• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

鮭おにぎりのブログ一覧

2016年05月07日 イイね!

リアホイールの選択肢の少なさ…

CR-Zのリアタイヤって凄く引っ込んでる。

だけど、リアつぼみのデザインのため実際には
あまり余地が無い。

意外と知られてないハミタイの基準
フロント側は30度だけど、何故かリア側は50度確保しなければならない。


純正16インチなら精々15ミリのワイトレがイイトコかな…

悩ましい。
Posted at 2016/05/07 16:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年01月05日 イイね!

純正化

最近、外気温が寒い日の発進時に息継ぎをする事が多いCR-Z。
やっぱりK&Nのエアクリ(リプレイス)ダメかな…。

いろいろ考えていて、ふと、以前に近所のオートバックスで行われていた無限フェアで聞いたCR-Z用エアクリの開発苦労話を思い出した。

『エアフローメーターの精度が高くて、エアフローメーターの取り付け角度がほんの少しズレただけでも風量が正確に測れないので、すぐに純正ECUの補正領域を外れてしまう。調整が物凄くシビアだった…』と。

やはり吸気抵抗の少なさだけではダメなんですね。
エアクリーナーボックス内で発生する乱流まで抑えないと意味が無いようです。

やはり純正の裏側までを知り尽くし、しっかりとした開発機材を持っている無限でなければ本当のチューニングパーツは作れないんでしょうね。


でも、そこまで苦労しても、
あくまでも「チューニング」なのです。
「グレードアップ」ではないのです。

全ての性能が純正を上回るワケではありません。
耐久性・エンジン保護性能は確実に落ちます(中身はK&Nのフィルターですからねぇ)。

マフラーも同様です。
全開領域では全回転域で純正を上回るでしょうが、
パイプ径が太くなるワケですから当然ながら街中で最も使用する頻度が高いハーフスロットル領域のトルクを痩せさせます。
(昔無限から出ていたツインループマフラーは良かったですけどね!)

元々のトルクフルなキャラクタを高い金を払って無理矢理変えさせるのに疑問を感じて来ました。

…まぁ、私個人の感想ですが。
やっぱり純正にゃ敵わんわ!(笑)


もう一度純正パーツをじっくり観察してみてください。
ムダなものは一切ありません。
限られたコストで作られたパーツだけど、
そのカタチ全てに意味が込められてる。
Posted at 2016/01/05 21:30:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年05月25日 イイね!

吸気温度考察

夏場のノッキング対策として、吸気温度を下げようとアレコレ考えてます。

ふと気になったのが、
↓この穴。


純正のエアインテークはボンネットを閉めると、
インテークのゴムの部分がボンネットで抑えられてグリルから取り込んだ空気を直に吸えるカタチになる。

が、エアインテークの取付ステーには何故か穴が空いてる。まさかエンジン屋のホンダが何の考えも無しに熱気を吸わせているとは思えない。
あえてなのか???


それに、ZF2になって吸気温度を下げようと工夫したそうだが…↓


ここのステーの形状はやはり穴が空いてる。↓



もしかして…やっぱりあえて吸わせているのか?


停車中に熱気を吸わせるコトで酸素濃度を落とす。
取り込む酸素量が減るので燃料を絞れる。
アイドリング中のガソリン消費を抑える…

走り出して走行風が当たると吸気温度が素早く下がってパワーが出せる…

燃費と走りの両立か!
まさかそこまで考えているのか…純正スゲェ。
その変わりにアイドリングからの発進はチョットモタつく…か。

だとしたらあの穴は塞いじゃダメなんだな!
(; ̄ェ ̄)
少しの荒には目をつぶろうじゃないか!(笑)


やるとすればやはりZF2のインテーク流用が弊害が無さそうだな。

よし、注文してこよう!(笑)
Posted at 2015/05/25 12:56:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年05月19日 イイね!

社外エアクリーナーの是非

鮭はK&Nの純正置き換えエアクリーナーを使用してます。
高回転域では若干パワーが出る気がします。
(あくまで『気がする』)


が、気温が高い日の信号待ちからの発進時、
エンジンから「カキカキッ」と明らかにノッキングしてる音がします。
ヘタするとCVTなのにエンストするコトも稀にあります。
出だしも明らかにリタードが掛かってトロい。


鮭なりに考えてみた。

CR-Zに限らず、最近のクルマってアイドリングの燃調がギリギリなのかな?
もしかしたら、純正のECUって社外のエアクリーナーに合わせて燃調を合わせたりとかそこまでお利口さんじゃないのかも。だとすると…


渋滞にハマる

混合気が薄くなる

燃焼温度が上がる

水温が上がる

冷やす為に燃焼増量&点火時期を遅らせる

パワーダウン。


吸気の取り回しを変えない純正置き換えエアクリーナーでもパワーダウンを感じるってコトは、↑の理由かもしれない。

もしそうだとすると、パワーも落ちるし、燃費も落ちる。
良いコト無いじゃん(笑)


エアクリーナーを変えるならちゃんと現車合わせしないとダメなんですね…。
吸気温度が云々っていうより、混合気が薄くなる問題の方が大きい気がしてきました。


って、コトで純正のエアクリーナーに戻して様子を見るコトにしてみます。
Posted at 2015/05/19 16:15:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年04月08日 イイね!

ハイレゾ?

鮭はハイレゾ音源というものがよく解っていません。
解っているのはCD-DA音源(44.1kHz/16bit)よりデータ量が大きい…ってことくらい。

そもそも、CDの音質ってどうなんでしょう?
サンプリング周波数は22kHz、
ダイナミックレンジは量子化ビット数から計算して96dbまで録音する事が出来るようです。

充分じゃない?(笑)
人間の耳の可聴域はせいぜい20kHz。
鮭自身も10代の頃に測定してみましたが、18.5kHz以上は聴き取れませんでした。



先日、オートバックスに行った時に、KEN◯OODのハイレゾデモ機が有ったので試聴させてもらいました。

MP3音源、CD音源、ハイレゾ音源がそれぞれ試聴出来るもので、明確に聴き比べが出来る物でした。

CD音源を聴いた後に、ハイレゾ音源を聴き比べた瞬間!



「すげぇ…騒がしい店内なのにクッキリ・ハッキリ聴こえる。」
( ゚д゚)

何度聴きなおしてもハイレゾの方が明らかにボリュームが大きい…



結論!
ハイレグだかハイレゾだか知らんけど、
そんなモノに拘る前に…

ちゃんとしたスピーカーを
ちゃんと取り付けて
ちゃんとしたデッキで鳴らしてあげましょう。

話はそれからです。
Posted at 2015/04/08 13:31:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

昭和59年式のオジさん初心者です。 笑顔でエグい。 可愛いふりしてアグレッシブ。 シラけたふりしてどっぷりハマってる。 クルマに愛情を掛けてないふり...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

マフラー交換(社外+純正) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/06 15:28:20

お友達

基本的に純正党です。
変なとこマニアックですが、お気軽にどうぞ!
2 人のお友達がいます
無駄な抵抗♪無駄な抵抗♪ むらすたーむらすたー

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
基本的にどノーマルです。 純正の持つ「エコスポーツ」という雰囲気、バランスをそのまま昇華 ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.