車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月28日 イイね!
近所にセンスも運転マナーも悪いスカイラインがあった。
ドリフト仕様で、駐車場にはタイヤが放置されて
まるで自分の家の物置みたいに道具が起き放題。
いつも散歩するコースにあって、目に入るので通るたびに
「ホイール変わってるね」とか、旦那とあーでもないと愚痴を漏らしていた。
また爆音と雑な運転なので夜でも昼でも通ればあれだとすぐわかった。

そんな車だったが最近見なくなり、
駐車場にはレンタカーがぽつりと止まっていた。
「事故ったんちゃうか」と旦那。
「もしくは修理中か・・」
いつも見ている風景が突然変わると、なんとなく寂しくなった。
他の車なんて眼中にもないのに、なぜかスポーツカーだけは
気にしてしまう。





簡単に忘れてしまうのは、いつも見る夢。
なんとなくおぼろげで、毎日なんとなく見ているようで
印象になんて残らないのですぐ忘れる。
夢が何かを教えてくれるわけでもない。
なのに、本当に稀に心に刺さるような強烈な朝を迎えるような夢を見る。


それが今朝だった。


以前、ふと目が覚めても強烈に心が痛んだのは車を失った時。
あの翌日の朝は本当に忘れられない。
夏のヒンヤリとした朝で、起きると空は明るく、
いつもの通り会社に行かなくてはいけない時刻に起きるも体中は痛くて、
そして心は凍結したかのように重く呼吸が苦しかった。
あの、目覚めた朝のことを今でも忘れられない。
もうかれこれ5年前になる・・
現実を受け入れたくなくて、でもこれが現実なんだ、夢じゃないんだと悟った瞬間、
何かが深い底知れぬ闇に、海のような深い深い奥に落ちて沈み、
やがてその反動でものすごい苦しさが上がってきた。
何もかも絶望した朝だった。




そして今朝、私は旦那を失う夢を見た。



夢って、不思議なもので、必ず前日前夜に夢になるキーワードを自分で見ている。
それがどう組み合わさるのは分からないが夢にコラボして出てくる。
不快な夢もあればおもしろい夢もある。
心のモヤモヤとした部分が多いと大抵は嫌な夢に変わる。




私はどこかの土手沿いにバスで向かっていて、
そこが犯罪現場だった。
犯人は不明で、被害者は無残な死に方をしていた。面識もない。
なのに犯人はなぜか夫だと確信があった。

帰宅先はなぜか実家で母親がいた。


2階へあがると旦那が黙って立っていた。


そのあと、服を着たまま風呂場でシャワーを浴びていて、
私は茶色の冬用のコートがびしょぬれで、脱ぎたくて先に出た。
あとから続いて汚い格好をして手が泥だらけな旦那が出てきて、
私がその瞬間、覚悟を決めたかのように旦那にこう言っていた。

「さっき通報した。また2年くらいしたらやり直せるのかな」
「無理だよね・・なんでなん・・車のことまだなんにも教わってないのに。」と泣いていた。


その別れをリアルに感じた瞬間、
突然押し寄せてきた深い大きな強い波に、心が痛み目が覚めた。
現実でも泣いていた。
目が覚めると旦那はいた。子供も寝ていた。
ニセの夢に泣かされた。旦那が犯罪者だとゆうことよりも
永遠の別れが心を割いた。


なんて嫌な夢なんだと思った。


こんなネタでも書けば肥やしになるのか。


考えてみたら本当に今旦那がいなくなったら、車はどうするのかって思った。
私のはこれからまた乗ればいいし、やめるも自由だ。
でも旦那の車はどうするのか。
クラッチ切ればシャラシャラシャラ~~と変な音するし
アクセルワーク間違えたらすぐ後輪が滑ってしまいそうだし
R34のエンジンだけいっちょ前にのっかて、
エアコンぶっ壊れて2年くらいたつし・・・乗れる気が全然しない。
売るにしても誰に売るのか。


今だけが楽しけりゃいいなんて思う時もあるけれど、
やっぱ少し先の未来のことも身構えておく必要もあるのかあって思った。


夢で別れて現実に引き戻され、
まだ風邪のせいで耳が聞こえづらくて、
またいつもの日曜日を迎えている。
もうみんな起きる時間だ。



本当に車に乗らなくていいのかな
でも今はまだ乗りたくない。
良く分からない。
旦那の上手い運転が心地よくて、
まだいいやって逃げてしまう。

次回は車のネタでも書ければいいのだが。。。






人生はそれほど長いものではない。
夕方に死が訪れてもなんの不思議はない。
だから、私たちが何かをなすチャンスは、
いつも、今、この瞬間にしかない。
                 byフリードリヒ・ニーチェ


Posted at 2017/05/28 08:37:31 | 日記
2017年05月25日 イイね!
とうとう具合が悪くなり自力で解決が厳しくて病院へ行った。
咽頭炎だそうで完全にちびのが移った。声が出ないし。悲惨。へこむ。治りが悪い。

診察まちの間に生後6ヶ月前後の赤ちゃんをおんぶしていた若い母親が途中から来た。
赤ちゃんは特別具合が悪いわけではなさそうだった。

暫くしてその母親にベテランの看護師が話しかけてきた。私の目の前で話していたので聞きたくなくとも内容が耳に入ってきた。

2日前くらいに予防接種を受けたが、ネットで調べると、打った後の腫れ具合がネット情報とは違うから心配で来たとのこと。
看護師さんは、赤ちゃんの腕を見て全然平気だよ。と言った。でも先生の意見を聞きたいんでしょうからもう少し待っててね。と言われていた。

今どき、注射ひとつでもネットの情報を信用するのは驚いた。

診察を待っている間に赤ちゃんはぐずぐずしたり叫んだりして、少しだけ熱もあるみたいだが至って元気に見えた。

結局、診察を受けるも、気持ちの良い回答はもらえなかったのか、最後にまた同じ看護師さんに励まされて声をかけられた時、気が緩んだのか、その人は泣いていた。

その気持ちがなんとなく分かるから自分ももらい泣きしそうになった。看護師さんが、一生懸命大丈夫だから心配しないで。と優しく言っていた。

子育てがシンドイと感じるのは本当に最初の3年半くらい。
あらゆることに神経質にもなる。
風邪を引けば会社には行けないし、病院行って処方される薬は効きが悪いのかと疑うくらいすぐに良くならないし時間がかかる。

寝れないなんて当たり前だし、ぐずぐずされたり、ミルクを飲んでくれないと不安で胃が痛くなる。もう最初からなんも自分のことは出来ないと諦めた方が楽だ。

早く良くなって欲しいとか、なんでうちの子だけがって自分を責めたり、子どもが具合が悪くなる度にやり場のないため息が増える。ネットに逃げても答えを求めても現実は変わらない。

育児が想像以上に恐くて仕方ないといった子育てに対する恐怖心を覚えたりもする。あんなに未来は幸せいっぱいだったはずなのに。て。

子育ては、母親にしかできない未知の体験が沢山生まれる。もちろんいつもうまくはいかない。
たくさん泣いて、たくさん笑って、悔しい思いをして、やがて親らしくシオらしくなってゆくものなのかもしれない。
それらの経験が自分自身をも強くする。

今は複雑な気持ちが強くても、子どもがいる生活は絶対に必ずあって良かったと思える。


私は、そう思ってるし、自由は多少なくなるけど、喜怒哀楽が増えるし生き生きするし良かったと思ってる。
後悔なんてない。

これからも、その先の向こうでもずっと…
Posted at 2017/05/25 19:22:15 | 暮らし/家族
2017年05月22日 イイね!
電車内の広告に勝間式ロジカル家事てゆう本の宣伝が出ていた。その宣伝箇条書きの中の一つに、「ムダの代表選手は車」とあって、この本とは縁はまったく無いなて思った。


チビが引いた風邪が私と旦那に移り、家の中では咳のオンパレード。あっちでゴホゴホ、こっちでゴホゴホ。
旦那はマスクもせずにグゥワホォグゥワホォッッと、ものすごいデカイ咳をするもんだから、私に飛び火し、私は炎上状態。

とにかく喉が痛すぎてしんどくてたまらない。

けれども今日は始まる。

給料前でカネもカツカツなのに医者行こうか悩む。結局旦那は仕事休んでいた。共倒れできないけれどツラすぎる。
これって自己管理が甘いなんて言う問題じゃない…。チビは保育園で移され体調不良に。被害者でしょ。でもお互い様だからそんなこと言ってらんない。とりあえず我慢するしかない。


今日も寝苦しいのかな…


すんごいかったるいけれど1週間がんばります。
Posted at 2017/05/22 08:21:03 | 暮らし/家族
2017年05月19日 イイね!
会社での人員不足。
30歳くらいまでで体力がある人材を募集しているが、知り合いにはいないし、先日の会議でも人欠が深刻な議題のひとつにもなったが、誰もが紹介できる知り合いがいないと口々にしていた。
うちの場合は一時の不足でなく、年がら年中の不足なのでとにかく慢性的に人が足りない。

不足とは言っても、中途で雇い、数ヶ月で辞めるパターンが多い。
長続きしない。
教える側の立場のサポート不足もあるだろうが、最近は特にすぐ心神耗弱だのメンタルが弱く休業もしくは転職パターンが多い。
ハードワークだから仕方ないが昔に比べたらそんな理由が断然に増えた。

友人らはネットの裏チャンネルサイトの口コミなどで良いか悪いかを判断することが多いと言っていた。

情報を求めるのはネットが確かに一番早い。が、自分の目で確かめもめせず、嘘か本当か分からないようなネットの情報を信頼するてゆうのもどうかとは思う。

食事をするための店を探す基準も星いくつの評価とか、口コミ優先が当たり前。
自分で足を運んで確かめるわけでもなく、最初からそうゆうネットの書き込みを信じて行動するから安心できるとかどうなのかなって……。

ほどほどに評価が良ければよい、とりあえず人の輪の中で平和にはみ出し者にさえならなければいい…てゆう自分の意志ではなく、なんとなくてゆう曖昧な感じの人が増えた気がする。

それはちょっと目立てばすぐ見えない場所で叩かれる嫌なネット社会が強く存在しているのも原因のひとつかも知れない。



良いことだらけしか書かれていない企業なら、そりゃ自分でも転職したい。しかし会社は一人で成り立つものではないし、色んな人材がいて成り立つから性格が良いヤツだけじゃないと思う。
当たり障りのない都合の良い会社なんてどこにもない。汗水垂らして苦労してナンボてゆうのが仕事じゃないのか。

仕事のスキルやノウハウは自然と社会競争の中で培われてゆくものだと思う。

携帯、パソコンは便利な道具ではあるが、自分をスマートに進化させてるわけではない。
すぐに欲しい答えを求めるには手っ取り早いが、一方的な情報なだけに、自身で考える力などは確実に退化させ、会話する能力すらも失わさせている気がする。

結局何が言いたいのか分からなくなってしまったが、とりあえず、小さな画面ばかり見るのではなく、たまには森を見たらどうかなって思った。。


Posted at 2017/05/19 08:14:48 | 暮らし/家族
2017年05月10日 イイね!
よく、盗難されましたとか、情報が欲しい為に拡散希望とか大々的に広げて、いいねがたくさんつけられて……ってブログがあるけれど、

まったく知らない相手に拡散することは、自分の個人的情報も危険にさらし、どこで盗まれたかを記せば住んでる場所がある程度特定されるわけであり
そんなあらゆるリスクを背負ってまでも拡散したいのか、って思う。

当事者は必死だから周囲を見る余裕もないんだろうが、知らない間に自分の間違った情報が飛び交っていたらどうなるのか。


先日、
ワールドベースボールのある試合で中学生の子が、ホームランになるかもしれなかったボールに手を伸ばしてキャッチしてしまい、そのせいでホームラン扱いにはならなかった事件があった。
後日ツイッターでそのガキが誰だったのか、一気に情報を求めるような内容が拡散され、最終的には名前も学校も調べあげられてネットで公表されていた。

悪気はなかったのだろうが、たかがボールをキャッチしてしまっただけで、ネットにさらされてしまう怖い世の中だ。執拗な嫌がらせもされる羽目になる。

ガキ本人は野球場に身分が分かるものを持ってきたわけでもないのに、あっという間に知れ渡った。
これがネット社会の脅威。


個人情報保護法なんて法律としての薄っぺらい紙だけの中でしか存在しておらず、実際に個人は全く守られない。

言葉に責任なんて持たない連中がここぞとばかりに叩き上げたり言いたい放題の王様になる。

自分が堂々と顔も知らている人間だとしても、すべての人と良好な接点があるわけでもない。
仲が良くても、実は裏で悪口叩かれ裏切られているとか、本人だけ気づかないなんてよくあるパターンだ。


車が何かしら被害にあうのは偶然だけではないと思う。
盗みやすい情報、場所やマークされやすい環境を知らず知らずに第三者に与えているのではないかと考える。


自分のことを書くのは自由であり、表現も自由だが、それには必ずリスクや責任がつきまとうという事を忘れてはいけないと思う。
誰に見られているか分からない世の中、ネットでトラブルがあってもほとんどは泣き寝入り。
被害届を出しても元には戻らない。

盗難されたから諦めろとゆうわけではないが、ネットで拡散を安易にしてしまう前に
今一度その行動が正しいのか冷静に考えるべきではないかなと思った。
Posted at 2017/05/10 08:20:07 | パソコン/インターネット
プロフィール
シルビア一筋。 この車に出会えたことに感謝。 日産繋がりで夫の@R32ハウス てんちょ~に出逢えたことに感謝。 普段は旦那の悪口ばかり書いてますが、尊...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
一切募集していません。お誘いも不要です。
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
日産 その他 日産 その他
Silvia specR 6MT 弍号機 2014年4月 ~ 現在 初号機全損後、2 ...
日産 その他 日産 その他
Silvia specR 6MT 初号機 2004年~2012年(廃車)  8年間 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.