• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年07月18日

 マレーシア航空機撃墜事故?事件?のある疑問



「また、マレーシア航空機か」と考えさせる今回の事故?事件?ですが、ニュース等で見るとある疑問があります。このブログではおさーんでの視線で捉えた素朴な疑問を話したいと思います。

なぜ、マレーシア航空機なのか?

う~ん、これはちょっと不可解ですね。なぜ、マレーシア航空機なのかですが、エンルートを逸脱したのか?でも航空路管制局はしっかりとモニターしており、もし、エンルートを逸脱しても警告が発せられるます。また、墜落したB777はテレメトリーシステムにより衛星回線を通じて自機の状況をリアルタイムで航空会社へ情報を送り続けている。もし、異常があれば、なにかしら警告を発し、パイロットに注意喚起しているはず。

地対空ミサイルで撃墜出来るのか?

当該機の高度は10000mと言う事は約39000ft、これだけの高度だと携帯型地対空ミサイルは届くのは難しいです。と言う事はゲリラ等で入手出来る携SAMでは撃墜出来ない。仮に発射しても途中でロケットモーターの燃料が尽き果てます。では、高度なディフェンスシステムによる地対空ミサイル等になりますが、それがこの9K37M1-2「ブークM1-2」と言われております。




確かに最新型の「ブーク」では射程、射高共にクリアーしています。因みに一般的に言う地対空ミサイル、艦対空ミサイル等は射程が長くても射高が高くないと意味がないのです。この「ブーク」の射高は22000~25000mなので、当該機の撃墜はクリアーしていますが、仮に「ブーク」ディフェンスシステムによる行動だと仮定すると、一体誰が操作したのかが疑問です。高度なディフェンスシステムは操作員の高度な訓練による技術が不可欠。あるニュースでは親ロシア派が発射したと書いていますが、これは不可能だと思いますよ。前にも言いましたが高度なディフェンスシステムによる地対空ミサイルですので、人員的要素が大きいので、そう簡単に操作出来、発射して撃墜するまでは相当な訓練が必要です。ですが、その親ロシア派に正規軍が居れば話は変わりますが。おさーんはてっきりS-300かと思いました。これならウクライナにも配備されていますからね。



戦闘機による撃墜の可能性はないか、艦対空ミサイルの可能性はないか

この可能性も否定出来ませんね。ただ、確たる情報がないのでなんとも言えないのが現実。ただ、機体損傷映像を見ると空対空ミサイルで撃墜されたような機体の壊れ方だと思うからです。地対空ミサイルであれば、この損害どころじゃないと思います。

ロシア製艦対空ミサイルにはS-300の艦載型もあります。それも長射程に超射高タイプです。S-300シリーズはバリエーションが沢山あります。ウクライナ東部であれば、黒海から発射可能だと思いますが、ちょっと非現実的かと思います。

諜報機関はなぜ、親ロシア派による撃墜と捉える会話を開示したのか

これも不思議なんですよね。コレだけ早く情報を開示することは希と言うか開示しないのが原則。それは自らの諜報能力が公表するようなもの。それに親ロシア派との会話となる確たる証拠が提示されていない。スケープゴートなのかは解りませんが、もし、そうだとすると情報源を発信した自らにも撃墜した疑念が持たれる可能性もある。自らの首を自ら絞める事はしないのが国家としての原則。

親ロシア派は墜落したB777のブラックボックス、FDRとVDRをロシアに引き渡し解析するのは本当か

これもどうかと思いますよ。そんなに簡単にブラックボックスが発見できるとは思えない。確かにブラックボックスは墜落してから、ある期間、信号を発し、自らの位置を通報するデバイスを搭載していますが、なぜ、親ロシア派が早くも発見出来たのか。

米国、NORAD、NSA、CIAは情報を開示するのか

米国にはミサイル警戒衛星があるので、仮に撃墜したミサイルのロケットモーター炎の赤外線波長は把握していますので、リアルタイムで同ミサイルを掌握しているはず。それにNSAは米国と英国は認めていませんが「エシュロン」という通信傍受解析コンピューターを保有していますので、これは全世界の80~90パーセントのメール等の情報通信は傍受、解析されている現実。貴方が何気なくメールの「やりとりをしたら、間違いなく「エシュロン」は傍受していますよ。それにCIAもバカじゃない。もし、そういう計画があれば、ヒューミットにより、ある程度の情報収集で掌握しているはず。

と言う事で、長文になりましたが、まだまだ疑問点があるのも事実。憶測ではここらで止めにして、事故原因解明に期待したいと思います。

最後におさーんが思うには正規軍による行動だと思いますよ。それはウクライナかロシアか、はたまた第三国か。その第三国は日本の近隣国かもしれませんね。
ブログ一覧 | ニュース | ニュース
Posted at 2014/07/18 20:04:16

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

デモモード完成!
ペリー2011さん

2017戦国コペン忘年城(^^)※ ...
ねすてぃ~(^^)さん

ふるさと納税でゲットしたブランド牛 ...
苺野しずくさん

伊勢まぐろ味わってきました
伊勢さん

☆*:;;;;;:*☆豚 丼☆*: ...
atrai 1さん

相変わらず花壇さん鶏唐・・・(*^ ...
ピロリンちゃんさん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「金井宇宙飛行士が搭乗するソユーズ打ち上げを見てます。順調にフライトしてますよ。」
何シテル?   12/17 16:30
パワーハラスメントによるストレスで自律神経機能不全で病院に通院中。発病してから20年が経過したが、未だに当時の上司、同僚等の謝罪は一切無し。 精神的、肉体的苦...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

122 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目レガシィのCBA-BP5Dです。 やはりレガシィは良いですね。乗っていてクルマと ...
日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
ノートe-POWERの加速を舐めてもらっちゃ困るぜ。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4WDターボにハマッています。レガシィは最高・・・と言いたいところですが色々とマイナート ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
初代レガシィ君が引退したのでメイン車となりました。新古車でしたが良い価格でした。装備もD ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる