• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

`相川、のブログ一覧

2017年07月22日 イイね!

エンジンルーム内の部品が外れた?異音

こんばんは。
連日に習い、本日も夜になっても25度を指す温度計。暑いです。^^;

コンビニまで買い物に出た。走行中エンジンルームから金属同士が干渉しているような音がする。かなり小さい音だし、今まで聴いたことのある重大な故障の音ではないと感じた。しかしそのままは気持ち悪いので、買い物を済ませた後、エンジンルームを作業灯で照らすと、エンジン右フロント側、エキゾーストに付いているオキシゲンセンサーから生えているケーブルを留めている金具が脱落して、ケーブルが引っ張られ気味になっていた。あれ?どこに付いていいたっけ?笑…覚えていない。しかし届く範囲はそう広くない。丁度エアクリーナーボックス本体を留めているボルトに共締めできたので、ケーブルの突っ張りが無くなることを確認後、12ミリのソケットと300ミリのエクステンション-バーにてボルトを緩め、金具の切り欠きになっている部分を共締めになる格好で12ミリのボルトを締め付けて終了。念のためにフロント酸素センサーのコネクターを外してエンジンをかけ、ダイアグ、O2センサー電圧を確認。トラブルコードを消去後、再度コネクターを元に戻し、再度確認。フロント側の酸素センサーとケーブルはどうやら無事だったようだ。

OBDⅡコネクターからは、後ろ側の酸素センサー電圧しか見ることができないので、アクセルのツキ+O2センサー電圧の変化(0⇔1V)0~リーン、1Vリッチ+セルフダイアグノーシスにて簡易に判断。OKとした。危うく気付かないで使い続けていたら、もしかすると配線が焼けてしまったかもしれない状態だった。


(想像とか妄想とか心の声…なのですが、

普段走行している時に、どうもリーン側(燃調の薄い側)で動いているようで気になっている。しかしテスター上は何も出てこないし、スバルのディーラーさんでセレクトモニターを接続してもらっても何も出てこないから、想像しての予備的な部品交換をするしかない。漠然と何かを変えるとは言ってもねぇ。燃料系統を全て綺麗にできれば一番だけど、そこまでのコストと手間をかける必要ある??自問自答。
例えばエンジンの始動性が悪いとか、アイドリングが低いなどがあれば勿論対処するが、今はそれも無し。でも確かに燃調が薄いような気がする。何れもECUに異常な電圧や短絡などの一度でも信号が入れば、トラブルコードになって場所も特定しやすいんですがね。それにフェイルセーフがかかれば過給圧制限も起きるし。
おそらくこの程度の異常を気にする人は、よっぽどEJ20で嫌な思いをした人で、かつ自分で整備をする人くらいだと思います。(笑)

(夜な夜なボンネット開けて、多分怪しい奴だと思われたかもしれない。いいえ、決して怪しいものではありませんw)

タイトルの通り、場所問わずにボルトもナットも緩んできます。
自身で整備出来る方はボルト・ナットの箇所、一度全部点検することをおすすめします。きっとクルマ屋さんに頼むと…(いや、書くのやめときますw
JARTICの道路交通情報センターのWEBを見ていても、ホント故障車が目立ちます。お気をつけあれ。^^/
Posted at 2017/07/22 01:54:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年07月20日 イイね!

叱ってもらえるのは有り難い事

一つ前のブログに関しては、やんわりと電話にて連絡しました。

黙っていても良い物ですが、おそらくは良い結果には結びつかないと考えました。

そう思うことは自分だけかもしれないし、余計なことかもしれません。

ネットでもわかりますが、誤字脱字があろうとも、時々こっそり教えてくれたり、

違う観点からメッセージを頂いたりと有り難いものです。




例えば仕事を一例にするならば、黙って仕事が減るなどは良い例かと。

ある程度お叱りであっても、それを言ってくれる方がどれほど有り難い事かと。

文句やクレームと思うのか?

自身を振り返り有り難い一言だと思うのか?等

受け取り方次第。それでも誰にも何も言われなければ、考える事も難しいかもしれません。

ネットが無かった頃には良きも悪きも不便でしたが、今は便利さのあまりに、

ネットやSNSが先走りしてしまうことも多いようなシーンも見受けます。




タイトルの「叱ってもらえる~ということも、ただの文句なのか?それとも

建設的な意見として叱られているのか?非常に判りにくい事も多い時代。

こんな時代ですから、立場で上に立つ人の負担は計り知れません。

人は誰かしらの世話になりながら生きているものですよね。

陸の孤島で自給自足でもしていない限り、何らかの形で人と関わっているはずです。

喜びの感謝、叱られる感謝、

何が正解か?は自身の心にあると信じています。

少しだけ明らかなのは世代格差があろうかということです。

それに至るに教育というものが大きく影響していることは間違いないと想像する。

でもね、学ぶ事に遅いってことはないと思うのですよ。

そしてそれを誰かに伝えられたらどんなに素敵だろうかと。

私も教えられて育ったものがあります。今でも宝です。

しかし残念なことに、それを次に伝えていない自分が居る事は、諸事情で

今はどうにもならないのが悔しい。
Posted at 2017/07/20 19:08:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年07月20日 イイね!

【技術屋のプライドは無いのか?】修理依頼→ボルトナットの付け・締め忘れが多い件

暑い一日でございます。
皆様お疲れ様です。いかがお過ごしでしょうか?

床の間ではなく、屋外の置物化しているGDBを動かしてやろうと、外に出てきました。
ふと点検すると この間修理依頼した箇所のうち、2箇所にボルト、ナットのつけ忘れ、締め忘れを発見!スバル他他社や町工場を含めて、考えてみれば、自分の持っている道具では修理しきれないと思って修理依頼した 全数(全回数)で、作業ミスを発見してしまいました。おそらく9割9分のユーザーは気付かないでいて、何らか、外れるとか調子が変などというトラブルに至らぬ限りは見つからない ポカミスです。

私も一応は機械、自動車は過去にはプロとして仕事してきましたが、技術職をはじめた頃にはポカミスもありましたが、3年目くらい以降は確実に締め付け取付けに関してはチェック・確認し、ボルトナットの締め忘れのようなミスは一度もありません。本来は一度も無くて当たり前なんですねー。それが技術屋というもの。逆算すればどこかに修理依頼すると下請けやもち屋に修理を出すのでしょうが、修理が終わり元請けに戻り、客の手に帰るまでに、あらゆるところでチェックをしていない!ということが丸わかり。修理屋・整備士さんが皆そうではないはずですが、ボルトやナットで組み立てられている自動車の部品脱着に際して、それを付け忘れるということは、私ならば「技術屋として恥」だと思っています。

あくまでも個人の経験での話しですが、4~5回ディーラーや修理工場経由で修理に出して、100%ミスがあるというのは もしも技術屋をしている方がこのブログを読んだ時、どう思われますか?自身経験では、完璧と思われる修理と整備をして、しかも付加価値的に気遣いをしてサービスで作業を行ったとしても

「ありがとう」とは言われても、これで当たり前な程度です。
それをミスだらけって…日本の修理屋さん、どうなんてんねん!

全ては作業終了後に、整備の責任者たるが最終チェックを行っていない事になります。

メーカー、自動車、バイク、機械…種類や業種はあまり関係ありません。
安いから手抜きしてもいいというものでもないし、適当な整備は当たり前という習慣だとしたら言語道断です。

…【対応】丁度ロックナットが手元にあったので、それで締め付け、他周囲も点検の為に締め付け確認いたしました。トルク不足もありましたが、まあそれはいいです。現在はわたくし、クルマ関係の仕事をしていないのでプロとは思っていません。しかしながら、現在クルマの仕事に携わっておられて金を稼いでいる人に、一部、手抜きかどうかは別として、結果的にミスだらけの仕事で客に工賃を請求する…言われてから直せばいいのか?

修理や整備が終わった段階で、取付け、締め付けのチェックを行えば防げる話しです。この程度の仕事をして金を稼げるのならば、ホント言い方悪いですが、技術の伝承なんて到底考えられません。生意気ながら殆どの町工場や整備士を信用しないのはここら辺にあるのです。


暑い中、少ない人数で、安月給で努力されている整備士さんを多く見ています。その努力の背後では、こうした信用を欠くような仕事をしている方が確かに一部居られることは残念でなりません。最終的には責任者の監督不行き届きということになるでしょう。

手抜きをしたところには二度と出しません。

ミスは誰にでもありますが、実直に技術やモノと向き合う技術屋さんを心から応援しております。^^/
Posted at 2017/07/20 14:47:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年07月20日 イイね!

置物化

先日、関東地方は梅雨があけたようです。

梅雨時期も雨は殆ど降らず、実感こそないものの取水制限が行われているそうです。

クルマの調子は至って好調ながらも、それに乗る人間の方が依然として調子悪く、

せっかくクルマが綺麗になって仕上がってきたのに、置物状態になっています。

塗装自体がよくなったのかもしれませんが、今はコーティングなるものがあり、

BC5の頃はいくら掃除をしても、少し乗らない期間があると汚れ落ちも悪かった。

1990年代は今のようにボディーコーティングも普及していなかった。

今では少なくとも90年代に比べれば、どんなに安いコーティングでも、

こうして乗らない期間があると、その汚れ落ち=汚れの付着しにくさに感謝したく

なるほど有り難い時代になった。

それでも時々はエンジンをかけてオイルと水、またエアコンを作動させて、

タイヤに癖がつかぬように、停車位置をずらしてあげるくらいの気遣いは必要だと

思っている。

乗りたいのに乗れない…ストレスだとかそういうものは飛び越えて、

自身の身体のコンディションを悔いるのでありました。

クルマは直るが、健康は買えない…誰しも健康な時には おろそかにしがちなもの。

自分もそれで悪化をみた一人なので、くれぐれも健康あっての仕事、趣味、日常…

僕は悪い見本です。

健康第一~これに勝るものはありません。
Posted at 2017/07/20 12:49:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年07月15日 イイね!

【写真】雨にも負けず風にも負けず



拝啓、EJ207搭載の君へ

昨夜の熱帯夜。
縁側の窓をあけてみると外は真っ暗ながらも、いつもの場所にじっと我慢しているかのように存在してくれる 今乗っているスバル号。ありがとなー。あまりの高湿度にルーフが湿っていたのが見えたよ。停止しているは言っても、高温多湿は君も辛いよねー。
クルマだから暑いだの寒いだの言わないけど、心から`君スバル号`が僕のところで存在してくれていることには感謝しているよ。

これからもっともっと健康でいられるように、手を掛けていくから、君スバル号も頑張っておくれよ。君は僕にとって、心の友なんだし、運命共同体なんだからね。明けても暮れても考えるのは君の健康状態なんだ。今までも色々な場所に僕を運んでくれたし、他にもいろいろなシーンで働いてくれたよね。君を始動させ、僕は操作をして走っている時、ホント運命共同体なんだよね。君の先輩BC5号を思い出し重ね合わせると、君は過去のトラブルをとことん克服して、壊れにくくなり、立派になったと思うよ。君に対して完璧な程の整備はしてあげていないけど許してなー。

夏はこれからだけど、無事に夏を乗り切るために、精一杯気遣うからね。そして少し涼しくなったら、本格的に延命のための整備をする約束をするよ。これからもずっとずっと仲良くしてくれよ!無言の君だが、BugEyeのフロントマスクが微笑んだように見えた。クルマのすぐ近くに行き、フェンダーに自分の耳をくっつけてみたけど、君は何も喋ってくれなかった。ひとたびイグニッションキーをオンにしてセルを回せば、全ての主人公は君スバル号なんだよ。たった28年なのか、もう28年なのかはよくわからないが、君の先代であるEJ20GのSTi手組みエンジンに惚れ、ずっとスバルをメインにしてきて早28年。
君のことはね、一番愛しているし、宝物なんだー。
君の息遣い、鼓動、走る喜び~全てが自身に一致するんだ。
時々は警告を出して、喝を入れてほしい。
これからもよろしくな!

                                   EJ20に首ったけ野郎より
Posted at 2017/07/15 17:06:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「エンジンルーム内の部品が外れた?異音 http://cvw.jp/b/225734/40125906/
何シテル?   07/22 01:54
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

情報が有りましたらご協力ください! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/02 12:36:24
発見されました!が・・・ご報告とともに皆様に感謝! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/02 12:32:19
#スバコミ 有志メンバー オフ会 まだま募集中ですョ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/29 05:29:24

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
4台目(4/27訂正)のスバルEJ20。 GDBアプライドA型の17インチ仕様のタイプR ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
発売開始以来ずっと所有してます!2015年夏、猛暑の中で壊れました。 およそ13年17 ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
550ccのCL11V型。当時は軽自動車のハイパワー競争時代でしたね!LSD他、走る!走 ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
BC5typeRA 当時のEJ20は冷却系統の故障が多かったです。 バリアブルクイ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.