• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年11月15日

トヨタ車をネタに考える、カーデザインのあり方(長編)

トヨタ車をネタに考える、カーデザインのあり方(長編) 乗ってる方々の気を悪くしちゃいかん、
と思ってガマンしてたのですが、
新聞のチラシでコレを見て、
たまらなくツッコミ入れたくなりました。

---

クラウンは王冠、ハリアーは鳥、
ナゾのエンブレムを付けたクルマも。

なんでフロントに、
トヨタエンブレムが付いてないんだろう、
ぜんぶで何種類あるんだろう?
エンブレム収集に挑戦してみました・・・


たくさんありすぎて、数えるの無理だった orz

---

クルマのデザインって、車毎にアイデンティティがあり、
というか、そもそも車の名前とは、
同一フォルムのクルマ毎に与えられるものであり、
世代が新しくなっても、フォルムを見ただけでわかる、
あるブランドのクルマには、共通するアイデンティティがある、

そのアイデンティティを、
フロントグリルやライト類で表現するのは簡単ですが、
それはデザインの表層であって、
本質は、顔を隠しても判るボディのフォルムに宿るのだ、
ってのが、ワタシの思う、カーデザインの理想なのです。


デザイン上の制約の多いファミリーカーで、それを実現するのは難しいので、
顔ぐらいは同じ血筋を感じさせる共通点を、
それも無理なら、せめてエンブレムくらいは、と思ってたのですが、

もうちょっと深く考えてみました。

---

車種のアイデンティティ、って、カーデザインの根幹だと思うのです。
フシギに思うこと。

①全く同じボディのクルマに、
顔と内装だけ変えて、違う名前がついている。






ココが一緒じゃん、とツッコミ入れようと思ったら、
むしろ「間違い探し・上級編」状態(笑)

台数ベースでグローバルの7%、
小さな日本市場向け専用車だからコストかけられない、
販売チャネルが複数あるから差別化が必要、

そんな苦悩の中、違う客層のハートをつかむために、
グリルのキャラだけ変えて「別のクルマですよ~」と言い張るためには、
エンブレムが同じでは都合が悪いんですね。なるほど合理的。
他社も似たような事してますしね~

②見た目だけじゃなく、駆動方式すら違うクルマに同じ名前がついてる。





スカイラインクロスオーバーやゴルフトゥーランも同じ魂胆で、
同じ客層でも家族が増えたりして変化するニーズに応えたいんでしょうけど、
ここまで大胆じゃない(爆)

---

話変わって、BMWの顔、キドニーグリル=腎臓アミ(笑)
ワタシ的には「豚鼻」と読んだほうが、しっくりきます。
特に機能上の合理性もありませんし、
正直なところ、それほど好きじゃありません。ぶひっ。


それでも、生まれた頃から、いやそのはるか昔から、
豚鼻はかっこいい悪いを超越したBMWのアイコンなのです。ぶひっ。


何言ってんだかピンと来ない方は、これをご覧ください。


アジア製のなんちゃってBMW?
いや、豚鼻を無くしてみたBMWのCGです。
ボディに感じるBMWっぽさ、
でも顔が変だから、こいつBMWじゃないぞ、みたいな違和感。


一方、レクサスのスピンドルグリル、
当初多くのヒトが「カッコ悪ぃ」と言ってましたが、
だんだん見慣れてきました。


コレ、と決めて30年守り続けたら、そこにはカッコいいも悪いも無く、
レクサス=糸巻き、というアイデンティティが、しっかりと根付くのです。

がしかし、糸巻きグリルってムダに面積とるし、
これからのクルマ、内燃機関が無くなれば大きなラジエータが消えますから、
後々デザイン上の制約になると思うんですけど・・・
レクサスはコレを一生守るつもりで作ったのだろうか?

---

トヨタやVWのファミリーカーには、
がんじがらめな制約の中で、車種とブランドのアイデンティティを、
レクサスやアウディの高級車には、
デザイン哲学の結晶を見せて欲しいのです。

しかし、それを阻むのは、車メーカーのデザイナーの能力不足ではなく、

缶コーヒーのパッケージデザインが変わっただけで、
つい新しいのを選んでしまうような、

または、表面積の二割に満たない、
ホイールや外装パーツ、ディテールをモディファイしただけで、
別のクルマに変身したかのように満足してしまう、

表層的デザインにこだわる、
我々日本人のデザイン・メンタリティなのだ(爆)

---

きっと今後は、世界市場向けの国産車は彫りの深い、
ブランドアイデンティティを持った「ハーフ顔」「欧米人顏」化が進み、

世界戦略車でカバーできない隙間市場を埋める使命を担う、
それゆえ必然的に外寸と開発コストの制約が厳しい国内専用車は、
テルマエ・ロマエで言うところの「平たい顔属」路線を守り、
「ざわちん」のように外装の一部だけ変えて別人に見せる、
「姉妹車」戦略をさらに進化させてゆくのでしょう。

---

ご意見、異論ありましたら、コメント欄にどうぞ。
ブログ一覧 | クルマ話 | クルマ
Posted at 2014/11/16 10:50:13

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

赤バッジ、来てましたね(汗&笑)
P.N.「32乗り」さん

こんな淡路島も……😳
3kさん

☆☆☆本日はみん友様がご来店!!! ...
C-CLINICさん

苦節2ヶ月…( ̄▽ ̄;)
海苔ぃぃぃさん

サンプル 36用アッパーマウント  ...
シュピーゲルさん

X-BOX的ウラカン
どどまいやさん

この記事へのコメント

2014/11/16 15:54:26
エンブレムは手塗りですよね〜(^^)

たしかにトヨタのバッチは、王冠やらLサイズ、はたまたヒュンダイみたいのと訳わからんですね。
手を変え品を変え売っちゃおうって感じかんすかね?
コメントへの返答
2014/11/16 16:23:26
次は何色にしようかなぁ。

いろんなエンブレムがあるのには、
深~いワケがあるのです。

ユーノスとかアンフィニとか、
トヨタ様の真似をして、
痛い目にあったマツダを思い出します(笑)
2014/11/16 21:38:53
連日失礼致します<(_ _)>

「ぶひっ」で吹きましたw

いや、まさにその通り。日本車は先代を否定するところから、
デザイン含め、考えられている気がしてならんのです。

そこには作り手としての思想もプライドも存在せず、(デザイナーや
設計の方、ゴメンナサイ)ただ売れれば良い、的なものを感じてしまいます。


冷蔵庫やエアコンに、誰もデザインなど求めていないように、クルマも
そうなって行くのでしょうかねぇ・・・

そんな家電みたいなクルマを高級車と言われても・・・ねぇ??
コメントへの返答
2014/11/16 21:51:17
明日から、
アナタの愛車が豚に見えてくる~ 
ぶひぶひっ!

クルマの顔がコロコロ変わるのは、
作る側の問題より、
それを好む消費者がいるから、

よい悪いでなく、日本の文化、
と思えるようになってきました。

ワタシも缶コーヒー、違いがわかんないのに、
目新しいのを買っちゃいますもん(爆)
2014/11/18 16:49:35
グリルが大きいと頭をよぎるのはあれです。
「掃除が面倒くさい」
掃除し易いグリルは見た目も良いような気がしますが。。。違うか(笑)
メーカーには変なデザインばかりしてないで勇気をもって名車の復刻版を求めたいですね。
コメントへの返答
2014/11/19 11:20:58
縦とか横グリルならいいですけど、
あみあみグリルは掃除が面倒です。

過去の名車復活もいいですね~
カタチは無理に真似しなくても、
昔のコンセプトを現代流に解釈するのも、
いいかもしれません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「茂原ツインなう」
何シテル?   12/09 09:40
フツーと異端、 普遍美と悪趣味、 その間のスイートスポット、 ギリギリのヘンタイ境界領域に属するモノ達と、 そんなモノ達を世に送り出した非凡なヒ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ドアハンドル縁ゴム交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/14 23:19:33
抜けの良い排気系だと低回転トルクが落ちる? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/08 20:37:38
ファーストアイドルが・・・(ダブル テンプ スイッチ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/06 21:03:38

お友達

来るもの拒まず、去るもの追わず。
同類の方、いらっしゃい~
73 人のお友達がいます
NISMO 22号車NISMO 22号車 * BWIBWI *みんカラ公認
marveric740marveric740 * グラッグスグラッグス *
R31SKYLINEとS13R31SKYLINEとS13 * jamesbond-007jamesbond-007 *

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

BMW Mクーペ BMW Mクーペ
ババリアの木靴、BMWのblack sheep、Mクーペ。 長ーい鼻ズラは、伊達ではござ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
走る雪見大福、南アフリカからやってきた万能ハッチバック。 直噴低圧ターボの力強い低回転ト ...
その他 ミニカー その他 ミニカー
屋内ガレージに隠してあるクルマ達。 ミニカー集めだすとキリがないので、 あえて1/18サ ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
一回り大きくなったフェスティバ、青いデミオ号。 昔のマツダらしい、古典的なデザインですね ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる