車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月09日 イイね!
一人で悩んでないでえーっと、私のインプちゃん、一命を取り留めました。



この前走りに行ってからとゆうもの、エンジンから白煙が上がるのが収まらない状態でした。
車の下に潜ってもそれらしい原因もわからず、でもタービンの裏らへんから出ている・・


でもそれ以前にドラシャのブーツが破損していたのでその修理が先決で、DIYで修理を行った1週間前のこと・・・



白煙のことは自分ではどうにもならなかったので、とりあえずブーツの修理が完了して動かせれる状態になり、ショップに車を持っていくことに


今までほとんど自分でイジってきたので、他のショップとの付き合いも全く無く困っていたのですが、以前友人の付き添いでお邪魔させていただいた廿日市のRioに見てもらおうと自走して向かっていました。


でも走るにつれて白煙もどんどん酷くなりボンネットダクトからモクモクと・・これはマジでヤバイかも・・

と、なんとかショップまで到着して、すぐに車の状態を見てくださり、そのまま即入院(._.)


そして1週間経った本日、車の修理が完了して戻ってきました。

原因はタービンのオイルラインのゴムホースが熱で溶けて破断寸前になってたことでした。

これでオイルを流しながら走ってたと思うとゾッとします


もう少し走っていたら火災になり廃車になっていたかもしれない。。
そんな車を救ってくれたショップ方々には感謝しかありませんm(__)m

それとは別で排気漏れも悩んでいたのですが、ガスケットが手に入らず放置してたら、純正を加工して作ってもらえることに^^

そしてこの機会に相談ごとなど色々お話もさせていただいて、どうにも下がらなかった水温についても答えが見つかりました。

あれだけ吸排気をイジっておいてエンジンのセッティングは全く取っていない状態だったので、エンジンが正常な燃焼をしていないとのことでした。

なのでバンテージを巻いているのにもかかわらずホースが溶けて、水温も高いのだと。。


今後のプランとして、早いうちに現車セッティングをしないといけませんね^^


まだまだ私も知らないことばかりで、今までは自分で何とかしようとやってきましたが、時にはショップを頼るのも大事だと実感

Posted at 2017/04/09 22:06:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月03日 イイね!
ドラシャOH part2前回の続き

ディーラーでドライブシャフトジョイントの外し方を聞いて作業再開

どうやらCリングは無く、無理やり叩いて外すしか無いそうです・・マジか・・


傷が付かないようにしながらガンガン叩いてローラーを抜きます

無事にすべてのバラしと掃除が完了


見た感じローラーもボールも傷は無くて問題無く使えそう


組みあがったら新しいグリスを入れて馴染ませます


これでドラシャのOHが完了。
今回はデフ側だけでしたが、アウターはまた違った構造になっているので注意



最後は長いパイプで締め上げてから完了

初めての作業だったので大変でしたが、次からはすぐにできそう^^
Posted at 2017/04/04 00:09:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月01日 イイね!
これはいったい・・・先日ドライブシャフトのブーツが破損したので、ディーラーで代わりの部品を注文してました。

そしてDIYのHPをやっている以上自分でやらなければ、と自分のスキルアップも兼ねて、今日は初のドラシャOHをしていたところでございます。

まずは車をジャッキアップしてセンターナットを外します。

これがものすごく硬くて、インパクトではとてもじゃないけど回りませんでした。手持ちのハンドルも長さが短く回らない・・・

急遽アストロに行って、お店に売っている物で一番長いハンドルを買ってきてさらにパイプを差し込んでそれでも私の体重では体が浮いて緩む気配がない。。

最後は思いっきり蹴りあげたらようやく回りました・・

次にハブ側のドラシャを抜いて


無事にシャフト摘出


破損したブーツを開けていざ中の等速ジョイントをバラそうかと思ったら・・


普通はここにCリングが入っておりそれを外せばシャフトが抜けるのですが、Cリングが無い・・

よく見るとカップ端面にポンチが打ち込んでありそれで抜け止めになっているようです・・

・・!!

これではどうやっても外れない・・マジでどうするんだ??

エイプリールフールでも何でもなくガチで困っておりますw

どうにも外れないので明日Dラーにどうやって交換しているのか聞きに行ってみます
Posted at 2017/04/01 23:50:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月19日 イイね!
ドラシャブーツ破断!こんにちは^^
今日はとてもいい天気で花粉を浴びながら今年1発目のタマダスポーツランドに遊びに行ってきました






いつもはお気に入りの回しにくいハンドルで走っているのですが、カウンター当てる時や切り込みが非常に難しい・・

とゆことで今回は前からほしかったブルメタモデルのmomoステを走り用として購入して持ち込みました


思った通り非常に走りやすい!やっぱハンドルは丸に限りますね(笑)



この前付けたオイルクーラーのテストでもありましたが、やはり速度が出てないのでちょっと目を離すとあっと有間に110℃まで上昇。(さすがにヤバイ)

そして冷やしながらは走っていましたが、あるとき白煙がΣ( ̄ロ ̄lll)・・

フロント右のドライブシャフトブーツが破断してグリスが飛び散り、それが触媒に掛かり白煙が上がっていたようです

まだ走行も1万6000kmしか走ってないのでおかしいと思ったらこんなことに、マジか・・

でも原因はわかりました

普通にサーキットなどを走るにはいいのかもしれませんが、ドリフトっぽいことして遊ぶと、ほとんど低速でエンジンをガンガン回すので触媒のすぐ近くにあるブーツが熱で弱くなり破断したようです

一応バンテージも巻いて遮熱板も付けていたのですが・・・


とりあえずDラーでブーツやグリスなどの必要部品を注文してきました。
まあこれも自分のスキルアップとしては良かったと思うしかありませんね。

あとこのような乗り方をする場合は、この車ではどんなに冷却をチューンしてもダメなことがわかりました。クーリングって大事
Posted at 2017/03/19 21:00:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月11日 イイね!
節穴ではないブログではかなりお久しぶりです^^



車のカスタムをやめたわけではなく、年明けからオイルクーラーの取り付け準備をしていて3ヶ月掛ってしまいましたがようやく完了したので、その内容をツラツラと書いていこうと思います。


私のインプは、これまでラジエター交換やホース、サーモ、クーリングボンネットなど冷却系は色々とやってきましたが、それでいて冬場でも渋滞や低速時は簡単に100度まで到達してしまいます。(ジムカで横に滑らせて遊んでいるときはあっとゆう間)
おそらく巨大なインタークーラーが空気の通りを悪くしているのだと思いますが・・

とゆうことでできることは何でもやろうと思い、水温を下げる目的でオイルクーラーの取り付けを決めました。


取り付けにあたり、まずキットが出ている某H社は、フロントバンパー開口部の右に取り付けとなっていました。

しかし、そのすぐ後ろにはエアクリがあるので、コアを通った熱気を吸うのがイヤだったのでそこは却下(そこまで神経質になることでもないのかもしれませんが・・)。

次に某B社はセンターのグリルに取り付け。ただでさえ冷えないのにラジエターの前に置くのも却下。

とゆうことでベストはバンパー開口部の左ですが、そこに取り付けるキットは無く、そもそもウォッシャータンクがあるので取り付けスペースも無し


悩んでいたら、そういえばインタークーラーを前置きにしているのでボンネットダクトがただの節穴となっていることに気づく


しかし、普通のサイズのコアを付けていては容量不足でエンジンの熱を拾って十分に効果が発揮できないのではないかと思い、ダクト開口部を最大限に利用できるコアを探すことに

そこで購入したのがセトラブのスリムライン

開口部にピッタリの横長のコアとなっています。

ただこのままつけるのはどうもパッとしないので、耐熱塗料で塗装&カッティングマシンで切ったステッカーの切り文字の上から別で塗装して一工夫することに


完成したコアがこちら

GDBのインタークーラーコアを思わせるSTIのロゴ塗装がいい感じです^^
やっぱコアも黒よりはシルバーの方が好み^^


そして取り付けのキットは無いのでブラケットも自作することに
ただ、取り付けはしっかりと行わないと、破損してエンジンの上からオイルを被ることになり、車両火災のリスクもあります。(逆に車を前からぶつけたときでもコアの損傷のリスクは少なくなると思われますが)

最初はホームセンターで売っている汎用のステーを使おうかとも思いましたが、振動で折れる可能性もあったのでやめました。そもそも見た目も悪い


まずはコアを仮置き


何度もボンネットを開け閉めして微調整しながら、ボンネット裏に干渉しない位置で最適な角度になるように位置を決めました


その角度になるようにブラケットを作るので、まずは発砲スチロールで試作品を製作


これを元に製作していきます。
材料はこちら

ジュラルミンから削り出しで製作
これなら強度も十分でしょう。。

とゆうことで仕事が終わった後に職場の汎用フライス盤で削って・・


完成した片方のブラケットがこちら

3D形状なので、これ一個作るのに8時間もかかり、朝の4時過ぎまでほぼ徹夜での作業w
(仕事と違い自分の車のこととなると時間も忘れて没頭w)

完全に現物合わせなので、1個できたところで仮合わせ


その位置で片方のブラケットの寸法も決めて、また試作品を製作


そして週を挟んでまた徹夜で8時間ブラケットの加工


今度は取り付け部の高さの差を均等にするためのスペーサーも旋盤で製作


できたブラケットとスペーサーがこちら


とりあえず仮取り付け
コアもガッチリ付いていてビクともしません^^

でもせっかくなので、このブラケットも腐食防止とドレスアップも兼ねて、アルマイト施工を業者に依頼

その間にホースの長さも決めて、サンドイッチブロック、ステンホース、サーモスタットなどの部品も注文

取り付け



ちなみに、オイル交換時に、サーモスタットが閉じていてもコア内のオイルが抜けるように途中にドレン用の配管をつけました。

アンダーカバーの一部をくり抜いたので、ここのドレンプラグを開ければ簡単にオイルが抜けるようになっています^^

ついでに、油圧の圧損を調べるために、配管の途中に圧力センサも取り付け、
Defiの油圧計も新たに購入(コントロールユニットは2個ついているので油圧計は2個取り付けが可能)

また性懲りも無くメーターを増やしてしまいました。11連となりますw


ここまできたら1個増えようが関係ないね
ちなみに、取り付け後の圧損はほとんど無く、圧も安定していました


長々と書きましたが完成したオイルクーラーシステムがこちらです


アルマイトに出していた自作のブラケットもピンクになり、プーリー類と統一してみました

この通りダクトからもバッチリ見えます。そして開口部の大きさも最大限使えている


ここまでやって、気になる効果ですが、5~10℃近くは下がりましたかね。停車すれば風が当たらないのでやはり100度にはなりますが、冷えるのも早くなったと思われます。

でも総額20万を超え、普通にキットが出ていればそっちを買ったほうが絶対に安上がりですw

ともあれ、前よりは冷えるようになり、エンジンルームの見た目も良くなったので良しとしましょう^^

あ、あとオイルは6L入るようになってしまったので経済的には良くないですw
Posted at 2017/03/11 01:42:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「一人で悩んでないで http://cvw.jp/b/2247329/39587733/
何シテル?   04/09 22:06
GVBインプレッサに乗っています(SpecCではないです・・)。 その前はS14シルビアに乗っていました。 自分でイジったり自作したりするのが好きですが、ま...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ファン
38 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
GVBインプレッサに乗っています。極力自分でイジるようにしています。LEDを使ったカスタ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.