしながらさあ!出発っ!




「おおっ!ここが食べログNo1のっ!?」

「あとで食べよう!(薄々感じてはいたが・・甘かった)」




「お~細道いいねえ!」


「お~奇天烈なっ!」





「お~っ!良く見る景色の場所やん!」

「あっ!あそこMINI!」

「どこどこ?」


「いたっ!笑」





「いいね~」
「早い時間で、雨予報、人が少なくていいね!」

昨日のローカルラジオで言っていた街角コンサートという
イベントが始まったようだ。

「さて、ラーメン・・・ん?」


甘かった(汗)。
数件回ったけれど、どこも凄い行列で断念・・。




素敵な海沿いの街並みを散策して、


朝買っておいたパンで、小腹を満たしつつ検索。

MINIに戻る直前だけ雨がザーッと降ったが、濡れずに済んだ。

すっからかんだった駐車場は満車になっていた(汗)。

少し走った場所にある尾道ラーメンを目標に定め、
混雑する前に尾道を後にする。

「作戦成功って感じやね!」
お昼少し前、四方から尾道を目指して集まってくるクルマたち。
「え~っ!こんなに人気あるんやね、尾道って!」
「まあ、ゴールデンウイークだってのが大きいんやない?」







どちらかというと、シンプルな出汁で飽きないラーメンという感じがした。
じわじわと良さが沁みてくるというか(頷)。

また食べたいと思う素朴な味は、またリベンジしなくては!と思う。



さて、楽しかった街並み散策のあとは、

動物に癒しを求めることに(笑)。

自然にウサギが繁殖して生活しているという島へ。

「ここも人多いな(汗)」



「大久野島」


「わくわく・・・おっ!」



「おおっ!」



そして、実は、この島の歴史にも興味があった。



日本軍の毒ガス製造施設、その残骸などが生々しく残る島でもある。



そこにのんびり寝ているウサギ・・・





自然も美しい。


島を一周して、堪能した。

なんとも複雑な思いが残る島散策で、あった・・。



また帰路気になって寄ってみた、

「竹原町並み保存地区」

ここが思った以上に風情があり、大変癒された。












時間が止まったようで、とても良い場所であった。




今日も充実した1日を謳歌したなあ(頷)。

MINIでの走行距離は117km。
しかし、歩いた歩いた(笑)。



今日もまたのんびり”部屋飯”だ。

ふたりで1日を回想しながら、いなり寿司を頬張るのであった(笑)。



あしたはもう帰るんかあ・・・






つづく
Posted at 2017/05/23 16:06:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 長距離ツーリング | 旅行/地域
2017年05月14日 イイね!
3泊4日1265km下道で行く中国ツーリング「三瓶山~出雲大社~龍頭ヶ滝」








思っていたよりもかなり広いキャンプ場だったので、驚いた。
静かそうな場所を見付け、寝床と食卓を作る。


前回使ったときに、強度不足で折れたり曲がったりした
プラスチックのペグを買い直すことを忘れていた。

仕方なく肝心な場所は、車載レンチで代用する(汗)。

さっきまで静かだったのに急に風が出だしたので、
テントに風が当たらないようにとタープを試行錯誤する。

このときタープの張りが「なんかおかしいな?」と
思っていたが、やることが沢山あってそのままにしていた。
が、やはり間違って張っていたようだ。
風で今にも倒れそうに、頼りなげに靡いている(汗)。

すると御友達からのメッセージで、張る角度が違っていると、
丁寧な文面で知らせていただき、納得する(笑)。
そして、まともに張り直すことができた(感謝)。


さてさて、用意も整い宴へと。

まだ明るいうちに準備できたので、気楽にのんびりだ。
辺りを見渡すと、近所に生えているのとはちょっと違う植物や木々。
遠い土地に来たんだとの実感が沸く。
そんな場所でキャンプするんだなあ・・・と、うきうきが止まらない(笑)。

肉にパンに、野菜に漬け物に、そして一杯(笑)。

いや~自由だ!満足!(笑


辺りは本当に静かで、近くで鳴くフクロウの声がうるさく聞こえる程だ。

・・・・

と、思ったのも束の間、風が強くなってきて、音が激しくなる(汗)。
これがずっと朝まで続き(涙)、結局あまり寝れずに起き出す時間に・・。

AM6:00

風は次第に落ち着いてきた。今度は凄い数の鳥の声が耳に届くように。
高速で木を打つキツツキの音は心地良い。

あれはなんという鳥なんだろう、
九州では聞いたことが無い美しい声色で不思議なトーンで鳴く鳥の
声がとても不思議で、映画の世界のよう。暫し聞き入る。



眠い目をこすりながらも、清々しい朝の散歩だ。


本当に綺麗な場所だ。

うちの近所では見ない山菜「こごみ」。
一度食べてみたい野草だが、少し遅かったようだ。



さて、朝食を食べて出発の準備だ。



タマゴを茹で、パンと枝豆(笑)で簡単に。




ささっと片付け、

皆さんより、早くに出発する。



キャンプ場は「三瓶山」からすぐなので、

初、三瓶山を満喫しようと走り出す。

1126.2mの男三瓶山を中心として6山の連峰からなる三瓶山は、
高原の趣もあり、非常に清々しく爽快。











気持ちよすぎて、思わず2周してしまった(笑)。





もうちょっと居たかったのだが、折角だし、

ということで、30数年ぶりの出雲大社へ。

途中ちょっと寄った施設には、小学生たちの野球の練習風景が。

「こんにちはーーっ!」
「ん?」
練習の手を止め帽子を脱いでこちらに向かって、頭を下げている皆。

・・・一瞬固まる(笑)。

「いや~すばらしいねえ(頷)」
「今の野球の子たちってこうなんやろか?」
「いや~どうやろね?」

「おっ!ひつじもおるぞっ!」

「ひつじってこんなに慣れてるもんやったっけ?」
「いや、ほら!ここに書いてある、この子だけみたいよ~」
「そして、この色も珍しいってよ!」
「へ~~っそうなん(感心)」

いや~寄り道は、やっぱりいいね(頷)。




「神仏の通ひ道」かあ、いい響きだ。



いや、しかし晴れてきた。
エアコンを最強にしても、肌に突き刺さるような日差しは強烈。

参拝客はこれから益々増えてくる時間帯だろうな。

しかし昼前なのに、うまそうな蕎麦屋は長蛇の列となっている(汗)。
いや~流石ゴールデンウィーク・・・。
仕方なくすぐ入れるお店へ。

「う~む・・・」


御腹も膨れたので、久しぶりの面影を探そうと境内へ。





ふたりとも、まったく思い出せなかったが(笑)、
歴史を紡いできた荘厳な建築物に圧倒され、
非常に貴重で有意義な時間を過ごすことができた。
本当に参拝できて良かったと思う。


いや~しかし夏!だ(汗)。



昨日、強風によりあまり寝れなかった2人は早くもグロッキー(咳)。

でも、滝の看板を見て、涼めるかも?とそっちのほうへ(笑)。

そうそう、ここいらは、熊が出るのね(汗)。

実は昨日のキャンプ場・・・近い場所(4キロ先)に近い日時に、
月の輪グマが出没したらしい(汗)。

いや~九州人には新鮮な驚きだ・・な。



「龍頭ヶ滝」
ボーっとしていると、あれよあれよと人が増えてきた。
有名な滝なのだろうか。


山奥の駐車場は満車に(汗)。



さて、見どころ満載だった本日も、宿へと向かう時間に。

しかし・・・暑い(汗)。



道の駅「湖畔の里 福富」。
目ぼしい食材を買い込む。




ここでも、食材と酒を(笑)。


「おおっ!立派!」

研修施設が今日の宿。
明日は尾道探索の予定なので、
東広島市のここに2泊の予約をいれていたのだった。

さて、お楽しみの宿飯(笑)。

ゆったり、ゆっくり、のんびり、時間を気にせずに食べれるのがイイ。

寝る前まで口を動かしながら(笑)、

BSの特集を見て、眠りについた。

本日の走行284km。


ちなみに、かあちゃんとは別の部屋(偶々)だ(笑)。




つづく
Posted at 2017/05/14 20:49:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 長距離ツーリング | 旅行/地域
2017年05月09日 イイね!
3泊4日1265km下道で行く中国ツーリング「山口県~島根県、新緑の快走」








行こうと思い立って何年経ったろう。

30年は前、S110型シルビアで訪れた記憶がある出雲大社の方面。

もう一度自家用車で、もう一度かあちゃん(嫁)と、
行ってみたいと思っていたドライブが実現した。


朝5時に出発。


今回はゆったりのんびり、極力高速を使わず一般道で、
それも主要道路を避けて、趣のある風景を愛でつつ
遠回りをして走っていこうと決めた旅だ。
ルートも臨機応変、道草も自由自在なのだ。
当然とわくわくする(笑)。




岡垣町辺りの林の中を通り、

遠賀川を渡り、

若戸大橋を超え、

門司の港前で朝飯を頬張り、

宿泊用の買い物をして、

本州へと。




海の下だ。




山口県は痛快路の宝庫。











そして、麦畑広がる里山の風景に癒される。




向こうには野生のフジが淡いムラサキの花を咲かせている。

場違いであるような、ぴかぴかの大きなワンボックスが時折走ってくる。
「ああ、そうかそうか、ゴールデンウィークだったなあ、今日は・・」
と、思い出すほど、時間がゆったりと流れる場所ばかりだ、嬉しくなる(笑)。





新緑の優しいグリーンがとても清々しい道ばかり・・・
で、ワインディングも軽やかに・・・また嬉しくなる(笑)。



朝買っておいたサンドイッチを、

これまた連休を思い出させる道の駅「あさひ」で食べた。


なかなか楽しい262号から、主要の9号へ。

ちょっと走って楽しくなくなった(汗)ので、右に折れる。

笑顔が戻るその道は、489号という(笑)。







まさに、こんな道を走りたいと思っていたのだ(笑)。









クルマはなんにもいない(笑)。


目の前には、鈴なりのようにフジの花。

新緑とフジの淡い色合いと、
青空と雲とのコントラストが絶妙にマッチしている。
「自然はすげえなあ・・・」
と、また笑顔になった(笑)。





「いいねえ!」
「ホントね!」



「いいねえ!」
「ホントね!」

を、繰り返す(笑)。





前回の3月ツーリング時にも通った道なので、
思わず直進してしまい、Uターン(笑)。




26号と3号を結び、


















































兎にも角にも、絶景の中、独り占めで(笑)快走する。



そろそろ昼食の時間なので、


これは”県”がわかりやすいと思った、「しまねっこ」。
この辺りは山口、島根、広島の県境が近い。



目ぼしい食材も見当たらずに「おやっ?」

繁盛してそうな食堂を発見。


ラーメンとチャーハン、



そして、

ギョーザを注文する。

どれも素朴で、なかなかうまい。
おふくろの味的御店で、本当に近所のおかあさんが
働いているような感じがした。





満腹となり、また走る。









ローカルな道は、やはり走っていて心安らぐ。


「おっ!?」と思えば、気軽にUターンして、


こんな、

眺めと出会うことも容易いのだから・・やめられない(頷)。




「1日目にしてハイライトやったね(笑)」
「ほんと、いい道ばっかしやったね!」


「さて、要るものも買ったし、キャンプ場まであと少しやね!」


九州では見ない「第2上紋覆道」、

所謂スノーシェルター(笑)の構造をまじまじと眺めながら、
これも九州とはちょっと違う木々が並ぶ高原の風景も楽しんで走る。
この辺りは1000m級の山も多く、長野の山々の景色とダブって見える。




さあ、到着。
走り出してちょうど12時間経過、456km走破した。

特にどこも痛くなく、疲れたふうでもない。
良く走ってくれたMINI R53クーパーS。
ALPINA B3 3.3と同じコンセプト「中長距離を疲れず安全で快適に」
のクルマ作りは成功しているようだ。
燃費もここまでで、13km/Lを楽に越え14に近づいている。

ひとつ、B3と比べると、フロントの突き上げが悪路に
過敏に反応するので、今度スプリングを見直そうか?
タイヤエアーを0.2下げたら気にならなくはなったが、もう少しか・・。

中低速コーナーはB3よりも気軽に速い(300kgほど軽く
フロントタイヤは1cm小さいだけ)ので、今回のような
広域農道やコクドウは機敏に動き特に面白い。

それと、太くて歪なハンドルもどうにも力が入れにくく馴染めないかな。
しかし、クルーズコントロールに、エアーバックも付いているし・・(悩)。
自分で削って、革だけ巻き直してもらうのが得策か?・・な。


長いツーリングを体験してきて、
直進安定性、コーナリング性能、エンジンフィーリングなど、
1600ccのFFハッチバックモデルとしては、
凄く優秀なクルマだと断言できる(ちょっと弄った現在も含めた話)ので、
まだまだ理想を追い求めていきたい。




1日目の宿泊はキャンプとしたので、ここからも一仕事が待っている(笑)。






つづく
Posted at 2017/05/09 22:36:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | 長距離ツーリング | 旅行/地域
2017年04月21日 イイね!
関西関東九州BMW合同ツーリングin唐津「波戸岬~鏡山~博多駅で一杯」












昼食も食べ人心地。

霧が晴れていれば、美しい壱岐水道が見渡せることだろう。

その先には壱岐島があり、また先には対馬がある。
壱岐の島は何度も訪れたが、そのうちまたあの美しい
エメラルドグリンに輝く海を見たいものだ。
バイクで転倒して、近所のおばあちゃんに
助けてもらったことも懐かしい(笑)。
対馬も是非訪れて、の~んびりしたいなあ(島好き)。



「サザエのつぼ焼きがめっちゃうまかった!」
という皆さんと合流し、クルマたちが並べられそうな、
ちょっと戻った駐車場まで。


暴走族・・・(今は珍走団っていうんだねえ・・笑)が、
うじゃうじゃいて、バリバリうるさいのでまた違う広場へ。

今の警察はどんなにうるさくても、検挙しないんだねえ。
集団の後ろから、腕組みして見てるだけだ(呆)。
近隣に御住みの皆さんは、あの騒音本当に迷惑だろうなあ・・・。



他に誰もいない、静かでナイスな場所を発見!

恒例の集合写真のあと、動画を撮影したり、次回の作戦を練ったり。

そして、ここで解散となった。




帰路ルートが同じ方々と、


「鏡山」へ。







国内に数台の希少なALPINA2台の、走る姿を追う。

心地良いカーブを、ヒラヒラと舞う美しいその姿を、
軽い興奮を伴いながら脳裏に焼き付ける。


もう少し早ければ、
桜との贅沢なコラボレーションも見れたことだろうな。





頂上に近づくと、眼下には・・・

これは凄い光景が見られるかも知れない。














早足で頂上の展望所を目指す。

「おおおおっっ!」






「こんなの見たことないね!」




このところの気温変化が激しかったのは記憶に残っているケドモ。

この福岡で、
夕焼けの雲海なんて、一生に何度見れるのだろうか。

眼下のイオン(笑)や、唐津城、虹の松原の美しい曲線や、
その先の海までもを、すべて覆い隠す雄大な雲海に本当に息を呑む。

いや~素晴らしい1日に感謝した。




ここで第2回目の解散をし、

来た道を戻って帰る。

渋滞を覚悟していたが、霧の影響か交通量は多くない。



淡いピンクに照らされた635csi。
ムラサキ色に輝いて見える。



今となっては、大きくは感じない整ったフォルムのB11。
気品と迫力を感じる、大好きな後姿だ。




夏を予感させる空気感の夕暮れの中、



いつも混雑している都市高だが。

走る時間とクルマとで「まったく違って見えるもんだな」と。
映画のワンシーンを見ているようだ。
スローモーションであるかのように美しくゆったりと動く車体たち。
ここでも素敵な時間を体験できた。




今日1日福岡に宿泊することにした
というALPYさんと飲む(笑)為に、

博多駅に集合。


ではではっ!





好きなものを好きなだけ!(笑


馬刺しっ!

  



イクラっ!






モツ鍋っ!





締めのちゃんぽんっ!

モデルは"SHA-SHIN"代表の悠佑さん、でしたっ!(笑

是非、愛車の撮影を最高のシチュエーション&テクニックで!





今までに行った場所の記憶や、思い出に残った風景や食などを
伺ったりして、とても楽しい時間を過ごすことができた。

やはりいろんな話がゆったりできる、
夜の食事会は大切だなあ、と(頷)。





今年も皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
また来年が待ち遠しいですねっ!



Posted at 2017/04/21 18:24:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | ALPINAツーリング | 旅行/地域
プロフィール
「[整備] #B3リムジン BMW ALPINA B3 3.3 E46「ヘリカルLSD装着」 http://minkara.carview.co.jp/userid/2242027/car/1742263/4265297/note.aspx
何シテル?   05/24 00:14
拙いブログに「イイね!」をつけてくださる皆さん、 とても励みになっています。 本当にありがとうございます。 クルマに纏わる徒然を綴ります。 継続...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
お友達
過度の爆音、過度の車高短のクルマ、
暴力的言動が多い人、
ブログ等に配慮のない発言のある方、
カーライフとかけ離れた話題ばかりの方、
等はお断りします。
一般的常識のある方&
クルマなら、車種問わず
よろしくお願いします。
45 人のお友達がいます
ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認 春(haru)春(haru) *
ともひろ@赤/白ノーズともひろ@赤/白ノーズ のり/のり/
kaz♪kaz♪ さ っ ち ゃ んさ っ ち ゃ ん
ファン
79 人のファンがいます
愛車一覧
BMWアルピナ B3 リムジン あるぴな (BMWアルピナ B3 リムジン)
アルピナ B3 3.3 リムジン。 総生産台数591台の中の1台。 アルピナ社では、一 ...
ミニ MINI くーぱー (ミニ MINI)
BMW MINI クーパーS R53後期型です。 こつこつ整備していきます。 この ...
ローバー ミニ みに (ローバー ミニ)
今は整備&板金中です。
ローバー ミニ おれんじ (ローバー ミニ)
センターメーター、10インチ、フェンダーレス、足、マフラー、一通り手が入ってますが、不動 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.